プロフィール

テーマ:

はじめまして。

不倫セラピスト 千紗です。

 

夫の不倫

天から落ちてきたその巨大な塊は、一瞬にして妻の心を粉々にし奈落の底に突き落とします。

 

崩壊。。。

過去も、未来も、自分も、何もかもが音を立てて崩れていくといっても過言ではないでしょう。

 

私自身、その闇にどっぷりとつかり、もがき苦しんできた経験者です。

 

 

 

ここですこし私の話をしますね。

 

【不倫発覚】

 

夫の不倫が発覚したのは、結婚して19年が経ったころでした。

実は少し前から夫の変化には気付いていました。

携帯にロックをかけるようになったり、一緒に出かけることを嫌がるようになったりね。

まあ、でも放っておいたんですね。

ヤイヤイいうのも面倒くさいし、

確かに夫を信じていたとも言えるのですが、

正直、たいして気にもとめていなかったと言ったほうがしっくりくるかな?

 

そんな中、夜中に鳴った携帯のロックをはずす手元が

隣で寝ていた私にはっきりと見えたのです。

 

もう、パンパカパーン!です。

見ずにはいられない。

 

見ましたよね~。

 

夫と女とのメールのやりとりに

ゴーン!ゴーン!と、地獄の鐘が鳴り響きました。

立っていられないほど手足が震えて

心臓は口から出てきそうなくらい大きな鼓動を打ちました。

 

最初に思ったことは、「終わったな・・・」でした。
 
見えていた将来の道筋が絶たれ、この先どう踏み出せばいいのか分からない。
これまで歩んだ道のりも、積み上げてきたものも、全てが何の意味も価値も持たないものに思えました。
それは自分に対してもそう。
一気に自信が無くなって、自分自身さえも何の価値もないものになったのです。
 
夜も寝ず、ご飯も喉を通らず、口に入れたものもすぐに吐いていしまって
体重はひと月もしないうちに8キロ落ちました。
心療内科に通い、睡眠薬と安定剤をもらっていました。
 
生きながらにして死んでいる
まさしくそんな状態。
 
心は巨大な真っ黒い穴が占領していて、TVを見ても、音楽を聴いても、友人と会っても、
ヒューヒュー通り抜けていくだけで、全てが虚しかった。
 
気になるのは夫のことばかり。
 
「どんな気持ちなのか?」「何を考えているのか?」「この先どうするつもりなのか?」
そんなことばかり問い詰めていました。
 
自分に軸がない状態ですね。
 
「私はどんな気持ちなのか?」「私が何を考えているのか?」「私はこの先どうしたいのか?」
何もわからなくなりました。
 
軸が入っていないってことはとっても不安定ってこと。
もうグラグラです。
 
自分がグラグラの中で求めたのは夫の変化。
 
私を認めてくれる優しい夫に戻ってほしいと思ってました。
「ごめんね。悪かったね。大切にしたいのはおまえだよ」
そう言ってほしくてね。。。
実際に夫の口から出てくるのは真逆の暴言か無視。
「私が必要じゃないなら、もう殺してくれないかなー」
そう頼んだこともあります。
 
「助けて」「誰か助けて」
心はいつもそう叫んでいました。
 
 
【カウンセラーとの出会い】
 
辛さから抜け出したくて、ネットの世界をさまよいました。
そして、ひとりのカウンセラーとの出会いが私を変えていきました。
 
「夫が居心地のよい家庭をこころがけましょう」
「感謝の言葉を伝えましょう」
「こっそり証拠集めをしながら、へそくりを貯めましょう」
「見ざる、言わざる、聞かざる」
そんなカウンセラーが多い中、
傾聴でも夫に戻ってきてもらうためのノウハウでもなく
「ちささんはどうしたいの?」
「ちささんは何を得たいの?」
いつも自分と向き合う課題を与えてくれる人でした。
「笑いたい」
「安らぎたい」
力なくそう答えたことを覚えています。
 
 
【まずは自己再生】
 
「また笑いたい」その一心で自己再生に費やしてきた5年。
 
自分はどうありたいのか??
とことん自分と向き合う作業を続ける中、
「楽になるかも?」「楽しいかも?」 そう思ったものは全てやりました。
「この人に会いたい!」 そう思った人には全て会いに行きました。
 
マッサージ
心理学
スピリチュアルな物の見方
アロマのちから
体と心のつながり
 
この5年で学んだたくさんの気付きが、うずくまっていた私の顔を上げ、体を起こし、自分の足で立つことを教えてくれました。
一度壊れた自分を再生していく日々を経て、
自分を大切に扱い、相手の事をあるがままに受け入れられるようになりました。
 
 
【今のわたし】
 
現在の私は、夫との別居を選び、子供達と共に安らぎの中で暮らしています。
「また愛されたい」「夫の笑顔が見たい」
どこまでも涙が湧いてくる哀しさも
「家庭を壊された」「自らの過ちを後悔してほしい」
夫を責めたい気持ちも
今ではすっかり消えてなくなりました。
だけど渦中は、悲しみ・憎しみ・苦しみ・恨み・復讐・・様々な感情を味わいましたよ。
そして、この経験が誰かの幸せにつながればいいな~と思うようになりました。
 
別居という選択をした私ですが、
穏やかで、心の中にいつもじわっと幸福感があふれています。
それは、夫に対してもそう。
いつも穏やかな心で幸せを感じていてほしいと願っています。
そう思えるようになったのは、
先に自分が幸福感で満たされたからなんですね。
自分自身が辛いうちは、夫の幸せなんて願えませんでした。
夫に「私の幸せを返してほしい」と思いながらの日々を経ながら、
少しづつ自分で自分を幸せにする責任が生まれてきたように思います。
 
夫婦再生が、離婚が、別居が、あなたの幸せを決めるわけではありません。
 
自分の苦しみ・怒り・悲しみを誰かのせいにしない生き方は
とっても心地良いものです。
 
 
【カウンセリングへの想い】
 
夫の不倫問題の奥には、ありとあらゆる闇が隠れていることを実感しました。
それは、とうてい一人では越えられないものでした。
経験したからこそ伝えられるものがあります。
自分を見失い暗闇で泣いているあなたも、ずっとそのままではありませんから。
私自身がやってみてよかったと思うことは全てお伝えします。
襲い来る悲しみの波のしのぎ方
気持ちの置き場所
自分へのいたわり方
癒し方
新しい自分の見つけ方
未来への繋げ方
 
必ず抜けられますよ。
ひとりで悩むのはもうやめにしましょう。
 
私も歩いてきた道だから、今苦しみの中にいるあなたの悲鳴が聞こえます。
たとえ今がどんなに真っ黒なあなたであっても大丈夫!
未来の笑顔を100%信じています。
あなたが笑顔になれることを、もう知っています。
私も歩いてきた道だから、「大丈夫だよ」「ひとりじゃないよ」と手をつなぎます。
一緒に歩きましょう!