1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年12月21日

パンクラス北九州大会その2

テーマ:格闘技
□第六試合 ウェルター級 3×3R

○上原広誉(HW鹿児島) vs IKE“The Beast”CHRIS(クロスライン沖縄)×
判定3-0

悩ましい試合でした。負けたら単純に引退だったと思います。仕事の環境と
戦績とリアルな問題が戦前からありましたね。

良く勝てました。相手のパワフルな打撃とセコンドは沖縄の砂辺選手。。。
上原の事も良く知ってますからね。

ちなみに、砂辺&宮城&漢那。。。試合会場でこの3人が並んでいるのを
見るとアレを思い出しました。気合い入れ過ぎでマウスピース飛び出る事件w
懐かしいな武限。。。あれって未だに凄い育成システムでしたね。
まあ、それはさておき。。。

武器が少なく、完全に読まれ切ってる前提での試合。。。このやりにくさといったら。
とりあえず上原と話したのは中途半端な技は出さない全部本気で出す。
読まれてるかもしれないけど得意の片足タックルからの展開にかけよう。。。
1Rファーストコンタクトで上原がミドル、タックルには行かず打撃の展開、
スタンドレスリングでケージに押し込まれバックを取られながら大きめのフックを
数発被弾。うーん。。。悪い流れと思いつつも1R我慢して凌いでくれさえ
すれば、勝機がありそうな。。。2R、1Rに使わなかった片足タックル解禁。
読まれていたつもりが、思いのほかしっかり入る?!とにかく立たせず上から
少しづつでも押さえ込んでパウンド、アームロック狙って2R終了。インターバル
時にかなりお疲れの上原、いつでも流れ変わる可能性有り。。。どうしよう?
とりあえず。。。上原に今効果的なのは。。。張り手一発!理解出来ないと
思いますが、私と上原にはあるんです。。。張り手の意味が。。。
3R相手も前に出る、恐らく打撃1発でひっくり返る恐れ有り。早めに片足仕掛けて
自分から行く。立ち上がろうとすれば片足から片足、執拗に片足タックル。こうなったら
片足タックルだけで心負ってやるくらいの感じだったと思います。実際得意だし、
それしかないですから。

タイムアップ。。。判定。。。3-0勝利、泣く上原。。。
やっと勝てた。。。

ほんとこいつも松尾以上に色々ありましたからね。Ismで挫折して代表に
内緒で全日本プロレス受けて落選。。。数年のブランクを経て道場マッチ
からの出直し、アマチュア全日本からパンクラスへのカムバックデビュー3連敗。

上原の一言。。。「代表、この瞬間まで11~12年掛かりました。。。」
「お前大学出て社会人なってそんなになるんか?w」
なるほど、パンクラシストになりたいイコール、リングで勝ち名乗りを受ける姿を
夢見てからの年月か。。。

さすがの私も今回は嬉しかったですね。夢を諦めずに達成できて良かったな上原。
これで胸はってお前は何でも頑張れるよ。

まあ、しかしウチの選手は時間掛かるのばっかりですねw
試合は泥臭いしw二部にあがるような選手達じゃないけど、ここまで諦めずにプロに
なった松尾と上原はウチの自慢の選手です。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年12月21日

パンクラス北九州大会その1

テーマ:格闘技
その1は松尾の試合。。。

■第一試合 ライトフライ級3×3R

×松尾剛(HW鹿児島)VS MAGISA(ゼロ戦クラブ水島支部)○
3R判定0-3


こちらの勝手な感想かとも思いますが、似た様なタイプだったような
気がします。噛み合ないというか、拮抗した感じがありましたね。
前回、ヤックル戦では調子が良すぎて気持ちが前に出過ぎたのが大きな
敗因と考えていましたので、今回は3Rまでしっかり闘おうと話してました。
1週間前に階級変更もあって急な減量でちょっと体調も崩しましたから、
少しだけ慎重かつ丁寧にいこうと。

1Rは慌てず落ち着いて距離を取りながら相手の様子をしっかり見ることが
出来た様な気がします。だいたいの感触は掴んだ感じですが、とにかく
拮抗している感がありましたね。同じことをしたがってるんじゃないかと。
2Rは動いて足を使ってパンチをまず当てていくつもりでしたが、相手も
動いて来ましてタックルを受け倒されてしまいます。ここが敗因の全てだった
様な。。。スタンドレスリングで対応して切るべき所をガードポジションで
引き込んで受ける形になってしまいます。この時間が長かった。。。
さすがに判定では負けてしまいますので、3Rは打ち合い上等で倒されても
構わないから勝負しようと話したものの距離は変えれず、捉えられず
判定負け。。。うーん、厳しい試合内容でした。プロの試合は出来ませんでした。
当然セコンドも含めて反省ですが、いっその事本人も思い切って
打ち合いで倒されたほうが気持ちもスッキリした試合だったのでは?なんて
思いました。リスクを負わなきゃ勝てない展開でしたしね。

松尾は誰よりも練習してるし、それは端から見て誰にも負けないと思います。
でも試合で勝たなきゃ認められないんですね。プロの世界です。
これはしょうがない。外から加勢もできませんからねw

とはいえ本人が選んだ道、彼が挑戦をやめない限りは
サポートですね。本戦二部への道は遠くなりましたが、納得出来るとこまで
やろう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月18日

パンクラス8.9ネオブラ結果

テーマ:格闘技
ブログが5月の北海道遠征以来になってしましたね(苦笑)

さて、松尾と上原のネオブラ決勝戦ですが、結果はパンクラスのオフィシャルに
ある通り二人とも残念ながら負けてしまいました。

パンクラス269 結果

少しだけ試合を振り返ってみると。。。

まず上原

バランスの良いオールラウンドタイプの丸山選手相手に我々が考えていたのが、
武器が少ないグラップラー上原のタックルをどう活かすか?
極めれなくてもテイクダウンを取って押さえ切れば何とか行けるのでは?と
考えていました。但し、常に足とフェイントを使って単調にならない様にする。
パンチもタックルを活かすため、小さい振りのフェイントパンチでは無く
ジャブにしてもしっかり振る。

1R中盤くらいまでは何とか実行出来てたと思いますが、結果甘くなかった。
丸山選手の対応力で徐々に手詰まり感が出て来ましてタックルが単発に
片足に手が届くもののそこから押し込めず。。。最後は上になられてからの
パウンドアウト。

そして松尾

ヤックル選手のこれまでの試合を思い返すとスタンドでは左のリードブローを
起点にハイキックや胴タックルなどのアクションをおこしてくる。そして、
寝技については三角だけは注意。。。そうなんです。。。一番警戒していたのは
実は三角だったんですw

我々としては、スタンドに重点を置いて、距離感を考えながら3Rしっかり
使って行く作戦でした。

が、しかし!

1R松尾が前に出た瞬間いきなり右のストレートを被弾、(これには理由が
いくつかある)スタンドで2回目のコンタクトでもつれながら松尾が首投げで
上をとったもののガードに戻される(実はここでヤックルは三角をセット
アップ済み)セコンドも気づいてましたが、さすがに三角はあれだけ
考えていたから外すだろう下手に指示を出して変化されても嫌なので
ここでの指示はせず。と思いきや?まさか?あっさり極められる。。。
松尾も分かっていたらしいのですが。。。実は。。。ファーストコンタクトの
パンチが思いのほか効いていた模様。。。。なるほど、そうだったのねw

松尾については、なにがって言うと全ては勝ち気が出過ぎた気がします。
本人的にも悪い負け方の時は、気が前に出過ぎていると言ってましたね。
それが動きや技術に繋がってると。。。

あと、ある関係者に「敗因は首投げ、現代MMAで首投げなんてありえない
ナンセンス」と言葉を頂きました。流れの中ではあったんですが、現代
MMAってそうなんですね。勉強不足ってことですね。やってる事が古いって
事かw

まあ、私的に思ったのはセコンドも含めての戦略的な反省も当然ですが、
選手にとっての心・技・体という言葉をえらい考えましたね。


さて、という事でまた日々の練習に戻ります。
ホント。。。相手と試合なんて長くてもたった10分。ほんの一瞬ですよ。
それよりも日々試合に向け色んなもの削りながら自分と闘う時間のほうが
とても長い訳で。しかもペーペーのプロですから、負けたら次いつ試合
出来るかなんて考えると大変です。

でもやはり道場でそれに向かう姿を見ると、応援したくなるし期待するし
少しだけこの世界に引き込んだ責任も感じたりw
松尾達が自分自身と闘えなくなるまでは支えてやらなきゃなとも思って
ますね。

また頑張るしかないって事で。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。