ココロ、スッキリ!!

心や体が元気になるような言葉や話題を掲載します。


テーマ:
ガラスの仮面 (第25巻) (花とゆめCOMICS)/美内 すずえ
¥410
Amazon.co.jp


この漫画のラストが早く知りたいと思うNO.1は、やはり「ガラスの仮面」ではないでしょうか。もう何十年も連載が続いていますが・・休載が何年も続き、いまだに終わっていません。


7月26日発売の「別冊花とゆめ」(白泉社)で「ガラスの仮面」の連載が再開されるそうです。(何度目でしょう・・)

前の連載のときには、姫川亜弓の失明の話がありましたが42巻には入ってなく丸まる新しく書き直しをしていましたが、次に出るであろう43巻にはその話も入っているのかな?今度の連載は42巻からの続きからなのかも気になるところです。


長編漫画で読み出したら止まらないNO.1の「ガラスの仮面」・・・早くラストが見てみたいです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++


■自己暗示の話。


この物語の中には沢山の自己暗示が使われています。役者とは役の人になりきること・・そう、みんな役者は自己暗示を使っているんです。


今回は【女性が美しくなるための自己暗示法】


美内すずえ著【ガラスの仮面】25巻P85~から


「鏡の前で これから自分は美人になるんだぞっていいきかせてメーキャップしていったの」

「美人になっていくって楽しいわね」

「鏡の中の自分はみちがえるようだったわ 変身のおもしろさね 役者ってすばらしいなって思ったわ」


「役者の素顔が美しいか そうでないかなんて大きな問題ではないわ ようはどれだけうまく変身できるか役を演じられるかなのよ 忘れてならないのは演技する心」


「自分は美しい女なんだと思い込み そう振舞うところから美しい女性になれるんですよ」


■何かを叶えるときも自分が【そうなんだと思い、そう振舞う】ことが自己暗示の成功のコツです。

「感覚の再現」は大切ですよ。

ガラスの仮面 DVD-BOX
¥22,680



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【「どん底」から這い上がるための法則】


「どん底」は人によって多種多様ですが、自分自身は「どん底」から抜けたとき自己催眠(自己暗示)が非常に役に立ちました。


つらいときは、辛い方向をついつい見てしまい「明るい未来」や「そこから抜け出すこと」を夢だと諦めてしまいがちです。(私も最初はそうでした。)


いつも、考えなくていいのに悪いほう、悪いほうへと目を向けてしまっていたんです。


それにまず気がつくこと、次に明るいほうを見る努力をすること。(ここが大切です。)

この努力が最初はすごく時間がかかりました。 


生活の中でテレビや新聞からはマイナスの記事やニュースばかりで落ち込んだ心がさらに落ち込んで行くようでした・・会社や人の口から出る言葉も・・・


ある日からテレビや新聞を読むのを辞め良い言葉が沢山ある本を大量に読むようになりました。

トイレや寝る前もその本を読んでいると、ある本に自己暗示について載っていたんです。


そこで自己催眠を覚えて自分が使いやすいようにアレンジしてみました。


自己催眠の良いところは、自分をコントロールしているのは実は自分自身なのだと気がつくことです。

これに気がつけば、少しでも悪い思いや、気分になったらすぐにチェンジするんです。意図的に。何度も、何度も。


自己催眠に大切なのは、何度も何度も繰り返すことです。時間もかかる場合もあります。でも、諦めないで繰り返すことが大切です。諦めない限り必ず変化はおこりますから。



生活倉庫社長・堀之内九一郎さんの本に、こんな一文がありました。


【「どん底」から這い上がるために】


まず、「どん底」の暗闇で、とことん反省しその重きに耐えること。

小さないびつな一歩を、ひとまず踏み出してしまうといこと。

小さい欲をとことん満たすことで大きな目標を達成してしまうこと。

考えらるかぎり、最大限のお金の使い方をすること。

速さにこだわって、突風の勢いで判断を下すこと。

これっちも疑わない師匠をもつこと。

ホンネを見抜き本質をとらえるために、まずは自分が裸になること。

そして、けっして損得勘定で判断しないこと。


失敗とは「うまくいかなかったという経験のひとつ」にすぎません。


行き止まりなら、駒を一つ前に戻して、逆に進めばいいのです。

苦境の中にこそ、普段は思い浮かばないような知恵がわいたりするのだということを胸に刻んで下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

天国へ行った友へ





突然の悲報に驚いた。




誰もが、いつかはみんな死ぬけれど・・・




やっぱり早いよ。





俺は、まだこっちでやることあるから・・・




ちょっと待っていてくれ。





そっちに行ったら、沢山、いろんな話しよう。





70年なんか、あっというまだから。





もう少し、待っていて。










お前に、会えて良かったよ!





またな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。