政府は19日、製造業派遣の原則禁止を柱とする労働者派遣法改正案を閣議決定した。改正案をめぐっては社民、国民新両党が厚生労働省案の修正を求めたため、政府・与党内の調整が難航したが、両党の要求を受け入れる形で17日に決着した。今国会で成立する見通しだ。
 改正案は製造業派遣について、長期の雇用契約を結ぶ「常用型」を除いて禁止する。また、仕事がある時だけ雇用する「登録型」派遣は、通訳・秘書などの専門業務を除いて原則禁止する。
 日雇い派遣や契約期間2カ月以内の短期派遣も禁止。法律の名称・目的には「派遣労働者の保護」を明記する。 

【関連ニュース】
事前面接見送り、非常に遺憾=派遣法改正案で
岡田外相の核発言を批判=共産・小池氏
事前面接解禁を削除=派遣法案で政府・与党が合意
週内にも基本政策閣僚委=派遣法案の調整で
派遣法案、修正は困難=社民などの要求に

手塚治虫少年が昆虫追った森に記念碑…宝塚(読売新聞)
「神戸マラソン」実施へ=市民参加型市街地コース-来年冬にも、震災復興アピール(時事通信)
<鶴岡八幡宮>「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
首相、贈与税3470万納付 「実母分」6億円上回る(産経新聞)
<義父暴力>重体の長男死亡 愛知・豊田(毎日新聞)
AD