風水インテリアというのは家の間取りによる家の運勢についてのことですが、家相の占いにより、風水インテリアとかの間取りが気になるようになってきます。
家相では鬼門の方角があり、風水上よくありません。
玄関というのは、入ってるところなので綺麗にしておかないといけませんね。
家相学で方位など診断しますが、家相盤というものが活躍します。
地相というものもあり、家相とともに方位など風水インテリアを気にしなければなりません。
家相入門として、方位盤を持っていてもいいかもしれませんね。
家相の上で階段の位置とかの鑑定も必要ですが、風水で方位があり、家相図は作っておかなければなりませんね。
欠けとか間取など、マンションでも家相は気にしますが、八方位というものもあり吉凶図は必要ですね。
子供部屋も家相では良い間取にしたいものです。
建築の時に、家相は見ておきましょうね。
良い家相になるように、トイレの位置も気にして、庭や樹木、神棚、寝室、門と方位など開運になるように風水インテリアで悪い家相にならないように張りとか相談して見ておきましょう。
自分で家相の見方を知っておくのもいいかもしれません。
細木数子の家相も参考になりますが、浄化槽化にする時に良いのか悪いのかきになります。
家相では中心は何が良いのでしょうか。
鬼門の方位がありますが、裏鬼門というものもあり注意が必要です。
風水では家相学などで判断しますが、乾トイレとか仏壇張りかけ、表札に北玄関とか北風呂、井戸に仏間、床の間と風水インテリアは大事ですね。
新築にする時、家相は見たいですが、風水で方角などの設計は必要ですね。drコパも家相を見ますが、風水でのトイレや鬼門に亥のトイレと住宅の家相は気になります。
北西の玄関は家相でそうなんでしょうね。吹き抜けや庭木、台所とか北東の方角はどうでしょうか。
家相で家の色というのも、必要な要素です。本もありますし、表とか見て決めてみましょう。
方位学で家相は現代において、注目されてます。
風水の家相診断とか、家の中心の求め方は大事なことですし、年回りで八方位はありますので八方位図を見て吉凶一覧を見ましょう。
高嶋易など家相対策をしましょう。
福島や沖縄、富山県では家相が必要みたいですよ。
真北とかミカゲ石を見て方位盤を気にしながら風水インテリアを見てみましょう
AD
風水インテリアでの開運方法



風水をインテリアに取り入れる人って、最近はすごく多くなっているようです。

インテリア風水は、家の中心から八方位の方位を調べて、その場所を方位と相性の良い色や物を使ってパワーアップをさせるという方法です。
ですから、インテリア風水は、その色と方位が重要になってくるのは言うまでもありません。

家の中でのパワーと気の流れを見つけ出して、その流れを家の中でゆっくりと巡回させるのが、良い風水の家といえます。

風水の二本の柱の一つである形法風水によって、良い気を沢山取り込むことができるようにします。
そして理気風水によって方位とエレメントの関係を調べ、家を八方位に分けてしまいます。

これに対応するエレメントを表すインテリアを、開運したい方位の部屋に置くことで、エレメントのパワーが増して運が強くなるわけです。
★エレメントを表すインテリアは次の通りです。
木:花、観葉植物(ドライフラワーは不可)、木製のもの、緑色や茶色のもの
火:キャンドルライト、照明、赤いもの
土:陶器、クリスタル、黄色やベージュ色のもの
金(メタル):金属製のもの、メタリックカラーや白いもの
水:水、ガラス製品、青や黒いもの
インテリア風水は最近では、欧米で日本以上に人気が高くブームになっています。

風水はもともと中国の皇帝のために使われていたのですが、1000年前に伝えられた日本では家相として日本独自のものとして発展しました。

近年になって風水が伝えられたヨーロッパやアメリカの方が、中国正統派の風水が正しく伝わっているのが正しい考えかもしれません。
その中で伝えられているインテリア風水は、欧米の文化と見事に融合していると言えのかもしれませんね。

中国では、昔すべてのものは、木、火、土、金、水の5つのエレメント(元素)から成っていると考えられいて、それらを八方位に当てはめていました。
木は東と南東、火は南、土は南西と北東、金(メタル)は西と北西、水は北を当てはめるのです。

インテリア風水では、開運したい方位の部屋のインテリアを、その方位のエレメントを表すインテリアに変えます。
そうすることで、そのエレメントのパワーが増大して、その家全体の運が強くなるというわけです。
AD
グッズやアイテムは、気の流れを良くする為に家の間取りや風水インテリアなどが変更できない場合に活躍してくれるものです。またグッズやアイテムは、欲しい運気を呼び込み、素早く家や職場などの気を変更させる事ができるとされています。

古来中国では、字の読み書きや風水関連の書物が利用できるのは、特権階級の人間だけに限られていました。そのため一般市民の間では、シンボルが素朴な信仰を伝える中心的な手段となっていました。そのシンボルの中でも特に幸運と悪運の表現で、風水グッズやふうすいアイテムがよく使われるようになり、象徴的な幸運のモチーフ・動物・植物などが、現代の風水にもそのまま受け継がれ、風水インテリアや風水アインテリアイテムとして現在も活躍しているのです。

風水インテリアという単語を聞くと、少し前においては、怪しいといったイメージや騙されてないかといった思いを抱く人が多かったように思えます。
しかしながら、最近では、風水インテリアにおいてもすいぶん一般的に浸透してきているのではないかと思います。
風水インテリアが人気を集めだした原因としては、気の流れを物の位置で制御するといった風水の思想を、皆がなじみのあるインテリアにおいて手軽に取り入れることができるようにした事があるのではないかと思います。
中国においては、一命、二運、三風水、四積陰徳、五唸書という諺があり、人生においてまず命、そしてその次は運命で、その次にふうすいを挙げるほとに重要視されているのがわかるかと思います。
風水インテリアとは、住んでいる家や部屋のについて、それらの色や形、さらには素材や配置などから考えるものになります。
住む家であったり、暮らす部屋の環境が与える影響というのは、環境学においても言われているのでご存知の方も多いかもしれません。
これをよく表しているのが、例えば掃除をしたり、部屋の模様替えををすることで綺麗に整った部屋になったのを見たり、そういった部屋に足を踏み入れた感覚を思い出してもらえれば、環境が私達の心理に与える影響というのも、あながち間違えていないというのが理解できるのではないかと思います。
実際のところ、風水インテリアにおいては、部屋が整理整頓されているという事も、運気にとっては大事な要因として考えられています。
散らかっている部屋や、使わないモノなどで溢れている部屋には、悪い気がこもると言われています。
また、風水インテリアと恋愛運との関係に興味を持つような方も多くいるようです。
毎日住む家や部屋ですので、今一度しっかりと見直してみたいなと思うのですが、家を丸ごと風水インテリアを…となると、非常に大掛かりになってしまいますので、まずは自分が普段使っている部屋から取り入れてみてはいかがでしょうか。

AD