NPO法人 はりま田舎暮らしの会

NPO法人活動の情報発信基地です。

NPO法人 はりま田舎暮らしの会 のご紹介

NPO法人はりま田舎暮らしの会 の活動テーマは「里山の環境保全と創造」です


 私たちは播磨の自然や文化にほれ込んで都市部から移住してきた「アイターン」の会で、環境に優しい農業の実践や、効率を重視しない生活の豊かさを求めて、田舎暮らし・里山暮らしを始めました。


 しかし、過疎と高齢化により耕作放棄を余儀なくされた休耕田と荒地のなんと多いことか・・・

広葉樹林は伐採され、スギ・ヒノキばかりになってしまった植林には陽も差し込まず、下草も生えず、人手も入らない山林となり、大雨ごとに倒木となり、シカ・イノシシなどの有害鳥獣と人里の緩衝地帯の

役目すら放棄しているように見受けます。


一方、田圃に目をやると、青々とした水田に、かつての水棲生物・昆虫を見出すことは非常に困難です。

病虫害の防除と称してラジコン式の小型無人ヘリコプターで散布される高濃度の農薬(ネオ・ニコチノイド系農薬)は害虫だけではなく、益虫もミツバチも殺してしまい、「蜂群崩壊症候群」としてマスコミを賑わしたのは記憶に新しいところです。


そこで私たちは、この活動を継続・拡大するためにNPO法人格を取得して、里山の環境保全に関する事業を地域の方々と一緒になって行い、里山景観の美化とハチミツ・レンゲ米など地域特産品の6次産業化も視野に入れた3つの事業を展開します。


先ず、1番目は「和蜂 まほろばの里」造成活動です。


2番目には「緑肥による自然農法稲作」


最後に「鹿肉の有効活用による福祉の増進」であります。


個々の事業内容は、追々更新してご説明してまいります。



3月より NPO法人 はりま田舎暮らしの会の
公式ホームページを立ち上げました。

田舎や自然の魅力をお伝えし、
はりま田舎暮らしの会の最新情報を発信したいと思います。

また各種お問い合わせは、お問い合わせフォームより受け付けています。
今後ともよろしくお願いいたします。

HPはこちらから








テーマ:

5月8日(日)  晴れ


分蜂期前に、取らぬ狸のなんとやらで、二桁の分蜂群捕獲を目指した

分蜂も、どうやら終盤戦に差し掛かったように感じます。


で、二桁捕ったかい? ですって?

いやいや、本日現在9群ですね~・・・(昨年は、わずか4群だったことを思えば

大健闘デス!)


その内、ハイブリッド方式では4群でした。


画像は、今日、重箱式の巣箱に群がる分蜂群です。

正確には、キンリョウヘンに群がる分蜂群です。







あと、1~2日は様子を見ないと安心できませんが、多分10群目と

なるでしょう。  神様・仏様・キンリョウヘン様 よろしくお願いします・・・。

AD
いいね!(6)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月3日(祝) 曇りのち雨、夜には嵐


NPO法人 はりま田舎暮らしの会と地元集落との主催で、れんげ祭りを開催しました。


昨年に続き、2回目の開催です。

場所は歴史と由緒のある「石堂邸」の前のレンゲ畑です。




地元スタッフの人たちは、準備の真っ最中です。

テントバザーとして、焼きそばと綿菓子が用意されました。(無料です)




午前10時からの開催です。

受付の前には、自治会の取り組みを紹介したボードも掲載されました。



また、熊本地震への救援募金箱も設置しました。





レンゲ畑の中では、地元ミュージシャンのミニコンサートも始まりました。





綿菓子をほお張る家族連れです。





さて、舞台となった「石堂邸」ですが、どれほどの歴史があり、由緒があるかと申しますと、文化庁からは登録有形文化財の指定を受けています。


また、兵庫県からも、景観形成重要建造物の指定を受けています。






今回は、石堂氏のご好意で、大門を開けて、内部の見学もできました。





今回のれんげまつりに併せて、まつりの雰囲気を盛り上げるために、

のぼり旗と看板も作成しました。







昔、懐かしい「レンゲの花飾り」も昔のお嬢さんたちが、せっせと作って、楽しんでいました。




なんやかやで約2時間のイベントも無事終了することが出来ました。


地元ケーブルTV・町役場広報課からの取材も受けましたので、後日、放映されると思います。


曇天の中でしたが、150名の参加者で賑わった(主催者発表)今年のれんげまつりでした。

AD
いいね!(4)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月24日(日)


 当地の地域づくり協議会主催の「ふれあい祭り」に私たちのNPO法人も参加しました。テントバザーで、会員の皆さんが手作りした作品を販売しました。







田舎暮らしでは定番の陶芸作品です。








紙紐で編んだ籠です。仕上げには天然の柿渋を塗りこんでいます。





バッグは古い着物を使ったリサイクル小物です。

庭に咲いた花びらを透明樹脂で固めたキーホルダー・ブローチ・イヤーリングなども売っていました。

他のテントバザーでは、ギターも売っていました。




一番安いのは、¥2,000-ですよ! ビックリしたな~ もぅ!


更に驚いたのは、このお店です。古着がなんでも¥30円!!



弊店ガラガラの時間になると、これもビックリ!¥10円になってました~!




ステージでは色々なイベントで賑やかなことです。






これも定番 和太鼓の演奏です。




獅子舞保存会の出番です。




ステージ前の観衆も熱い声援を送っています。





これは豆腐の早食い競争です。 薬味も醤油もかかっていなくて、水分を飛ばしたパサパサの豆腐は食えたもんじゃない! とは出場者の弁です。








なんやかやで、平和な1日が終わりました・・・。

やれやれ、お疲れ様でした。


売り上げも、そこそこあった様子でした。

AD
いいね!(3)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月22日(金) 晴れ 夏日並みに暑い1日


昨日までの雨は風も強くて、巣箱への影響が心配されましたが、一夜明ければ、快晴でムッとするくらいの温度です。


こういう日は分蜂が大いに期待できます。

設置した待ち受け箱は、ハイブリッド方式21基・角洞式3基・重箱式21基の内、ハイブリッド方式21基を見廻り巡回しました。


あちこちの蜂友からの分蜂群を捕獲したぞ~!というニュースに焦っています。強力な武器になるはずの我が家の「キンリョウヘン」の花芽は、ご覧の通り蕾のままです。




開花するまでには、あと1週間はかかるでしょうか。

園芸に関心のある方は、もうお気付きですね。


ランの葉になにやらくっついていますね~

昨年の秋から、蔓延した「カイガラムシ」です。


薬品をかけたり、手でつまんで落としたり、いろんな方法で駆除したつもりですが、しつこくて困っています・・・。




これは、キンリョウヘンの交配種「ミスムフェット」です。

キンリョウヘンより強力な集合フェロモンを放出するそうで期待していますが、

花芽は、まだこんな状態です。


そんな訳で、分蜂誘引剤(待ち箱ルアー)の出番です。

蜂飼いの人には釈迦に説法ですが、そうでない方のために、ご説明します。


キンリョウヘンの誘引成分を化学合成したもので、誘引持続期間は45日間ありますから、早めにセットしても分蜂のピーク期を充分にカバーできます。


ベランダなどに吊り下げる「ムシコナーズ」の逆だと思って下さい。

「ミツバチコイコイ」です。




このように取り付けます。


効果てきめんです! 今期第1号の分蜂群のご入居です! ヤッター!


写真は撮れなかったのですが、別の蜂場でもう1群のご入居を確認していますから、分蜂初日で2群の捕獲に成功しました。出だし好調です!!




巣門から盛んに出入りしています。


設置した山の持ち主が不明の場合には、この貼紙で勘弁してもらっています。






別の蜂場では、巣箱の前に可愛い筍がひょっこりと頭を出しました。

まさに春本番ですナ~

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月9日(土) 晴れ


当地の桜も風に吹かれて桜吹雪状態です。 

イヤー!今年の桜は妖艶さを漂わせて殊の外見事でしたね。


蜂飼いの先輩方や、ブログ仲間のミツバチプレーヤーの皆さんからは、第1次分蜂が始まったとの知らせが入ってきます。(焦っています!当方の準備が

遅れています)


しかし、米国のフロリダの分蜂は理解できますが、山梨県南アルプスの麓

とか、島根県・鳥取県の蜂友さんでも始まった様子ですが、いずれも兵庫県

より寒いのと違います???(どうやら気温だけの問題ではなさそうです・・・)


前回のブログで、ご紹介をしたハイブリッド方式の待ち受け箱21基の設置が、

本日終了しました。明日からは既存の蜂場へ重箱式巣箱を設置します。




小高い丘の上の大木の隣に設置しました。




墓地の中です。 桜の大木に開いた洞が目印です。巣門も洞に似せて、節穴をくり貫いてみました。




軽トラで近くまで行けない山中へは、ご覧のアルミの背負子で運びました。

結構、重いうえに道は獣道だけなので、汗びっしょりです。狩猟途中に見つけた場所です。標高は250mくらいでしょうか?




ここも、狩猟中に見つけた場所で、大岩がオーバハングしたところで、ミツバチが安心しそうなポイントです。



これも狩猟中に見つけたポイントで大岩がオーバーハングしています。

近くには野生の椿の群生が見られるので、絶好のポイントと思われます。

アクセントに椿の花を置いてみました。



あれやこれやで、ハイブリッド方式の待ち受け箱を21基設置しましたが、

なんとか二桁は捕獲したいものです。


えぇ~! 二桁??

取らぬ狸のなんとやら・・・・・です。


いいね!(6)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。