婦人相談所撲滅のブログ (佐賀県中央児童相談所と佐賀県婦人相談所・悪徳離婚弁護士らに家庭を崩壊された体験記)

行政だから安心や信用してはいけません。離婚のみを勧め家庭崩壊させる悪意な所です。助成金が入り職員らの利益のためで女性はその為利用され家庭崩壊されてます。税金の無駄使いと不幸をもたらす悪の根源です。婚姻している職員が離婚を勧める矛盾が証明してます



行政の相談窓口、行政が運営しているからと安心や信用は
絶対にしないでください。鵜呑みに信用すると結果的には
自分の意志や考えとは全く違う方向へと勝手にされてしまいます。

婦人相談所、女性相談所、女性センター、児童相談所などの
行政「相談所」窓口や施設、相談員、指導員、女性相談員など


「相談」や「相談所」ではない!

家庭円満や問題解決、話し合いなどの選択肢はありません。

婦人相談や女性相談は「離婚」のみの選択しかありません!

児童相談所は何らか理由をつけ隙あらば児童をとりあげます。

そして監禁・拉致した児童を洗脳化したり如何にも児童本人が
発言している内容にしたてあげ「家に帰りたくない」などと、
児童が家庭での生活を拒否しているかの様にしてしまいます。

児童相談所は「児童」を、婦人相談所や女性相談所は「女性」を、
保護を大義名分の名目で「施設」へ入所させると施設管理者には
領収証など不要の年間一人当たり約356万円、助成金(税金)
を得る事ができるからです。また職員らの天下り先は施設管理者
などの特典も得ています。ちなみに施設の管理費や運営費などは
すべて別途、予算からすべて経費(要領収証)は受けています。

子供や女性を積極的に施設入所させると10人で一年間で、
使途自由な約3千500万円以上のお金が施設は得られています。

なるべく長期で完全に、その助成金を得る為に子供を引き離し
夫婦を離婚させて家族離散、家庭崩壊の段取りを踏ませます。

このブログを読まれる方へのお願いとご注意などについて!

記載されている記事内容は事実に基づいて投稿されています。

法律的にも明らかにおかしい事実を佐賀県中央児童相談所およびに
佐賀県婦人相談所、鹿児島市婦人保護施設:錦江寮、鹿児島県婦人相談所と
職員らは行政の信用と職権・権限を身の隠しにして悪事・悪行をしました。

人道的にも外れ非人道な事などを正当化するために多様に工作などをおこない
また、責任を施設入所者本人にすべてを責任転嫁しています。

長崎県行政と佐賀県行政や病院、警察も明らかに以前から認めている
精神病疾患患者を悪意に誘導して利用した罪は重罪です。

宮崎県・宮崎県知事(東国原県知事)は当方からの捜索人の申し出と併せて
精神病疾患患者である関係資料や諸証明証などを確認の上で宮崎県すべての
行政機関に通知して全力で捜索に関してご協力を即時にいただきました。

このような善良な他県行政の働きを佐賀県中央児童相談所、佐賀県婦人相談所、
鹿児島県婦人保護施設:錦江寮、鹿児島県婦人相談所などを欺き善意を無駄に
していました。勿論、佐賀県庁(古川康佐賀県知事)も当方の情報をもとに、
佐賀県内の関係機関には事前に通知していましたが、佐賀県総合福祉センター
にある佐賀県中央児童相談所と佐賀県婦人相談所はこの通知を無視したばかりか
逆に情報操作や虚偽の事実を創作したりしている悪意な事実が多くありました。

行政と言う以前に人間的にも許されない悪意なことを多くしています。

このような非人道的な事を平然と行い、またその事実を隠したり工作したり
する職員・公務員はいらないはずで本当に税金の無駄使いです。

佐賀県中央児童相談所や佐賀県婦人相談所などは女性や児童を保護施設に
入所させることで施設に年間に巨額の助成金が入ります。また職員の
天下り先は施設管理者などです。自己の金銭や役職など得るために違法な
事を平気にして、職権や権限を乱用・悪用しています!

児童の親を偽りの罪、子供への虐待などや夫へも家庭内暴力やDVなどを
架空事実・既成事実をでっちあげて家庭崩壊や家族離散をしています。

自己の利益の為に、夫婦を離婚させて子供を守ると偽りの虐待事実など
を親に擦り付けています。また児童の場合は子供を里親に出すことでも
児童相談所職員は利益を得ているようです。

自分たちにも家庭や子供もいるはずで、自分たちがしている事がどんなに
酷く罪深いことをしているかを承知の上でしているのでこれ以上の悪行、
非人道な行いと考え方は他には無いはずです。

みなさんはこんな行政機関の児童相談所や婦人相談所・女性相談所・女性センター
などと、それに連携している離婚弁護士などを安易に許せますか?

これは全国の相談所で同様なことが多発しています!
そして当家だけの問題でなく家族や夫婦や子供がいれば誰でも
そしていつでも直面する問題なのです。

日本には児童相談所や婦人相談所などを監視・監査する第三者機関などの
存在がないので、彼らは好き勝手にやっている次第です。

※次女の佐賀県中央児童相談所、
 妻(母親)の佐賀県婦人相談所・鹿児島県婦人相談所・錦江寮の
 事など多様に話の内容が分岐して複雑になっています。

 注釈や説明、追加分などはコメント欄にて記載しています。

ことの経緯について(1)

今から2年前に、次女は中学生1年になりました。
特にその頃から次女の態度や発言に異常が感じられました。
次女は学校の成績は優秀までは無いのですが、知能指数などから
みても学習が本人のやる気があれば出来る方なので頭は悪くない
と言うのが私からみた親ばかを抜きにした見方でした。

同学年ですが年は次女より一つ上に長女がいます。
次女が通う中学校の特殊学級にいます。
長女は知的障害があり小学校就学前に障害がわかり
教育委員会に掛け合い実年齢よりも一つ下げて小学校
一年から次女と同じ学年で学校に行かせています。

もともと私たちは長崎市に住んでいましたが、
長女の小学校就学の問題があり、やっと佐賀市の
教育委員会が減級(実年齢より下げて就学)受け入れを
行ってくれたのでその理由だけで佐賀市に引越しました
当然ながら佐賀市には知り合いも身内や親族もいません。

次女が中学生になった頃から行動や発言などに異常が
目立つようにあり親への反発も多く、また自己の責任
を認めなかったり常識はずれの行動も多くなりました。

当初はこの世代の反抗期や未熟な考えや行動からくる
一時的な事だとも考えて様子を見ながら観察して
いましたが度が過ぎるばかりでその都度、学校にも
相談を多く重ねました。2010年11月~12月頃
次女は学校も殆ど休むようになり、また私から次女を
みて本人の性分や性格的、一時的な反抗期とします。
次女が通う中学校の特殊学級にいます。
長女は知的障害があり小学校就学前に障害がわかり
教育委員会に掛け合い実年齢よりも一つ下げて小学校
一年から次女と同じ学年で学校に行かせています。

もともと私たちは長崎市に住んでいましたが、
長女の小学校就学の問題があり、やっと佐賀市の
教育委員会が減級(実年齢より下げて就学)受け入れを
行ってくれたのでその理由だけで佐賀市に引越しました
当然ながら佐賀市には知り合いも身内や親族もいません。

次女が中学生になった頃から行動や発言などに異常が
目立つようにあり親への反発も多く、また自己の責任
を認めなかったり常識はずれの行動も多くなりました。

当初はこの世代の反抗期や未熟な考えや行動からくる
一時的な事だとも考えて様子を見ながら観察して
いましたが度が過ぎるばかりでその都度、学校にも
相談を多く重ねました。2010年11月~12月頃
次女は学校も殆ど休むようになり、また私から次女を
みて本人の性分や性格的、一時的な反抗期として
みるよりも何か精神的な病気か障害がある。
長女は知的障害があり小学校就学前に障害がわかり
教育委員会に掛け合い実年齢よりも一つ下げて小学校
一年から次女と同じ学年で学校に行かせています。

もともと私たちは長崎市に住んでいましたが、
長女の小学校就学の問題があり、やっと佐賀市の
教育委員会が減級(実年齢より下げて就学)受け入れを
行ってくれたのでその理由だけで佐賀市に引越しました
当然ながら佐賀市には知り合いも身内や親族もいません。

次女が中学生になった頃から行動や発言などに異常が
目立つようにあり親への反発も多く、また自己の責任
を認めなかったり常識はずれの行動も多くなりました。

当初はこの世代の反抗期や未熟な考えや行動からくる
一時的な事だとも考えて様子を見ながら観察して
いましたが度が過ぎるばかりでその都度、学校にも
相談を多く重ねました。2010年11月~12月頃
次女は学校も殆ど休むようになり、また私から次女を
みて本人の性分や性格的、一時的な反抗期として
みるよりも何か精神的な病気か障害があるのでは?と
考えるようにもなり、その点を併がわかり
教育委員会に掛け合い実年齢よりも一つ下げて小学校
一年から次女と同じ学年で学校に行かせています。

もともと私たちは長崎市に住んでいましたが、
長女の小学校就学の問題があり、やっと佐賀市の
教育委員会が減級(実年齢より下げて就学)受け入れを
行ってくれたのでその理由だけで佐賀市に引越しました
当然ながら佐賀市には知り合いも身内や親族もいません。

次女が中学生になった頃から行動や発言などに異常が
目立つようにあり親への反発も多く、また自己の責任
を認めなかったり常識はずれの行動も多くなりました。

当初はこの世代の反抗期や未熟な考えや行動からくる
一時的な事だとも考えて様子を見ながら観察して
いましたが度が過ぎるばかりでその都度、学校にも
相談を多く重ねました。2010年11月~12月頃
次女は学校も殆ど休むようになり、また私から次女を
みて本人の性分や性格的、一時的な反抗期として
みるよりも何か精神的な病気か障害があるのでは?と
考えるようにもなり、その点を併せて学校に再び相談しました

学校側か一つ下げて小学校
一年から次女と同じ学年で学校に行かせています。

もともと私たちは長崎市に住んでいましたが、
長女の小学校就学の問題があり、やっと佐賀市の
教育委員会が減級(実年齢より下げて就学)受け入れを
行ってくれたのでその理由だけで佐賀市に引越しました
当然ながら佐賀市には知り合いも身内や親族もいません。

次女が中学生になった頃から行動や発言などに異常が
目立つようにあり親への反発も多く、また自己の責任
を認めなかったり常識はずれの行動も多くなりました。

当初はこの世代の反抗期や未熟な考えや行動からくる
一時的な事だとも考えて様子を見ながら観察して
いましたが度が過ぎるばかりでその都度、学校にも
相談を多く重ねました。2010年11月~12月頃
次女は学校も殆ど休むようになり、また私から次女を
みて本人の性分や性格的、一時的な反抗期として
みるよりも何か精神的な病気か障害があるのでは?と
考えるようにもなり、その点を併せて学校に再び相談しました

学校側から病的や障害など精神分析を含めて児童相談所で
分析と指導が出来ることで相談所を紹介されました。

児童相談所は本人を直接、観察したい旨の理由にて
約2週間ほど子供の身柄の預かりを申し出てきました。

その経緯に関しては後日に次女の通う中学校
教頭から証明書を頂いています

平成21年1月16日に中学校にて担当教諭と
佐賀県中央児童相談所、香月氏がいて佐賀市立
成章(せいしょう)中学校にて子供の身柄を
相談所側へ私と妻と引渡しを致しました。

同日その直後に佐賀県総合福祉センター内にある
佐賀県中央児童相談所に出向きました。
そのときは何一つ、書面などもなく署名した書類
など何一つもありません。またその時に妻は精神的な
病があり過去に数多くの家出や狂言事件などを起こしている
事と簡単な連絡以外は妻には話をしない事を香月氏に
約束をしました。しかし香月はそんな約束など
最初から一切守ることなど無かったのです。

また職員の香月は次女が中学生になった頃から接触して
親、特に父親に対して無視や苛立ちを起こさせるように
仕向けることや施設への誘導をしていた多くの事実が
後日に次女本人の証言と香月と次女とが接触のあった
場所、店舗などのいる人たちの証言でもわかりました。

次女の児童相談所問題がおこり平行して直後に
妻の失踪事件が起こります。平成21年2月20日に
妻は出先で精神状態の悪化が原因で家出状態になりました

後日にわかったのは職場の人や友人・知人に対して
かなり強い妄想などがあり、特に注目されるのは
子供(長女と次女)が既に児童福祉施設に入所しており
子供は父親の虐待が原因という妄想でした。

この妄想などを抱くようになり、そして婦人相談所へと
妻を誘導し導いたのは佐賀県中央児童相談所、職員の
香月です。精神病であるが故にと必要以外は話などを
してはいけない約束を当然のごとく破り逆に妻の病気
や病症を承知の上で病気・障害を悪意に利用したのです。

※(2)につづく


<検索ワード>
佐賀県総合福祉センター
わかくす法律事務所 裁判所
佐賀県中央児童相談所 職員
離婚調停 離婚弁護士 助成
佐賀県婦人相談所 福田 唐津
男女共同参画 児童保護 児相
鹿児島県鹿児島市錦江寮
フェミニスト 精神病 アバンセ 
女性相談所 婦人相談所 恵巳
女性センター 保護施設 馬渡
一時保護施設 DV シェルター
女性保護 福祉相談 うつ病
女性相談 婦人相談 鬱 欝
離婚相談 児童相談 解離性
アスペルガー症候群 精神病
精神科 統合失調症 佐賀香月
母子家庭 福祉事務所 保護課
佐賀 社会福祉事務所 聖母園
佐賀県社会福祉協議会 相談
佐賀県立女性センター うつ病
ドメスティックバイオレンス
男女共同参画課 離婚相談
配偶者暴力相談 離婚裁判
虹の松原学園 DV被害 佐賀
佐賀県精神保健福祉センター
佐賀市天祐1丁目 佐賀県婦人
児童相談所相談課 佐賀児童
女性総合相談
佐賀県立女性センター
家庭児童相談室
佐賀県総合福祉センター
母子生活支援施設 相談機関
佐賀いのちの電話 児童福祉
佐賀県母子保健福祉課
佐賀生活保護 佐賀家出自殺
弁護士費用 佐賀県弁護士会
離婚協議書 弁護士無料相談
杉光克博 相談機関 香月正広
佐賀中部保健福祉事務所
児童虐待防止法 DV防止法
佐賀香月 佐賀離婚弁護士
児童養護施設 法テラス佐賀
鹿児島婦人保護施設:錦江寮
鹿児島県社会福祉事業団
原さおり 錦江会 客室清掃
リッチモンドホテル天文館
鹿児島市求人募集パート就職
アルバイト派遣ハローワーク
求人案内のまりん野牧雅子
鹿児島県児童相談所 鹿児島
就職情報 親権 養育費 費用
佐賀相談所 佐賀女性 佐賀
佐賀婦人 佐賀母子 佐賀保護
佐賀県相談所 佐賀児童 離婚
離散 別居 家出 引き離し
助成金
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

婦人相談所 女性相談所 撲滅!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。