• 25 Mar
    • Japan Trip 4 -Tokyo②-

      Final report about Japan Trip (second half of Tokyo)! ジャパントリップ報告記もとうとう最終回です!   金曜日の午前中は、選択制で日銀、サンリオ、リクルート、浜野製作所のいずれかをグループに分かれて訪問。 私はリクルートのメディア・ラボを訪問しました。 In the morning, we chose where to go among these four; Bank of Japan, Sanrio, Recruit and Hamano factory. I went to the Recruit Media Lab. https://mtl.recruit.co.jp/   社会課題解決のためのビジネスモデルや、どのような観点でオーディション(支援先を決めるための)をしているのかなど、普段あまり聞けないようなお話が聞けました。 「Ordinary people's ordinary ideas are ordinary」ということばが面白かったです They talked about the business model of entrepreneur to solve social problems and criteria used at auction (to decided on which project to provide financial support), and these were very fresh to me. "Ordinary people's ordinary ideas are ordinary" struck me especially.   銀座で昼食を食べ、そこから都庁前に移動。 15時から小池都知事との面会でした。はじめに集合写真撮影。 We had lunch and then visited Tokyo Metropolitan Government. From 3pm we had a meeting with Governor Yuriko Koike. At first group photo.     その後知事から20分弱にわたり挨拶。 序盤から「My concept is Citizens First, not America First」とかいって笑いを取られていました。やっぱり話すのが抜群に上手いですね。 このほか、3つのcity concept (Safe City, Smart City, Diverse City)、オリパラへの準備(標識の多言語化や古い携帯電話を回収してそれからメダルを作る取組)、環境大臣や防衛大臣だった頃の話(クールビズの省庁への導入、女性の社会進出)などについてエピソードをいくつか交えながらお話されました。 Followed by Governor's opening remarks for 20 min. She was really charismatic and adept at creating friendly environment, saying "My concept is Citizens First, not America First" brought into laughter. In addition, she talked about three concept of Tokyo (Safe City, Smart City, Diverse City), preparation for 2020 Olympic and Paralympic Game (changing signs into ones with language translations with the help of smart phone app, facilitating civic engagement by collecting used cell phones from citizens and making gold, silver and bronze medals from them. Also referred to bunch of episodes when she served as the Minister of Environment and Defense (adoptation of "cool biz" in ministries and women's active participation in society and labor force).     学生からの質疑応答が2問あり、最後に「Let's make Tokyo great again」といって締めくくられました。 Two foreign students asked questions at her, and lastly she terminated this dialogue saying "Let's make Tokyo great again".   知事との面会後は、3グループに分かれて外務省、厚生労働省、文部科学省を訪問。 私は文部科学省のチームに合流。 参加者を①教育、②文化、③スポーツ、④科学技術の4つの小グループに分けて、行政官の方と濃い意見交換を行ってもらいました。 Afterward, we are divided into three groups, each of which went to Ministry of Foreign Affairs (MOFA), Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) and Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). I was in the MEXT team. After arrival, we formed four small groups based on each partcipant's interest and talked with policymakers in charge of that topic.      対応した方々は留学経験者を中心としたほか、資料をこのために用意していただき、参加者もホームページからでは得られない生の情報を直接職員から聞くことで、興味のある政策への理解が深まったようです Most of these presenters have an experience of studying abroad. Moreover, they prepared handouts just for this dialogue, which facilitated further the understanding of participants because these latest information is usually not available in English.     そして、最後はまたグループ制で復興庁とエネルギー庁へ。私は復興庁組でした。 初日に宮城に行った参加者達が、復興の全体像や特に高台移転などインフラ面での整備について行政官から話を聞き、意見交換を行いました。 震災から6年間経ちますが、未だに避難者は12万人に上るそうです。険しい道のりですが、官民が協働して一つ一つ物事を前に進めていくことが復興への遠いようで近道だと改めて感じました。 Finally, we went to either the Agency for Reconstruction or Agency for Energy (I belonged to the former group). Learned the current situation of reconstruction and especially infrastructure including relocation to highlands. Although more than six years have passed, still roughly 120,000 evacuees cannot go back to their originial home. Still a long way to go, but collaboration between public and private sector definitely will help.     さて、ほぼ1週間にわたったこの濃いトリップもここで終了! 夜はFareware partyを行い、参加者一人一人に記念品が渡され、引き換えにコメントしてもらいました。 各論でいえばまだまだ改善点は色々あると思いますが、総じて皆日本を好きになってくれた(←重要)ので成果があったと実感しました And our trip was officially over with the end of Farewell Party! Everyone was given a special souvernir (cotton cloth with their own name inscribed) and reflected on this trip. There is always room for improvement, but by and large all participants became the real lover of Japan, so I would say this trip was successful!   昨年の10月から膨大な時間と労力をかけて準備してきたこのトリップ。 最後の方は早く終わってくれ~なんて正直思っていましたが(笑)、始まってみるとあっという間で、ちょっと寂しくなるのは体育祭とか文化祭に似ていますかね。 あとは、今回のトリップを通じて日本のファンになってくれた参加者達に、引き続き日本に関心を持ってもらえるよう、草の根的な取組を頑張っていきたいと思います。 クラウドファンディングに協力して下さった方や、このブログを読んでくださった方、ありがとうございました We had prepared for this trip since last October with enormous efforts and time. Before trip started we wished it would be over soon, but once it started we missed the end. Somewhat similar to the feeling we have after festivals. From now on, we will endeavor to keep in touch with these lovers of Japan by grassroots activities. Thank you so much for your coopertation in crowdfunding or reading through this Japan Trip series!     ブログランキングに参加していますので、良かったらクリックお願いします I've participated in the blog rankings, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村

      2
      テーマ:
  • 24 Mar
    • Japan Trip 3 -Tokyo①-

      About visit to Tokyo (4th day of Japan Trip)! 今回はジャパントリップの4日目、東京です。   午前中に京都から新幹線に乗り、東京へ。 到着後、すぐタクシーでホテルオークラに移動し、荷物を預け、その後昼食を済ませて国会議事堂見学。 35分という短いスケジュールでしたが、サプライズで国会議員の先生がお出でになったこともあり充実した工程でした。 In the morning, we went back from Kyoto to Tokyo by bullet train. After arrival, we left our luggage at the Hotel Ohkura where we stayed, had lunch, and then visited the National Diet (House of Councilors) building. Although the time was short (35 min), I think it was quite informative partly because of an unexpected showing-up of a politician just after diet session.   さてその後、首相官邸に移動。 この部分は私が直接調整していたこともあり若干緊張しました。 After that, we went to the Japan's Office of Prime Minister. I directly coordinated with the office regarding this part, so I was kind of nervous at that time...   官邸のNo.3である、萩生田内閣官房副長官との意見交換。 質疑応答では、日本の国際社会における役割、安倍政権の長期ビジョン、トランプ政権や中国をはじめとする東アジアに対する外交政策について留学生から質問があり、副長官から回答されました。 We had a dialogue with Deputy Chief Cabinet Secretary Hagiuda (No.3 in OPM). During Q&A session, SIPA students asked questions about Japan's role in international community, long-term vision of Abe administration, foreign policies toward Trump Administration and East Asia, particularly China, followed by the answers of Mr. Hagiuda.     その後、組閣時に良く撮られているこの場所で集合写真。 Finally, we took a group photo in front of the stairs where new cabinet members do as well!     その後は自由時間となり、私はアメリカ人と中あ国人の友人とともに原宿のふくろうカフェへ。 日本人ながら初体験でしたが、、、ふくろうを腕に乗せくれるなどかなり新鮮な体験でした。ちょっと怖かったけど We then had free time, when I went to an owl cafe with American and Chinese friends. Although Japanese I've never been there, it was totally new to me and kind of scary because I had an owl on my arm.   そして夜はSIPA70周年記念のアラムナイパーティ。 ここまでに撮った写真を現像して用意しました。 At night, we had an alumni party celebrating SIPA's 70th Anniversary! We prepared a photo alubum using pictures taken up until then.     去年のアラムナイパーティでは、トリップ参加者とSIPA内定者でほとんど占められていたのですが、今年は広報にかなり力を入れ、卒業生(国会議員、政府職員等)、教授、内定者を含む100人近くのかなり大規模な会となりました。 こうして卒業生と在学生のネットワークを強化することが、トリップでの訪問先の新たな開拓にもつながり、好循環を生み出すことから、非常に有意義だったと思います Last year I attended alumni party, but most of the participants are current and admitted students. Therefore, to diversify participants, we invited many almuni (including politicians and government officers), faculty and so on. This party was really meaningful in that strengthened network between alumni and students will contrubute to enhancing the quality of future Japan Trips.     さて、このジャパントリップ特集も次号で最終回! 最終日(金曜日)について書きます Next post will be the last one about Japan Trip (5th and last day)!   ブログランキングに参加していますので、良かったらクリックお願いします I've participated in the blog rankings, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村

      2
      テーマ:
  • 22 Mar
    • Japan Trip 2 -Kyoto-

      This post explains 2nd and 3rd days of Japan Trip in Kyoto! さて、ジャパントリップの2~3日目。   火曜日は、まず仙台空港から伊丹空港まで移動し、その後バスで京都に。 昼食を食べた後、嵐山→金閣寺 と散策しました。 嵐山の竹林は皆それほどでもなさそうでしたが、金閣寺は歓声が上がっていました。やっぱり目立つのが良いんですかね。 On Tue, we flew from Sendai to Itami airport, followed by a bus ride to Kyoto. After having lunch, we walked around Arashiyama and then Kinkaku-ji (Golden Pavillion). Most of foreign students were more impressed by the latter than by the former, probably because of the splendid appearance. http://www.insidekyoto.com/arashiyama http://www.japan-guide.com/e/e3908.html   水曜日は、朝一で京都タワーに行って着付け。 外国人はもちろん、日本人にとってもあまり慣れない格好です。 On Wed, we went to Kyoto tower where we changed our clothes to Kimono. It's also a rare opportunity to us Japanese, let alone foreigners.   そしてバスで移動して昼食。湯葉の懐石料理です。 After wearing Kimono, we ate lunch (traditional cuisine including Yuba). http://www.gankofood.co.jp/shop/detail/ya-nijyoen/?ya=true     午後は、まず清水寺を散策。といっても今は修復中なのでそこまで絶景という訳でもなし。 http://www.kiyomizudera.or.jp/en/ その後、歩いて知恩院まで移動し、ここで1時間程茶道体験。 日常の喧騒から離れて静けさに身を任せる茶道の精神に、皆どっぷりと浸かりました。 In the afternoon, we first visited Kiyomizudera temple, although it was under rennovation. Afterwards, we walked to Chion-In where we experienced tea ceremony for an hour. We immersed ourselved into the world of tranquility aside from noisy daily lives.     その後、知恩院で集合写真。皆着物が似合ってますね Group photo at Chion-In!     京都旅行の最後は伏見稲荷へ。 集合写真を撮った後、自由時間となり、私は頂上を目指したのですが、3分の2位いったところでタイムアップ・・・もっと足腰を鍛えないとだめですね As a finale, we visited Fushimi-Inari Shrine. After taking a group photo, we had free time when I tried to get to the top but couldn't. http://inari.jp/en/     さて、今回訪れた文化遺産のほとんどはユネスコの世界文化遺産や、国の国宝・重要文化財等に指定されています。 日本の文化政策はあまり知られていないのですが、国指定文化財は修理・管理等の費用の50%~85%が国から補助されることになっており(文化財保護法で規定)、残りの部分は都道府県や市町村が負担します。 2020年オリパラに向けて、外国人観光客目線も含め、文化財を観光や地域振興に活用する流れが進んでいますが、今回訪問した中でも、英語での情報発信という目線で見るとまだ道半ばだなぁという気がしました。英語のパンフレットを置いただけでは、中々理解は進まないですよね。 BTW, most of the cultural heritages we visited are registered as World Cultural Heritage by UNESCO and designated as National Treasure or Important Cultural Properties etc. by the national government. Although these cultural properties can be publicly or privately owned, the national government covers 50% to 85% of the total repairment or maintenance costs (stipulated by law), and the prefectual and/or municipal governments cover the remaining.  There is a trend to put more emphasis on utilization of cultural properties for tourism and regional revitalitation rather than just preservation, but there is still long way to go when it comes to dissemination of info in English.   また、国指定文化財の数は毎年増え続けていますが、国の文化財関連予算(文化庁予算全体の約4割)はほぼ横ばいです。このため、外部からの資金獲得に文化財関係者が尽力しない限りは、補助金におんぶにだっこの文化財行政は100年後に破綻するでしょう・・・というのが私の持論です(笑) Moreover, national budget regarding cultural properties has stayed almost the same, whereas the number of designated properties has been constantly increasing. This means that unless we endeavor to diversify the funding channels, this cultural policy would not be sustainable in 100 years.   ということで最後に少しだけ真面目な話をしてみました。 次回は、東京訪問の1日目について書きたいと思います Next time, I'll share our visit to Tokyo!   ブログランキングに参加しましたので、良かったらクリックお願いします I've participated in the blog rankings, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 21 Mar
    • Japan Trip 1 -Miyagi-

      Sorry for not updating for a long while. Just went back to NY after a week of Japan Trip. 更新が長らく途絶えていて申し訳ありません ようやく1週間強のジャパン・トリップを終えてNYに帰ってきました。   とんでもなくハードスケジュールの1週間でしたが、寄付者の方への感謝も込めて数回に分けて振り返ってみたいと思います。 まず参加者ですが、外国人34人+日本人オーガナイザー13人の計47人。 With a gratidude to generous donors, I'll reflect on this trip for four posts, which will cover very packed schedule of one week. Participants are 47 in total (34 foreign students and 13 Japanese organizers).   初日の月曜日は、福島と宮城に分かれて震災復興の取組を学びに行きました。 私は宮城のグループを担当。 On Monday, we went to Tohoku region, where the Great Earthquake hit in 2011. Divided into two groups (Fukushima team and Miyagi team). I was in charge of Miyagi itinerary.   まずは宮城県東部の女川町へ。ここは津波で死者・行方不明者約830名(人口の約9%)と壊滅的な被害を受けましたが、行政に頼らないスピーディなプロセスから復興のトップランナーと呼ばれています。 Firstly we visited Onagawa Town, located in the eastern part of Miyagi Prefecture. This town was severely damaged at the time of earthquake and following tsunami (about 830 people either perished or still missing, accounting for 9% of total population), but quickly recovered and now remade itself into a model town for reconstruction process. http://www.newyorker.com/news/news-desk/the-fall-and-rise-of-onagawa   ここでは、新規事業立ち上げ支援やお試し移住プログラム等を行っているNPO法人「アスヘノキボウ」を訪問しました。 There we had a discussion with NPO (non-profit organization) Asuenokibou (Hope for Tomorrow), which focuses on supporting entrepreneurs and short-migration programs. https://www.asuenokibou.jp/     女川の当時の被害状況、復興のプロセスから当NPOが果たした役割まで、多岐にわたる具体的なお話をいただきました。 「行政からの支援に頼らず、自らでsustainableなモデルを創出していく」ということばが印象的でした。 The presenter shared the situation of Onagawa after the calamity, reconstruction process and Asuenokibou's unique role there. Their account of  "we basically don't rely on local governments. Rather we create a sustainable model by ourselves" struck my mind.   その後は、近くにある定食屋で海鮮丼を食べました。 NYではなかなか新鮮な魚が食べられないこともあって、皆美味しそうに食べていました やっぱり、食事は日本ですよね~~ Afterward we had lunck near the Onagawa station. This seafood was very rare especially in NYC and delicious to foreign students.     午後は、バスで東松島市に移動。 こちらも津波で壊滅的な被害(全家屋の70%)を受けましたが、現在「Future City」をコンセプトに復興の取組を進めています。 In the afternoon, we took a bus to Higashimatsushima City, located to the west of Onagawa Town. This city was also devastated by the tsunami (roughly 70% of house buildings were destroyed) but trying to reconstruct the area with the slogan of Future City.  http://future-city.jp/en/torikumi/higashimatsushima/   まず野蒜市民センターにて、JICA東北を訪問。 野蒜地区を拠点に、被災地の教訓を途上国に伝える活動に従事しており、その取組についてお話を伺いました。 At first, we went to the Nobiru Civic Center where JICA (Japan International Cooperation Agency) was located. We learned their missions and actions regarding dissemination of know-hows of disaster prevention and reconstruction to developing countries. https://www.jica.go.jp/tohoku/   セッションの途中では、参加者が自国の自然災害への対応(アメリカでのカトリーナや、ラテン地域では日本と同様に津波など自然災害が頻繁に起こっています)について語る機会もあり、相互交流を深めました。 In the meanwhile, also some participants shared their episodes and stories concerning this topic as some of them were involved in the reconstruction from Hariccane Katorina and other natural disaters including tsunami in their own countries.   その後は新野蒜駅近くで震災前後の風景の変化等を説明していただき、最後に、農業会社であるアグリードなるせを訪問。 Then we walked around the New Nobiru Station and listened to how the landscape has changed since the quake and lastly we visited Agriead Naruse Corp. Ltd. https://agriead.jp/   津波により被害を受けた土地の除塩作業や、子供を対象とした体験活動など地域ぐるみの取組についてお話を伺い、こちらの会社で生産→加工→販売まで一元化して行っている(いわゆる6次産業)バウムクーヘンも試食、購入させていただきました。 Here we had a dialogue with one of the executive directors and learned the process of desaltation and community-based movements. Moreover, we had an opportunity of trying and purchasing baum, which this company engages itself in the whole process from farming, processing to marketing (which is called sixth industry).    そんなこんなで初日は怒涛のように過ぎ、秋保温泉の旅館「佐勘」に到着。 昨年、G20の財務大臣会合にも使われたかなり格式高いホテルです。 So the first day ended without taking a breath and we arrived at Sakan. This hotel was used for G20 Ministers of Finance meeting last year. http://www.sakan-net.co.jp/     次回は、2・3日目の京都について書きたいと思います Next time I'll share the experiences of 2nd 3rd days!     最近ブログランキングに参加しましたので、良かったらクリックお願いします I've participated in the blog rankings, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村

      2
      テーマ:
  • 10 Mar
    • Daughter's Growth -13 months-

      Now my daughter's first month as one-year-old has passed. 娘が1歳になったのが2月のこと。そこからあっという間に1ヶ月が過ぎました。 http://ameblo.jp/hy0116/entry-12246834445.html   さてさて、最近のできることできないことリスト。 Here are the things she can and cannot do recently.   <できること> ・物を取ってきてくれる ・物を「はい」と言って差し出してくれる(洗濯物のハンガーを床に置くと満面の笑みで次から次へと渡してきます) ・欲しいものがあると「ん」と指差しながら要求する ・ブロックを上に積み重ねる、箱に戻す(あまり上手くはないけど・・・) ・歩行器を押しながら歩く(今日初めてできるようになりました) ・「かかと~おとし!」というとそれに合わせてキックをかましてくる ・音楽に合わせて踊ろうと頑張る(恋ダンスも踊ってます) <Things she can do> ・When asked, take toys and bring back to me ・Give something to us saying "yes" ・Pointing to something she wanna touch by saying "umm!" ・Pile up blocks and also get them back to the box (although not so successful) ・Walking with the help of infant walkers ・Kicking in response with "Kakato-Otoshi" ・Try to dance in accordance with music (even Koi-dance!)   <できないこと> ・自分で歩く ・スプーンで食べ物をすくう ・1語会話 <Things she cannot do> ・walking by herself ・taking foods by using a spoon ・One-word conversation   出来ないことは先月のと変わらないのですが、出来ることがものすごく増えました 1日1日で、「あれ?こんなこと出来たのお前?」って新しい発見があります。 あと、少しずつこっちの意図を理解してくれるようになってきて、大きな成長だと感じています。 She still cannot do things she couldn't one month ago, but she made an enormous progress as we can compare to the past. Day by day, there are lot of new discoveries like "Can you do that?" In addition, now she seems to be able to understand part of our intentions, which is also a great sign of growth.       実は明日から日本に一時帰国します。 といっても私はジャパントリップの引率なので家族とは離れ離れですが・・・ 少し間が空いてしまうと思いますが、またその様子を投稿しますね Actually we will leave NYC to go back to Japan temporarily. But I'll be apart from my family because I have to guide my classmates around Japan as a Japan trip. I'll post about this trip during or after!   最近ブログランキングに参加しましたので、良かったらクリックお願いします I've participated in the blog rankings, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村  

      7
      テーマ:
  • 07 Mar
    • ESSA (Every Student Succeeds Act)

      This post is about ESSA, which is the new law regarding K-12 education in the U.S. 今回は、アメリカのK-12の新たな法律、ESSAについてです。   2002年にTest scoreに基づくAccountabilityを核とするNCLB(No Child Left Behind Act)が成立し、その後、様々な論議を醸していたわけですが、今回、2015年12月に成立したESSA(Every Student Succeeds Act)はこれに替わるものです。(2017年度から適用予定) ESSA (Every Student Succeeds Act), which was signed on Dec 2015 and will take into effect in 2017-18 school year, replaced controversial NCLB (No Child Left Behind Act) enforced in 2002.   以下のサイトが簡単に概要をまとめているのですが、主要論点の一部を私なりに整理してみると以下のような感じになりました。 This URL gives an overview of ESSA, from which I summarized as below. https://www.edweek.org/ew/issues/every-student-succeeds-act/ (◎:ESSAで新たに規定(newly stipulated in ESSA)、〇:NCLBの規定を踏襲(Same as under NCLB)、×:NCLAの規定を廃止(existed under NCLB but not now))   ◎州政府は、アカウンタビリティシステムの指標の少なくとも1つに、student engagement, postsecondary readiness, school climate等に関する指標を含めなければならない。States will have to include at least one indicator such as student engagement, postsecondary readiness and school climate with regard to accountability. 〇州政府は、少なくとも3年に一度、成績下位5%の学校を特定し、介入しなければならない。また、卒業率が67%以下の高校を特定し、介入しなければならない。→これらの学校の改善のためにエビデンスに基づく計画を立案し、場合によっては学校の閉鎖や校長の解雇も可能。States will have to identify and intervene in bottom 5% performers and also high schools with graduation rate less than 67%. In these cases, states will have to come up with evidence-based plan, and can even take over schools or fire principals. 〇州政府は、readingとmathのテストを3-8th gradeまで+高校で1度行い、その結果をsubgroup(ELL、特別支援、マイノリティ、貧困)ごとに明らかにしなければならない。 States will have to test students' reading and math ability through grade 3 to 8 and once in high school. Also required is dividing the overall result into different subgroups (English Language Learners, students with special needs, racial minorities and from poverty).  〇州政府は、challengingな学習基準を採用することを求められ、それはコモン・コアとすることも可能。 States are required to adopt challenging academic standards, which can be the Common Core State Standard. 〇障害のある子供は、全生徒の1%までを上限としてalternative testを受けられる。 Only 1% students (with special needs) are allowed to take alternative tests. ×州政府は児童生徒のテスコスコアを通じて教員評価を行う(NCLB下でも適用除外あり)。 States will no longer have to do teacher evaluation through students' test scores. ×全ての教員はhighly qualified teacherでなければならない(学士号+州政府公認)。 NCLB's requirement for "highly qualified teacher" (basically meaning bachelor's degree and state certification) does not exist any more.   全体として言えるのは、NCLBが連邦政府の強力な関与を志向していたのに対し、ESSAは様々な権限を州政府に移譲している点です。 「それがどうした」って思われるかもしれませんが、元々憲法上では教育は第一に州政府の権限として留保されている点が日本とは違います。NCLBの施行後、現場からの反動があったことは想像に難くありません。 As a whole, ESSA devolves many authorities to states, which was not the case with NCLB under which fed government had an enormous influence on accountability standards. This is really crucial because under the U.S. constitution education is a power "reserved to the states." I can easily imagine that there has been a lot of backlash from practitioners.   あまり長くなってしまうので、また個別の論点については別の機会にポストしますが、この新法が施行された後の政策動向、そしてトランプ政権がどのように対応するのか、よく見ていきたいと思います。 I'll talk about more details in future posts, and also take a closer look at the implementation process and Trump Administration's reaction to this new law.   最後に、今取っているTeachers Collegeの授業で、ESSAと日本の教育政策をテーマにプレゼンをしました。 両国の比較や、最新の日本の政策を簡単にまとめているものになります。もし良かったらご覧ください Lastly, below is my presentation slide in TC course I'm taking this semester. It's about ESSA and Japan's education policies, so just skim it when you have time!   https://dl.dropboxusercontent.com/u/48422839/blog/Presentation%20(ESSA%20-%20Japan).pdf     最近ブログランキングに参加しましたので、良かったらクリックお願いします I've participated in blog ranking, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村

      2
      テーマ:
  • 04 Mar
    • Reconstruction

      Reflection on study sessions I attended this week. ここ最近の勉強会で思ったことを。   木曜日は、元アナウンサーで今コロンビア大学で客員研究員をされている久保田智子さんを呼んで、ジャパントリップ参加者と東日本大震災の体験について共有する会がありました。 実際に当時報道に携わっていたこともあって、当時の鮮明な体験を語ってくださいました。 印象に残った点は、 ・当時は、官邸さえも最新の情報をニュースで把握するような状況だった ・テレビ局も、中央と地方での役割分担があり、それぞれの自治の他方は介入できない(すべきでない) ・テレビ局には、理系の知識を持ち合わせている人があまりおらず、政府からの情報をそのまま伝えることしか出来なかった(=原発の状況について自分なりの言葉で語るための知識を持っていなかった) といった点です。 On Thursday, we invited Tomoko Kubota, who was a famous TV anchor and now Columbia Univesity's visiting researcher. She shared her experience of broadcasting the Great Earthquake at that time and her inner conflicts. Impressive to me were ・At that time, even OPM was not aware of the current situation and knew it only from TV. ・Local TVs are branches but have some autonomy ・Few TV anchors had sufficient knowledge to convey with their own words, so most of the time just delivered information that was obtained from the government     そして、昨日はWIT(World In Tohoku)の代表の方を招いて、震災を契機としたSocial Entreprenuershipの取組についてお話を伺いました。 And yesterday, the representative of WIT(World In Tohoku) made a presentation about social entreprenuership which emerged with the Great Earthquake as a turning point.     ビジネスモデルはファイナンスモデルに左右される、という言葉がとても響きました。 私からすると、震災後に色々なNPOが生まれたのですが、断片的で全体としてそれを必要とする人達にベストなサービスが提供できているのだろうか、というとこが気にかかります。 それぞれの団体が目的、利害、ターゲット、インセンティブを異にしているので、調整がとても難しいですよね。 She said "Business model is subject to finance model", which struck me. To me, there were many organizations emerging after the earthquake, but most of them are too fragmented to provide better service as a whole to those vulnerable. Coordination between these orgs should be strenuous because each org has different goal, interest, target and incentive.   震災から6年がもうすぐ経ち、震災からの復興はもちろん、次なる大震災にどう備えるのか、そういったことも考えなければならない時期なのでしょう。 やれることは山積していますが、トップダウンとボトムアップの双方を組み合わせ、かつセクター間の協働を日常的に積み重ねていくかが鍵な気がしています。(ぼんやりしていてすみません) Almost six years have passed since the earthquake, so we should not only reconstruct but also prepare for a future tragedy. Much things to be done, but to me best mix of top-down and bottom-up policies and daily coordination between private, non-profit and public sectors are the key. (Sorry for vagueness)   ちょうど、来週の今頃にはSIPAの学生をジャパン・トリップに案内するために日本に一時帰国します。 私は宮城でNPOや農業関連企業、JICA東北、京都での文化体験、そして東京では萩生田内閣官房副長官、小池都知事、各省庁や民間企業への訪問・意見交換を予定しています。 その様子についても、また発信したいと思います One week ahead, I'll go back to Japan temporarily to bring SIPA students to Japan Trip. We'll visit Miyagi (NPO, agricultural corporation, JICA tohoku), Kyoto (cultural heritages) and Tokyo (Deputy Chief Cabinet Secretary Hagiuda, Governor of Tokyo Koike, ministries and private companies). I'll share this trip on this blog too! 

      2
      テーマ:
  • 02 Mar
    • Education Pioneers -finalist-

      Last month I explained about my internship application (Education Pioneers). 以前、ブログでインターンシップについてEducation Pioneersに応募しているという話をさせていただきました。 http://ameblo.jp/hy0116/entry-12243910421.html   その後、2月の中旬にグループ面接(3時間)がありました。 内容としては、 ・イントロダクション(15分) ・ある学校のTeacher Evaluation Systemに関する既存の情報と、解決策として考えられる4案が提示。(20分で資料を読み込み) ・そのうちグループで1案に絞り、理由とともにプレゼンテーションの準備(1時間強) ・グループ対抗でプレゼンテーション&質疑応答(30分) ・ラップアップ(15分) という感じ。 After that, I had a group interview (3 hours) in mid-Feb. It was composed of ・Introduction (15 min) ・Reading (20min, about teacher evaluation system in a certain school and four options for improvement) ・Group discussion to decide on one option and prepare for a presentation (more than 1hour) ・Group Presentation followed by Q&A (30 min) ・Wrap-up (15 min)   最初の20分でとにかく4案のEvaluationの基準の相違点の分析と、適用対象の学校と比較したときにどの部分(デモグラフィー、テストスコアのランキング、関係者の満足度等)の類似性に重点を置くべきかを考えました。 グループディスカッションでは、議論をまとめることはあまり出来ませんでしたが、他の参加者が持っていなかった視野を提示することは比較的できたのではないかと思います。 I spent the reading time on analyzing differences in the criteria for teacher evaluation and what to emphasize when applying each option to a certain school (demography, test score ranking and satisfaction of stakeholders, etc). In a group discussion, I could present a new perspective that other participants did not recognize although I was not good at facilitating discussion.   そして、先週結果の通知がきまして・・・・ 無事、Finalistになることができました これからインターン先とのMatching&Placementのプロセスに移行します。 実はすでにインターン先をほぼ1つ決めていて、それとのバランスも上手く考えながら調整したいなと思います And here comes the result... I became a finalist!! This means that I will move to macthing and placement process. Actually I already solidified one internship position, so I'll have to think about how to allocate my time during this summer.   最近ブログランキングに参加しましたので、良かったらクリックお願いします I've participated in blog ranking, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村  

      3
      テーマ:
  • 01 Mar
    • Dialogue with Futaba future high school students

      Today's blog post is about the dialogue with Futaba future high school students which I organized. 昨日自分が企画した、ふたば未来学園高校の生徒との意見交換についてです。   この高校は、東日本大震災後の2015年に福島県に新設された高校で、 生徒さんの中には、震災で直接に被害を受けた子が数多くいます。 This school was established in 2015, after the Great Earthquake, and most of students' lives were directly affected by the earthquake, following tsunami and nuclear power plant accident.   彼ら彼女らは今回、震災の教訓を踏まえ、どのように自分達の地域を活性化させるかについて、再生エネルギー、メディアなど複数のテーマに分かれ、研究を行ってきました。 NYCに来る前には、東京で何百人もの観客の前で公演を行ったそうです They have been doing research about how to revitalize Fukushima area, dividing students into multiple research topic such as renewable energy and media. Before coming to NYC, they did a performance in front of hundreds of audience in Tokyo.   まずはその内容を、コロンビア大学等の学生の前でプレゼン。 さすがにあまり普段しない経験で、ちょっと緊張していたような表情。 でも、パワポがとってもわかりやすく作ってあったし、それに皆の自分の言葉で伝えようという気持ちが伝わってきて、とっても印象深かったです。 「福島の外からは福島全体として偏見の目で見られる。福島の中では地域次第で偏見の目で見られる。」というコメントが自分の心に突き刺さりました。 In the first session, high school students made a presentation to Columbia University international students. I saw some nervous faces maybe because of this rare experience, but their powerpoint was very easy to understand and what was most impressive was their struggle to try to convey their own messages in English. I just wanna share one word which struck me; "We Fukushima residents experience prejudice and bias as a whole by those living outside Fukushima, whereas we also suffer from these based on which area we are living even by those living in Fukushima."   今回参加してくれた大人側には、3月中旬の春休みの間に私とともにジャパン・トリップに参加する学生もいて(トリップでは福島又は宮城を訪問予定)、とても真剣な表情で聞き入っていました。 Some of the participants are going to Japan this mid-March to study public policies including Tohoku area (Fukushima or Miyagi), so they listened to this presentation very seriously.     その後は約6人×3の小グループに分かれ、懇談。 大人側は私の通っているSIPAだけでなく、Computer ScienceやTeachers College、Arts and ScienceそしてBarnard Collegeの卒業生などかなり多様。 In the second session, I divided all of them into three small groups (6 people in each group) Backgrounds are diverse; not only SIPA, but also Computer Science, Teachers College, Arts and Science, and alumnus of Barnard College.     高校生の皆は時に日本人の通訳の助けを借りつつも、なるべく英語でコミュニケーションを取ろうと頑張っていました。えらい High school students, sometimes with the help of interpretation, tried to communicate and interact with adults in English. Excellent job!!     元校長先生からは、学校楽しい?毎日どんなことしてるの?といった逆質問も飛び出しました。 One participant, who was a former principal, asked them about whether they are enjoying schools or their daily routines.     今回の訪問は政府側からの支援もあって実現したそうです。(この高校は文科省のスーパー・グローバル・ハイスクールに指定されています。) 高校生のときに、日本トップの進学校と言われる学校に通いながら、50人1クラスの一方向の授業だけを受け、ディスカッションましてや海外の大人との交流など皆無だった私にとっては、本当に羨ましい限りでした。 This visit is actully funded by the government because this school is designated as Super Global High School. I, who went to one of the top high schools in Japan but did not have such an opporunity (basically listening to teacher's one-way instruction in a classroom of 50 students), am really jealous of them.   最後にコメントを求められたので、大したことも言える立場ではないのですがこんなことを。。。 英語が思うように話せないもどかしさ、自分も昨年の夏に始めて海外に住んで経験しました。 何か言おうとしても日本語を介さないと出てこないし、相手が何しゃべってるかわからないし・・・ でも、沢山の失敗を繰り返しながら、英語を英語としてそのままインプットし、アウトプットすること、毎日練習すること(授業でプレゼンがある時は、大体5回程度家で娘を唯一の観客として練習してます。笑)を通じて、少しずつ、ほんとに少しずつ、ブレイクスルーはないんだけど、前に進んでいる気がしています。 若い時にこういう経験が出来るのは羨ましいこと。それを今度の糧にしてくれるといいなと思います。 After this dialogue, I gave some feedback to them. I also experienced the same frustration that I wanted to say something but could not because of language problem when I moved here. I was alway translating Japanese into English and could not understand my friends' too fast English. However, through many mistakes and failures, I am now getting accustomed to use English without using Japanese. In addition, my preparation for presentations (when I have a presentation in class, I practice at least five times in front of my daughter, who is the only audience) made me slightly more confident in speaking in English, although not a breakthrough. I'm pretty sure this experience would be a turning point to them!   教育に携わる者として、こういう機会で参加者の満足そうな顔を見ると、ああやって良かったって改めて思います。 また、機会を自分から作り出していきたいと思います As an education guy, I'm really glad to see satisfaction on participants' faces, which makes me feel like worth strenuous efforts. I'll create as many opportunities like this as I can! 

      2
      テーマ:
  • 25 Feb
    • Law School reforms in Korea and Japan

      Sorry for not updating for a long time. Just done with first midterm yesterday. だいぶ更新をさぼっていてすみません。昨日中間試験1つ目が終わり、少しだけ落ち着きました。   今回は、今学期履修している授業の1つで行ったプレゼンについてです。 アジアの高等教育政策に関する授業で、高等教育の国際的な動向から、ヨーロッパにおける国家間協力、アジア各国の現状の分析を行っています。 アジアだけを見ている訳ではなく、常に欧米との比較の視点がある点が面白いです。 This post is about my presentation at one of my spring courses. This is Higher Education (HE), Policy and Development in Asia, focusing on international trend in HE, transnational cooperation in Europe and analysis of Asian countries. What is interesting is that we are supposed to look at Asian countries from a comparative perspective (with Western models).   さて、私のプレゼンのテーマは韓国と日本における法科大学院制度について。 日本は2004年、韓国は2009年にそれぞれ法科大学院制度を導入しました。 いずれもアメリカのロースクール制度を参考にしたのですが、細部を見てみると以下のような違いがあります。 My topic is law school system in Korea and Japan. Japan introduced law school in 2004 and Korea five years after. American law school system was a model for both, but there are some differences if we look into details.   <韓国> ・政府が法科大学院数(→生徒数)を厳格にコントロール。(25) ・そのため、司法試験合格率は75%と高い水準をキープ。 ・しかし、旧司法試験(法科大学院卒業を要件としないためより公平と主張する人も多い)を撤廃する努力は3度にわたって頓挫した。 <Korea> ・Number of law schools (and enrollment) stricutly controlled by government (25) ・As a result, pass rate of bar exam stays high (75%) ・But the government delays abolishing traditional bar exam (some people consider a symbol of fairness because it does not require graduation from law school, whose fee is expensive)   <日本> ・政府は法科大学院数をコントロールせず、発足当初は74。 ・制度に対する高い期待から多くの生徒が入学し、結果として司法試験合格率は想定していた70~80%、合格者数も目標の3000人には遠く届かず。 ・さらに予備試験の存在、給費制の廃止などがあいまって入学者数は減少。現在32の法科大学院が募集を停止。 <Japan> ・The government did not restrict the number of law schools, thus 74 schools emerged ・More enrollment than expected resulted in lower pass rate and number of successful applicants for bar exam (initial target: 70-80% and 3,000 respectively) ・Coupled with existence of preliminary exam and abolishment of stipend system, enrollment decreased significantly, and 32 law schools stopped accepting new students   もう1つの違いは、韓国ではロースクールを置く大学は法学部を廃止しなければいけないのですが、日本ではそのような規制はなく、法学部4年→ロースクール2年→司法試験受験というコースになります。(その他、他学部→ロースクール3年→司法試験受験) Another difference is that in Korea approved law schools must abolish undergrad law program, which is not the case with Japan. In Japan, the typical path is 4 years in faculty of law plus 2 years in law school (of course students from other faculty can enter law school, but in this case they will spend 3 years).   こちらがプレゼン資料になります。 今回のプレゼンのためにアンケートを取らせていただきました。協力いただいた方、ありがとうございました。  Attached is my presentation slide. Thanks to those who responded my survey about law school system. https://dl.dropboxusercontent.com/u/48422839/blog/HE%20presentation%20(Japan%26Korea%20Law%20School)%20.pdf     プレゼンの後も、予備試験の詳細から他国のロースクール制度、日本の法制度の歴史に至るまで、様々な議論が交わされました。 とても盛り上がってくれたようで良かったです After my presentation, there was a heated discussion from the details of preliminary exam, law schools in other countries to Japan's law history in general. I'm so glad to see my classmates are interested in my topic!!     ということで、久しぶりの投稿でした。 引き続き頑張って更新しますので、是非見てくださいね~ I'll try to post at least once in a week, so please keep in touch!   最近ブログランキングに参加しましたので、良かったらクリックお願いします I've participated in blog ranking, so please click it if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村

      2
      テーマ:

プロフィール

hiro

性別:
男性
血液型:
O型
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
教育を支える団体所属。 2016年夏~2018年夏まで、米国ニューヨークのコロンビア大学国際公共政...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
63588 位
総合月間
160708 位
留学
170 位
学び・教育
923 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。