腫れない、痛くない二重まぶた埋没法は神戸三宮のルネッサンス美容外科

こんにちは、ルネッサンス美容外科の曾我部コウです。当院は、「腫れない、痛くない二重まぶた埋没法」を提供しています。
当院は「日本美容外科医師会認定医療機関」「日本美容外科学会認定専門医」です。


テーマ:
前回は、美しい二重まぶたを形成するためには「くぼみ目ではないこと」が必要だってことを解説したんだけど、わかってもらえたかな。
さて、今回は第二の要件を解説するね。前回の話の中で、「相対的くぼみ目」って言葉があったんだけど覚えてくれているかな。

第二の要件は
「相対的くぼみ目」でないこと。

「相対的くぼみ目」っていうのは、「くぼみ目ではないが、上瞼の眼球と眼窩脂肪の位置関係がくぼみ目のそれに近似している状態」のことなんだよ。


くぼみ目


この画像は典型的な「くぼみ目」の状態なんだけど、一番くぼんでいる部分からまつ毛までの皮膚が眼球の形に沿うように「屋根の庇(ひさし)」のようになっているのがわかるかな。「二重まぶた」っていうのは、「重瞼線より上部の皮膚が前方にある程度垂れてくる上瞼の立体構造」と表現することもできる。この上まぶたの皮膚が眼球に乗っかる「屋根の庇」状態になると、たとえ生来二重だったとしても、重瞼線より上方の皮膚は、前方向への垂れる部分が効果的に作れなくなるので、二重まぶたという構造が失われてしまうのさ。

では「相対的くぼみ目」に話を戻そう。「相対的くぼみ目」というのは、わかりやすく言うと「お出目ちゃん」のことなんだよ。お出目ちゃんの場合は、上まぶたはくぼんでいなくても、眼球が前方に突出気味なので、上まぶたが「屋根の庇」状態になっているんだよ。

しかし「相対的くぼみ目=お出目ちゃん」の場合は、くぼみ目のように簡単に修正できるものではないので、美しい二重まぶたを形成することは根本的に難しい。もちろん、眼球の突出している程度にも依るけどね。軽度の突出なら、浅い二重まぶたにしかならないのでよければ、二重まぶたの処置は可能であることも多いんだよ。

今回も少し内容が難しかったかもしれないけど、何となくわかってもらえたかな!?


bFGF くぼみ目


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

二重埋没法



今回は、美しい二重まぶたを形成するために必要な条件について解説しようかな。
二重まぶたの手術をすれば、誰でも二重まぶたになるんじゃないの…!?って思ってる人がきっと多いことでしょう。でも、「美しい」二重まぶたを形成するためには、ある程度の「解剖学的要件」が必要なんだよ。
例えて言うなら、家を建てる時に基礎工事をしないと、その上物である家を建てれないことと似ているかな。二重まぶたもこの「基礎」が出来ていないと、綺麗な二重まぶたにならなかったり、一重に戻ったりしやすいんだよ。
このことは、手術による二重まぶたの形成のことだけではなくて、生来二重まぶたの人にも言えることなんだよ。つまり、もともと二重まぶたの人でも、加齢等による「眼窩周囲の構造」の変化に伴い、うまく二重まぶたにならなくなったりすることがあるということ。

第一の要件は
「くぼみ目」でないこと。

当院に相談に来られる人で、「今までは(若い頃は)、はっきりした綺麗な二重まぶただったのですが、最近二重にならなくなってきたので、手術で回復させて欲しい」という人が多いんだけど、こういう場合、上まぶたが窪んでしまって、そのことが原因になっていることが多い。いわゆる「くぼみ目」ってやつだね。本来、二重まぶたは重瞼線(二重まぶたができるシワ)を谷折り部分として、それより上部のまぶたの皮膚が前にかぶさってくることで「二重まぶた」になっているんだよ。みなさんももしご自身が二重まぶたなら、まぶたをよく観察してごらん。くぼみ目はまぶたの上の脂肪組織のボリュームが減ってしまい、その窪んだところに本来二重まぶたで前方にかぶってくるはずの皮膚が、後方に引っ張られて前方へかぶさる部分がなくなってしまうんで、二重まぶたが安定しなくなったり、二重まぶたが浅くなってしまうのさ。
だから、こういう人の場合は当然だけどもともと「二重まぶたとしての内部構造」はあるわけで、二重まぶたの処置をしたから以前の綺麗な二重まぶたにもどるってわけではないんだよ。
他院で何度も二重の処置を受けているが、すぐに線が不安定になったり浅くなってしまうという経験をお持ちのかたも、今一度ご自身の上まぶたにくぼみが無いかどうか観察してみてはどうかな。もちろんこういった場合で、くぼみ目が原因では無く、「相対的なくぼみ目」状態であるいわゆる「おで目ちゃん」ということもあるので鑑別は必要なんだけど、このことはまた次回の話題にしようと思う。

このくぼみ目が原因で二重まぶたにならなくなってしまった場合は、この窪んでいる状態を改善すれば、また元の状態の二重まぶたにもどることが多い。この「くぼみ目治療」は、FGF注入治療で簡単に改善させることができる。ひと昔前なら「上まぶた脂肪注入」やら「上まぶたヒアルロン酸注入」っていう治療法しかなかったんだけど、FGF注入で簡単かつ安全に対処できるようになったので、僕ならくぼみ目にはFGF注入治療を断然お勧めするね。

また、もともと一重まぶたの人で、二重まぶたにしようと検討されているかたで、このくぼみ目状態だと、たとえ二重の処置をしたとしても綺麗な二重まぶたにならないことが多い。もちろんくぼみ目の程度にも依るんだけどね。ごく軽度のくぼみ目なら問題無いことが多いかな。でもおある程度くぼみが強い状態だと、FGF注入によるくぼみ目を改善させてから、二重まぶたの処置をすることを勧めるね。

どう、わかったかな!?  綺麗な二重まぶたになるためには、上まぶたのくぼみがないことがとても大事なことなんだよ。

次回は、ちょっと触れた「相対的くぼみ目=お出目ちゃん」について話をしようかな。




くぼみ目治療


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




二重まぶた切開法VOGUE術前


二重まぶた切開法VOGUE術後8日目



今回は二重まぶたの手術で切開法の話。

埋没法を受けても長持ちしなくて困っている人も多いんじゃないかな。
埋没法が早期に戻ってしまうのは、その人のまぶたの解剖学的構造に原因があることが多いんだよ。埋没法による二重まぶたが戻りやすい解剖学的要因には様々なものが挙げらる。

(1)上瞼の組織量の多さ
(2)加齢による皮膚のたるみや皮下組織の脆弱性
(3)くぼみ目や、眼球が突出している等、上瞼の形態上の問題
(4)まぶたを擦るくせなどの、外的物理的な要因

埋没法の単独処置では、これらの要因を無くしたり変えたりすることはできない。
上記の要因を改善させない限り、戻りやすいまぶたの人が何度埋没法を繰り返しても同じ結果、つまり比較的短期間で戻ってしまうのは当然の結果だよね。

こういった場合には、当院の二重まぶた『切開法(VOGUE)』を勧めたいね。
当院の『切開法(VOGUE)』は、極めて腫れが少ない。二重まぶたの切開法はすごく腫れると考えている人が多いんじゃないかな。もともとまぶたは腫れやすい組織だけど、丁寧な処置をすることにより腫れを驚くほど少なくすることができる。処置後数日は埋没法よりむくみ感は強いものの、4-5日でむくみは急速に引いていき、7日目の抜糸時には比較的落ち着いている。縫合糸も白色なので、糸自体あまり目立たないので、二重まぶた『切開法(VOGUE)』の術後4~5日目には、眼鏡やサングラス無しで外出している人も多いんだよ。他院で、二重まぶたの切開法を受けられた人は、こんな術後の状況をとても信じられないことだろうけどね。

僕のクリニックで二重まぶたの切開法『VOGUE』を受けられた人は、以前他院で受けた埋没法よりもはるかにむくみが少なかったということで、喜んでもらえることも多いね。

今まで、二重まぶた切開法を受けたくても、腫れやむくみのことで受けることをためらっていた人、ぜひ当院の二重切開法VOGUEを検討してほしい。


(※) 上瞼のくぼみが強い場合は、VOGUEを受ける前に成長因子FGFを利用したくぼみ目の修正が必要になることがあるかもしれないから、そのことは知っておいてね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた、ブログの更新が遅くなっちゃいました。
テーマは、たしか二重埋没法における「瞼板法」の存在意義…だったよね。そして、最大の疑問、つまり、挙筋法と比較してほぼ利点の無い瞼板法を採用している美容外科がなぜ存在するのかっていうこと…だよね。

答えは、瞼板法を採用している美容外科の経営スタイルをよく観察すると自ずと見えて来る。瞼板法を採用している美容外科は、全国にチェーン展開している美容外科に多い。チェーン展開型美容外科は医師の数も多く、その分医師の手術レベルの差も生じることになる。各分院毎に手術の「上手い下手」も違うことになる。二重埋没法であれば、比較的難易度の高い挙筋法を採用したとすれば、各分院毎の手術技術の較差が非常に大きくなってしまう。挙筋法の場合、糸のbridging(まぶたの皮膚と挙筋の連結構造を作ること)における、「糸の長さ」や「糸の位置」の調整が難しいからね。チェーン展開型の美容外科では、各分院における手術レベルの較差は決して好ましいことではない。顧客がどこの分院に行っても同じレベルのサービスを受けることができるというのが大切なこと。牛丼チェーン店なら、日本全国どこで食べても同じ味(極上の味ではなくても)であることが大事なように。この視点で顧客サービスを考えたとき、難易度の高い手術と、難易度の低い手術で統一されたメニューをつくるのは、どちらが実際的、現実的か? 当然後者の、難易度の低い手術メニューで統一するほうが経営的には安定する。瞼板法は医師の技術が介入する余地の無い処置だから、新米美容外科医と熟練美容外科医とでほとんど結果に差は出がでることは無い。なので、どこで処置を受けてもレベルは低いが同じサービスを受けられることになる。
つまり、「瞼板法」はチェーン展開型美容外科における、「量産型」二重手術の御用達メニューなのである( ̄◇ ̄;)。だから、数々の問題点がある手術法にもかかわらず、この世から消滅しないんです。経営至上主義の美容外科が存在する限り、永遠に無くなることはないだろうね、残念なことにね…。
 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あ~、年末から妙に忙しくて、このブログ完全に放ったらかしになってたよ、反省反省…。また、まじめに定期的に更新していくのでよろしくね。

今回のテーマは二重埋没法の「瞼板法」について。

美容フリークみなさんなら、二重埋没法に「瞼板法」と「挙筋法」があるのは知ってますよね。二重まぶたにするためには、上眼瞼挙筋腱膜(以下単に腱膜と記載します)と上瞼皮膚(または眼輪筋)を間接的にあるいは直接的に連結する必要があります。つまり上眼瞼挙筋と皮膚を「紐付き」の状態にすることで、二重まぶた(重瞼)は形成されるんです。自然な二重まぶたは、腱膜と皮膚は自己線維により間接的に連結されています。挙筋法は、この間接的連結を再現する処置法です。一方、瞼板法は腱膜ではなく瞼板と皮膚(眼輪筋)を直接連結するのです。瞼板は硬い組織なので、糸を瞼板ー皮膚間にかける際に緩くかけると瞼板に入り込まず、瞬きをすると異物感が出てしまうので、瞼板に糸がめり込むくらいに強く結ぶ必要があるのです。その結果、重瞼線と睫毛のあいだの瞼板前組織の循環不全を来たし長期間(長い場合は数ヶ月)腫れてしまうんですよね(瞼板法で処置を受けた経験がある人はよくわかるよね)。ただ、処置当初は直接連結になっていたとしても、数ヶ月くらい経過すると、徐々に皮膚や眼輪筋は糸を深部に残して正常な位置に戻って(浮いて)くるので、この時点で瞼板法の腫れは解消することになるんだよ。
僕はもちろん挙筋法で処置をしているのだけど、瞼板法で生じるような腫れはほとんど無いよ。瞼板法でしか処置を受けたことがない人には、たぶん信じてもらえないかもしれないけど、「挙筋法」では実際のところ術後の腫れは極めて少ない。いや、瞼板法の「途轍もない腫れ」と比較したら、挙筋法は「腫れない」といっても過言じゃないよ、きっと…。挙筋法の場合は、結膜側の糸を埋入させ腱膜にかけるので、瞬きをする際の異物感も術直後から無いんだよ。そして、本来の二重まぶたの構造と類似した皮膚ー腱膜間の「間接的連結」が可能となるので、瞼板法の術後のような循環不全は起こらないので、あまり腫れないのさ。
ここまで僕の話を聞いてくれた、賢明なみなさんなら僕に質問したいことがあるでしょ。
「じゃあ、なんでどの美容外科医も挙筋法で処置をしないの⁈ そんなに瞼板法のデメリットが多いのなら、全ての美容外科医は挙筋法を採用すればいいのになんで⁈」ってことだよね。

じゃあ、その答えは…次回ということで…日本のテレビ番組みたいに、お楽しみをCM後まで引っ張るよ~なことするなって、ごめんごめん(笑)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。