NPO法人 はりま田舎暮らしの会

NPO法人活動の情報発信基地です。

NPO法人 はりま田舎暮らしの会 のご紹介

NPO法人はりま田舎暮らしの会 の活動テーマは「里山の環境保全と創造」です


 私たちは播磨の自然や文化にほれ込んで都市部から移住してきた「アイターン」の会で、環境に優しい農業の実践や、効率を重視しない生活の豊かさを求めて、田舎暮らし・里山暮らしを始めました。


 しかし、過疎と高齢化により耕作放棄を余儀なくされた休耕田と荒地のなんと多いことか・・・

広葉樹林は伐採され、スギ・ヒノキばかりになってしまった植林には陽も差し込まず、下草も生えず、人手も入らない山林となり、大雨ごとに倒木となり、シカ・イノシシなどの有害鳥獣と人里の緩衝地帯の

役目すら放棄しているように見受けます。


一方、田圃に目をやると、青々とした水田に、かつての水棲生物・昆虫を見出すことは非常に困難です。

病虫害の防除と称してラジコン式の小型無人ヘリコプターで散布される高濃度の農薬(ネオ・ニコチノイド系農薬)は害虫だけではなく、益虫もミツバチも殺してしまい、「蜂群崩壊症候群」としてマスコミを賑わしたのは記憶に新しいところです。


そこで私たちは、この活動を継続・拡大するためにNPO法人格を取得して、里山の環境保全に関する事業を地域の方々と一緒になって行い、里山景観の美化とハチミツ・レンゲ米など地域特産品の6次産業化も視野に入れた3つの事業を展開します。


先ず、1番目は「和蜂 まほろばの里」造成活動です。


2番目には「緑肥による自然農法稲作」


最後に「鹿肉の有効活用による福祉の増進」であります。


個々の事業内容は、追々更新してご説明してまいります。



3月より NPO法人 はりま田舎暮らしの会の
公式ホームページを立ち上げました。

田舎や自然の魅力をお伝えし、
はりま田舎暮らしの会の最新情報を発信したいと思います。

また各種お問い合わせは、お問い合わせフォームより受け付けています。
今後ともよろしくお願いいたします。

HPはこちらから








テーマ:

8月16日(火)  晴れたり曇ったり 

 

この数日間は、大気が不安定なのと気温が高いので、夕方には、かなりの確率でものすごい

夕立が来ます。 夕立というよりはスコールの態をなしています。

 

雨上がりに、田んぼの様子を見に行きました。

 

ありゃりゃ! コケかけてますがナ~

 

 

まぁ、今のところ「コケタ」までは行かないのですが、夕立でこのありさまですから、

台風が来たら・・・・台風7号は西日本には影響が無いようですが、この先が思いやられます。

 

全体としてはこんな感じです。

稲穂の付きかたも悪くはないようです。

どうか「コシヒカリ」のままで刈り取りが出来ますように・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月15日(月) 終戦記念日 猛暑日

 

先日のブログでご紹介したオオスズメバチ対策の防除ネットは、昨日中に全蜂場を巡り

(と云っても8群ですが・・・)設置してきました。

設置したときに彼女たちはかなりパニック状態になり、すぐには出入り出来ませんでした。

突然、出現した見慣れない障害物に驚き、出入り口を必死で探していました。

 

 

 

先日、ブログをアップした後に設計者の「86net南麓日記」さんから「金網の一番下の針金を

1本抜いたほうが、プラットホームが混雑しませんよ」とのアドバイスを頂いたので、針金を1本

抜き取りました。その分、縦長の隙間になり出入りが楽になったようです。

(縦長のスペースはオオスズメバチは苦手らしいのです)

この群れはネットの正面から出入りすることを覚えた様子ですが、他のほとんどの群れは

正面から出入りせずに底板に加工した冷却用の網から出入りしています。(底板網の方が

窮屈なのですが・・・?)

まぁ、2・3日すれば慣れて、落ち着くそうです。

 

防除金網でスズメバチは遮断しますが、念のためペットボトルトラップの誘因液を交換しました。  古いトラップの中は、ほとんどが黄金虫でした。

トラップも全群交換完了です。

 

蜜枯れ期で食糧難が続いています。白砂糖に市販のハチミツを給餌しました。

天井のスノコには沢山のミツバチが集まってきています。

 

 

白砂糖にハチミツを掛けてスノコの上に載せると、腹を空かせた1匹が待ちかねたように

飛んできました。

そっと屋根をかけて、給餌も完了しました。

 

オオスズメバチ対策として、防除ネット・ペットボトルトラップ、そして給餌が完了しました。

8月下旬から9月上旬に予定している採蜜まで、これで安心です。

 

と思いきや、油断しました。なにが安心なものですか?!

つい、先日にご紹介したお墓の自然巣ですが、蟻の大群を駆除してからは、巣枠式の巣箱で

平穏無事に暮らしている筈でしたが、今日見回りに行くと様子が変なのです。

屋根を外しても「沈黙の世界」です。

朽ちた輪ゴムがすべてを語っています。

 

 

 

スムシです! こんなに大きくなっています! 底には多数のミツバチが死んでいます。

まだ貯蜜がある巣枠も無残な状況です。

 

 

 

 

皆さんにお墓から引っ越しをしてきてから・・・とご報告をしたのが、7月23日のブログです。

あれから、凡そ、3週間見回りをしなかった猪三郎を恨んでいます。

 

3週間が致命傷になるとは・・・   自然界の厳しさが身に沁みます。

まだまだ貯蜜が残っているのに・・・この蜜枯れ期に逃去して無事に生き延びているだろうか?    心が痛みます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月12日(金) 相変わらずの猛暑日です。

 

この時期になると、あいつらが出没するようになります。そうです! オオスズメバチです。

昨シーズンには、採蜜直前に集団で襲われたので、完全防護服を着用して対応しましたが、やられてしまい、非常に悔しい思いをしたものです。

 

そこで、今シーズンは転ばぬ先の杖を用意した訳です。

 

巣門の前に取り付けて、スズメバチの襲来をここで食い止めるのです。

戦闘員以外のミツバチは、金網の空いたところから出入りして蜜の収集に出発できます。

 

裏から見たところです。巣門からのスロープまで付いた新設設計です。

 

 

実は設計者は、南アルプスの「86netの南麓日記」さんからパクリました。

http://plaza.rakuten.co.jp/86net/

これ以外にもオオスズメバチ捕獲箱の設計図も公開されています。

 

実は制作者も猪三郎ではありません。

兵庫県神河町で田舎暮らしをなさっている「いくちゃま」のご主人に作ってもらいました。

ご自身もニホンミツバチを飼育していて、我が、NPO法人はりま田舎暮らしの会の正会員

でもあります。(氏は、昨年度のお米の食味コンテストでも、NPOから応募した中では、トップの食味数値を獲得した稲作の名人でもあります)

http://ameblo.jp/ikuchama-handmade/

 

 

無理を言って10台も作ってもらいました。(ありがとうございました!)

実際に取り付けてみると、こんな感じです。

 

 

 

明日も猛暑日の予報ですが、全部の蜂場を廻って取り付けて来ます。

でも、暑そう!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月11日(祝)  晴れ・猛暑継続中

 

心なしか、早朝と日没後はいくらか凌ぎやすくなった気がします。

しかし、日中は戸外での農作業はとてもじゃないですが暑くて敵いません。

 

前回のブログで子捨て現象の巣箱の助けを求めていましたが、助け舟を出して貰えました!

 

猪三郎のブログの読者になって頂いている、福岡県の「山奥のスズ」さんから、早速にアドバイスをいただきました。

http://ameblo.jp/3bati/

 

「山奥のスズ」さん曰く、日中は気温が35度もあれば、巣箱の中は40度を超えていると思われる。30度から35度までが育児には最適な温度で、40度以上もあれば幼虫は死んでしまいます。子捨ては巣房の中で死んだ幼虫を捨てているのでしょう。

スムシであれば、巣箱は軽くなるので、持ち上げられないほど重いのであれば、今のところスムシは考えられないし、対処としては取りあえず日陰を作って涼しくしてやることだとアドバイスを頂きました。

 

確かに、木陰ではありません。実は、昨年はちゃんとした木陰だったのですが今年は毛虫が大量に発生して、木の葉を全部食べてしまいました。

 

そこで、柱を立てて、遮光ネットで日陰を作りました。

これで、少しは涼しくなってくれるでしょう。

また、今は蜜枯れの時期なので給餌もしてやりました。

 

それでも巣門付近では「扇風行動」がみられます。

気のせいか2日前よりは、元気になったように思います(希望的観測?)

 

更に、念のためにスムシ対策も済ませました。

この「B401」はイギリス製の薬剤ですが、スムシの予防と巣箱内での繁殖抑制を目的としています。

なによりの特徴は「生物学的駆除剤」で完全にオーガニックな製品です。

スムシだけを駆除して、ハチミツの中にも蜜蝋の中にも化学物質を残留させることはないので安心です。

もちろん、ミツバチにも蜂飼いにも、ハチミツの消費者にも害を及ぼすことない優れものです。

 

19倍の希釈液を巣箱の中に散布しましたが、重箱式より巣枠式の方がより、効果が期待できそうな製品です。

 

最善と思われる手は尽くしました。

早く元通りの元気な姿を見たいものです・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月8日(火) 晴れ 連日の猛暑日

暦の上では「立秋」ですって!どこが秋なもんですか!冗談じゃありません!

余りの暑さに腹が立っております・・・!

 

以前に蜂場を巡回して、かなりの強勢群なので五重塔まで巣箱を積み上げた群れに

異変が起きています。

 

あれだけ元気よく出入りしていた働き蜂の数が急減したように思いますので、屋根を外してみました。

 

屋根裏に変な形の巣が作られています。何の意味あるのでしょう?

 

 

見てください!巣門から幼虫を抱いた姉さん蜂がヨイショ!ヨイショ!と運び出しているでは

ありませんか!

 

まさに蜂児捨て現象の現場に遭遇したのです。

巣門の下の草むらには3~4個の放棄された幼虫が死んでいます。

(ピントが甘いので見づらいのですが米粒のような白い幼虫がそれです)

 

 

子捨て現象は何故起こるのか? 何を意味するものなのか? どう対処すれば良いのか?

 

よく分かりません・・・ 

幼虫が多すぎて貯蜜が足りないので間引きをしているという説があります。

持ち上げてみましたが重くて重くて、簡単には上がりませんでしたので貯蜜は大丈夫です。

 

ウイルスによるサック病?

スムシが発生した?

 

いずれにしてもこの現象は吉兆でないことだけは確かです。

 

どなたか手立てを教えてください・・・お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。