身近な地元話の本

テーマ:

“ちょっといい”



“ちょうどいい”



それが埼玉ひらめき電球


↓↓↓

以下、本書より転載クリップ


↓↓↓


埼玉には「何もない」



大した観光地もなく、のっぺらぼうな郊外と、ありがちな風景が広がるファスト風土…



47都道府県の中でこんなに無個性な県もないだろう



しかし埼玉には、三大ショッピングモール(=イオンレイクタウン、イオンモール浦和美園、ららぽーと新三郷)がある



またショッピングモールにはないような、東京の高感度ショップにも簡単にアクセスできる位置にある



つまりマス消費も、高感度消費も手に入れられる理想の地方であり



普通の人が心地よく暮らせる装置と環境が揃っているのだ





へぇ〜


なるほどキスマーク



言われてみれば埼玉って



そういった



とても守備範囲の広い消費ニーズに対応できる素地があるということなんですね目



また駅ナカの概念を変えたエキュートの第一号が大宮駅だという事実や



衣料品チェーンしまむら、焼肉チェーン安楽亭、ダイヤモンド輸入金額日本一のツツミなど



埼玉発の企業の特色や魅力のご紹介



あるいは小江戸として賑わう川越のメインストリート



大正浪漫夢通りという商店街をリノベーションした実例など



う〜ん



地元の僕にとっては



とにかく馴染みの多い話ばかりで面白かったですね合格



本書いわく



日本全国がこれからどんどん埼玉化するだろうというアップ



眉唾的な仮説がメガネ



ある種の説得力を持って論じられていてパー



いやあDASH!



なんとも嬉しくなった次第ですニコニコ



さて


続いて読んだ本がこちら本

↓↓↓

ヤンキーの虎ヤンキーの虎
1,512円
Amazon

ヤンキーの虎とは!?


地方に根を張ったビジネスで儲けている人



地方で多くの事業を積極的に起こす人



シュリンクしている地方経済を牽引している人



…を指しサーチ



さらに共通点は



“リスクテイカー”グー



であるということ



つまりは縮小する地方の中であえてリスクをとる



守りに入るのではなく、攻めの姿勢で事業を広げていく



地方で貪欲にビジネスを広げている経営者たちである



…と定義サーチ



へぇ〜キスマーク



なんか僕のまわりにもそういう人が結構いっぱいいるのでアップ



こちらも身近な地元話として、興味深く読むことができましたねパー



一方で



都市部でビジネス展開する人たちのことを



本書では



ベンチャーの虎キラキラ



…と呼称メガネ



本書いわく



この人たちはインターネットやITなどをベースに



新しいビジネスモデルを考案し急成長しながら



日本だけにとどまらず世界に飛び出そうとする人たち



…を指しサーチ



地方のヤンキーの虎と明確に区別していますパー



ヤンキーの虎は数という点ではベンチャーよりはるかに多く



日本の雇用の受け皿としても、日本経済を回すという点でも



最も重要な存在と位置づけています晴れ



なるほどですね目



また本書ではヤンキーの虎のタイプを



「地盤引き継ぎ型」と「成り上がり型」に分類したりクリップ



また事業拡大のために必要な二つの鍵ひらめき電球



「地域密着」と「地域拡大」について言及メガネ



そしてヤンキーの虎を語る上で



重要なキーワードクローバー



「事業意欲」、「仲間意識」、「スポーティ」などなど



う〜ん



いちいち納得の定義づけや説明をされていて



いやあDASH!



何かと参考になった次第ですグッド!



というわけで



2冊とも地方の活性化を喚起する本でアップ



内心ちょっと元気をもらいましたねグー



僕にとって、とても身近な地元話の本でした本

日帰りで金沢

本日くもり


雨模様の中


大宮から新幹線に乗ること2時間半時計

↓↓↓

{EE5152E8-8CB4-4977-938A-074E7EFCA1FD}

急きょ金沢入りしましたあし

↓↓↓

{ADAA859F-3237-49DA-8D42-8B0D98B07869}

目的は


同友会メンバーのご尊父のお通夜に参席するためです合格


業界の発展にも多大なる貢献をされた方ということもあって


ローカルな本津幡駅にある葬儀会場には


本当に多数の方々が参列されましたパー


あらためて


心よりお悔やみ申し上げる次第です




そうして本津幡から金沢駅へと戻り


おおっと叫び


威容を誇る「鼓門(つづみもん)」が屹立星空

↓↓↓

{F082ABB1-F912-45E5-ABFA-E2A3FA644DFB}

後ろの


「もてなしドーム」とともに


すごい迫力で目に飛びこんできましたねひらめき電球

↓↓↓

{A1E3C52E-6EFE-4D93-9603-B789CA43A3EF}

そうして数名でお蕎麦を食べた後割り箸


文字通り


とんぼ帰りで


金沢から終電の新幹線で


帰路に着いた次第です新幹線


ふぅ〜温泉


というわけで


無事帰宅してホッとひと息OK
先日


家の中を整理していると


懐かしいティーカップが出てきましたコーヒー

↓↓↓

{EC2813F6-4556-4058-8E3B-940BF3974BD3}

だいぶ前に


オーストリアのウィーンへ行った際に泊まった


格式高い名門の


ホテル・ザッハーホテル

↓↓↓

{3F3A3020-3AD5-4620-8AE2-E049F447C8DB}

いやあDASH!


ウィーンでも有名な五つ星ホテルですがアップ


そのホテル内の1階にある


『カフェ・ザッハー』で使用されているティーカップが


これなんですひらめき電球

↓↓↓

{9B2DD84C-A5F0-472D-92BE-11EB547D0BB4}

確かカフェ内で売っていたので


記念に買ったような気が…


ハハハ汗


いまいち覚えてないなぁドクロ


カップには


「ホテル・ザッハー・ウィーン」キラキラ


と書かれていますねサーチ

↓↓↓

{231467DE-8F3F-495F-B3FC-6DAD5E88B6B2}

そもそもウィーンは


伝統的にカフェ文化が浸透していまして虹


街中には至るところ


おしゃれなカフェが点在していましたね音譜




中でも


このカフェ・ザッハーはウィーンを代表するカフェとして知られ晴れ


一番有名なデザートが


かのチョコレートケーキ


ザッハトルテでラブラブ


ここが発祥なんだそうですベル

↓↓↓

{1D69E266-76EC-43D4-B3D0-73B7ACFD7BB0}

(写真はネットから転載クリップ)


なんだか思い出すなぁニコニコ


ふと


カップの後ろを見ると目

↓↓↓

{6142FD57-3BC9-4D35-BCBB-F8472A6BA7C6}

ドイツの食器ブランド合格


「BAUSCHER WEIDEN」(=バウシャーバイデン)のカップですねメガネ

↓↓↓

{1457C9B2-040E-451B-86F3-763D0C8F7334}

というわけで


ああ


是非また


ウィーン行きた〜いモグラ


おまけ長音記号2


こちらは


その後に行った


ハンガリーのブダペストのアンティーク市場で購入した一品グッド!


パンくずを片付けるちりとりとブラシキラキラ

↓↓↓

{3C331265-2F38-41CA-AEAA-BF0F313271C9}