2009-01-06 13:34:33

2008年日本インターネット映画大賞「外国映画部門」:投票

テーマ:話題(映画関連)

「2008年日本インターネット映画大賞:外国映画部門」

昨日の日本インターネット映画大賞:日本映画部門への投票 に続き、

今日は2008年に鑑賞した海外の作品について振り返りたいと思います。

2008年に鑑賞した海外の映画は全部で75作品 でした。

こうしてざっと思い返してみると去年は良い作品に恵まれた年だったと思っています。

「スウィーニー・トッド」でのジョニー・デップ来日で始まった一年。

締めくくりは「地球が静止する日」のキアヌ・リーブス来日となり、

イベント的にも(個人的には)盛り上がりました。

作品的には、全体的にダークな色調の作品が多く見られ、

鑑賞後に重い心を引きずりながらスクリーンを後にすることがしばしば有りました。

では、投票作業に入りたいと思います。

なお、日本インターネット映画大賞の詳細についてはこちらを参照してください。

http://www.movieawards.jp/pre.html

以下レビュー記事のある作品は●色表示し、記事にリンクしています。

※なお、「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」は特別試写会での鑑賞のため、

公開まで間があるので今回の投票対象から外しています。

また「エグザイル/絆」も、

前回の投票枠に入れてしまったため今回の投票対象から外しています。



[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
ダークナイト 」10点
BOY A
」6点
トゥヤーの結婚 」6点
潜水服は蝶の夢を見る 」2点
テラビシアにかける橋 」2点
ラスト、コーション 色|戒 」2点
ノーカントリー 」1点
バンク・ジョブ 」1点

【コメント】
日本映画部門同様外国映画部門も、
持ち点合計30点を配分する都合からベスト8位までのランク付けとなりました。
1位に挙げた「ダークナイト」は文句無しのダントツ。
「マトリックス」と同じくらい私にとっては大切な作品になりました。
アメコミからあのように素晴らしい作品を生み出してくれた
スタッフとキャストに感謝します。
アメコミからはいくつか他にも実写化された作品がありますが、
「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」も勿論合格点。
アメコミ発の作品が豊作の年だったと思っています。
2位は同点で「BOY A」と「トゥヤーの結婚」。
「BOY A」は深いテーマを持つ作品ですが、
主演のアンドリュー・ガーフィールドの瑞々しい演技も印象に残っています。
また「トゥヤーの結婚」は私の好きな傾向の作品ですが、
こちらも主演のユー・ナンの演技が素晴らしく、心に残っています。
4位は同点で3作品。
「潜水服は蝶の夢を見る」は鑑賞する側の人間に、
登場人物と同じ目線で物を見せることで、
突然障害を負ってしまった主人公のもどかしい気持ちを
追「体感」させるアイデアが素晴らしいと思いました。
最後まで救われない暗い内容の作品が多かった昨年、
この作品のようにどんな逆境からも希望は生まれると言うテーマを持つ作品は
とても貴重だった気がします。
ランク外になってしまいましたが「最高の人生の過ごし方」なども、
同様な意味で心の温まる作品でした。
「テラビシアにかける橋」は、ファンタジー部門からのランクイン。
「スパイダーウィックの謎」や「ペネロピ」「魔法にかけられて」も、
楽しませてもらえた作品ですがその中から代表で選んだ作品です。
人がまだぎりぎりファンタジーの世界に住むことが出来る時期・思春期。
その危うく儚い時期の少年・少女を演じている
ジョシュ・ハッチャーソンとアナソフィア・ロブが光っています。
「ラスト、コーション 色|戒」は、
セピア色に彩られた悲しみが、何故かあのままの映像でそっくり全て、

いまだに深く心に留まっている作品です。
タン・ウェイの美しさがヒロインの悲しい一生をさらに際立たせていました。
残る2作品は同点で7位となりました。
「ノーカントリー」は救いの無い現代社会を乾いた映像で描いた衝撃作。
私にとってはあまりにショッキングな内容だった物語も映像も忘れられません。
主演のハビエル・バルデムさんがとにかく不気味で存在感がありました。
「バンク・ジョブ」は実話を基にした作品ですが、
他にも「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! 」や「ブーリン家の姉妹」など、
今年はイギリス発の作品に面白いものが多かった気がします。
「レッドクリフpart1」は今回はランクインしませんでしたが、
続編との合わせ技で次回ランクインしてくれることを期待しています。


-----------------------------------------------------------------

【監督賞】          作品名
  [クリストファー・ノーラン] (「ダークナイト」)
【コメント】
故ヒース・レジャーを筆頭に、それぞれの役に成り切り
最高の演技を見せてくれた出演者。
彼らが、完成度の高い脚本を最高の形に表現してくれました。
私にとっては「マトリックス」の次に位置する作品の誕生です。

【主演男優賞】
   [クリスチャン・ベール] (「ダークナイト」)
【コメント】
ヒース・レジャーの名声に隠れて目立たない存在になっていますが、
ヒーローとして苦悩の選択をすることになるバットマンを
誰よりも理解した上で演じ切っているクリスチャン・ベールにも
ぜひ注目したいと思います。


【主演女優賞】
  [ユー・ナン] (「トゥヤーの結婚」)
【コメント】
ユー・ナンは、多分この役の為に体重を増やして臨んだと思います。
モンゴルの荒れた大地でたくましく生きるヒロインを、
自然体で演じ深い印象と感動を与えてくれました。


【助演男優賞】
  [ヒース・レジャー] (「ダークナイト」)
【コメント】
「ダークナイト」を最高の作品に押し上げた立役者です。
ジョーカー役を完全に彼のものして持ち去ってしまいました。


【助演女優賞】
  [ナタリー・ポートマン] (「宮廷画家ゴヤは見た」)
【コメント】
「ブーリン家の姉妹」での熱演も記憶に残りますが、
この作品には驚くような姿で登場しています。
まさに体当たりの演技に女優としての新たな一面が感じられました。


【新人賞】
  [アンドリュー・ガーフィールド] (「BOY A」)
【コメント】
過去を捨て新たな人生を送ろうとする青年の心の揺らめきや葛藤を見事に演じています。
透明感のある容姿に不思議な魅力が感じられました。
今後に期待したいところです。


【音楽賞】
 「魔法にかけられて
【コメント】
懐かしさの感じられる曲目に乗せて展開されたファンタジーに、

笑わされながらもうっとりしました。

ディズニー作品の王道とも言える旋律を映像と共に堪能することが出来ました。


-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】

[俳優賞・惜しかったで賞]

キアヌ・リーブス」(「地球が静止する日」)  
【コメント】
宇宙人役のキアヌ、なかなか好演していました。

ジェニファー・コネリーと共に演技は評価したい・・・。

ストーリーの運び方次第でもっと面白い作品になったはずでず。

特に後半は説明不足で、

説得力に欠けたまま強引に展開してしまった脚本がとても残念。


【勝手に○×賞】

[怪演賞]

ハビエル・バルデム」(「ノーカントリー」「宮廷画家ゴヤは見た」など)

2008年は彼の年といってもよいくらいハビエルさんの怪演が光っていました。

今後の映画界に最も必要な人財の一人です。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

以上、好き勝手に採点してみましたが、いかがでしょうか。

なお、前回と前々回の投票結果はこちら。
2006年度日本インターネット映画大賞外国映画部門

2007年度日本インターネッ映画ト大賞外国映画部門






AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

hyoutan2005さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■日本インターネット映画大賞事務局さまへ。

集計お疲れ様でした。
来年もよろしくお願いいたします。

5 ■第13回日本インターネット映画大賞結果発表

先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。遅くなりましたが、作品賞ならびに各賞が決定しましたのでお知らせいたします。今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。

4 ■こべにさんへ。

TBとコメントありがとうございました。
他の方の投票結果を読んでいて同じような結果を見つけると、何だかうれしくなりますよね。
ダークナイト、私も即決でしたよ。

3 ■こんにちは!

コメントありがとうございました!
音楽賞はこれしかないと思ってたので嬉しいです!
バンク・ジョブのランクインも同じくです☆
けっこう迷ったのですが、ダークナイトだけは即決でした!




2 ■かにさんへ。

コメントありがとうございます。
そして勢い余って投票ルールを忘れて点を入れていた事に気付かせて頂いてありがとうございます!
10点までしか入れられなかったのでした。
帰宅後に改めて点を入れ直します。
キアヌは・・・・・ですよね~(泣

1 ■「ダークナイト」

ダントツですね。
私は3回観ましたが、毎回新しい発見でした。
普段はアメコミものに興味がない私が自分で驚いた作品です。

でも、「12点」ってOKなんですか?

キアヌの残念賞には思わずクスリ。
そうですよねえ……。
キアヌの演技だけでなく、いろいろもったいない映画だった気がします。

コメント投稿

AD





Ferretアクセス解析

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。