本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。



bloglank


手のひらの中のアジア
QRコード
BLOG QR
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
September 23, 2007

◆カザフスタンの新聞に掲載!!◆

テーマ:◎メディア掲載・書籍情報
カザフスタンの新聞に掲載されました!!



サムライ・ジャポンがやってきた!!


2007年8月、とあるカザフスタンの町でインタビューを受け、僕の旅についての記事が地方新聞に掲載されました。


以前の中国に続いて二度目のインタビュー。今回はきちんとその新聞をもらうことができました。


この町での出会いも含め、宝物がまた一つ増えました。


カザフスタンの新聞に掲載されました!!

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 20, 2007

バングラデシュで出会った人々2

テーマ:◆旅の断片 バングラデシュ

バングラデシュ ダッカの少女たち

バングラデシュの人々 バングラデシュの人々

バングラデシュの人々 バングラデシュの人々

バングラデシュの人々 バングラデシュの人々 バングラデシュの人々
バングラデシュの人々 バングラデシュの人々 バングラデシュの人々

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 20, 2007

バングラデシュで出会った人々1

テーマ:◆旅の断片 バングラデシュ

バングラデシュの子供たち
バングラデシュの人々 バングラデシュの人々

バングラデシュの人々 バングラデシュの人々

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 18, 2007

『少女が僕に残したもの』

テーマ:◆旅の断片 バングラデシュ

バングラデシュ ダッカで出会った少女


ダッカの街、裸足で歩く少女に出会った。


僕と目が合うと、彼女はそれからずっと僕の後ろをついてきた。何かくれ、何かくれと手を差出しながら、いつまでも、どこまで行っても諦めようとしない。


僕はポケットから飴玉を取り出して、仕方なくその子にあげた。


少女は当たり前のように受け取ると、どこかへ去っていってしまった。


―きっと貧しさを売りにした彼女なりの商売にでもなっているんだろう。


ため息交じりにそんなことを思いながら、僕は近くにあった歩道橋の階段にしばし腰を下ろした。


数分が経った頃、そこへ先ほどの少女がトコトコと戻ってきた。


彼女は右手に小さなバナナを持っていて、それを僕に食べろと言って嬉しそうに差し出してきた。熟しすぎているのか、握りすぎていたのか、バナナは腐りかけに近いひどく黒ずんだ色をしていた。


正直、僕はそれを汚いから食べたくない、と思った。


いらないよ、と手を振って断ると、少女は何度もそれを食べろ食べろと言って差し出してくる。それでも拒み続けていると、彼女は「つまんないの。おいしいのに」といった表情を見せながら、皮を剥いてひとちぎりを口に頬張った。


妙な罪悪感が募ってきたのは、少女がいなくなって、少し歩き始めた頃だった。


「汚いから食べたくない」


そう思った自分にひどく嫌悪を覚えた。


それをとても美味しそうに食べていたあの子の表情が忘れられなかった。


あの子にとって小さな一本のバナナはとても大切なものだったんじゃないだろうか。あの子は、好意で僕にその大事なものを差し出してくれたのだ。それを僕は完全に拒絶した。せめてあの子の好意だけでも汲み取って、バナナを受け取るべきだったんじゃないだろうか。


僕は急いで歩道橋まで戻った。そこから来た道をたどって、出会った場所まで行ってみた。


でも、もう少女の姿はどこにも見当たらなかった。


それから何日もダッカの街を歩いたけれど、その少女に再び会うことはできなかった。


バナナを差し出した時の、嬉しそうな笑顔だけを残して。


少女は、僕の前から消えた。

いいね!した人  |  リブログ(0)
September 16, 2007

バングラデシュ・タンガイルの人々

テーマ:◆旅の断片 バングラデシュ

バングラデシュ タンガイルの人々


バングラデシュ タンガイルの人々

バングラデシュ タンガイルの人々 バングラデシュ タンガイルの人々
バングラデシュ タンガイルのリクシャワーラー三人衆 バングラデシュ タンガイルの人々
バングラデシュ タンガイル商人


★タンガイルの女の子たち(一番上)

もっとシャイな女の子が多いと思っていたが、意外にもみんな積極的だった。


★村のナシィさん(上から二番目)

いつも大人しいナシィさん、その穏やかな笑顔は僕をほっとさせてくれる。


★ルナの家族・親戚と村の子供たち(上から三番目・左)

村から去る日、少し離れたリクシャー乗り場まで皆が見送りにきてくれた。


★タンガイルのリクシャワーラー(上から三番目・右)

★リクシャワーラー三人衆(上から四番目・左)

★同じくリクシャワーラー(上から四番目・右)


蟻の大群のようなダッカのリクシャーとは違い、タンガイルのリクシャーは穏やか。村の近くを走るリクシャワーラー同士は、皆、顔見知り。


★タンガイル商人

チリン、チリンと鈴を鳴らす音が聞こえたら、彼がやってきたしるし。

大きなザルを器用に頭の上に載せ、よろけることもなく村への道を歩いてくるその姿は、見事、の一言。ザルの中には化粧道具から文房具、生活用品、おもちゃ、アクセサリーなど、いろんなものが詰まっている。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。