現在放送中のCXの「ダライ・ラマに恋して 銀座OL世界をゆく!3」の中で前世を記憶する少女の話をしていました。不思議な話でしょうが、この少女は実在します。

私自身は無神論者なので、仏教の教えも生まれ変わりもどちらでも良いという中立的な見方をしていますが。前世を記憶する子供達が増えて過去の記憶を話し出したら、この社会も変わって行くでしょう。「前世はある」そう考えた方が楽しいかもしれませんね。

この番組の中で、たかのてるこさんは教師カルマに出会いこんなことを言われます。
<「全てのことには原因と結果なのだと。良いことをすれば良いことがおこり、悪いことをすると悪いことが起こる。そして、恋人も家族も友人もただ愛せばいい執着をしない」

人は誰かを愛するとき、「こうされたい、束縛したい」などと考えますが「ただ愛すること」が出来ればストレスも抵抗も少なくなるでしょう。相手に何かを期待したり求めるのは愛ではありません。

ダライ・ラマ法王に「生きることとは」との質問に「存在すること、幸せに生きる権利がある。」と聞かされます。「どんな状況でも心の平和は自分で作ることが出来る」と。あなたが、どんなに苦しい状況でも「自分は平和」だと思えば、そこに平和が訪れます。この世で一番大切なことは「おもいやり」。。この「おもいやる心」こそが心の平穏なのかもしれませんね。
AD
◆催眠療法に興味のある方へ◆

第1回 催眠療法OFF会が東京のフォーラム8で開催されます。私友部も行きますので催眠療法や心理にまじめな興味のある方は、どなたでもご参加ください。
現役のプロの方も多数参加されるので催眠と心理についてどのような質問・疑問にもわかりやすく答えてもらえると思います。また催眠誘導、NLP心理テクニックの実演デモンストレーション等も企画しています。
以下告知です。

+++++++++++++++++++++++++++

●「第1回 催眠療法OFF会」 開催要領●

◆日時・2005年 5月28日(土曜日)
午後1時00分~午後6時00分 (開場も同時刻)

◆会場・ 渋谷・道玄坂フォーラムエイト 
会場の連絡先 03-3780-0008
参加規模により部屋が決まり次第、告知しますが、当日会場でも掲示案内があります

◆料金・お1人 3,000円(会場代+飲み物代実費)

申込方法 参加ご希望の方、さらに詳しい内容はこちらのページをご覧下さい。

++++++++++++++++++++++++

みなさんに、お会い出来る日を楽しみにしています(^^)友部
AD

子供を叱る前に

今、問題になっている、大人になりたくない子供達がいっぱい増えてるよね。あんなの当たり前さ。どの大人が「大人でいる事っていいぜ、幸せだ」って子供の前で笑顔見せてる?学校行って教員見りゃ「疲れた。おまえなんか教えたくない」家帰ったら父親が上司に怒られて「本当にうちの編集長はとんでもないやつで」とかね。(笑)そしたらお母さんはお母さんで「主人の稼ぎが悪い。」そんなの見てたら、大人って、つまんねー。こんなもんになるくらいなら今を生きたほうがいいな、ってなるさ。

これを変えようって思ったら大人が変わればいいんだよ。
大人は子供から学ぶことを忘れてる。
子供はすべて教えてくれる。
だから、大人の望む子供にしようって思う前に、子供の望む大人にならないと。

やりかたは簡単、頭で考えない事。ものを考えるからなんも出来なくなるんだよ。大人はいいじゃん、想いだけで。

心配だから、側にいる。
心配だから、抱きしめる。

それで、いいんじゃないの?子供にキツイのは、いかなる怒鳴り声より、ぽろぽろ涙を流して下向いて震える姿だよ。

とにかく、継続の中で、どれだけ一貫性のある自分という姿を胸張って子供に見せられるかじゃないかな。

水谷修 インタビューより



子供を叱ったり、どなる前に子供に尊敬される親になった方が早い。子供が「面白そうだね」って言ってくれる大人になったほうが、絶対早い。

子供が反発するのは、親が嫌いだから。簡単なんです。それなら好かれる親になればいい。

親が家で会社の愚痴や悪口を言う家庭は、子供も友達の悪口を言う。

子供は親の鏡って言うけど本当だと思う。


それならば、凄い親になってしまえばいいんだと思う。「毎日が楽しくて、楽しくてしょうがない親に。」

相手を変える前に自分が行動をしてしまえば、周りも変わる。

「会社最高!大人最高!」そんなことを言う大人が増えたら日本も社会も楽しくなるよね。
AD

『夜回り先生』水谷修 

テーマ:
お奨めの本の紹介です。
『夜回り先生』水谷修 サンクチュアリ出版です。(クリックすると飛べます)

「まじめな子ほど、まじめにドラックを使い、まじめに壊れていく。心に傷を持った子ほど、その心の傷を埋めるために必死でドラッグを使う。そして死んでいく。」

この本を読んだときに胸が痛くなりました。子供の目線から物を言う親や大人はいない、だから子供は非行に走ったりする。それが良いことだとは思わないが、子供だって自分の辛い気持ちを分かって欲しいんです。

子供の頃、いつも、上から物を言う大人達が嫌いでした。


【いいんだよ。】

昨日までのことは、みんないいんだよ。


「おれ、窃盗やってた」


いいんだよ


「わたし、援助交際やってた」


いいんだよ


「おれ、イジメやってた」


いいんだよ


「わたし、シンナーやってた」


いいんだよ


「おれ、暴走族やってた」


いいんだよ


「わたし、リストカットやってた」


いいんだよ


「おれ、カツアゲやってた」


いいんだよ


「わたし、家に引きこもってた」


いいんだよ



昨日までのことは、みんないいんだよ。





「おれ、死にたい」「わたし、死にたい」




でも、それだけはダメだよ。





まずは今日から、水谷と一緒に考えよう。




「彼らは非行に走るが、非行に走りたくて走るんじゃない。望んでもいないのに孤独を強いられ、その孤独に耐える方法を知らないだけだ。」

もし、その孤独から逃れることが出来るのなら非行になんて走らない。もし、こんな先生が日本全国にいたら子供達の目ももっと活き活きしてくるだろう。

さらに大人にになるにつれて肯定的な言葉をかけられるのは少なくなってくる。
「お前はダメだ」「こんなのダメだ」って・・・
でも、どこかで「いいんだよ」「大丈夫」て言われたいのかもしれない。

水谷修さんの『夜回り先生』は、そんな全ての否定的な答えに「いいんだよ」と答えてくれます。

でも、死んじゃダメだって・・生きることは、辛いことも多いでしょう。でも、死んでも楽にはなりません。その壁を乗り越えないと次ぎも、また同じような壁がやってきます。

そして、その壁を乗り越えられたときに人は「成長」していくんです。

「孤独感をなくすために、わざわざ夜の街に入り、身を滅ぼさなくてもいい。その前に一度、誰かと会ってみてほしいと思う。」


みなさんが、壁を乗り越えるのが辛いとき・・お手伝いが出来れば幸いです。


今まで生きていてくれて、ありがとう。まだ、会ってないあなたに、ここで出会えて良かった。今、悩んでるなら、寂しいのなら・・一緒に考えていきましょう。



※左側の楽天やアマゾンから本は購入出来ます。

地震のあった地域の方々に今、私の出来ることは祈るだけです。
しばらく不安な日々も続くかと思いますが、早く平穏な日が訪れるように祈ってます。

安心して、ぐっすり眠れる日が来るように・・

家族や友人との笑顔が戻るように・・

体を壊さないように・・


辛い日も続くかと思いますが、良い道が見えますように・・

プライドが高い人は甘えることが下手です。

全部自分でやろうとすると疲れるから、誰かに甘えてもいいんです。

でも、全部甘え過ぎるとそれは「依存」になります。でも依存したくないからと、まったく甘えないのは我を張りすぎて神経も疲れてしまいます。


ほどほどが丁度いい。


甘え上手の女性は、モテたりします。甘えるのが下手だと、キツイとか思われてしまいます。

「でも、あんな子みたいにコビ売ってまで生きたくない。」
「あの子、裏では非道いんだから。。。」

そんな、悪口を言う前にその子の良い部分を見つけて褒めてみませんか?

「冗談じゃない、褒めるなんて、出来ないわ!」

でも、その子はあなたの持ってない部分を持ってるからモテてるんじゃないでしょうか?

ちょっと、謙虚にその人を見ると自分に無いものを持っていたりします。笑顔だったり、感謝の言葉だったり・・

いきなり真似をしろというのではなく、認めてみる。そして、自分にない部分は謙虚に取り入れても良いのではないでしょうか?仕事でも言えるしょう。相手の悪口を言う前に良い部分を見つけてみる。。。

セッション中に、こんな話しをして、実行してくれた女性がいました。そうしたら、先日こんな話しをしてくれました。「あの後に言われたことを実行したら、男性から食事に誘われました。」

人は嬉しいとき眉が下がります。眉間のしわもなくなると親しみやすい顔になります。
怒ってる女性より、ニコニコしている女性の方が魅力的ですよね(^^)

(僕自身は、泣いた顔も怒った顔も笑った顔も好きなんですけどね~。。人間好きなんで
「好きな仕事だけやってると、お金にならないよ。」とか言う人いませんか?

本当にそうでしょうか?

「好きな仕事をして、稼いでる人」もいますよね?

「でも、自分には自信がないし。。。」

誰かに認めて欲しいのと、自分が楽しいのは違います。

誰かに認めて欲しい欲求を先にしてしまうと、いつまでもそこへ行くのが大変だったりします。でも好きで好きで、楽しいからやってると、いつのまにか人から頼まれたり、仕事になったりします。そしてもし、その好きことを誰よりも詳しく、得意分野になったとしたら、最初にあなたにみんなが聞きに来るでしょう。

「確かに好きだけど、そこまで出来ないし、仕事にはならないよー。。。」そんな人もいます。それならば、いっそ割り切って「それは、天職にしてしまえばいいんです。」自分の心が楽しい、満足する仕事が「天職」そしてお金を稼ぐ仕事は「適職」という考えにしてしまえばいいんです。

生活のための仕事をキープしつつ、好きな仕事をすると心にもストレスが少なくなります。好きな仕事は最初お金にならなくてもいいんです。好きでやっているのですから。

自分の好きなことを見つけて、それを極めて行けばきっと道は見えてくるでしょう。ただしその際に年齢制限をつけないで下さいね。年齢制限をつけるとどんなこともストレスになりますから。

でも、どうやら「お前は、この仕事をするんだ」って決められている場合は自然とそこに連れていかれたりします。(私もそうでした。)そのときは抵抗しないで受け入れるとビックリするようなことが起こりますよ(^^)

とはいえ、私もまだまだ学びたいことが沢山あるから、楽しいんでしょうねー(^^)

仕事の話し

仕事を辞めてフリーになってから、お金に困ったことはありませんでした。(公共料金が払い遅れたことはありましたが、それも困ったことではありませんでした。)

あまり贅沢をせずに普通にご飯を食べて、普通に暮らしただけだからかもしれません。

いつか必要なお金は必要な時期に入って来ると思っているからかもしれません。(そう考えると不思議と入ってくるんです。)

私は今、自分で仕事をしていますが、お客さんあっての自分だといつも思います。クライアントさんは「この人に助けてもらってる。」と思うかもしれません、ですが、逆に「この人達に私が助けてもらっているんです。」資本主義は需要と供給ですが、この世の仕事は究極の言葉で言うと全て「サービス業」だと思います。自分が出来るサービスを提供してお金を貰う。

道路工事をする人は道路を作るサービス、大工さんは家を作るサービス、先生は自分が知ってることを知らない人に教えてあげるサービス。自動車を売る人は快適なドライブを提供するサービス・・そう考えたら自分は何が出来るだろう?って考えませんか?

以前は、私は絵が好きだったので「絵を書く」仕事がしたいと思ってました。10年近くデザインの仕事をしいてあるとき、こんな疑問が出て来ました「俺は必要なのか?」「俺の絵やデザインは必要とされてるのか?」そう考えると、会社の中で自分は自分の好きな絵を描いてない、好きなデザインをしてない・・悩みました。このまま続けていいのかと。

そして、自分探しをしながら気がついたのです。「あ!俺は、人が喜ぶ顔を見るのが好きなんだ!」って・・・そう考えたら、デザインや絵の仕事にこだわる必要もなくなりました。

「人が喜んでくれる仕事なら、何をしてもいいんだ。」そう、みなさんの仕事も誰かが喜ぶから存在するんです。

「俺なんかネジ作ってるだけだから」・・・それさえも、その仕事の先に「ネジ」は車の部品になったり、家の部品になったりと、それを喜ぶ顔の人がいますよね。

でも、自分がその仕事をしててもちっとも楽しくない、喜ぶ顔どころかいつも怒られてるよ!そんなときは、もう一度自分がどんなサービスが出来るか考えてみましょう。

人と接するのは苦手だけど、コツコツとやる仕事は好きだ。とか、機械を直すのが得意だ。運転なら何時間やっても飽きない。人前で踊るのが得意だとか・・そう考えると色々な可能性があることに気がつくでしょう。

「でも、好きな仕事だけやってると金にならないよ。」とか言う人いませんか?

次ぎは好きな仕事のお話をしますね。(^^)一旦、休憩です。
フィンドホーンの創設者アイリーン・キャディが内なる神から受け取ったメッセージはとても素敵な言葉が多いのですが、実はその彼女がメッセージを受け取った場所はトイレでした。

なぜ?トイレなの?と最初は思いましたが、トイレは人が落ち着ける場所「ほっと出来る場所」なんだと思います。

「ほっ」とすと人の脳波はβ波からα波またはθ波になります。

α波 【あるふぁーは】 脳から出ている脳波で、とくにリラックスした気持ちでいる時の脳波がα波そしてθ波です。

内なる声を聞こうと思うとき、頑張れば頑張るほど、脳波はリラックスと反対の方向へ行きます。そんなときは、頑張らない、力を抜くんですね。力を抜いても誰も文句を言わない場所ってどこでしょう?やはりトイレなのかもしれませんね(^^)

瞑想も頑張るのではなく、力を抜いて行くと深く入って行きます。

小林正観さんが良く言う話しなのですが、「トイレの蓋をしめて、便器をピカピカにすると臨時収入がある。」というのも、ここは一番神様が見ている場所だからじゃないでしょうか。(世界中の大金持ちの家を調べたら、全てトイレの蓋がしまっていたそうです。)

トイレは一番、汚い場所だと思うと近寄りがたいですが、ここが一番「ほっと出来る場所」になれば、トイレも綺麗に掃除するでしょう。お花やポプリをおいてリラックスしようとか、自分の好きな絵を飾ってゆっくり見るのも良いでしょう。(ちなみに、私の事務所のトイレにはマリア様の絵が飾ってあり心を休ませてくれます。)

「一人ひとりが内なる声を聞き、ただ実行すること」

どんな場所でも、自分が落ち着ける場所は内なる神と繋がる場所です。

喜怒哀楽

テーマ:
遊ばねばならないって思って
遊ぶ子供はいませんよね。

子供って、遊びたいから遊ぶ、悲しいから泣く
怒りたいから怒るって喜怒哀楽に対して
凄く正直ですよね。

そんな風に好きに生きていければ、みんな
楽になるのに、大人は子供の「楽」な生き方を
学ぶ必要でなく思い出すのは良いかも
しれないな~と思いました(^^)

だって昔は、みんな出来てたんですから(^^)

自分の気持ちに正直にならずに
自分をごまかして生きると必ず心が
辛くなります。


泣きたいときには泣いて

怒りたいときには怒って

笑いたいときには笑う

楽しみたいときは楽しみ

好きなものは好き

嫌いなもは嫌い


自分に正直に生きる。
我慢しなくていいんです。


でも、ワガママは違いますよ。

もっと言うと他人にワガママになるんじゃなく、「自分にワガママになる。」したいことはする、見たいものは見る。そうするために生まれて来たんですから。時に我慢は大切ですが、日々我慢しすぎると辛くなります。

これが出来れば、きっと心は楽になりますよね。

そうは、言っても仕事が、学校が、家庭が~ってなりますよね。

自分の時間をワガママに使えばいいんです。会社や学校で家庭でワガママになると孤立します。でも、自分の時間をどう使うかは自分次第です。その時間まで何かに縛られる必要はないんです。


でも、忙しくて、自分の時間が作れない。。。。


そんなときは、お風呂や布団の中では自由でいきましょう。
どこかには、必ず自分だけの時間があるはずですから。