昨日に続き、信濃川で見かけた流水性ゲンゴロウです。今回はチャイロシマチビゲンゴロウです。

このチャイロシマチビゲンゴロウ、流水性とされますが湿地などの環境で見つかる、という話もあるようです。キベリマメゲンゴロウに比べると数は少ないものの、個体数自体は多い印象です。
石川県でも記録されているようですが、いまいち情報は少ないようです。金沢や白山の河川ではゴマダラチビゲンゴロウやヒメシマチビゲンゴロウなどの、別の流水性ゲンゴロウがそこそこ見つかりますが、チャイロシマチビゲンゴロウは採れず仕舞いでした。



AD
2015年12月に、新潟県長岡市で、環境モニタリングサイト1000(通称モニ1000)の集まりがあり、参加してきました。金蔵集落はモニ1000未参加ですが、能登の別地域でのモニ1000に関わらせて貰っているので、そちらの立場で参加してきました。
ついでに、時間があったので信濃川を覗いてきました。川の本流は水流が強くて水量も多く、生き物は滅多に見つかりませんでしたが、本流からそれた部分にワンドがあり、そこには12月にも関わらず、キベリマメゲンゴロウ、チャイロシマチビゲンゴロウ、クビボソコガシラミズムシなどの水生昆虫が多く見つかりました。

キベリマメゲンゴロウは体長8mm程度の流水性ゲンゴロウです。大河川の中流部分にいる、ともよく聞きます。福井県の九頭竜川では、本流の結構強い流れに晒される岸辺に多数が潜んでいて、幾ら流水性ゲンゴロウとはいえ、よくこんな水流の強い場所にいるものだと思ってしまいました。強い流れの中で活動するせいか遊泳力は強く、溜め池や水田で見かける同サイズのゲンゴロウ類の倍近い速さです。このキベリマメゲンゴロウ、石川県ではまだ見つかっていません。同属のモンキマメゲンゴロウが広く分布するのに比べ、このキベリマメゲンゴロウの分布は局所的と言われています。


写真は浅い所で撮影しましたが、よく石の下に潜り込むので、なかなか大変です。
写真を撮っていたら日が落ちてしまいましたが、日没後はちょっと覗き込むだけで、活発に泳ぎ回るキベリマメゲンゴロウが多数見られました。


AD
ブログの放置が続いてしまいました(汗)。


今年度も、金蔵の溜め池でクロサンショウウオ観察会をしました。今回は5組以上の家族と地域の方が参加してくれました。


集合は18時。3月ともなるとまだ明るい時間ですが、池まで歩いているうちにすっかり暗くなっていました。
今回の観察会では、10個体近い成体と40組近い卵嚢が見つかりました。クロサンショウウオの産卵はまだ雪深い1月から既に始まっています。3月ともなると、古い卵嚢も多数ですが、産んで間もない卵嚢も見られます。古い卵嚢は大きく膨らみ、色も濁ってきますが、新しい卵嚢はまだ小さく、色も綺麗な白です。
他にはエグリトビケラ幼虫、ミズカマキリ、ヒメミズカマキリ、マツモムシ、コサナエ幼虫、クロスジギンヤンマ幼虫、ヒメゲンゴロウ、オオミズスマシなどが見られましたが、困ったことに外来種であるウシガエル幼生が急増してしまいました。昨年度の観察会では見かけておらず、2015年に爆発的に増えたようです。ウシガエルとの関係は不明ですが、昨年は沢山いたオオミズスマシも、今回は1個体程度しか見かけませんでした。
この溜め池は金蔵集落では最も水生動物が多く、特にトンボ類の種数が多いだけに、ウシガエルの増加による影響は心配です。





暖かくなるにつれクロサンショウウオの繁殖活動もひと段落を迎える頃とは思いますが、春の生き物がそろそろ活動を開始しています。金蔵ではまだ確認出来ていませんが、能登各地でヤマアカガエルなどの産卵を確認しています。気温の低い金蔵集落でも、そろそろでしょう。



AD

金蔵万燈会についての会合

テーマ:

ブログ、またしても放置してしまいました…(汗)。


昨晩、万燈会についての会合をしました。
過疎高齢化に伴い会合参加者の平均年齢も高まる一方となり、正直な話として、万燈会継続を取り巻く状況は厳しいものです。それでも万燈会を通じて金蔵集落を伝えたい、という気持ちを再認識出来ました。
今年も万燈会は8月16日に実施します。どうか宜しく御願いします。


クロサンショウウオの卵嚢

テーマ:
能登でも、アカガエル類(ニホンアカガエル、ヤマアカガエル)の産卵が始まっているようです。環境モニタリングサイト1000の調査として、珠洲市で毎年アカガエル類の産卵数をカウントしていますが、この場所では最も早い2月28日に産卵を確認しました。
私が案内を務める輪島親子昆虫クラブのメインの観察地である、輪島市石休場でも僅かですがアカガエル類の産卵を確認しました。まだ確認に行けていないのですが、金蔵集落でも産卵が始まっている頃でしょう。

先日観察したクロサンショウウオも、早い個体はそろそろ孵化が始まる頃です。先日、別件の調査で回った珠洲市内の生息地では、僅かですが幼生の発生を確認出来ました。
少し標高が高くて寒い金蔵の場合、町野町の低地や珠洲市沿岸地域に比べ生き物の出現パターンはワンテンポ遅れます。
更に金沢の低地に比べると、能登はテンポが遅れます。金沢で桜の季節が終わる頃にようやく奥能登の桜の季節が始まります。もっとも、金沢でも医王山など山地となると、奥能登より平気で寒かったりします。奥能登には高い山がない為です。


写真は先日、珠洲市で見かけたクロサンショウウオの卵嚢です。新しいもの程小さく白みがありますが、時間が経過すると膨らんで大きくなり色も濁ってきます。更に孵化が近づくと卵嚢の中で胚が成長して1つ1つの粒の中でウーパールーパー状の幼生が発生して並ぶようにして揃う様が見えるようになります。
この日には他に、キイトトンボ幼虫、アジアイトトンボ幼虫、ハラビロトンボ幼虫、マルタンヤンマ幼虫、クロスジギンヤンマ幼虫、ギンヤンマ幼虫、コウベツブゲンゴロウ、ヒメケシゲンゴロウ、オオヒメゲンゴロウなどが見られました。生き物全体が活気づくのも間もなくのようです。