奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走中の車上荒らしの容疑者の車に警察官が発砲し、助手席にいた男性(当時28歳)が死亡した事件で、奈良地裁が、発砲するなどした4人の警官のうち、2人について特別公務員暴行陵虐致死罪などで審判に付す決定をしたことがわかった。

 決定は14日付。

 県警監察課の今谷和也課長は「決定は残念だが、当時の拳銃使用については、適正であったと考えている」と話した。

 この事件を巡っては、男性の母親が奈良県と警察官4人に対し、約1億1800万円の損害賠償を求めて提訴したが、同地裁は今年1月、請求を棄却し、原告が控訴している。

<酒気帯び>神奈川県議が追突、逮捕(毎日新聞)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上-東京国税局(時事通信)
雑記帳 オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
薬事法違反 キノコ原料、未承認医薬品広告掲載容疑で逮捕(毎日新聞)
薄毛治療に初のガイドライン=推奨度5段階で評価-皮膚科学会(時事通信)
AD