鳩山由紀夫首相は16日午前の閣議で、いったん決定した「生物多様性国家戦略2010」の変更を指示した。佐渡トキ保護センターで国の特別天然記念物のトキがテンに襲われた問題を追記するためで、改正版が同日午後、再び閣議決定された。政権発足半年にあたり「指導性が見えないとおしかりもいただいている」と反省していただけに、さっそく指導力をアピールしたかったようだ。

 国家戦略は動植物や生態系の保全策などを盛り込んでいる。鳩山首相は同日午前、国家戦略を閣議決定した直後に、トキの問題についても触れるように小沢鋭仁環境相に指示。再度閣議決定された国家戦略には、トキなど生息地以外で飼育や繁殖している希少な野生動物の保全について管理態勢の充実などを加えた。

【関連記事】
死んだトキのケージ、すき間だらけだった
トキの死 再生に向けて抜かりなく
襲撃されたトキのケージに大きい網の目が203カ所
佐渡のトキ 擬交尾確認…高まる繁殖への期待
トキ襲ったのは「テン」 監視カメラに残された大きなトキの鳴き声10回
20年後、日本はありますか?

岡田外相「佐藤元首相は結果的に沖縄欺いた」(産経新聞)
直接支払制度を来年3月末まで猶予―出産育児一時金で厚労省(医療介護CBニュース)
国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取(産経新聞)
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 (産経新聞)
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)
AD