平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のヘリ部隊の移転先として政府が検討する鹿児島県・徳之島の3町長との会談について「そういう機会があれば、お会いして説明する」と述べ、実現に意欲を示した。平野長官は20日に、滝野欣弥官房副長官を通じ3町長に会談を要請したが、拒否されていた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<訃報>玉置猛夫さん95歳=元自民党参院議員(毎日新聞)
第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)
「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵-山崎さん家族(時事通信)
韓国「本人の意志尊重」 金元工作員、来月訪日へ前進(産経新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
AD