クリント・イーストウッド名言

 

 

◉インビクタス

インビクタス/負けざる者たち ... 「invictus」とは、ラテン語で「征服されない」「屈服しない」を意味する語。 同様に、ラテン語のフレーズ「morior invictus」は、「死ぬまで屈服しない」を意味する。 invictusは男性単数主格形なので、原題は直訳すれば「征服されない者(単数)」である。

物語。=舞台は1994年の南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラは反体制活動家として27年ものあいだ投獄されていたが、1990年に釈放されこの年に同国初の黒人大統領となった。それまで政府の主要ポストを占めていた白人官僚たちは、マンデラが報復的な人事をするのではないかと恐れ、一部の者達はそれを見越して荷物をまとめ始めていた。それに対しマンデラは、初登庁の日に職員たちを集めて「辞めるのは自由だが、新しい南アフリカを作るために協力してほしい。あなたたちの協力が必要だ」と呼びかけた。安堵した職員たちはマンデラのもとで働くこととなり、ボディーガードチームも予想に反して黒人と白人の混成チームとなった

 

一方、南アフリカ代表のラグビーチーム「スプリングボクス」は当時低迷期にあり、黒人選手もわずか1人という状況だった。ラグビーはアパルトヘイトの象徴として、多数を占める黒人の国民のあいだでは非常に不人気なスポーツだった。政府内では「スプリングボクス」のチーム名やユニフォームの変更を求める意見が多数を占めており、一時はその方向で決まりかけていた。しかしマンデラはこのチームが南アフリカの白人と黒人の和解と団結の象徴になると考え、チーム名とユニフォームの存続を求め周囲を説得し一方でチームの主将フランソワ・ピナールを茶会に招いて言葉を交わし、励ました。

 

その後スプリングボクスのメンバーたちは、マンデラの意向で貧困地区の黒人の子どもたちにラグビーの指導に赴く。当初それを不満に感じていたメンバー達も、一連の地道な活動により、国民のあいだでチームの人気が少しずつ高まり、自分たちの存在が国内のみならず世界的に注目されていることを知るに至った。

 

そしてスプリングボクスは、自国開催の1995年ラグビーワールドカップにおいて予想外の快進撃を見せ、ついに決勝進出を果たす。今や新生南アフリカの象徴として見られるようになったスプリングボクスは、全南アフリカ国民が見守る中、強豪ニュージーランド代表オールブラックスとの決勝戦に臨む…。

 

 

 このタイプの映画が一番、つくるのがむずかしい、シナリオ作家が一番悩むのではないだろうか。アンソニー・ベッカムはやはり、南アフリカ出身と聞いて、納得。

 政治と宗教の問題は、人を熱くする。

 

 

 しかも。アパルトヘイト問題。

 

 その政治的な、歴史的な大問題を、解決するために、選ばれた俳優は、モーガン・フリーマン。

 まさに、という感じ。

 

 

 30年近くも牢獄に入れられて、考えに考えて、出獄する日を迎える。しかも、大統領として。

 

 

 こんな劇的な人生はそうあるものではない。

 

 

 そこに、南アフリカの白人と黒人を、彼らの心と魂をひとつにする道具として選ばれるのが、ラグビーである。

 

 

 ちょっと前だろう。日本のラグビーチームが、南アフリカ共和国のラグビーチームを破ったということで世界中の話題をさらったのは。

 

 そのことも知っている人は、この映画は、何倍も数倍もおもしろくなる。

 

 

 

 

現実的には、南アフリカ共和国はいまでも、様々なる問題を背負って、決して裕福なる国でもないし、時代の最先端を行く国でもなく、教育がしっかりと子供達に根付いている国でもない。

 

 それでも、十分に、この映画を見ると、納得できるし、腑に落ちるシナリオとなっている。

 

 

 

 一挙に国を変えることはできずとも、ラグビーという小さなスポーツから、民衆の心をひとつにすることは可能なのだということを教えてくれる。

 

 

 三島由紀夫が、「現代におけるスポーツにおける役割というものが、古来からの戦争の雛形なのだ」という言葉を借りるならば、ある意味、皮肉的でもあるが、

 人々の心の憎しみやら、憎悪やら、復讐心やら、そんなあらゆるマイナスの心を、ある意味スポーツというものが、擬似的に、解決するのである。

 

 

 ニーチェが、思考は行動を制約するというようなことを言っているが、考えてばかりいる人は駄目だ。

 

 

 行動。

 

 

 

それが、この映画のなかでは、ラグビーである。

最初はラグビーなんかと心のなかでは思っている人達が、不思議なことで、疑似戦争の戦いのなかで、ルールを学び、リーダーシップを学び、国歌と国旗の尊さを学び、自我を超えて、自分の力を出す方法を発見していく。

 

 

おもしろい。

 

 

しかも、監督が、クリント・イーストウッドだから。・・・・・・・・・・

マット・デイモンもでている。ああ、なんという素晴しい映画。 

 

 

 

 

 

まさに心の栄養。

心の栄養サプリになる映画だと感じた。

 

淀川さんなら、どんな批評をするだろうか?  想像するのも悪くない。

 

 

30年間独房生活を余儀なくされて、小さな窓からだけ光を見て、希望と夢を棄てなかったマンデラ。

それだけでも、私の心のサプリとなった。

これから私も30年間、捨て身の覚悟で、夢を追いかけながら、死を迎えようと思った。ヒントをもらえた私の個人的な傑作シネマである。

 

 

 

 

◎資料

『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、2009年のアメリカ映画である。

「invictus」とは、ラテン語で「征服されない」「屈服しない」を意味する語。同様に、ラテン語のフレーズ「morior invictus」は、「死ぬまで屈服しない」を意味する。invictusは男性単数主格形なので、原題は直訳すれば「征服されない者(単数)」である。

 

 

◎資料

 

舞台は1994年の南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラは反体制活動家として27年ものあいだ投獄されていたが、1990年に釈放されこの年に同国初の黒人大統領となった。それまで政府の主要ポストを占めていた白人官僚たちは、マンデラが報復的な人事をするのではないかと恐れ、一部の者達はそれを見越して荷物をまとめ始めていた。それに対しマンデラは、初登庁の日に職員たちを集めて「辞めるのは自由だが、新しい南アフリカを作るために協力してほしい。あなたたちの協力が必要だ」と呼びかけた。安堵した職員たちはマンデラのもとで働くこととなり、ボディーガードチームも予想に反して黒人と白人の混成チームとなった[2]。

一方、南アフリカ代表のラグビーチーム「スプリングボクス」は当時低迷期にあり、黒人選手もわずか1人という状況だった。ラグビーはアパルトヘイトの象徴として、多数を占める黒人の国民のあいだでは非常に不人気なスポーツだった。政府内では「スプリングボクス」のチーム名やユニフォームの変更を求める意見が多数を占めており、一時はその方向で決まりかけていた。しかしマンデラはこのチームが南アフリカの白人と黒人の和解と団結の象徴になると考え、チーム名とユニフォームの存続を求め周囲を説得し[3]、一方でチームの主将フランソワ・ピナールを茶会に招いて言葉を交わし、励ました。

その後スプリングボクスのメンバーたちは、マンデラの意向で貧困地区の黒人の子どもたちにラグビーの指導に赴く。当初それを不満に感じていたメンバー達も、一連の地道な活動により、国民のあいだでチームの人気が少しずつ高まり、自分たちの存在が国内のみならず世界的に注目されていることを知るに至った。

そしてスプリングボクスは、自国開催の1995年ラグビーワールドカップにおいて予想外の快進撃を見せ、ついに決勝進出を果たす。今や新生南アフリカの象徴として見られるようになったスプリングボクスは、全南アフリカ国民が見守る中、強豪ニュージーランド代表オールブラックスとの決勝戦に臨む…。

当時の南アフリカ国内におけるラグビー[編集]

 

当時南アフリカでは、英国発祥のラグビーは白人もしくはある程度の地位を獲得した富裕層の行なうスポーツであるという印象が強かった。また、ラグビーはルールが複雑であり、教育水準の低い貧困層の多い黒人の間では受け入れられず、専らサッカーが主流のスポーツであった。劇中の冒頭では、白人の観客は南アフリカを応援しているが黒人は敵のチーム(イングランド代表)を応援しているシーンが描かれているほか、フェンスを一つ隔ててラグビーを練習中の白人の若者と、裸足でサッカーに興じている黒人の子供、といった描写で対比させている。

1990年代初め、長く南アフリカが受けた経済制裁や、国際社会からの追放の影響で国際試合の出場機会は無く、ラグビーワールドカップの第1回大会、第2回大会にも不参加であり、世界最強と言われたチームは弱体化していた。しかし実際は、1992年の国際試合復帰後、急速に実力をつけ、ワールドカップ開催国でもあり、優勝候補の一角であった。映画では極端に弱体化したままだったように誇張されている。

また、代表チーム30人の選手はほとんどが白人であり、黒人のメンバーはチェスター・ウィリアムズ1人であったが、チェスターは白人と黒人の融和の象徴となった。

劇中におけるアパルトヘイト[編集]

 

アパルトヘイトという言葉がよく劇中に使用されている。意味は黒人・白人・その他の人種の混血を避けるため、それぞれの人種を隔離・分離し、異人種間の結婚を認めないなどの人種隔離政策である。1948年に南アフリカ共和国で法律化、国際社会からの批判とともに、経済制裁、南アフリカとの貿易封鎖など、国内経済の悪化が日増しに強くなるのを受け、1994年に人種隔離政策を撤廃。これにより全人種が例外なく選挙権を享受するようになった。

本作品の冒頭では、1990年当時、道路を挟んで片方の整備されたグラウンドで富裕層の白人たちがラグビーの練習している一方、もう片方の土のグランドでは貧困層の黒人たちが裸足でサッカーをしている。両方のグランドには柵が設けており、互いに行き来できないようにしてあるという、アパルトヘイトの象徴であるシーンから始まる。

南アフリカラグビー代表のユニフォームは金と緑を基調としており、通称はスプリングボクス(国内での愛称はボカ)と呼ばれていたが、マンデラ政権誕生と代表チームの国際テストマッチでの連敗を機会に、黒人代表者たちがスポーツ協会での会議で、「チームカラーと愛称はアパルトヘイトの象徴である」との認識による変更を全会一致で決定するシーンがある。そのときマンデラが登場し、黒人代表者たちに盛大に迎え入れられるのだが、マンデラは「今まで我々は白人たちに脅かされた。しかし我々は白人たちを協力する寛容の心で迎えるのだ」と会議参加者との意見の差異あるスピーチを行い、変更を阻止した。

劇中で読まれている詩[編集]

 

劇中でマンデラが繰り返す「我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり」は、英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリー(William Ernest Henley)の詩「インビクタス」(Invictus)の一節(最後の2行I am the master of my fate,/I am the captain of my soul.)。ヘンリーは幼少期に骨結核にかかり、十代で片足を切断。この詩は不運にみまわれたわが身の魂の救済をもとめて書いたもの。どんな運命にも負けない不屈の精神を詠っている。

 

 

 

 

モーガン・フリーマンとネルソン・マンデラ本人の関係

 

ネルソン・マンデラの自伝『自由への長い道』が出版された際、記者の「映画化されるとしたら誰に演じてもらいたいか」との質問にマンデラはモーガン・フリーマンの名前を挙げた。それをきっかけに、フリーマンは南アフリカのプロデューサーを通じてヨハネスブルグにあるマンデラの自宅への訪問を実現した。そしてフリーマンは自伝の映画化権を買い、本作品の制作を決定した。

クリント・イーストウッドへの監督依頼

 

モーガン・フリーマンとクリント・イーストウッドが組むのは『許されざる者』(1992年)『ミリオンダラー・ベイビー』(2004年)そして本作品の3回目となる。フリーマン自身が本作品の脚本をイーストウッドに送ると同時に監督を依頼し、後日イーストウッドが「是非やりたい」と快諾した。その時の出来事をフリーマンは「クリントを説得したのは私じゃなく、その脚本さ」と笑いながら話している。

 

AD