衆院予算委員会は10日、一般質疑を行い、10年度予算案の公共事業の実施場所(個所付け)に関する情報が国土交通省から民主党側に流れたのは、守秘義務違反に当たるかどうか議論となった。

 自民党の金子一義前国交相は、前原誠司国交相が5日の衆院予算委で「国と地方自治体の間の率直な意見交換が損なわれる恐れがある」と「個所付け」資料の提出を拒んだのを引き合いに「そのような恐れがある情報(を漏らすこと)は守秘義務違反ではないか」と指摘した。衆院法制局の橘幸信第2部長は「一般論として、そのような恐れがあるならば、円滑な行政事務の遂行を損なうと推察される。その情報が公にされていないと考えれば、守秘義務規定で保護されるべきものに該当するのではないか」との解釈を示した。

 前原氏は「(守秘義務の対象となる)『職務上知ることのできた秘密』には当たらない」と反論した。【野原大輔】

【関連ニュース】
個所付け:政府・民主党、資料提出へ 「内示額」のみ
防衛交付金:使途ソフト事業にも 政府、法改正案提出
衆院予算委:公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否
衆院予算委:鳩山首相、政治とカネ問題「根を絶つ」
平野官房長官:個所付け事前通知で陳謝

ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か(産経新聞)
鳩山首相「検察は公正」 小沢氏不起訴で(産経新聞)
<新衆院議員会館>「小沢系」「非小沢系」部屋割りくっきり(毎日新聞)
公明代表「民主党も自浄作用を」 石川議員の辞職勧告決議案の採決を求める(産経新聞)
18歳高校留学生、学生寮で20歳留学生刺す(読売新聞)
AD