本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。



bloglank


手のひらの中のアジア
QRコード
BLOG QR
January 19, 2005

⑨香港ドラゴン航空 361便 15:30発

テーマ:(1)プロローグ

いよいよ旅立ちの日がやってきた。


どんな気持ちでこの日を迎えるのだろうと思っていたけれど、当日の朝はことのほか冷静だった。


成田空港での見送りには、大学時代からの親友トモユキが来てくれた。今は一丁前に社会人をやっているが、彼もかつては旅人だった。


見送りに行くと言ってくれた友達はたくさんいたけれど、僕はどちらかというと一人でさらっと旅立ちをしたかった。よけいに淋しくなるのが嫌だったし、何よりこれからやろうとしていることが恐くなりそうだった。だからあえて平日を選んだし、半分くらいの友人には詳細も知らせなかった。


そんななか、当たり前のように来てくれたのがトモユキだった。時間の都合がついたというのもあるけれど、彼に見送られることはとても自然に思えた。何よりも気を使わず楽だった。


もう一人、見送りに来てくれたのは、同じく学生時代からの友人であるアツコ。八王子方面に住む彼女は遠路はるばるここまで足を運んでくれた。


「来たよ。いよいよだねぇ」


彼女のそんな一言に、出発前の漠然とした不安な気持ちは一掃され、穏やかな気分になった。


出発ゲートに向かうまでの三、四十分、空港内のレストランで最後の食事を採ることにした。食事といっても僕が選んだのはイチゴショートケーキセット。もうちょっと日本的なものを、とも思ったし二人にも「最後にそれかよ」と笑われたけれど、和やかな空気に包まれながら残りわずかな時間を楽しんだ。


「これ持ってけよ」


そう言ってトモユキがくれたのは、旅人として様々な場所を訪れてきた彼が旅で愛用していたブーツの「靴紐」だった。少しほつれ、茶色く変色しかかっていたそれはずっしりと重たい。彼は僕以上にこの旅の意味をわかっている、そんなふうに感じられた。


アツコからは「高幡不動尊」のお守りをもらった。僕が学生時代を過ごした思い出深き場所、高幡不動。その因果な繋がりが、より僕の気持ちを引き締めてくれた。


二人の気持ちをあらためて噛み締めると共に、前日当日とメールや電話で「いってらっしゃい」「いってこいよ」とメッセージをくれたみんなのことを思い、こんなにも素敵な人たちに囲まれている自分をとても幸せに思った。


十四時四十分。二人に見送られ、ゲート前に立つ。


「じゃ、いってくるわ」


「おう、がんばれよ」


「気をつけてね、元気で」


僕はすぐに背を向けて、足早にゲートへ向かった。


―ほんとにありがとう、行ってくるよ


なんだかちょっと涙しそうになる気持ちをこらえながら、そう心で呟いた。


香港ドラゴン航空 361便 15:30発 香港行


僕の旅は始まった。



★書籍『手のひらの中のアジア』の目次紹介



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hylifeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。