• 25 Jul
    • How to get updated news on education

      This post highlights how I get recent information regarding K-12 education. 今回は、教育関係の最新のニュースを日頃どうやって得ているかについて書きます   私は飽きっぽい性格なので、色んなサイトの購読をしたり細かい時間で軽く読めるニュースのストックをいくつか持っておくことにしています。 以下が読んでいるニュースのリストです。(●:毎日、〇:2~3日に1回、△:1週間に1回以下) It's easy for me to indulge myself in other netsurfing, so I make it a rule to subscribe some of the education news and read it for several minutes every day. Below is the list of my resources. (●: reading every day, 〇:reading every two or three days, △:reading every week or less frequently)   ●Education News アメリカのK-12の色んな政策についての記事が読めます。 Many articles updated every day on K-12 education in the U.S. http://www.edweek.org/ew/index.html   ●Chalkbeat こちらもアメリカのK-12について、現場の状況等が良く分かります。私はニューヨークの記事を購読して読んでいます。 Similarly focusing on K-12 in the U.S., but more information on the ground (schools). I'm focusing on New York. http://www.chalkbeat.org/   ●Education Next こちらもアメリカのニュース、上2つほどは頻繁ではありませんが購読してメールで来る記事を読んでいます。 Same as the ones above, although not that frequently updated. http://educationnext.org/   〇UK Education News イギリスの最新の教育事情が読めます。 Recent education news in the U.K. https://ukeducationnews.co.uk/   〇The Straits Times PISAでトップレベルの成績をあげている、シンガポールの教育について。 About Singapore's education, which is considered to be one of the best in the world. http://www.straitstimes.com/tags/singapore-education   △Ministry of Education, Finland こちらはフィンランドの教育省からのニュース。 News from Ministry of Education, Finland. http://minedu.fi/en/press-releases-and-news   △World Bank 世界銀行の教育関係のニュース。途上国支援関係のものが多いです。 World Bank's news regarding education, many of which are about developing countries. http://www.worldbank.org/en/topic/education/whats-new   △OECD OECDのニュース。図表で見る教育の部分解説など独自のものもあります。 OECD's news, including explanations of Education at a glance and other indicators. http://www.oecd.org/education/morenews/     参考になりましたでしょうか~ 是非、お時間あったら1つでもチェックしてみてくださいね Hope this info would be instrumental to you! Please check out any of them!!     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   教育問題・教育論ランキング      

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 21 Jul
    • Internship @ Newark Trust for Education

      First post about my 2nd internship which started two weeks ago! さて、今回は7/5から始まっている2つ目のインターンシップについて書きます   (1つ目のインターンについての記事はコチラ↓ For the 1st internship, see the link below)   私がインターンしているのは、Newark Trust for Educationというニューアーク(ニュージャージー州)にあるNPOで、Community Engagement(地域の人を巻き込むこと)に焦点を置いています。 I'm now interning at Newark Trust for Education, a NPO focusing on community engagement and located in the city of Newark, New Jersey. http://www.newarktrust.org/   過去の記事で少し書いたとおり、Newarkでは2010年にFacebook創設者のザッカーバーグ氏とブッカー市長、そしてクリスティー知事が結託してNewark Public Schoolのために1億ドルを寄付し、教育改革のモデルになるのでは!?と注目されていました。 As I explained in past posts, in 2010, the Facebook founder Mark Zuckerberg, Mayor Cory Booker, and Governor Chris Christie announced that they will donate 100 million dollars for Newark Public Schools.   しかし、6年以上が経過した今、そのお金のほとんどは、Tenure(終身雇用)を弱めるのと引き換えにTeachers Unionが要求した給料アップ、Charter Schoolの拡大、そして今は去った外部コンサルタントの雇用費、にほとんど消えていってしまい、子供たちが真に必要としている学習支援にはお金はほとんど行き渡らなかったのです。 However, after more than six years have passed, most of the donation went to teacher salary (which teachers union requested in exchange for weakening tenure law), expansion of charter schools, and salaries of consultants from outside who were all gone now, which means little money was used for instruction to needy children. http://www.businessinsider.com/mark-zuckerbergs-failed-100-million-donation-to-newark-public-schools-2015-9   そのため、現時点で判断するのは早計かもしれませんが、この改革は、思うような成果を生んでいない(むしろテストスコアが低下したという改革中のデータもあります)のが現実です。 So the reality here is that this huge amount of money did not generate intended effects, and test score even went down during this reform.   そして、今年で州政府から完全にlocal controlを取り戻すプロセスにありつつも、「外部からの改革」のトラウマから関係者がまだ立ち直れないでいる中、新しく市長になったバラカ氏(校長出身)はCommunity Schoolという、地域の人々を学校運営に巻き込む仕組みを、貧困地域であるSouth Wardからスタートしました。 Now Newark is in the middle of regaining local control which will fully take into effect this fall, but stakeholders hasn't overcome this traumatic event. In response to that, Mayor Baraka has recently launched Community School Initiative, which essentially means involving community in school management, starting with South Ward. http://www.bobbraunsledger.com/newarks-baraka-to-launch-community-schools-in-south-ward-with-cerfs-blessing/   私のタスクはこれに関係するもので、大きく分けて3つあります。 My task at this NPO is very related to this initiative, and composed of three parts.   ①Data analyses of South Ward Community Schools Test scoreやAbsenteeism、Suspension、Budgetなどの膨大なデータを整理し、経年変化で何か顕著な傾向がないか、というのを分析します。 Analyze bunch of data including test score, absenteeism, suspension rate, and budget and figure out any striking changes or trends over time. ②Refinement of parent survey 保護者に対して、学校に何を期待するかや家庭での生活習慣、地域の安全等についての調査をしていたのですが、思うようにデータが集まっていないため、次回の調査に向けて項目やロジ面での改善点を提案します。 A parents survey was done to collect data about their perception of school and community, but the response rate is quite low. So will proposal logistical and substantive improvement plan for future survey. ③Dissemination of best practices of Community School アメリカの他の州や、日本でのCommunity Schoolの優良事例について、Newarkの背景事情に適したものをピックアップして整理します。 Marshall best practices of Community School in other districts or countries such as Japan, with a focus on relevance to Newark context.   タスクをしっかり進めるのも大事ですが、それ以上に、様々な関係者の人々から生の話を聞いて、これから教育政策がどこに向かっていくのか、どんな困難が待ち受けているのか、を肌で感じてきたいと思います。 In addition to these tasks, I would like to meet different stakeholders and just try to understand where education policy in Newark is heading and what are the specific challenges.   こちらが今の作業机。組織にスタッフが私除いて4人しかいないので、部屋がふつーに1つ割り当てられて若干びっくりしました This is my desk and room, pretty spacious! Partly because there are only 4 staff in this org excluding me.     それぞれのタスクの詳細については、また次回以降紹介したいと思います I'll elaborate on each task in the coming posts, so please be looking forward to!!     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   アメリカランキング   教育問題・教育論ランキング    

      4
      テーマ:
  • 19 Jul
    • Frick Collection

      We went to the Frick Collection while our daughter was in preschool! 先週、娘がPreschoolに行っている間にFrick Collectionに行ってきました http://www.frick.org/   こちらはFrick氏という富豪が、かつて自分の鑑賞のために作ったコレクションルームを当時のまま残しているものです。 静謐な環境を保つ観点からか、10歳未満の子供の入場は禁止されています。 This museum has been kept intact since Mr. Frick created each room to enjoy the privilege of watching precious collections. Children under the age of 10 are prohibited from entering probably due to its value on tranquility.   行き方ですが、E 70stにあるのでコロンビアの正門前からM4のバスに乗ると1時間弱で着きます。特に行きは5th Aveに差し掛かったあたりから渋滞で異様に進むのが遅くなるので注意が必要 How to get there? We took the M4 bus from CU gate, and it took almost an hour to its location, E 70st bet 5th and Madison Ave. Be careful that the bus might be stuck at the 5th ave due to trafic congestion.    内部は写真撮影が禁止されているのですが、 通常の美術館のように、ルネサンス、印象派・・・といった区切りで展示されていません。 フリック氏の嗜好に基づき、多彩な作品が同じ部屋に展示されており、それが面白いです フェルメールの作品3点など、貴重なものも沢山あります。 I cannot attach any picture inside because photography was prohibited. What is remarkable is that the way of exhibition was not organized in a typical way (Renaissance, Impressionism, etc..). Mr. Frick placed a variety of paintings in the same room based on his relish, which makes this museum somewhat attractive. Also there were valuable works such as Vermeer.   解説ですが、英語や日本語のガイドを無料でもらえ、それが特定の作品についてかなり詳しく説明してくれます。 いちいち聞いているとまるまる一日経ってしまうくらい。 You can also borrow an audio guide, either in English or Japanese, which gives us rich information about individual painting. If you try to listen to all of them I bet you will run out of time.   こちらが中庭の様子。この隣の部屋ではFrick Collectionの歴史などを解説する映像も上映されていました。 Picture of the garden, next to which the history of Frick Collection was explained in a movie.     11時前に到着し、13時過ぎには慌ただしく出て、 昼食を探してその近くにあるBel Ami Cafeへ We arrived around 11am and left there after 1pm, then headed to the Bel Ami cafe to have lunch.     最後は娘のお迎えでばたばたしましたが、心を休めるいい一日でした Although kind of tight, very good use of time to escape from everyday bustles!     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   アメリカランキング   ニューヨーク州ランキング  

      3
      テーマ:
  • 17 Jul
    • Takako’s Episode –Dive into a broader world!-

      As a second studying-abroad episode, today I’m going to introduce Takako, who has studied abroad when she was both during high school student and undergrad. After reading this post, if you would like to know more about her experience, just check her blog on the website below. What did she learn from landscapes in the U.S. as a teenager, and how does she relate this experience to who she is now? Check it out! 今回は留学体験談の第2回として、高校と大学でそれぞれ1年間アメリカに留学したTakakoさんからのお話を伺いたいと思います。本記事を読んだ後、さらに詳しく当時の話を知りたい場合には下記URLのブログから読めます。10代に見たアメリカの景色から何を学び、どのように今の自分につながっているのか?是非ご覧ください! http://ameblo.jp/tsabaku/entrylist.html     (前回の投稿はコチラ previous post below)   (Hiro) それでは、留学された時期と場所について教えてください! (Takako) 高校1年生と大学2年生の時に、それぞれ1年ずつの留学でした。高校の時はカリフォルニア州MontereyのCastrovilleという比較的田舎な町に、AFSという留学プログラムの一環で地元の公立高校に派遣されました。大学生の時は、当時在籍していた慶應大学の単位互換制度を利用して、UC BerkeleyでPolitical Scienceを学びました。 (Hiro) First of all, where and how long have you studied abroad? (Takako) I have studied abroad when I was a 12th grader and a sophomore for one year (each). When I was a high school student, I participated in the AFS study-abroad program and went to Castroville, Monterey in CA (a countryside). As an undergrad, I studied Political Science at UC Berkeley using degree exchange program offered by Keio University.   (Hiro) 留学のキッカケはどのようなものがあったのですか? (Takako) 潜在的には、父が頻繁に海外転勤をしていて子供の頃から海外にいたことが影響しているかもしれません。記憶に残っているのは、小学校の時に、家族がボランティアでAFSのホストファミリーでブラジル人を招いたことがあったんです。その時から、「自分もこの子みたいに海外に行くんだろうな」という感覚を何となく抱いていました。大学の時は、高校の留学の経験がキッカケになりました。特に印象に残っているのは、留学先の公立高校の歴史の授業で原爆の話題になって、先生が「あれが正しかったと思う人、正しくなかったと思う人手を挙げて」といったら半々に分かれたことです。同じ歴史上の出来事でもここまで捉え方が違うんだなというのが、ある意味自分にとってはショックでした(特に日本の義務教育では原爆の投下は負の歴史として教わるので)。 (Hiro) What made you decide to study abroad? (Takako) Potentially my motivation was affected by my experience of living abroad when I was a child as my father frequently worked abroad. But one particular event that may have had some influence in my decision is that my family volunteered to host Brazilian student as a host family under the AFS program when I was an elementary school student. I, at that time, imagined myself studying abroad through him. My study at UC Berkeley was pretty much affected by my former experience in CA. Then I had a memorable experience; in a history class, our teacher asked us whether we agreed with atomic bomb as a resolution to end the World WarⅡ, and the classroom’s opinion was almost even. I was kind of shocked by the fact that there was a completely different opinion on the same historical event (taking in to account that in Japan most of the high schools teach the students that the bomb was a regrettable decision)   (高校の卒業式、ホストファミリーと友達と High School Graduation Ceremony with my host family and friends)   (Hiro) それぞれ留学する際に学校は選べたのでしょうか? (Takako) 高校生の時は、国は選べますが学校は選べなかったんです。50人くらい毎年アメリカに行っていたのですが、国内の行き先は皆バラバラで。日本人は私しかいなかったので、日本国の代表みたいに扱われたのを覚えています。「アメリカのことどう思ってるの?」という率直な質問が飛んできたり。大学の時は、慶應大学が交換留学先で締結していた所から、バークレーは高校生の時にキャンパスを見に行ったりして良い場所だなという実感を持っていたので選びました。学校の中の推薦を通過して、学費は学校負担、滞在費は自費負担(奨学金をもらったので少しだけ補助)で渡米しました。 (Hiro) Could you choose where you studied? (Takako) Not when I went during high school, although I could choose which country to go. There were roughly 50 student who were delegated to the U.S. as part of this program, but every person was assigned to different areas and I was the only Japanese in the area that I was sent. So I was treated as if I were a representative of Japan, and I remember being asked questions such as “How do you think of the U.S.?” from my classmates. As an undergrad, I did chose to study at UC Berkeley as this university had a joint degree program with Keio and I visited the campus and was impressed by the atmosphere. I passed the selection within my university, and then my tuition fee was sponsored, whereas living expenses were not covered (partially funded by scholarship).   (Hiro) 英語はどのように勉強されたのでしょうか? (Takako) 耳では英語を小さい頃から聞いていましたが、本格的に勉強始めたのは皆と同じ中学校1年生からです。高校の時は1年間日本語を話せない環境にいたので、そこでサバイバル英語を身につけましたが、当時の実力はTOEFLで言えば 85点くらいだったと思います。バークレーに留学するにはより高得点が求められていたので、高校3年生の終わりから大学1年生の夏まで、単語のインプットを中心に勉強を重ねました。Writingは毎日300 wordくらいの文章を書いて練習したり、自分の好きな小説とかを音読したりしました。予備校には、夏休みの2週間くらいで集中的に通いましたね。 (Hiro) 音読!それは新しいですね。確かに話さないと単語って自分のものにならないですもんね。 (Hiro) How did you try to improve your English? (Takako) Although I was familiar to listening English since I was a kid, I started to learn it systematically when I was a junior high school student like everyone else. When I studied abroad for the first time, I did not have anyone to speak Japanese with at all so had to improve English to survive in an English environment, but my TOEFL score at that time was 85 or something. As I need to improve my score to study at Berkeley, I continued to study from the end of high school to the first summer in college especially by focusing on learning the vocabulary. Also, I practiced writing 300-words-essay every day and read aloud stories which I liked, although I went to a prep school for only two weeks during the summer. (Hiro) Reading aloud is not something that everyone does, but I suppose it’s a pretty good strategy as you can internalize new vocabulary.   (Hiro) では、それぞれのプログラムについて簡単に教えてください! (Takako) 高校の時は2年生として行ったのですが、(学力が高かったとみなされたのか)3年生に入れさせてもらいました。4学年で1500人という大規模な高校で、他の学年の子達と一緒に授業を受けることもありました。自分は日本の高校と同様、英語(国語)、数学、社会、理科を中心に受けましたが、学校にあったカリキュラムとして印象に残っているのは職業科目ですかね。卒業後大学に行かずそのまま就職する子も多かったので、消防士の職業体験の授業や、Auto-Scienceの車系の科目が用意されていました。日本の学校とは違って校風も自由で、授業中に飲み食いする生徒がいたり、犬を連れてきている子もいましたね。 大学の頃は、UC BerkeleyのPolitical Scienceを学んだのですが、2学期で各3~4科目を履修しました。自分のMajorが政治学、Minorがアメリカ地域文化研究だったのでその2つを軸に、日本政治、アメリカ政治、東アジア政治、また冷戦時代の核兵器をめぐる文化(核兵器についてどのような考え方をしているのか)について学ぶ授業なんかを受けました。 (Hiro) 大学の評価スタイルはどんな感じだったのでしょうか? (Takako) 基本的に複数回のエッセー、それにペーパーテストがある科目もありましたね。プレゼンはあまりする機会がなかったです。どのクラスにもディスカッションのセッションがあって、1日200頁くらいのReadingを読んでそれについて議論するという形でした。 (Hiro) Then, please share what your program looked like! (Takako) In a high school I was placed in 12th Grade although I was an age of 11th Grade at that time. There were roughly 1500 students for four grades and sometimes I had classed with other grades.I only took the normal classes such as English, Math, Social science and Science, but one of the most impressive curriculum that the school offered is was the career courses such as the preparation class for becoming a firefighter and auto-science classes. Because school rules here were not that strict as in Japanese schools, so some student brought something to eat or drink and they sometimes even brought dogs! In addition, I took 3 to 4 courses per semester at Berkeley with a focus on Politics (my Major) and American Studies (my Minor), such as Japanese Politics, American Politics, East Asian Politics, and a course regarding peoples’ attitude toward nuclear weapons during the Cold War. (Hiro) How were you graded? (Takako) Mostly based on multiple essays, sometimes plus exams. I had few opportunities to make a presentation honestly. Each class had a discussion session, in which student were supposed to discuss based on readings (roughly 200 pages every day).   (Hiro) では、一日のざっくりとしたスケジュールを教えてください! How was your daily schedule? (Takako) 大学時代のものですが、こんな感じです。  Below is my daily schedule at Berkeley. 7:30 起床  Wake up 8:30 寮の友達と食事  Have breakfast with friends 9:00~10:30 授業①  Class 1 10:30~12:00 課題  Reading assignment 13:00~14:30 授業②  Class 2 15:00~17:00 寮のバイト(Program Office、講演会とか文化交流会) Part-time job at the Program Office in my dormitory 17:00~21:00 食事、勉強  Dinner & study 21:00 勉強終了、友人とおしゃべりやスポーツ  Chat with friends or play sports 23:00 就寝  Go to bed (Hiro) ちなみに、寮は大学の近くにあったのですか? (Takako) そうです、大学から歩いて行ける距離です。 (Hiro) Was your dormitory near the campus? (Takako) Yes, within a walking distance.   (Hiro) 留学してから驚いたことなどはありますか? (Takako) アメリカ人はなんでも言葉にすることに驚きました。ホストファミリーにお世話になっていた時に、家族の間でもご飯作ってくれた時に「ありがとう」としっかり言うんですね。言われないと突っ込まれるという。要は全て言語化しないといけないということです。勉強面では、予習復習の量ですかね。分かっていること前提で授業が進みますし、アウトプットの重要性が全然違うなと感じました。日本は1回のテストだけですが、こちらは2~3回はエッセーを提出して評価してもらいます。また、教授からのFeedbackの重要性も感じました。 (Hiro) クラスサイズは比較的大きいと思うのですが、日本の教授と比べてアプローチはしやすかったですか? (Takako) 確かに人数が多かったのですが、ハウスパーティを教授が開いてくれたりしたので、精神的な距離は近かったと思います。 (Hiro) What surprised you during your stay in the U.S.? (Takako) Americans always express their opinions by words. For example, whenever their parents made meal for them, children are supposed to say “thank you” to them, and otherwise they might be scolded. Tacit agreement does not work in the states like in Japan. With respect to study, the amount of assignments was overwhelming. We are expected to finish reading the assignment in advance, and the classes put more emphasis on output rather than input. Also we are evaluated by multiple essays rather than one-time exam, and got more feedbacks from the professors. (Hiro) Were your professors easier to approach than the ones in Japan? (Takako) Although in a large-size classroom, the professors here I think were easier to approach. Some personally held home parties for us.   (国際交流イベントの後、プログラムオフィスの皆と with the program office staff after an international networking event)   (Hiro) 留学中に苦労したことなど、もしあれば教えてください。 (Takako) 高校生で留学した時に、自分と比べて、身体的にも精神的にも皆すごい大人に見えたのを覚えています。それと、自分の意見やビジョンをしっかり持ち、独立しているように感じました。大学の時は、始めの半年は特にきつかったですね。「Readingは端から端まで読むのではなく、ポイントを押さえるものだ」というコツが掴めてからは、少し心の余裕が出てきた気がします。 (Hiro) What was challenging to you? (Takako) When I was a high school student, I felt immature both physically and mentally compared to my classmates. I had an impression that they had their own strong opinions and goals and looked much more independent than me. As an undergrad, I had difficulty catching up with assignments for the first six months. After I realized that I had only to grasp main points rather than reading through all the sentences, things became much easier.   (Hiro) 印象に残っているエピソードはありますか? (Takako) やはり世界の色んな人と交流できるのが留学の醍醐味だと思います。韓国人のクラスメートと飲みにいったときに、彼が酔っぱらって竹島問題について議論をしてきたことがあったんですね。それで、次の日に「酔っぱらって話してごめん」と真剣な顔をして謝ってきて。それだけ韓国人にとっては真剣味のある話なんだとはっとさせられました。日本人にとってはどこか親近感の湧きづらいという人も多いと思うので。 (Hiro) Any impressive episode? (Takako) One of the biggest advantages of studying abroad is that you can interact with classmates from all over the world. One day I hung out with a Korean friend and he started to talk about the Senkaku island after drinking too much. Next day he apologized to me very seriously, saying that “ I was so sorry to talk about such a topic while drinking”. Then it brought home to me how serious that topic was to him, although to most of the Japanese I think, is not such a relatable issue.   (Hiro) では最後に、留学を考えている方へのメッセージをお願いします! (Takako) (高校生や大学生といった)早くから留学に行くことのメリットとしては、自分の将来のビジョンについて真剣に考えるきっかけが出来たことです。それと、1人で行ったことによって、「アメリカで自分は生きていけた」という自信がついて、独立心のようなものがついてきました。自分は指定校推薦で大学進学を決めていたので、同級生が高校3年生の後期に受験勉強に没頭している中で、一歩下がって長期的な目で見て将来のことを考えられたというのは大きなAdvantageになったと思います。 (Hiro) 具体的に当時の同級生と比べてご自身はどんな風に映りましたか? (Takako) ずっと日本にいたら、「どの大学に行くか」ということしか考えないのがいわば自然になってきてしまうと思うんですよ。それが、アメリカに留学したことによって、「そもそもどの国で活動するか」、「どういう人と関わっていきたいのか」という所から考えるようになりました。選択肢の広さが違う、だからこそよく考えるということだと思います。 (Hiro) 現在は社会人3年目ということですが、今後はどのようなキャリアを描いておられるのでしょうか? (Takako) 今はシンクタンクで働いているのですが、政府機関と共に仕事することもあって国際会議に出たりする機会にも恵まれています。当面は軸は日本に置きたいと思っているのですが、そのうち海外でも日本ででもMasterを取っておきたいなと思っていますね。 (Hiro) Lastly, please share your message to future students studying abroad! (Takako) I was able to get an opportunity to seriously think about my future because I studied abroad at a relatively early age. Moreover, I felt more confident and independent after surviving in the U.S. for one year without using Japanese. While my Japanese classmates were busy studying toward the university entrance exam, I stepped back a little bit and tried to see a broader picture of my future, which I think was a great advantage. (Hiro) How do you compare yourself at that time with your Japanese classmates? (Takako) If you only spend time in a Japanese high school, it is natural that you begin concentrating on only which university to go. However, I was able to start with such questions as “which country I will work in” or “what kind of people I would like to have a relationship with”. The more choices you have, the more deeply you tend to think. (Hiro) You have worked for three years, how do you envision your future career? (Takako) I’m now working for a think-tank, and I have many opportunities to attend international conferences with governmental clients. I will probably continue to work in Japan, but I also plan to earn a master’s degree in Japan or abroad at some point.   (はるばる結婚式にも来てくれた、大学留学時代の友達 My college classmates who kindly came to Japan to attend my wedding ceremony!)   Takakoさん、平日の夜にもかかわらずSkypeで色々と質問に答えてくださってありがとうございました!彼女と会ったのは私が大学1年生、彼女が中学2年生の時だったのですが、1人で未知の世界に飛び込むその行動力と明晰さには脱帽させられます。今後の更なる活躍に期待しています! Thank you Takako for answering my questions via Skype after work! I was also impressed by her activeness and smartness although I have known her when she was a junior high school student. All the best to your current and future life!     さて、次回も全く異なる経験をされた方からお話を聞きたいと思っています!この海外留学・勤務体験シリーズ、まだまだ続けますので楽しみにしていてください! Next time I will interview a friend of mine whose experience is completely different from the ones that I already introduced. Please be looking forward to it!     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   アメリカランキング   ニューヨーク州ランキング    

      13
      テーマ:
  • 15 Jul
    • English expression 7

      7th post about English expression! さて久しぶりの英語連載!前回はこちら↓     ①Bucket list 実はこれ、「死ぬ前にしたいことリスト」という意味があります。 こないだ、ネイティブの友人に教えてもらってびっくりしました (例)Going to the Grand Canyon is on my bucket list. (死ぬまでにグランドキャニオンに行きたいんだ。)   ②Windbag これも先日教えてもらったのですが、もとは空気袋という意味、そこから転じて「他愛もないことをひたすらしゃべる人」といった意味で使われます。(ネガティブな意味) (例)He is a windbag; keeps talking without letting others time to respond. (彼はひたすらしゃべっていて、他人に口を挟む余裕さえ与えない。)   ③Have a crush 恋愛関係ですが、「(人に)熱を上げている・片思いしている」といった意味です。 (例)He has a crush on Jodi! (彼はジョディに熱をあげているよ!)   ④Go out with これも恋愛関係で、「交際する、付き合う」といった意味。 (例)When did you guys start to go out with each other? (いつから付き合い始めたの?)   あまり学校の英語では習わないものばかりですよね。 参考になりましたでしょうか~     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   アメリカランキング

      7
      テーマ:
  • 13 Jul
    • Trip to Philadelphia

      We went to Philadelphia last weekend! 先週の土日を利用してフィラデルフィアに行ってきました   土曜の朝9:10にメガバスで34stのHudson River沿いから出発。 娘の分もチケットを購入する必要がありましたが、それでも3人で片道42ドル。ゆったりと座れて助かった~ We got on the Megabus from 34st and 11th-12th ave at 9:10. Only cost $42 for three of us. We had to purchase a seat for my baby, but felt much more comfortable.   11:20頃に30stに到着し、まずは目的地の途中にあるWhole Foodsで食事を買ってランチ。 Arrived at 30st around 11:20, and had lunch at the Whole Foods.   そして、Philadelphia Museum of Artへ Then first destination, Philadelphia Museum of Art!     まずは印象派から。ルノアールとか、 Started with Impressionism, such as Renoir     ゴッホの作品が沢山見れます! and Gogh.     この美術館が特徴的なのが各エリアごとに、部屋の内観ががらりと変わること。 What I thought was remarkable was each room has own interior.     こちらは甲冑のエリア。 This is Armor's room.     ちょっと怖いですがこんなのも。 A little bit scary...     アジアはこんなのから始まり、 Asian rooms     日本の茶会についての紹介もありました Also about Japan's tea ceremony!     美術館を出ると、City Hallまで一つの道でつながっています。ワシントンみたい。 Outside the museum, the road goes to the City Hall (looks like that of Washington).     こちらが有名なロッキーステップ。多くの人が駆け上がってました。 Famous Rocky Step, many people running up and down.     次は徒歩ですぐのBarnes Foundation。 Next, Barnes Foundation after ten minutes' walk.     土日は混むかもという知人のアドバイスを受け、事前に予約していきました。 We purchased tickets in advance as it might be crowded on Saturdays.     内部で写真撮影は禁止だったのですが、印象派好きなら絶対にオススメです。各部屋に多数の絵が飾ってあって、憩いの場にもぴったりです Because photo-taking was prohibited, there were no picture. But this is highly recommended especially those who like Impressionism!   初日の最後はこちら、Rodin Museum。 Lastly Rodin Museum, right next to Barnes.     Museum of Artのチケットで入れます。見るのに20分もかからないと思いますので是非。 We can enter for free with the ticket of Museum of Art. Not that large so could walk around for less than 20 minutes.     ホテルに向かう途中にLogan Square。 Logan Square on the way to the hotel.     翌日、若干不機嫌な娘。 Next morning, my daughter in a bad mood.     徒歩で30分くらい、Independence Hallからスタート。 We visited the Independence Hall first!!     続いてLiberty Bell Museum(無料)。 女性の鐘があったなんて知りませんでした・・・。 And Liverty Bell Museum. I have never known that there was also the Women's Liberty Bell.     さらに徒歩でConstitution Centerに行きましたが、開館時間前だったため断念。 Next the Constition Center, but was not yet open.     さらに東へ歩いて、Old Cityを散策。 To the east, walked around the Old City.     最近オープンしたという、Museum of the American Revolutionへ! The Museum of the American Revoluation, which opened this year!     独立戦争に向かう時代のうねりや、 Historic events finally leading to the Independence War,     憲法宣言などの出来事を当時の文献等で紹介してくれます。 アメリカの子供の歴史教育にとても良さそう。 and many exhibits related to the Revoluation were shown. Pretty good for educating American children?     ランチはこの近くで有名なチーズステーキを。写真で見ると小さく見えますが中々ボリュームたっぷりでした We had Philly Cheese Steak, which might seem small but actually very volumy.     そして地下鉄に乗ってバス停へ!フィラデルフィアは徒歩で歩き回れるので、地下鉄はあまり使わないそうです。確かにホームにはあまり人がいませんでした。 And took the subway to the bus stop! They rarely use it because walking around is just fine. There were few people on the platform.     そんなこんなで、1泊2日の旅行を振り返ってみました 次回はまたインターンとかの話に戻りますので、お楽しみに That's all for the trip to Philly! Next time I'll post about my internship and other things, so please stay tuned!!   ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村   アメリカランキング   ニューヨーク州ランキング   教育問題・教育論ランキング   子育てパパランキング  

      6
      テーマ:
  • 11 Jul
    • My article on "THE RYUGAKU" (reading assignment)

      My aricle of studying abroad is now released on THE RYUGAKU website!! 私が海外留学について書いた以下の記事を、「THE RYUGAKU」さんのウェブサイトにて紹介いただきました   「海外大学の授業で数百ページのリーディング課題を攻略する4つのコツ」 4 points to keep in mind when dealing with hundreds of reading assignments https://theryugaku.jp/2678/   どうすれば大量のリーディング課題を効率的にこなせるかについて、私のアイディアを書いています。 分かりづらくならないよう、コンパクトにまとめておりますので、 是非お時間ある時に読んでいただけたら幸いです I elaborated on how to efficiently deal with reading assignments. I tried to keep it simple for readers to easily read through, so please click the link above!!     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村   アメリカランキング   ニューヨーク州ランキング   教育問題・教育論ランキング   子育てパパランキング  

      9
      テーマ:
  • 10 Jul
    • Reflection on Spring 2017 semester

      This post is about reflection on spring 2017 semester! Below is the previous one. 今回は授業の内容に戻りまして、先学期の総括をしたいと思います。前回(2016秋学期)のはこちら↓     ●Macroeconomics (Prof. Thomas Groll) http://ameblo.jp/hy0116/entry-12268515682.html Organization: ★★☆☆☆ Contents: ★★★☆☆ Workload: ★★★☆☆ Relevance: ★★★☆☆ Explanation: ★★☆☆☆ Satisfaction: ★★★☆☆ マクロ経済の基礎である、GDPの構成からFiscal/Monetary Policyがそれにどのように影響を及ぼすかについて、Great Recessionや東日本大震災などの事例を用いて分析。 あまりinteractiveな授業スタイルではなく一方的に教授が話す形だったのと、授業でカバーしきれていない部分が練習問題で出されたりなど一貫性に少し欠けていたのが残念。 We learned from composition of GDP to how different fiscal & monetary policies affect it, using case studies of Great Recession and great earthquake in Japan. It was a pity that mostly the lecture was unilateral (not that interactive) and sometimes the contents of problem sets were not covered by the lecture.   ●Education Policy and the Management of Introduction (Prof. Carolyn Riehl) http://ameblo.jp/hy0116/entry-12269433747.html Organization: ★★★★★ Contents: ★★★★☆ Workload: ★★★★☆ Relevance: ★★★★★ Explanation: ★★★★☆ Satisfaction: ★★★★★ 教育政策の政策と実務の乖離を埋めるという観点から、連邦・州・自治体政府の役割、教員評価・リーダーシップ等の政策の潮流について学習。Top-down, one-size-fits-all的な政策アプローチを批判的に分析し、どうすれば教育政策が現場にポジティブな変化をもたらせるのかについて議論。 毎回のリーディングと授業でのレクチャー、ディスカッション等の関連が目に見えて分かるように構成されており、3回の課題を通じて授業で学んだFrameworkを実際の政策分析に生かす力を養うことができ、非常に満足度も高かった。 Analyze a variety of education policies from the role of fed to teacher education, school leadership etc., with a focus on how to reconcile policy and practice. Cricial of top-down and one-size-fits-all approach, we discussed how policies can make positive changes in schools and classrooms ultimately. I could see clearly the connection between the reading and lecture/dicussion in each section. Moreover, through the three assignments I could incorporate what we learned into an analysis of specific policies that I chose.   ●Quantitative Analysis 2 (Prof. Alan Yang) http://ameblo.jp/hy0116/entry-12270579493.html Organization: ★★★★☆ Contents: ★★★☆☆ Workload: ★★★★☆ Relevance: ★★★★☆ Explanation: ★★★☆☆ Satisfaction: ★★★★☆ 政策立案・企画に携わるために必要な量的分析について理解を深める観点から、リサーチを実際に行うときに想定される課題、それに対する対処法等について実例を踏まえながら学習。 学期を通じて行われたグループプロジェクトで、自分たちでデータを使いながらリサーチを設計し、調査結果の分析を行うことで、授業で学んだことが机上の空論ではなく実際に体験知として身についた。 To have a deeper understanding of quantitative analysis necessary for policymaking, we learned what challenges we might be faced with when conducting a research and how to cope with them. Through the group project, we devised the research design, run the regression using the dataset, and analyze the results, which was a great culmination of this course.   ●Higher Education Policy and Development in Asia (Prof. Alessia Lefebure) http://ameblo.jp/hy0116/entry-12272117498.html Organization: ★★★★☆ Contents: ★★★★☆ Workload: ★★★★☆ Relevance: ★★★★☆ Explanation: ★★★★★ Satisfaction: ★★★★★ 高等教育政策の近年の潮流から、アジアの各国の具体的な動きに焦点を当て、グローバル化の中でどのように留学生を獲得し、経済成長等の国家戦略の核として高等教育政策がどのように立案されているのかについて考察。 レクチャーだけでなく、実際にアジアの各国からきているクラスメートからのプレゼンでリアルな各国の状況が分かったことは非常に貴重な学び。教授は今夏からコロンビアを離れフランスの大学で教鞭を取られるとのことで、最後の生徒になれて本当に良かったと感謝。 With a focus on Asian countries, this course gave a comprehensive picture of how each country focuses on higher education as a driver of economic growth etc. and how to cope with globalization. Especially I liked my classmates' presentation a lot because each of them elaborated on real narratives and issues in each Asian country. The professor now left SIPA and will teach in France, so I was very fortunate to become one of her last students at SIPA.   ●Governing the 21st Century City (Prof. Ester Fuchs) http://ameblo.jp/hy0116/entry-12273069900.html Organization: ★★★☆☆ Contents: ★★★★☆ Workload: ★★★☆☆ Relevance: ★★★★☆ Explanation: ★★★☆☆ Satisfaction: ★★★★☆ 行政区としてのcityの役割の変遷、さらに民主主義や財政、法制度・安全・sustainablity・教育・ヘルスケアといった多様な切り口から、ニューヨークでの事例を用いながら政策形成のダイナミックについて学習。 実際にBloomberg Administrationで働いていた教授からの、政策の綺麗事では上手くいかない点、どのようにbureaucracyの停滞を打破するのかといったリアルな語り口が非常に印象的で、教育政策というものを他の分野との関連で捉える良い機会にもなった。 Starting from "What is city?", this course covered a variety of topics related to urban policy from democracy, budget, bureaucracy, sustainability, education to health care, using case studies in New York City. The professor, who worked in the Bloomberg Administration, gave a real narrative of how policies work and sometimes don't work, how to deal with bureaucracy which could be an impediment to policymaking. This was also a great opportunity to see how education and over policy arenas relate to each other.     今来年度に向けていろいろと何を学ぼうか考えているので、 またその中身についてもこのブログで共有したいと思います I'll share in the coming posts my thoughts on what to do before graduation and going back to Japan!   ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村   アメリカランキング   ニューヨーク州ランキング   教育問題・教育論ランキング   子育てパパランキング  

      3
      テーマ:
  • 08 Jul
    • Daughter's growth -17 months-

      Monthly update about my daughter's recent growth! さて毎月恒例の娘の成長記録です   先月の様子はコチラ↓ Below is the last month's record.   <できること> ・駆け足が少しずつできるようになる ・「Stamp your feet!」というと足踏みをしてくれる ・「Head shoulders knees and toes」が指してるとこが違うけどできる ・腕を外せば自分で服を脱げる ・本や椅子の上に乗って少し高い位置を楽しむ ・鳥を見ると必ず指さして追いかける ・パズルがごくたまにできる ・クレヨンでお絵かき(線をでたらめに引くだけですが)ができるようになる <Things she can do now> ・Started to run ・Stamp her feet accodring to our song "Stamp your feet" ・Dancing when heard "Head shoulders knees and toes" ・Take off her shirt with our help ・Mount on books and chairs, enjoy view from a little higher place ・Follow and point to birds ・Puzzle ・Drawing with crayons (although random)   さて昨日からChildren's Learning Centerというところのサマーキャンプに娘を通わせています。 週2×4週間、朝8:30Drop offで午後3:30pick up。 これで1200ドルなのでなかなか高い Since yesterday we have sent her to Children's Learning Center's Summer Camp. $1,200 for two days per week, one month (8:30 drop-off, 3:30pm pick-up).   中には色んな遊べるスペースもあり、5歳くらいから年下の子もいるので、少しでも成長してかえってきてくれればと思います We hope she grows up through interaction with children of similar age and playing with many toys.   ちなみに、妻と2人で「親がついていない時間は生まれて初めてなので大丈夫かな」なーんて心配していましたが、初日から親のことも忘れてふつーに楽しんでたので慣らし保育みたいなことする必要もなし(笑) 嬉しいような悲しいような・・・ We were a little bit concerned if she can adjust to her new life without either of us. However, she enjoyed so much and almost forgot us from the first day so we didn't have to observe her from a distant place. Ambivalent feeling.   (なぜか縦向きの画像がアップできません。。直す方法ご存じの方教えてくださいー!)     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村   アメリカランキング   ニューヨーク州ランキング   教育問題・教育論ランキング   子育てパパランキング  

      4
      テーマ:
  • 06 Jul
    • Application for CPT & SSN

      This time I'm going to explain some steps necessary to receive payments through internship. さて今回はインターンに関する手続について。   以前過去のブログ(↓)で紹介したとおり、Education PioneerというFellowshipを通じてNewarkのNPOでのインターンが今日から始まりました。 As I introduced in previous posts below, my second internship which I got through Education Pioneer has just started today!!   私は諸事情によりインターンはnon-paidなのですが、NJとNYを行き来すると毎日交通費が15ドル程度かかるため、これを受け取るための手続を確認していました。その結果は以下のとおりです。 I must not be paid salaries, but it costs more than 15 dollars to go back and forth bet NY and NJ, so I've been checking necessary procedures to have my transportation expenses reimbursed.   ①CPT (Curricular Practical Training)の取得 いかなる形でもインターンに際しpaymentを受け取る際にはCPTを取得する必要があるそうで、以下の書類を揃えて大学のInternational Officeに申請。3日間程度でCPTの記載されたF-1 Visaをゲットしました。 F-1 students engaged in internship and trying to receive any form of payment are supposed to get CPT (Curricular Practical Training), so I applied to the International Office of Columbia with these documents, and got a F-1 Visa with CPT authorization in a few days. https://isso.columbia.edu/content/f-1-cpt-curricular-practical-training ・CPT Employer Letter(雇用を証明するインターン機関の書類) ・CPT Request Form(必要事項を記入の上大学のキャリアサービスオフィスにサインしてもらう) ・Most Recent I-94 Record(サイトから簡単にダウンロード可能)   ②SSN(Social Security Number)の取得 CPTを取得したら、Tax-reporting PurposeのためSSNを取るべしといわれたので、即日以下の書類を添えて申し込みました。 Fulton Stの近くにあるSocial Security Administrationに行って20分くらい並び、申請自体はすぐ終わって2週間くらいで送られてくるそうです After getting CPT, I applied for SSN as it is necessary for tax-reporting purposes. Necessary documents are as follows, and I went to the Social Security Administration near the Fulton St. I waited for about 20 minutes, and the application process went smoothly. I'll get my SSN sent to my address in no less than two weeks. ・Unexpired Passport ・SSN Application Form ・Unexpired I-20(with CPT authorization on page 2) ・I-94 Arrival Record https://isso.columbia.edu/content/social-security-number-application   以上、参考になりましたでしょうか? 私は直前にばたばたと申請して結構慌てたので、事前に手続をしっかりと確認しておくと良いです Hope this info would be useful. I recommend checking necessary steps well in advance so that you can make the deadline!     ブログランキングに参加していますので、良かったら1つでもクリックお願いします I'm participating in the blog rankings, so please click any of them if you have time!   にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村   アメリカランキング   ニューヨーク州ランキング   教育問題・教育論ランキング   子育てパパランキング

      4
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。