NPO法人 はりま田舎暮らしの会

NPO法人活動の情報発信基地です。

NPO法人 はりま田舎暮らしの会 のご紹介

NPO法人はりま田舎暮らしの会 の活動テーマは「里山の環境保全と創造」です


 私たちは播磨の自然や文化にほれ込んで都市部から移住してきた「アイターン」の会で、環境に優しい農業の実践や、効率を重視しない生活の豊かさを求めて、田舎暮らし・里山暮らしを始めました。


 しかし、過疎と高齢化により耕作放棄を余儀なくされた休耕田と荒地のなんと多いことか・・・

広葉樹林は伐採され、スギ・ヒノキばかりになってしまった植林には陽も差し込まず、下草も生えず、人手も入らない山林となり、大雨ごとに倒木となり、シカ・イノシシなどの有害鳥獣と人里の緩衝地帯の

役目すら放棄しているように見受けます。


一方、田圃に目をやると、青々とした水田に、かつての水棲生物・昆虫を見出すことは非常に困難です。

病虫害の防除と称してラジコン式の小型無人ヘリコプターで散布される高濃度の農薬(ネオ・ニコチノイド系農薬)は害虫だけではなく、益虫もミツバチも殺してしまい、「蜂群崩壊症候群」としてマスコミを賑わしたのは記憶に新しいところです。


そこで私たちは、この活動を継続・拡大するためにNPO法人格を取得して、里山の環境保全に関する事業を地域の方々と一緒になって行い、里山景観の美化とハチミツ・レンゲ米など地域特産品の6次産業化も視野に入れた3つの事業を展開します。


先ず、1番目は「和蜂 まほろばの里」造成活動です。


2番目には「緑肥による自然農法稲作」


最後に「鹿肉の有効活用による福祉の増進」であります。


個々の事業内容は、追々更新してご説明してまいります。



3月より NPO法人 はりま田舎暮らしの会の
公式ホームページを立ち上げました。

田舎や自然の魅力をお伝えし、
はりま田舎暮らしの会の最新情報を発信したいと思います。

また各種お問い合わせは、お問い合わせフォームより受け付けています。
今後ともよろしくお願いいたします。

HPはこちらから







NEW !
テーマ:

6月28日(火) 曇り

 

田植えから、1ケ月が経ちました。

これが最後の作業となります。 もちろん、除草が目的ですが、田植えから、稲の成長に併せて計3回くらい実施します。

 

私たちの「こだわりの緑肥稲作物語」では、化学肥料・除草剤などの農薬から脱却した自然農法を目指しています。

 

除草剤を控える代わりに、大汗の労働で、賄おうと云う魂胆です。

除草・抑草の効果以外に、株元を撹拌して稲の根元を刺激します。更に土中に新鮮な酸素を

供給して、稲株に活力を与えます。 と、良いことずくめの「中耕除草機」の活躍の場が広がりました。

名古屋方面から神河町へアイターンしたIkutyamaご夫妻は、約5ヘクタールの水田で、あのコシヒカリを栽培しています。今年は除草機を使ってみたいとの申し出がありました。

 

もちろん、NPO法人としての共有物ですから、先に使ってもらいました。

画像が送られてきたのですが、上手にアップ出来ません。

実は、最近、猪三郎のパソコンをウィンドウズ10にバージョンアップしたのですが、未だ、使いこなすことが出来ないので、ごめんなさい。

 

ダウンロードの方法も教えていただいたのですが、スミマセン・・・

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月27日(月) 曇りのち雨

 

6月21日のブログでご紹介した、ペットボトルの中のスズメバチですが、さすがに今日までは生きておれませんネ。 回収してきました。

 

デカッ!ビックリです。

 

1円玉の直径は2センチですから、優に6センチはあります。

 

手前のは、断末魔にお尻から毒針を出して、ご臨終です。

 

 

 

このトラップには、蛾・蠅・黄金虫などに混じって4匹入っていました。

大きさから、どう見ても女王蜂です。

 

しかし、春の4月ごろにウロウロしている女王蜂が、梅雨時に飛び回っているのが、不思議です。 交尾飛行にしては時期が遅すぎます・・・?

 

信頼できる蜂飼いの先輩曰く、「オオスズメバチの巣が、この長雨と大雨で、土で作った巣が

潰されたか、流されたためだろう」と云うことです。

 

この時期までに、女王蜂を捕獲すると、晩夏から秋に襲撃してくるオオスズメバチの働き蜂を

500匹も捕獲したことになる とは、これも蜂飼いの先輩諸氏の弁であります。

 

と、云うことは、このトラップだけで4匹×500匹=2000匹! ほんまかいな?

これの他のトラップも同様に入っていますから、20000匹をやっつけた~?!?

 

まぁ~、それほど単純でないにしろ、蜂飼いにとってはウエルカム!ですナ~

 

見てください!この恨めしそうな顔!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

6月24日(金) 終日雨。

天気予報通り、雨・雨です。 今年の長梅雨には困ったものです。

 

第一にミツバチが心配です。 蜜源の菜の花・レンゲは終了して、遅咲きのヘアリーベッチも

間もなく枯れてしまいます。

 

ただでさえ、花々の少ない季節に長雨ですから、ミツバチたちは、お腹を空かせて困っていることでしょう。それに、ジメジメとした湿度では、スムシの発生が心配です・・・。

 

天気予報が外れて、晴れ上がった昨日、私たちのNPO法人の仲間が、地域活性化と経済振興策として一般社団法人「遊 ファーム」を設立されました。

 

そのお披露目式に参加しました。

式典には、兵庫県議会の議員・地元の市会議員さんたちも参加されて、賑々しく行われました。

法人の活動の1番目は、薬草(どくだみ草)の栽培です。ご多分に漏れず、過疎と高齢化により放置された休耕田にどくだみを栽培して、薬品会社に納入します。 すでに9反ほどの圃場がどくだみで一杯になっています。 最終的には、2町歩程まで広げるそうです。

 

2番目は、サーモンの養殖です。 当地は中国山系からの湧水が豊富で、水が枯れることはありません。 周囲には名水として名高いところも数々存在しています。

すでに、アマゴの養殖はかなり前から行われていましたが、今回、サーモンの稚魚を仕入れて、淡水で30センチから40センチくらいまでに育てます。

 

そのあとは、姫路沖の家島・坊勢方面で海水養殖を行い、1メートルくらいまで育ててから、出荷するそうです。

近い将来、関西の回転寿司のサーモンねたを席捲しようと目論んでいます。

 

3番目は、新たにアマゴの釣り堀が完成しました。

7月1日のオープンを前に、試し釣りとオープニングセレモニーに招待されたと云うことです。

 

貸し竿で、暫し太公望気取りです。

 

 

釣り上げた魚は、その場で串を刺し、塩をしてから炭火で焼き上げます。

 

 

梅雨の晴れ間でストレスを解消した一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月21日(火) 未明まで雨、後曇り、昼前から青空

 

天気予報が外れて、梅雨の間の青空です。

おまけに暑い!国道の淵に設置された電光温度計は33℃! 暑い筈です。

 

先日に吊るしたスズメバチ捕獲用のペットボトルトラップの作り方をご紹介します。

(昨年のブログでもアップしたかも・・・・?)

 

先ず、ボトルの中に入れる誘引液ですが、猪三郎は、もっぱら焼酎とファンタグレープを混ぜていましたが、NPOの正会員で神河町で田舎暮らしを楽しんでいる、Ikutyamaが開発した誘引液の効果が素晴らしいのでパクリました。(ゴメンネ!)

 

お酒・砂糖・お酢を2:1:0.6の割合で充分に攪拌します。

蜂場の現場へはペットボトルに入れて持って行き、現場で加工します。

お酒とお酢の混合ですから、こんな色になります。量もこの程度で・・・

次にキャップに錐で穴を開けます。

 

開けた穴に、針金を通してコブを作ります。

 

これで落ちることはありませんね。

 

 

次にカッターナイフで入り口を作ります。匂いにつられて、ここから入ると二度と外へは

出られないと言う地獄の一丁目の入り口です。

 

巣箱の近くの高い木に吊るします。

2.3日前に吊るしたトラップの中には、ハエ・蛾・色んな昆虫が一杯入って、誘引液の中で溺死して堆積しています。その中でアイツはもがき苦しんでいます。でも、絶対に出ることは出

来ません。その内、体力を消耗してジ・エンドと言うわけです。

 

 

コイツは女王蜂かと思うくらいの大きさです。体長は5センチくらいはある、超大型でした。

 

次の巣箱では、ペットボトルのキャップの近くで待機しているアマガエルを見つけました。

匂いに誘われてやって来る昆虫を食べようと、木に登り、細い針金を伝って一等席で、獲物が飛んできたら、すかさずパクッと一飲みするという作戦です。中々、頭の良いカエルです。

 

 

 

次の蜂場では、沢山のミツバチが巣門の前に一列に並んでいます。

オオスズメバチの襲来に備えて、戦闘モードに入っているのかと思い、辺りを見廻しますが

オオスズメバチは飛んでいません。

 

よくよく見ると翅を細かく動かしています。「扇風行動」です。

巣箱の中へ空気を送り込んで室内の温度を下げようと必死に扇いでいます。健気ですネ~

暑い日には、よく見られる行動です。

 

彼女達の労働を軽減するために、裏へ回って、巣箱を持ち上げて小枝を挟んで空気が通るようにしました。これで表門から裏口へ向けて風が通り、少しは涼しくなるはずです。

 

 

蜂場は生物多様性の生きた標本です。巣箱の巡回はこまめにしてやることが大切です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月20日(月) 晴れのち曇り

 

梅雨空が続く中、貴重な晴れ間を狙って、蜂場の巡回に行きました。

一昨日に吊るした、ススズメバチ捕獲のトラップには蛾に交じって大きなオオスズメバチが数匹入ってバタバタしていました。

 

例年より早い出現です。油断は出来ません。 しかし、「えらいっこっちゃ!」はスズメバチの事ではありません。 蜂児捨て症状の巣箱が出現したのです。

 

巣門の前に蜂児(幼虫)捨てています。子育ての真っ最中なのに・・・?それが証拠に花粉団子をドンドン運び込んでいるのに・・・・!??

何故??? 

考えられるのは、「サックブルードウイルス」による病気です。このウイルスによるものであれば、いずれこの群は消滅です。打つ手がないのです。

 

もう一つは、スムシの侵略による被害です。スムシの幼虫がゾロゾロと登って行って、蜜蝋の巣を餌にするのです。

 

しかし、巣箱の内部を撮影してから、巣箱を45度ほど傾けて覗き込んでみましたが、特に異常はありませんでした。

 

 

 

いずれにしても、二桁捕獲したゾ~!新記録だ!などと浮かれている場合ではありません。

 

おまけに天気予報では、この先、1週間ほどの長雨だそうです。ミツバチが飢えてしまいます

うっとうしい、梅雨空の中、点検と給餌で忙しくなります。やれやれ・・・・・・

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。