単身赴任後の双子パパ日記

単身赴任を終了した双子のパパです。仕事帰りの育児もがんばります!


テーマ:

早速双子育児が始まりました。


病院で、新生児の授乳は2時、5時、8時、11時、14時、17時、20時、23時の3時間ごと1日計8回必要との指導を受けました。

これが双子なので2倍に、オムツ換えや沐浴なども2倍です(^^;)


一応、平日はママ、ママ方のばあば、ママの妹(現在臨月、7月始めに出産予定:元保育士)、私方のばあば、が交代で双子(ママの妹の子どもが帰ってきたら3人の新生児)のお世話をすることにしています。


週末は、もちろん私(パパ)が、育児の相当部分を担当していく予定です。


最初の2日間はどうだったかというと、自己評価ではやっと合格といったところだと思います。

とりあえず、オムツ換えとミルクの授乳は半分近くすることができたし、ある程度は上達したと思います。

沐浴は休みの間はすべて私がしました。

やはり、「習うより慣れろ」ということでしょうか、少なくともオムツ換えのスピードが速くなりました。


ミルク授乳もコツがつかめてきました(^^)


病院では、いつも私たちが来たときにスヤスヤ眠っていた2人ですが、

家に帰ってくると、環境が変わったせいか特に「こう」がミルクを飲んだあとでも

なかなか泣きやんでくれません。

どうもママの抱っこをせがんでいるようです。


いまのところ「まあ」はスヤスヤと寝ていることの方が多いようです。


たぶん、これから2人同時に泣いてきたりするんでしょうね

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末は、双子たちの退院~初めての育児といろいろなことがありました。

PCがないので携帯からのブログ更新となったのですが、ママと話し、2人の写真を初めて載せました。


ママの「病院の使い古した肌着を着せてデビューさせるのはいや」

というこだわりから、2人のデビューも延び延びとなっていましたが、やっとお披露目ができました。

これからも、新しい4人家族をよろしくお願いしますm(_ _)m


先日書いていた「迎えに行くときの車はどうするか?」という件ですが、

結局「私の運転する車に、ママと私の妹が乗り、ママはまあを抱き、私の妹が「こう」が寝ているクーファンを抱える」ということになりました。


もちろん違反ですが、この件については、一番大変だったママの意見を尊重するということで落ち着きました。

ママとしては、乱暴な運転かも知れないタクシーよりも、比較的大きな車で余裕があり、子どもたちを愛しているパパが運転する車の方が子どもたちのためにいいと判断したようです。


2人が入院していた新生児の病院では、最後に鉄材(2人とも未熟児特有の貧血があるそうです)と先日書いていた未熟児用のミルク2缶ずつをもらってきました。(確かいらないと聞いていたのですが・・・)

あとは、1週間後に健診の予定です。


未熟児用ミルクは、350g1缶1,000円でした(T_T)

での2人の成長のためには必要な出費です・・・

ただ、早く普通のミルクになって欲しいです。


退院の時には、手が空いている看護婦さんたちが見送ってくれました。

これまで、手を消毒していた中間の部屋にクーファンをおいていたのですが、

それを見た看護婦さんが「まあ」と「こう」の2人とも1つのクーファンに入れてくれました。


はっきり言って、「看護婦さんたちがそんな危険なことしてもいいの?」

と思うのですが、2人顔を合わせているけど、安心して寝ているのをみたことや

みんなから「かわいい~」と言われたことから、そのままクーファンに入れて移動しました。

(床しかクーファンを置く場所がなかったというのが一番の理由ですが)


隣接の産院では、ママが切迫早産で入院していた病棟の看護婦さんたちに久しぶりに挨拶してきました。

こちらでも退院を大変喜んでくれました。

病棟の壁に張るため、双子たちの写真(クーファン内のツーショット)も撮られました。



家(バブルの時にママ方のじいじが、3人の娘が誰か住むだろうということで建てた家ですが、結局誰も住んでおらず、また私の実家とも近い)についたのは夕方5時前で、早速授乳の時間になっていました。

3時間しか授乳の間隔が空いていないということを最初に実感しました。


よるは、私の両親、ママの両親たちとささやかなお祝い会をしました。


お祝い会以降の実際の育児状況については次回以降ということで・・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。