宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、農林水産省は9日夜、県南西部の都城市でよだれなど口蹄疫とみられる症状のある牛3頭が見つかったと発表した。

 遺伝子検査の結果は10日午前となる見通しだが、県は症状から同一場所で飼育していた6頭を含む計9頭を「感染疑い例」と判断、殺処分することを決めた。

 宮崎県ではこれまで、都農町など2市5町で口蹄疫が確認されている。都城市はこれらの自治体とは接しておらず、感染が確定すれば新たな地域に“飛び火感染”したことになる。

 山田正彦農水相は、「(専門家の)写真判定では限りなくクロに近い」と述べた。農水省では、都城市の長峯誠市長に9頭の殺処分や、周辺域での交通遮断、消毒などを指示した。

 政府は10日午前、官邸で対策本部の会合を開き、対策を協議する。

 県では遺伝子検査の結果にかかわらず10日午前にも、農場を中心にした半径10キロ圏を家畜移動制限区域に、同20キロ圏を搬出制限区域に設定する。区域は隣接する鹿児島県の一部も含まれる可能性もある。

 都城市は全国でもトップクラスの畜産地帯で、感染が確定した場合には大きな影響が予想される。

覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)
宮城県警に発足した「海燕隊」の使命は…(読売新聞)
振興銀検査妨害事件、木村前会長を任意聴取(読売新聞)
首相動静(6月12日)(時事通信)
民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
AD