お酒と私

テーマ:

私はお酒を飲みます。

えぇ、今は本トに嗜む程度です。


以前に比べたら1/3以下になりました。

とは言えそれでも飲むことに変わりありません。



本当はダメなんです。

確かに主治医に止められはしてませんが。


1日に缶ビール1本でやめられるんならいいよ、と言ってもらえてます。

今のところ・・・。


月に1、2度ぐらいなら表で飲むこともいいよ、と言ってもらえてます。

ただし、無茶飲みはするな、との条件付きで。


だけど飲まないに越した事がないことは事実です。




缶ビール1本で収まるのか?

収まります。


寝る直前に飲めばいいんです。

寝る直前に飲むその時に約1単位分(80kcal)のクラッカーを一緒に食します。

もちろんその分は指示カロリー分に含めますから食事を少し減らして。



と言う毎日のパターンで過ごしております。


でも本当にそれがベストかと言えばそうではない気が・・・。


本来は毎日飲んでもいい、とは言われてません。

だけど毎日飲んじゃいけない、とも言われてません。


聞くのが怖いんですよ。(爆)

キッチリ聞いとかなきゃいけないのは分かっちゃいるんですがね。



『生兵法は怪我の元』と言います。

ましてや私は糖尿病。


自分の身体に合わせた飲み方、飲む量を決めてもらわなければいけません。

自己流ほど危ういものはない。


分かっちゃいるけど・・・ってヤツでしょうか。


都合の悪いことには耳に蓋。

これは最悪のパターンです。


しかし、これも分かっちゃいるけど・・・と言うこの弱さよ・・・。(笑)



ところで色々見てると参考になる(と言うか都合のいい)データなんかも出てくるわけで、

いいのか悪いのか、いや自分に合っているのかいないのか、はともかくそれに倣っております。


酒 酒①


お酒の種類で糖尿病に影響すると言うのは迷信だそうで、ビールよりも焼酎の方がマシと言うことは

ないようです。


そして大事なのは純アルコール含有量だとのこと。

これは飲む量×アルコール度数で表されるもので、例えばビールなら大ビンが

633ml×アルコール度数5%で31.65gとなります。


で、1日の目安量と赤信号な数値を考えると純アルコール含有量で50gぐらいが妥当なのかな、と。

日本酒の例で2合(約360ml)までが安全ならば純アルコールは50.40gとなりますから。



ところが、それだけで終わらないのが厄介なところで・・・。


今度は摂取カロリーの観点から以下のような目安が出てきます。


              安全な飲酒量の目安 (2単位・160kcalまで)

日本酒(14%)
0.8合 
ワイン(14%)
グラス3杯 
ビール(5%)
中ビン1本 
焼酎(25%)
0.6合/お湯割2杯 
ウイスキー(43%)
ダブル1杯


そうなんです。

大幅に減るんですな、これが。


上記の純アルコール含有量だとビールなら1㍑までは大丈夫な計算になります。50gで。

(あくまで計算上は


ところが摂取カロリーは約400kcal。

2倍以上になってしまいます。



純アルコール含有量を取ればカロリーオーバー。

しかもそれは安全なと言うだけの話であって、そこまではOK!な数字ではありません。


となると、当然目安とするのはカロリーの方になります。

もちろん純アルコールの方も問題なくクリアです。

物足りない以外は・・・。



缶ビール1缶で17.50g。

カロリー的にも147kcalでピッタリです。


しかし、優れたものがこの時代この国にはあるんですよ!

それがダイエット用の発泡酒。


色々なメーカーを比べた結果、奇跡的なものに出会いました。

(大袈裟な・・・(呆


ダイエット生  これです。


これは調べた中で一番の低カロリーで100ml辺りわずか22kcal。

普通のビールの半分です。


しかもアルコール度数が3.5%。

何!?この薄さは!

と言う感じなのが難点ですが・・・。


これなら700mlまで飲めるし、純アルコールも24.50と余裕でクリア。


なかなかいい仕事をしてくれます。

サントリーさんは。



と言うわけで普段はこれを頂いています。

もちろん1日2缶じゃありませんよ、基本的には1缶で抑えております。

もっとも週に2度3度は2缶飲む時も作っていますが・・・。



(続く・・・




ブログランキング
AD

コメント(2)