天才伊藤浩士先生の末の世の憂鬱ブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

 

 以前に今の朝日新聞はネトウヨに非難されることを怖れ、ネトウヨに恭順の意を表し続けていると指摘したことがあります。ネトウヨの逆鱗に触れることを怖れて、常に両論併記で逃げを打つようになっています。いくら朝日が恭順の意を表していても、ネトウヨが朝日非難を止めることはなく、朝日がなにを書いても、気に入らなければネトウヨは吉田清治氏の手記の件を持ち出すだけですから、全く無駄なのですが朝日は気が付いていません。

 

 そんな状態の朝日が昨日の朝刊で森友学園事件に対する高校生の意見を載せました。そのまま貼り付けると著作権の侵害になりますので、私の言葉で趣旨だけを要約して下に書かせて貰います。

 

 森友学園で騒ぎすぎ、ニュースはどこも証人喚問のことばかり。自分は政治や社会に関心を持っている。国民の税金で運営される国会の仕事は、国の予算を決めて法律を作ることだ。今の日本には国会が処理しなければならない問題が沢山ある、国会議員は国民生活に関係する問題の解決に時間と労力を使うべきであるし、マスメディアも重要課題を追うべきだ。

 

 こんな内容になります。安倍晋三と松井一郎が泣いて喜ぶような内容です。政権の足を引っ張ることしか考えない野党に比べて、なんと立派な高校生だといった声が教育勅語ありがたや右翼から上がるような内容です。この投書を見た時には産経新聞が間違って配達されたのかと思いました。

 

 森友事件よりも別にやらなければならないことがあるとするのは、俗論の最も悪質なもので、臭いものに蓋をしろと言っているだけです。

 

 この投稿者は国会の国政調査権の発動が嫌いなようです。国会が処理しなければならない問題といいますが、これは奇麗ごとであり、この場合の処理は、政府の提案した予算や立法をスケジュール通りに、審議時間だけを消化したあと全て原案通りに可決する、現実にはそういうことになってしまいます。

 

 国政調査権は発動するな、法案の処理を優先させて政府の原案通りに、予算も法案も採決せよといったことになれば、これは行政の下請けになる翼賛議会であり、森友学園事件などに関わらず、政府が提案している予算や法案の審議だけをやっていれば良いとするのは、議会制民主主義の死につながるのですが、本人はもの凄く良い提案をしている積もりです。

 

 こんな意見はボツにすれば済むことですが今の朝日新聞はボツにはしません、ネトウヨに媚びるために平気で載せてきます。今の日本でまともな新聞は、赤旗を別格とすれば、東京新聞に沖縄タイムズ、琉球新報くらいでしょうか。このような暗澹たる状態に陥っています。

記事の内容に賛同された方はクリックしてください。
クリックは記事毎です、昨日の記事でクリックしたから今日はいらないというものではないので、よろしくご協力をお願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。