日本創新党党首の山田宏東京都杉並区長は25日、同区役所で記者会見し、31日付で区長を辞職し、7月の参院選に出馬することを明らかにした。山田氏は平成23年4月26日までの任期を1年余り残しての辞職となる。

 山田氏は会見で「区長の仕事の空いた時間に党首をするのはやはり厳しかった」と辞職理由を説明。22日に決断したという。31日の臨時議会で承認を得る予定だ。

 参院選については「日本全体が沈没したら杉並での改革の成果もなくなってしまう。あと3年は国政選挙がなく、いてもたってもいられない」と立候補の意向を表明。比例代表か選挙区かについては、「党内で調整中」と述べたが、創新党は東京選挙区で公認候補擁立を発表済みのため、山田氏は比例代表に出馬する公算が大きい。

【関連記事】
山田宏杉並区長辞任へ 参院選出馬の見通し
中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判
両立って?! 中田宏氏 「ヤワラちゃん」擁立に苦言
創新党が参院選1次公認6人発表 前横浜市長の中田氏は比例
舛添蹴って幸福実現党とタッグ、大江氏“くら替え”の真相は?
虐待が子供に与える「傷」とは?

橋下新党「大阪維新の会」、補選で初陣飾る(読売新聞)
<子ども手当>「満額」に異論噴出 黙り込んだ長妻厚労相(毎日新聞)
未明の殴打事件、目撃証言に疑問…男性に無罪(読売新聞)
体重7カ月で30グラムしか増えず 大阪・城東の女児虐待(産経新聞)
ボブ・ラッツ氏、新興企業に再就職…「時代はまだ内燃機関」(レスポンス)
AD