医師の前世療法・催眠療法~京都

京都でヒプノセラピー(催眠療法)に取り組む医師が、前世療法、インナーチャイルドセラピー、潜在意識や催眠について語ります。うつ病、パニック障害、社会不安障害、恋愛・夫婦問題、生きがい、天職探し、子育てなど多様な悩みを解決できるのが催眠療法の特徴です。




テーマ:

私たちが愛念と真心でその人に接して、
骨折りをしてあげても、その誠意が通じず、
ひどい言動をしかけてくる人も世の中には存在します。


世の中には、善悪正邪さまざまな心の人がいます。
いつまでも過去にされたことを恨んでいて
そこからなかなか抜け出そうとしない人もいますし、


まわりの人間がずるい勝利者で、自分だけ損していると
ひがんだ目でしか世間を見れないために、
いつまでも幸せが引き寄せられない人もいます。


そのようなレベルの人はいつまでも幸せが
引き寄せられないのに反省をせず、
自分の思考にこちこちに固まっています。


過去と今を切り離し、思考を柔軟にし、
たえず新しい悟りを求めていくことでこそ、
魂は進化できるのですが、それがわからないのです。


ずるい方法で勝ちを一時的に得ても、
時間の裁きにより、必ず、メッキは剥がれます。


一見、勝ち組のようになっている人や、
ずるいことをして得をしたかのようになっている人も、
それは一時のことでしかありません。


永遠ともいうべき、長い旅路を歩む魂の道では、
時間の裁きによって、悪は滅び去るのです。


一時の部分だけを見て、うらやましがったり、
自分だけ損をしているとかいう人もいますが、
早く、宇宙の本質に気づいてもらいたいものです。


色々と大変なご苦労をされている場合も
降って湧いたような災難は、前世での行いの報いです。


それが頭では理解できても、それでも、
ひどい仕打ちには腹立たしさや、
また、悲しみを感じておられることでしょう。


人は誰でも、災難をうけて、
少しずつ業が払われていき、同時に
内面が成長して、悟りも深くなっていきます。


そうすると、自然に悪い人との縁は消えていくものです。
もし、あなたが愛念と善意で精一杯されたのなら、
神様は、すべてをご存知です。


誠意が通じない相手に対しては、
もし、断ち切れる悪縁であれば、切っても良いのです。


神様は決して裏切ることはありませんが、
人間は、恩義など忘れて後足で砂をかける人も多いものです。


ですが、世の中にはそういう人ばかりではありません。
少ないながらも真心が通じる人が必ず存在します。


100人のうち99人までが恩を忘れてひどいことをして去っていったとしても、
たった一人、しっかりとあなたのしてきたことの真意を
理解して、信じてついてきてくれればそれでよいのです。


100人に1~3人ぐらいは、どんなことがあっても、
支えてくれたりねぎらってくれたりして、
本当の信頼関係を構築できる人が必ず存在します。


人様に良かれと思って善意で行ったことを、
神様は必ず見ていてくださっているので、
時間はかかっても、そういう素晴らしい人材を連れてきて救って下さるのです。


もし、あなたを苦しめる相手が同居している親や子で
物理的に絶縁ができないのであれば、それは、あなたに託されているのです。


この人を愛してあげなさいと神様から託されているのです。
わが子が難しい状況にある場合などはこのケースです。


そのような難しい子がなぜわが子として授かったのか。
それを考える必要があるということです。


課題なのですから、その子を愛することを
やり遂げるなら、必ず、報われる時がきます。
それを信じて、悩まず、落ち込まず、前進していきましょう。


縁を切れる相手の場合も切れない相手の場合も、
すべては前世由来の人の縁であり、自分の課題です。


なかなか友達や恋人ができないという人の場合も、
3人の真の友人や援助者を得るためには97人の無駄骨が
必要であると最初から悟っていれば、いかなる仕打ちを受けても平気でいられるようになります。


自分が出す愛念と真心を人間のためにと思ってしていると、
裏切られると腹が立ちますが、すべては神さまのためなんだと
悟っていると、なんとも思わなくなります。


神様のために生きていて、神様のために尽くしたくて、
その神様が人類を愛しておられるから、私はその
神様のために目の前の人を助けていくのだという「悟り」です。


そうするとすべては「自分と神様の世界」であり、
他人の言動などは関係なくなるのです。


信じられない形で裏切られるとか、ひどい仕打ちされるのは、
前世のどこかで自分が似たようなことをしたのが
戻ってきただけなので、それで借金の清算が終わったと解釈していくことをおすすめします。


しばしば、「心がけが悪いのにこの世で繁栄してる人がいる」
と不満をいう人がいます。
「自分はこんなに正しく生きてるのに彼らに及ばない」と。


この世で、心がけが悪くても繁栄している人は、
前世の貯金があるのです。前世ではそこまで心がけが
悪くはなくて、たまたまチャンスがあって善徳を積んでるのです。


しかしその当時の善徳は本当の悟りから積んだ
善徳ではなかったということであり、その結果として、


今生で自分がいろいろな面で優位に立つと、とたんに本性が出て、
他者を見下して、心がけが歪んでしまったということです。


その結果どうなるかは、わかりきっています。
やがては前世の貯金が底をつき、転落下降しますし、
死後、霊界ではつらいあがないの期間が待っています。


天国ではなく地獄のほうに行くことになるでしょう。
そして、来世はまた低いところから、もう一度やり直しです。
このようなことになる魂も多いのです。


そういう「行きつ戻りつ」を繰り返しながら、
やっと本当の意味で深く悟り、
やっと進化していくのが普通の魂レベルの人の姿なのです。


こういうのは中根の魂に多いのです。
なお、下根の魂はずっと低空飛行ばかりです。


魂のレベルを上根、中根、下根などと分類して
分析することで見えてくるものがあります。
中根や下根の魂とはそんなものなのです。


魂の幼稚園児、小学生、中高生、大学生、社会人と
分けて考えるのと同じ話です。


これに対して、かなりの進化をとげている上根の魂は
最初から神様一筋に歩めるレベルまで到達しています。


それでも名誉欲や権力欲や虚栄心などにとらわれると
ひっかけ戻されて転落するケースもあるのです。


この世で生きるとは、上根、中根、下根のさまざまなレベルの
魂の玉石混交する中で自分の魂を磨いて
みずからは上根を目指すことでもあります。
自分が、ひっかけ戻されぬように心がけることも大切です。

 

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

あなたの願いは何ですか?

幸せな結婚や、裕福な生活や、やりがいのある仕事や

職場、健康の実現でしょうか。

 

 

あるいは、夫婦問題の解決、親子問題の解決、

さまざまな対人関係の問題解決でしょうか。

 

 

何を願う場合も、努力の最初の一歩は

自分が踏み出す必要があります。

努力は、ごく些細なことからでもよいのです。

 

 

今の自分にできる現実的な努力を実行する、

という時、潜在意識は理想を引き寄せてくれます。

 

 

理想の実現の妨害をしているのは自分の意識です。

自分の心にふと浮かんでくる負の思い、ネガティブなつぶやきを

マイナスの言葉から、プラスの言葉へ変えていきましょう。

 

 

第一番目にする努力は、心を明るい状態に

保つことを選択するということです。

環境が悪い場合は、その悪い環境から脱出することも大切です。

 

 

なかなか心が変わらない時は、

今の状態のまま死んだらどうなるかを想像して下さい。

死後の世界は生きている時の心の世界そのままが続きます。

 

 

あの世というのは、この世とまったく同じような

景色や人や町や野原や自然がありますが、

心のままにそれが変化するところが違うのです。

 

 

苦しい思いや辛い思いや悲しい思いを引きずり、

そのまま死んでしまうと、その心は、思いを抱えこんで

重くなってしまいます。

 

 

重い心だと、どんどん下に落ちて

低い霊界、幸せでない世界にいってしまうのです。

 

 

死後の世界で幸せな世界に行くには

さまざまな負の思い、執着の念を捨てる必要があります。

 

 

ああすればよかった、こうすればよかった、

と過去をあれこれ詮議し、自分にダメ出しすると、

気分が重たくなるはずです。

 

 

苦しみを取り除くために

重い心を捨てて、軽い心を持つことを選択してください。

結果にこだわる心、人を思い通りにしたい心も執着心です。

 

 

親や子を思い通りにしたい、配偶者を思い通りにしたい、

こうした思いも行き過ぎれば、執着心になります。

 

 

また、温かい心を持てば、天国に近く、

冷たい心を持てば地獄に近くなります。

自己中心な人は心が冷たいのです。

 

 

死んだら、その心の冷たさのままの世界に行きます。

明るい心の人は死んだら天国に近い世界です。

明るくなるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

明るい心は何でも前向きです。そして意欲的です。

心は希望に満ちていて、

周囲の人や神仏にも感謝しています。

 

 

その反対に、暗い心はどんな心でしょうか。

愚痴や不平不満の心です。

過去を悔やんでいたり、妬み、呪いの心があったりします。

 

 

これらは真っ暗闇の心ですから、死んで肉体が

なくなれば、真っ暗闇の世界にまっさかさまに落ちるのです。

 

 

霊界における位置のことを霊層といいますが、

霊層が高いとは天国またはそれに近い幸せな世界。

霊層が低いとは地獄またはそれに近い世界です。

 

 

死後の霊界で、そうあるだけではありません。

心が地獄なら、この世でも、悪い引き寄せしかないので

ひとつも幸せを実感できない環境がとりまくことになります。

 

 

明るい心や温かい心や軽い心を持つことを選択しましょう。

心を変えるとたちまち霊層があがっていきます。

霊層があがると、天国の世界に近づきますので、

良い引き寄せがおこるようになります。

 

 

その結果、思い通りになることが増えます。

幸せを感じられることが増えていくようになります。

 

 

あなたの心の中にある霊界が天国になれば、
守護霊と同じき世界なので、
守護霊の応援をあなたが受け取れるようになります。

 


守護霊につながるためには、あなたが、
自分の自由意志のもと、
天国の心を選択することが必要です。

 


それが苦しみをとりのぞく唯一の方法です。
これはほかの誰かができるものではありません。

 


あなたの人生を守護霊や誰かさんが
代わりに生きることはできないのです。

 


あなたの人生の主宰者はあなたであり、
あなたがご主人公ですから、
あなたの心の中に浮かべる内容は
あなたが自分の意志で選ぶのです。

 


つまり、想念というものをあなたが管理することで、
はじめて、あなたがやりたいことができるということです。

 

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

多くの悩みは、誰か他の人との

関係性の中で生まれてきます。

心が苦しむのは、どんな時でしょうか。

 

 

それは、誰かに言われた言葉に自分が傷ついたり、

誰かにどう思われるかを心配したり、

自分以外の誰かの思惑をあなたが気にして、

それに心が縛られている時ではないでしょうか。

 

 

悩みから自分を解放するためには、

「~しなければならない、~すべき」

というとらわれをいったん解除してみることです。

 

 

あなたはそれをしてもよいし、しなくてもよいのです。

あなたにとって大事なことは、~すべきことの追求ではなく、

「あなたが本当にしたいこと」をしっかりと考えることです。

 

 

あなたが何か行動するとしたら、

それは、あなたのために行動するのであって、

誰かの思惑に従うためではないということです。

 

 

誰かがあなたに何を言おうとも、どう思うとしても、

それは誰かの問題であって、あなたの問題ではありません。

 

 

あなたは自分の考えで、

何かをしてもいいし、しなくてもいいのです。

誰かの思惑に自分が縛られてしまうと、

悩みや苦しみを抱え込むことになります。

 

 

「誰々がこう言うから、こう思うから」という、

他者の思考で自分を縛り付ける考え方であると、

苦悩ばかりが生まれてきます。

 

 

自由意志が侵害されるから、苦しいのです。

もし、誰かにあなたの自由が侵害されそうになったら、

相手の言うことは相手の問題であって、

自分の問題ではないと見破ることが大切です。

 

 

どんなに相手があなたに強要してきても、

そうであるかもしれないし、そうではないかもしれない、

というように柔軟に受け止めていくようにしましょう。

 

 

あなたが他人の思考を自分の中心に

置かない限り、他人があなたを縛ることはできません。

 

 

あなたを縛るものは、

あなた自身をおいてほかにありません。

束縛から自己を解放するのも、あなた自身です。

 

 

「自分の考え方を中心する生き方」を選ぶということです。

これは決してエゴイズムの意味ではありません。

他者の価値観で自分を縛らないという意味です。

 

 

「他者を中心にする思考」「自分を中心にする思考」

という視点で世界を見直すと、自分を苦しめるものから

自由になることができます。

 

 

「他者を中心とする思考」に生きる人は

他人の顔色をうかがい、他人にどう思われるかばかり、

考えて、心が休まることがありません。

 

 

人に批判されれば自我が傷つき、

批判されまいと必死になり、そうやって他者に

支配されていくことになります。

 

 

他者の顔色ばかり見て、嫌なことを言われないように

その支配下に入っていくことになります。

 

 

世の中には、他者を支配することで

自分の欲求を満たしたり、自己重要感を維持したり

する人もいるのです。

 

 

「他者を中心にする思考」で生きれば、

そのような他人の配下になってふりまわされる、

悩みと苦しみの多い人生になります。

 

 

「自分を中心にする思考」で生きれば、

あなたの主人はあなたであり、

誰かがあなたの主人になることはありません。

 

 

生きていく上で、誰かの思考に支配されてしまうと

自己実現も、良い引き寄せもできません。

「他者を中心とする思考」に生きている限り

悩みに一生ふりまわされることになります。

 

 

これに対して「自分を中心とする思考」は、

自己中心という意味ではありません。

自分の価値観と行動指針で

自分を評価し、認めたり、励ましたりする考え方です。

 

 

自分が自分の主人となり、

自分の考えや価値観をしっかりと持ち、

生きる上での指針にしているということです。

 

 

そのような姿勢なら他人の評価も他人の言葉も

まったく関係ないという世界に生きることができます。

あなたは誰からも責められることはないのです。

 

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)