NPO法人 はりま田舎暮らしの会

NPO法人活動の情報発信基地です。

NPO法人 はりま田舎暮らしの会 のご紹介

NPO法人はりま田舎暮らしの会 の活動テーマは「里山の環境保全と創造」です


 私たちは播磨の自然や文化にほれ込んで都市部から移住してきた「アイターン」の会で、環境に優しい農業の実践や、効率を重視しない生活の豊かさを求めて、田舎暮らし・里山暮らしを始めました。


 しかし、過疎と高齢化により耕作放棄を余儀なくされた休耕田と荒地のなんと多いことか・・・

広葉樹林は伐採され、スギ・ヒノキばかりになってしまった植林には陽も差し込まず、下草も生えず、人手も入らない山林となり、大雨ごとに倒木となり、シカ・イノシシなどの有害鳥獣と人里の緩衝地帯の

役目すら放棄しているように見受けます。


一方、田圃に目をやると、青々とした水田に、かつての水棲生物・昆虫を見出すことは非常に困難です。

病虫害の防除と称してラジコン式の小型無人ヘリコプターで散布される高濃度の農薬(ネオ・ニコチノイド系農薬)は害虫だけではなく、益虫もミツバチも殺してしまい、「蜂群崩壊症候群」としてマスコミを賑わしたのは記憶に新しいところです。


そこで私たちは、この活動を継続・拡大するためにNPO法人格を取得して、里山の環境保全に関する事業を地域の方々と一緒になって行い、里山景観の美化とハチミツ・レンゲ米など地域特産品の6次産業化も視野に入れた3つの事業を展開します。


先ず、1番目は「和蜂 まほろばの里」造成活動です。


2番目には「緑肥による自然農法稲作」


最後に「鹿肉の有効活用による福祉の増進」であります。


個々の事業内容は、追々更新してご説明してまいります。



3月より NPO法人 はりま田舎暮らしの会の
公式ホームページを立ち上げました。

田舎や自然の魅力をお伝えし、
はりま田舎暮らしの会の最新情報を発信したいと思います。

また各種お問い合わせは、お問い合わせフォームより受け付けています。
今後ともよろしくお願いいたします。

HPはこちらから








テーマ:

7月26日(火) 未明まで雨、その後曇り

 

今日、ご紹介する巣箱は、つい先日にお隣の岡山県からある事情があり、猪三郎の蜂場に引っ越しをしてきました。

 

飼い主さんのYSさんは、お墓の自然巣の引っ越しのブログを見て、専門的な立場から

アドバイスをしてくれた御仁です。

 

また、9月に予定している、神社の自然巣の引っ越しには、吸引器具持参でお手伝いを

してくれることになっています。

 

YSさんの在所は、ここから15分も走れば到着するほど、岡山県と云ってもすぐ近くです。

事情というのは、YSさんの蜂場では、ウィルス菌によるものと思われる「蜂児捨て現象」が

起きていて対処に悩んでおられます。

そこで、今のうちに病気に罹っていない健康な群れを分散させて被害を最小限に留めようと

いうことで、岡山県から兵庫県へ引っ越しをしたと云うことです。

 

 

引っ越し後は、ご覧のように至って元気です!

巣門も丸い穴がお気に入りの様子で嬉しそうに出入りしています。

 

来春の分蜂期に思うように分蜂してくれれば、私たちの蜂場に新しい血が入り、強勢群が

増えてくれることでしょう。

本当に楽しみです!。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月23日(土) 連日の猛暑日

 

6月13日にお墓の納骨室から、引っ越してきた群れですが、もう40日が経過しました。

この群れは、その後、鳴かず飛ばずで強勢群ではありませんが、花粉団子も運び込んでいるので安心していました。

 

ところが3日前に巡回してみると、出入りが少なくて、巣箱の周りがやけに黒ずんでいました。

近づいてよく見ると、小さい蟻の大群がへばり付いているので、もしやと思い屋根を外すと、

屋根裏も蟻で真っ黒!更に巣枠と天井版の間にデニム生地でカバーを掛けているのですが

この生地の裏表も小さい蜂の大群です。大袈裟ではなく、何万・何十万!といった数です。

 

すぐに、刷毛で払い落し、デニムの布も外して駆除をしました。

それでも、まだ蟻に侵されているのではと思い、巣箱を清潔な物と交換することにしました。

 

右側にきれいな巣箱を並べてから、巣板を移動します。

 

 

巣板は全部で13枚あります。 お墓で付けたゴムバンドで固定したゴムが見えていますね。

 

 

この巣板はダメです。すでに蟻たちに蜜を吸い尽されてスカスカ状態です。

 

この巣板はOKです! 貯蜜層・蜂児層がよくわかりますね。

それに天地左右とも巣枠に接着が完了しています。

こうなれば、ゴムバンドは不要なので、切り離そうとしたら、すでに巣の一部として取り込まれているので、触らずにこのまま放置することにしました。

 

 

新しい巣箱に巣板を全部移動させました。彼女たちもこれで安心して営巣に精を出してくれることでしょう。

 

古い巣箱の底板には、嚙み切った輪ゴムと蟻の巣の残骸が残っています。

蟻の大群にやられるまでに、無事に再引っ越しが完了してヤレヤレです。

 

 

この巣箱には、出入り口が中段と底板の上とで2ヶ所切ってあります。

観察をしていると、どうやら、この群れは縦に切った巣門がお気に入りのようです。

 

今年の採蜜は見送って越冬をしてもらい、来春に分蜂ならぬ分割をして、一挙に3群に

増やす計画です。

人工分割の方法は、説明が長くなるので、来春ブのログアップまでお楽しみに・・・!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月21日(木) 晴れ

 

大雨続きの梅雨が明けたら、猛暑日連続の暑さです。

 

今年もアイツがやってきました。

ニホンミツバチの天敵のスムシもオオスズメバチもコイツに比べれば可愛いもんです。

最強の天敵ネオ・ニコチノイド系農薬を満載したリモコンで農薬を散布する

小型無人ヘリコプターがやってきました。

 

猪三郎サンは兵庫県県民局のルールに基づいて、「養蜂届」を提出しています。

そのデータを基に、この時期には農協から注意書きが郵送されてきます。

曰く、農薬を散布するから、次の通りご注意を申し上げます。

1・洗濯物は取り入れてください。

2・自家用車にはカバーを掛けてください。塗装面が汚れる恐れがあります。

3・戸外で飼っているペットは室内に避難してください。

4・散布中は戸外に出ないでください。

5・ミツバチには危険回避の処置をしてください。

つまり、これくらい危険な農薬を散布しますよ、事前通知しましたよ、と、云って責任を回避しているとしか思えません。

 

危険な筈です。注意書きによると農薬は原液の4倍から6倍の高濃度で散布されます。

無農薬栽培を目指して「こだわりの緑肥稲作物語」を実践している私たちも、やむを得ない

場合には農薬を使用します。

昨年度に蔓延した「イモチ病」がそうです。

薬剤水溶液をポンプで散布するのですが、500ミリリットルの原液を500リットルに希釈してから散布します。つまり、濃度は1000倍液の勘定になりますが、奴さんらは4倍液を平気で散布しておきながら、危険回避して下さいとは、どういう事???

 

まして、ミツバチたちは、この時間には、すでにあちらこちらを飛び回っています。

農協サンの偉い人に聞いてみたいものですね。

日の出とともに、飛び立った働き蜂たちをどうやって危険回避をするのか、方法を教えてもらいたいものです。

 

 

 

 

ヘリコプターの向こうに見えのが、猪三郎サンの家です。この家の更に右手の高台が

蜂場なのです。影響が心配です。

 

折しも、昨日、隣町の上郡町の蜂友からメールが入りました。

「巣門の前で、たくさんのミツバチが、もがき苦しみながら死んでいます!どうしましょう!」

「最近農薬散布のヘリコプターが飛んでいないか?」と返信しますと、案の定「2日前に集落

全体にヘリコプターが飛びました!」とのことです。

 

今日になって、1万匹以上の強い群れだったのが、もはや、風前の灯状態だと云うことです。

この状況を皆さんはどう思われますか?

 

お米は真っ白でなければいけないのですか?

キュウリは曲がっていてはいけないのですか?

トマトが青臭いのが、どうしていけないのですか?

 

 

私たちが、仮に4反の田んぼをイモチ病の防除するときは、動力噴霧器を背負って散布するか、ナイアガラ方式で散布するか、水溶液ならポンプ散布を行うのですが、

段取りから後片付けまで順調に行っても半日仕事以上の労力を要します。

それも大汗をかいて、熱中症と闘いながらです・・・

 

それをコイツは涼しい顔をして5・6分で片付けてしまいますから、省力化を考える

百姓さんには、最大の味方でしょう。

 

しかし、コイツを操縦するこの人の腕前には、惚れ惚れしますね。

見事なものです。

農協には山ほど言いたいことがありますが、農協から委託されたこの業者の方々に

罪はありません。それどころか、社員教育が徹底しているのには感心しました。

 

笑顔を絶やさず、腰は低く「近くにミツバチを飼われていると云うことは、承知しております。

極力、低空飛行をして農薬が飛散しないように注意をしますので、ご容赦ください」

 

そこまで言われたら、「ご苦労さんです!」としか言えませんがな・・・!

 

しかし、やっぱり、ネオ・ニコチノイド系農薬散布には反対です。

みなさん、そろそろ声を挙げて行動に移しませんか?

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月17日(日) 曇り

世間では3連休だとかで、賑わっていますが里山暮らしの身には、なんら影響はございません。

来る日も来る日も、暑い中、草刈りや、薪運びや、ミツバチの見回り、田んぼの水管理・・・等々

戸外の作業ばかりで大汗をかいています。

 

なにやかやで、ブログにアップしていませんでしたが、先週の11日に、ブドウの袋かけを済ませました。 この日も朝から猛暑日でした・・・・・ヤレヤレ・・・

ブドウ園に向かう国道に設置された温度計は、午前9時時点で32℃を指しています。

 

ブドウたちはしばらく見ないうちに、こんなにも大きくなりました。

農園主から100枚が1セットになった袋を手渡されて作業にかかります。

1本の木に100房は保証すると云う約束のオーナー制度なので、袋が余れば100房は

なかったと云うことで、足りなければ100房をオーバーしたことになります。

 

以前に整房は済ましたのですが、あれから成長しているので、最終の整房をやりながら

袋を掛けていきます。

 

 

この房だと、粒が詰まり過ぎていて、大きな粒にはなりません。

思い切って7~8粒は摘果して形を整えます。

こんな感じかナ~

 

袋かけが完了しました。

 

 

 

最終的な袋の数は124枚!でした。ラッキー!

そう云えば昨年も120前後でしたが、一昨年は80前後でしたよ・・・。

しかし、猛暑日の中、首を上に向けて124房の作業はきついです。

仮に、1房に2分かかったとして、240分=4時間立ちっぱなし、頭上での作業に

頸椎は悲鳴を上げるし、両腕は上がらなくなるし・・・

里山暮らしも楽ではありません。 しかし、秋の収穫時にはそんな苦労も忘れてしまいます。

 

124房と云っても全部が全部優良品とは限りません。

健康優良児の子も居れば虚弱体質で育ちの悪い子もいます。

 

この子は、実が半分しかついていません。

 

この子は丸々と実っていますが、房が小さいかな~

 

 

さて、あなたなら、このブドウの房をどのように摘果して仕上げますか?

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月12日(火) 午前中 雨  午後曇り

 

わが町の町長にお会いするために町役場を訪問しました。

目的は、町長にお会いして、良質な蜜源花「トレニア」のプランターを寄贈するためです。

 

写真は町長を真ん中に、右側は大垣内集落自治会長。左側が猪三郎デス。

 

 

 

 

7・8月は蜜源花が不足する季節です。

トレニアは、これから秋にかけて次から次へと花を付けて長期間咲き続けるし、

簡単に増やすことが出来る花で、この季節には貴重な蜜源花です。

 

私たちは集落のご協力を頂き、約300株のトレニアを植栽しました。

集落内に配布するのはもちろんのこと、町役場へも寄贈して、行政自ら、ニホンミツバチに

関心を持ってもらおうと云う魂胆であります。

 

町役場玄関前でしたが、町長もニホンミツバチに非常に関心を示していただき、

立ち話ですが、暫し、ミツバチ談義に花が咲きました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。