国債や借入金などを合計した「国の借金」が、2010年度末見込みで、過去最大の973兆1626億円に達することが25日、政府が国会に提出した予算関連資料で分かった。国民1人当たり約763万円の借金を背負っている計算となる。10年度予算案で、景気低迷から税収が落ち込み、新規国債発行額が44兆3030億円に膨らんだことが主因だ。
 09年度末見込みは、900兆1377億円と初めて900兆円を突破したことも判明、危機的な財政状況が改めて浮き彫りとなった。
 「国の借金」は、税収不足の補てんや公共事業費に充てる普通国債のほか、特殊法人などへの貸し付け原資となる財投債、一時的な資金不足を穴埋めする政府短期証券などの合計。10年度末の内訳をみると、普通国債は636兆9840億円に増大。財投債も129兆9937億円に上る。 

【関連ニュース】
今夜、2次補正衆院通過=来月の集中審議、党首討論で合意
自民、2次補正に反対へ
小沢氏の疑惑、首相発言が焦点=与野党論戦のポイント
ガソリン160円超で課税停止=価格高騰時の新制度
デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説

日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)
社民党大会、福島氏の4選承認 普天間「覚悟持って取り組む」(産経新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
車内に2人組の男、カーナビ奪い逃走 大阪・岸和田(産経新聞)
iPhone使いフリーライター 小沢会見ネット中継に成功(J-CASTニュース)
AD