NPO法人 はりま田舎暮らしの会

NPO法人活動の情報発信基地です。


テーマ:

7月月15日(土) 晴れ 

 
梅雨が明けると同時に、連日の夏日・猛暑日です。 
暑中お見舞い申し上げます。
 
ウチの周辺地域の田んぼでは「中干し」の真っ最中です。
「中干し」とは水田の水を落として、地表にヒビが入るまで干してしまいます。
 
画像でご覧ください。
 
完全に干上がっています。
どうして「中干し」するかと云うと、「無効分結」を防ぐためです。
 
稲は田植えから、この時期まで水田の中で「分結」をしながら成長します。3・4本を1株として植えたのが
1本づつ増えて、凡そ30本くらいまで増株します。(極端な疎植で1本の苗を手植えする人を知っていますが、1本からでも確実に分結して25~35本くらいになります。猪三郎も1本植えをやりたいのですが、
特殊な田植え機でないと1本植えは出来ません。かと言って、手植えは体力が持ちません・・・椎間板
ヘルニアの再発が怖いです)
 
これ以上増えても、その株に稲穂は育ちません。稲穂の付かない無効株になってしまいます。
そこで、25本から30本前後まで増えれば、水を止めて稲を痛めて分結を止めるのです。
又、「ガス抜き効果」もあります。化学肥料から脱却した自然農法では、鶏糞堆肥・レンゲなどの有機物を肥料として、梳き込んでいます。水を入れることにより、発酵・腐敗して有機酸のガスを出します。
 
有機酸は雑草の発芽を止めてくれるのですが、一方では稲の生育に支障があるとも云われています。
地中に溜まっていた有機酸のガスを地表にヒビを入れてガス抜きをするわけです。(猪三郎はこの有機酸が稲に悪さをするとは、思っていません)
 
ウチの稲も分結を繰り返して、これくらいの太さになりました。
中央の株で35本、左側の苗で25本くらいまで育ちました。
株間28センチの疎植のおかげで、1本、1本の苗が太くて丈夫そうです。また、株と株の間の地表には
太陽がしっかりと差し込んでいます。
 
株間18センチで密植した慣行農法の稲と比較してみましょう。株も細くて、奥の方まで陽は差し込んで
いません。
 
別の田んぼでは「コナギ」が大発生です。どえらいことになっていますよ~!
 
ここまで繁茂すると、雑草を育てているのか稲作か、分からなくなりますね~
手仕事ではもう無理です。強力な農薬を使わざるを得ませんね~ 薬漬けのお米は嫌ですね~
 
さて、我が家のたんぼには、ご覧のように水路を切ってあります。
動力付き溝切り機で縦横十文字に水路を切って、潅水・落水の水管理に重宝しています。
その水路にもヒビが入りました。
 
 
中干しするまでは、カエルはもちろんのこと、オタマジャクシなどの水生生物が沢山生息していましたが、
カエル以外は完全に姿を消してしまいました。
生物多様性の観点から見ると、可哀想なことをしましたが、これも自然の輪廻だから致し方ありません。
水が枯れるまでに地中に潜り込んで、次に水が来るのをじっと待っている奴も居るに違いありません。
 
この中干しは、あと2日間ほど続行して稲を痛めつけます。 痛めた後には、どっと満水にしてたっぷりと
水を与えます。そうすると、稲は分結を止めて、次のステップの「幼穂形成期」つまり、稲穂の赤ちゃんを
育てる時期に入ります。
この「あきたこまち」は8月1日に出穂第1号が確認できるはずです。
 
連日の夏日・猛暑日の中、例のブロンド娘たちの様子を見に行きました。
とても元気に飛び回っていましたよ!
 
しかし、重箱式巣箱から、「ラ式」巣箱への引っ越しは完了していません。
近いうちに、重箱の最上段を切りとり、「ラ式」への誘導をと考えています。
 
 
さて、今年もアイツがやって来ます。そうです!アイツです。
高濃度のネオ・ニコチノイド系農薬を満載して、水田に絨毯爆撃をかける無人ヘリコプターが・・・!
 
猪三郎は兵庫県へ養蜂届を提出していますので、JAさんから書面が届きました。
養蜂業者各位様(各位を使うと、殿とか様は不要だと思いますが・・・マ、そんなことはどうでもいいのですが・・・)から始まりますが、注意事項のこの文言が気に入りません!
曰く、「ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意してください。 ミツバチの巣箱及びその周辺に飛散するおそれがある場合にはこの農薬は使用しないでください。
周辺で養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。
 
天下のJAさん、危害防止の方法を教えてください。西洋ミツバチなら巣箱を移動することは出来るかもしれませんが、ニホンミツバチの習性・形態をご存知の上でミツバチの危害防止をせよとは、どういう事か
教えてください。
 
又、別便では、農家・住民の方へと書かれた書面が配布されました。
 
これにも、注意事項が書かれています。
1・洗濯物は、外に干さないでください。
2・駐車車両は、薬剤のかからない場所へ移動するかカバーを掛けてください。
3・庭池に鯉など魚を飼われている方は池にシートをかけてください。
4・家の窓、雨戸を閉めてください。
5・子供さんは方は、家に中から出さないでください。  等々、唖然とすることばかりです。
 
つまり、JAさんは、子供にも洗濯物にも車・池の鯉・蜜蜂にも害のある農薬だと承知をしているのです。
 
承知をした上で、JAは事前に書面でちゃんと注意をしましたよ~! 危険防止策を取るか、とらないかは、あなた方の自己責任ですよ~! 水田に農薬を撒いてくれと云ったのは、あなた方農家ですよ~! 散布代金はちゃんと払ってもらいますからね~!
 
と、云ってるように聞こえるのは、猪三郎だけでしょうか?
 
自己責任だと云って罷免された某・復興大臣と同じレベルでしょうか? JAさん。
 
いずれにしても、田んぼの中干しに無人ヘリコプターとくれば、正に夏本番!
夏は来ぬ であります。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月6日(月)  晴れ

 
失敗続きの「自然農法稲作」の田植えは先月の24日に完了しました。
田植えから13日目の今朝の様子です。
 
今年は念願の一坪当たり、36株の疎植が出来て満足しています。
それと云うのも、田植え機がスーパーデラックスになったのです!。
 
昨年までの猪三郎の田植え機は(中古で5万円!)株間のピッチをどんなに広げても20センチが限度でした。一昨年は18センチの株間だったので、4条植えを、1条抜いてわざと3条植えにしてみたり、
4条で走って、帰り道は、1条分の隙間を作ってみたりで、苦労したものです。
 
幸か不幸か、今年は5万円の田植え機がストライキに入り動きません!
日ごろから仲良くしている、Kさんの田植え機をお借りすることができたのです。
Kさんの田植え機は120万円! 5条植えで、稲を植えると同時に、一株分の肥料と除草剤が株元に
散布される仕組みになっているので、刈り取りまで、手を入れることは必要ないという省力型です。
 
肥料に至っては、コーティング剤で、稲の成長に合わせて必要な養分が溶けだしていくのだそうです。
猪三郎の稲作は、有機栽培・減農薬栽培なので、その便利な仕組みはパスして、疎植機能だけを
利用しました。
Kさんの田植え機は、株間を最大28センチまで伸ばすことが出来るのです。
 
慣行農法の人は、普通15センチか、18センチで植えていますから、28センチがどれだけ疎植か
お分かりいただけると思います。
 
その画像が、こちらです。 条間は30センチ(北海道以外は全国30センチに統一されています) 株間は28センチなので、ほぼ正方形に見えますよ。
 
スケールで計ってみました。  条間30センチです。
 
株間は28センチです。
 
農薬を使っていない田んぼには、オタマジャクシの他にこんなエビが大量に発生しました。
どのエビも体に藻をくっつけていますよ~! 生物多様性のお手本みたいになってきました!
 
ご近所のFさんの田んぼを測らせてもらいました。 株間は18センチの様です。
 
条間はやはり、30センチです。
 
疎植のメリットは稲の生育上、丈夫な稲になるとか1株当たりの専有面積が広くなるので、しっかりと栄養の行き届いたお米が出来ると云われていますが、一番判り易いのが、コストの問題だと思います。
 
15センチ・18センチで植え付ける慣行農法では1反に付き20枚の苗箱を植えるのが普通です。
猪三郎の田んぼは2枚で3反4畝ありますから、慣行農法方式で勘定すると、68枚の苗箱が要ることに
なります。
 
しかし、猪三郎は実際35枚で、植え付け完了しました。
猪三郎は苗箱1枚¥700円で購入していますから、その差は大きいですよ!
それでもって、収穫量はほぼ同じ、いや、疎植の方が多いという人も居ますから、メリットが有るのです。
 
今年の田んぼに余分な隙間は作りませんでしたが、完璧な疎植にすることが出来ました。
 
猪三郎の田植え機が来年もストライキ中でありますように・・・!
(取りに来られる方にはお譲りしようかナ! 価格応談で~す)
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月15日(木) 曇り

 

5月25日に田植えをしてから疎植・減農薬・有機肥料だけで育てて、出穂してからは、日本を

狙う台風に怯えながらも、なんとか全面倒伏は免れてきた「コシヒカリ」を刈り取りました。

 

刈り取る前の様子です。

まぁ~なんとか持ちこたえています。

 

稲刈りは、昨年に畦塗作業にベンツより高いトラクターでお願いしたT氏です。

コンバインも高馬力・全面5条刈りのスーパーマシーンです。

 

稲が倒れていようが、いまいか、お構いなしに刈り取って行きます。

 

タンクが一杯になったら、田んぼに横付けしたトラックにアームを延ばして積み込みです。

刈り取った後には、雑草の「コナギ」が目につきます。

丁寧に除草をしたつもりでも、こうやって、逞しく生き残っていました。

これは「ノビエ」です。これも、しつこい雑草で毎年手を焼いています。

出来高は、まだ分かりません。このあと籾を乾燥機にいれて、水分を14.5%に調整をして

から籾摺りをしたら玄米の出来上がりです。

 

明後日には、今期の「緑肥稲作物語」結果が判明いたします。

2反5畝の刈り取り作業は55分で完了しました。

 

 

50年ほど昔の百姓は鎌一つで、刈り取り、束ねてハゼにかけて天日干し

脱穀、籾摺り、精米まで1か月以上の重労働で汗を流したのですから、機械化だけで

お米を戴いて、本当に良かったのか、もう一度考える時期が来ているような気がします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月16日(火)  晴れたり曇ったり 

 

この数日間は、大気が不安定なのと気温が高いので、夕方には、かなりの確率でものすごい

夕立が来ます。 夕立というよりはスコールの態をなしています。

 

雨上がりに、田んぼの様子を見に行きました。

 

ありゃりゃ! コケかけてますがナ~

 

 

まぁ、今のところ「コケタ」までは行かないのですが、夕立でこのありさまですから、

台風が来たら・・・・台風7号は西日本には影響が無いようですが、この先が思いやられます。

 

全体としてはこんな感じです。

稲穂の付きかたも悪くはないようです。

どうか「コシヒカリ」のままで刈り取りが出来ますように・・・。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月1日(月) 連日の猛暑日

 

「緑肥稲作物語」の今年の銘柄「コシヒカリ」の出穂が確認できました。

 

 

5月25日に田植えをしてから、67日目の出穂です。

昨年の「キヌムスメ」に比べると約2週間も早い出穂です。

 

農薬に染まっていない、安全で旨いお米を目指して、今年は素人が作るには非常に難しいと云われる「コシヒカリ」に挑戦です。

 

何故むつかしいと云われるか・・・?

コシヒカリは別名「コケヒカリ」と言われるほど倒伏しやすい品種なのです。

 

倒伏すると、刈り取りの際にコンバインにかからないとか、倒れて稲穂が田んぼの泥に入ってしまうとか・・・ 日本一美味しいお米と云われながら作る方の苦労は相当なものがありそうです。

 

これからの台風シーズン、気が休むことはないと思います。

風が吹くとコケていないか?  大雨が降ると倒れていないか? と気を揉んで、田んぼの様子を見に行く機会が増えてきます。

 

更に心配事がもう一つあるんです。

 

注意してよく見てください・・・・ 葉っぱに紋々が見えるでしょう…?

恐れていた「イモチ病」の発生です。  イヤだな~ これを見つけると創造意欲が減退してしまいます。

 

稲穂が出た後なので、農薬散布は控えたいのです。

これ以上、イモチ病菌が増えないように願いながら、様子を見ることにします。

(気温が30度以上の暑い日が続いて、湿度が低ければ菌の発生は抑えられます)

 

 

折角の「コシヒカリ」なので、この地で魚沼産に匹敵するような旨い「コシヒカリ」の創造意欲に燃えているのですが、第2コーナーを曲がった時点でもう、息が上がってきました・・・

 

あぁ~シンド・・・

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。