歌手のBoAが16日に、約2年ぶりの全国ツアー「BoA LIVE TOUR 2010~IDENTITY~」の最終公演を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で行った。公演ではメドレーを含めて21曲を披露。大人っぽい雰囲気のバラードや、鮮やかなダンスパフォーマンスで観客を魅了した。
BoAが「音にも演出にもこだわった」と自信を見せるツアーの最終公演は、「BUMP BUMP! 」「まもりたい~White Wishes~」をはじめ、今年2月にリリースした日本で7枚目のオリジナルアルバム「IDENTITY」の収録曲を中心とした構成に。2005年のヒット曲「DO THE MOTION」や、米国でのデビュー曲「Eat You Up」のほか、ライブ初披露という「Before you said goodbye to me」なども歌った。
「あのころはまだ幼くて 走り続けるのがすべてだった」。公演の冒頭、ステージ上に設置されたスクリーンには、日本でデビューした14歳の時の期待と不安などもつづられた文が映し出された。これとは対照的に、ステージ上ではアルバム「IDENTITY」について、「制作に深くかかわり、作詞、作曲も頑張った」などと語ったBoA。大人のアーティストへの成長ぶりが印象的だった。
今年は2000年の韓国デビューから10周年に当たるが、BoAは「今まで音楽を思い切り楽しんできたけれど、この先も自分がやりたい音楽を続けられたらいいな」と話し、今後のアーティスト活動への情熱を新たにしていた。

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕日本人に6年ぶりノーベル賞
血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え
41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響
09年度、17年ぶり4万戸割れ=3月は5割増
ビール類出荷、過去最低=キリンが2年連続首位-1~3月

明石歩道橋事故、元副署長を初の強制起訴(読売新聞)
広島市長、非核三原則法制化を要望=首相は慎重姿勢(時事通信)
<火山噴火>成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)
<東大寺>5年がかりで描いたふすま絵を奉納 鎌倉の画家(毎日新聞)
AD