医師の前世療法・催眠療法~京都

京都でヒプノセラピー(催眠療法)に取り組む医師が、前世療法、インナーチャイルドセラピー、潜在意識や催眠について語ります。うつ病、パニック障害、社会不安障害、恋愛・夫婦問題、生きがい、天職探し、子育てなど多様な悩みを解決できるのが催眠療法の特徴です。




テーマ:

「頑張らない生き方」が流行っているのでしょうか。

しばしば「がんばらない」というメッセージを目にします。

 

 

明るく前向きに生きようとしている人への

アンチメッセージのようでもあります。

「がんばり教」などと言って、がんばりを否定しています。

 

 

この宇宙の進歩発展、生成化育の姿から、

人もまた前進や発展を希求するのが、

その本質ではないでしょうか。

 

 

緩急自在といいますが、確かに、

急いだり、ゆっくりしたり、人生には休息も必要です。

 

 

しかし、もし、ずっと死ぬまで休息しているとしたら、

その人生は何だったのでしょうか?

 

 

世には障害を持ったり、ハンディを持ったりしていて、

その結果、生きているだけでも奇跡という人もいます。

そういう人にとっては、生きることもまた努力です。

 

 

しかし、普通の人が、そういう状況の人と同じ視点に立ち、

前向きな努力や向上心などを持つこともなく、

「がんばらない生き方」に安住しているとすると、、、、。

 

 

それは単なる「怠り」となってしまいます。

怠けている人を見て、感動する人はいません。

 

 

世に流行する映画や小説、感動する作品とは、

人間の進歩、向上や試練を克服する生き方を

テーマにしたものが非常に多いですが、

それは人の魂が普遍的に求めるものだからです。

 

 

「がんばらない生き方」よりも

「がんばる生き方」のほうがよほど普遍的な価値があり、

人を感動させるものだということがわかります。

 

 

今いる場所より一歩でも二歩でも前に進んでいくことに

こそ、生きていく意義があるのではないでしょうか。

 

 

「がんばり」には「良いがんばり」と「悪いがんばり」があるのです。

自分の好きなことにむかって努力したり、

志を高く持って前向きに生きるのは「良いがんばり」です。

 

 

これに対して、自分に合わない仕事を無理に続けたり、

心からしたいことではないことに無理やり従事させられたり、

というのが、「悪いがんばり」ということです。

 

 

「悪いがんばり」は、心が病み、うつ病につながったり、

その反動でメンタルに不調をきたします。

 

 

「悪いがんばり」を避けて「良いがんばり」を

選ぶようにすれば、魂の進歩発展という生まれてきた

目的をしっかりと果たすことにつながっていきます。

 

 

「良いがんばり」の中にいると「生きがい」を感じ、

生きることが楽しくて幸福感を感じるはずです。

 

 

「がんばる」という言葉は江戸時代から存在し、

頑張るという表記は当て字です。

 

 

その由来は、「眼を張る」、つまり一定のところに集中する、

という言葉から生まれたという説と、「我を張る」という言葉から

生まれたという説があります。

 

 

「良いがんばり」を意味する言葉としては

「精進努力」という表現がより適切かと思います。

 

 

人は精進努力を重ねることで自分の魂を磨き、

進歩向上して生まれてきた目的を果たしているのです。

 

 

良い意味において「がんばる」ことは、

魂の輝きを増す素晴らしいことなのです。

 

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ

にほんブログ村

 

 

 

いいね!(46)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
潜在意識の仕組みはシンプルです。
自分の意識の中に創造したものが、
現実になるというだけです。


前世など信じない、生まれ変わりも因果応報も信じない。
引き寄せの法則だけで十分なのだ、と主張する人もいます。


しかし、今の自分が創造した思考や感情などの
想念が未来を作り出すのであれば、同時に、


過去の自分が創造したものが今の自分になる、
というのは当然の帰結です。


いかに理不尽な状況にあっても、そこに至るだけの
なんらかの必然性があったのだと考えられれば、
それを乗り越える前向きな気持ちにもなりやすいのです。


因果応報を悟り、今の自分の想念が大切だとわかり、
想念の創造活動を意図的に正していくのであれば、
そのとおりの好転した人生をあなたは受け取ります。


今、どんな苦難が目の前にあっても、今から、どうすれば、
理想的な状況を引き寄せられるかははっきりしています。


前世療法は、本来、これを悟るための体験です。
早い段階で、実際に受けて体験できると最善です。


もし、受けていない人でも、拙著
『前世療法 医師による心の癒し』を読むことで、
疑似体験し、悟りを深めることができます。

2010年に第一刷が出版された拙著
『前世療法 医師による心の癒し』
の第二刷が2016年四月末に東方出版から重版されました。


第一刷出版時には状態の良かったパワースポットで
現在は使用を推奨できないほど荒れている所がたくさんありますが、
第二刷では、その部分の記事を差し替えてあります。


最新のパワースポット情報は「開運究極奥義」の教材中に
リストを公開しましたが、それをお持ちでない方でも、
第二刷を入手されるだけで、第一刷と比較すれば、


それがどこなのか、おのずから、わかってしまうようになっています。
教材を持っていないけれど、それが知りたいという方にはチャンスです。
下記より出版社に注文して、第二刷を取りよせて下さい。
⇒ http://www.tohoshuppan.co.jp/2010ho/10-07/s10-163-3.html


上記のリンクから、
東方出版に直接メールまたは電話で、ご注文が可能です。
東方出版の連絡先は、
電話=06-6779-9571/FAX=06-6779-9573
 メール=info@tohoshuppan.co.jp でご注文いただけます。


にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村
いいね!(37)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
魂の意図を理解すればわかることですが、
どんな苦しい人生であっても、
寿命がある限り、生きて何事かをなすのが善です。


たとえば、末期癌になったからといって、
安楽死を選ぶ人は、この世で自分にもまだ
できることがあるのに、それを放棄した形になります。


これは試練からの逃亡になりますので、
死後、相応の報いを残念ながら受けることになります。


たとえ体が動かなくても、
メールを一通誰かに打つことで、
世の中に何らかの影響を与えることが
できるかもしれません。


もし、人類愛が深い人物であるなら、
自分が末期癌だと悟れば、天寿の尽きるまで、
この世でできることをするはずです。


それは、政治家に政治の改善を懇請するメールを
打つことかもしれませんし、
親戚縁者や友人知人と対話し、彼らの心に何かの
「ともしび」をともすことかもしれません。


いかなる人間にも、この世でできる愛と善の実践の
道が用意されています。
どんな環境でも、その人だけにできることがあります。


それをしないで、さっさと苦しみから逃避したい、
その気持ちはわかりますし、あまりの激痛のため、どうしても
安楽死を選ばざるを得ないような例外的ケースもあるかと思います。
それでも、その時、魂は残念がっていることでしょう。


「道心これ微かにして人心これ危うし」
人間には、道心と人心があり、
それは向上心と堕落願望ともいえます。


魂の本体である微かなる道心をいつも意識し、
自分の選択を誤らないようにしなければなりません。


特攻隊や安土桃山時代の武将「清水宗治」のように、
家族や民を救うため
自分が犠牲になる自決の場合は、逃亡的自殺とは
違います。


また、ほんとうの意味での神様の分魂が個我の中に
入っていない人間以外の動物の安楽死とも
意味が違います。


人として、この世に生まれた限りは、
万物の霊長として、神仏の代行者として、
何事かをこの世になす使命がすべての人にあります。


生きているというだけで、
無限の可能性が与えられています。
命があることのありがたさ、尊さを
感謝する心を日々、大切にしたいものです。


にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村
いいね!(41)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)