ハンター湘南の旅ブログ

旅行・地理・交通機関・レトロ物件・吹奏楽鑑賞・ギャンブル場めぐり・高校野球・学校教育・昭和・国鉄etc.

NEW !
テーマ:
2017年12月の九州旅は、嘉例川からスタート

明治の香りのする駅舎が健在

駅舎内にはタブレット発行機などを展示

車で立ち寄る観光客も多かった。

鹿児島空港からのバスも、わざわざ立ち寄っているほどで、今や、ちょっとした観光名所

博物館や廃駅ではなく、現役なのが嬉しい。
間もなくやってきたディーゼルカーに乗った。

つい数時間前には東京の喧騒の中だったのだ、不思議な気分。


栗野で、「はやとの風」と交換
かつては山野線が分岐

吉松からは、そのまま吉都線へ乗り入れる。
「いさぶろう、しんぺい」と並ぶ
あちらは、いちおう特急だ。

吉都線はJRでは数少ない未乗線だ。

JRの新規乗り潰しは、新線を別にすると、一昨年の三江線以来久しぶりだ。

吉都線は高速バスに大差をつけられ、私自身も、並行する高速を、すでに3回も通っていた。

都城に到着、
これにて、宮崎県の全鉄道線を完乗だ。

日豊本線の電車に乗り換え

南宮崎で783系ハイパーサルーンに再会したが、今日はバスに乗り換え。


鵬翔はサッカーで宮崎勢初の全国制覇

南宮崎駅に降りて、宮崎大淀局で旅行貯金


郵便局近くのバス停で、西都行きを捕まえた。

途中からは車窓に国鉄妻線の廃線跡が見え隠れしたりする。

やや遅れて、西都バスセンターに15:54着
西都局へ走って、旅行貯金はギリギリセーフ。

国鉄妻駅跡は駐車場に
記念碑的な物はなかった、残念

妻と言えば、妻高校の合唱も有名だが、宮崎学園の影に隠れがちだ。

高鍋行きのバス(宮崎交通)に乗車
なぜか全国の時刻表に載ってない便があったが、日向新富経由の遠回り系統だった。
16:30だが、下校高校生は無かった。


50分近くかかって、17:15頃高鍋駅に到着。
九州だけに、まだ明るい。

高鍋高校は甲子園から遠ざかって、高鍋ファンとしては復活に期待。


新田原基地が近く、航空マニア向けのパッケージのお菓子類などを売っていた。

日没とともに当駅止まりの「サンシャイン」が現れた。

次に乗るにちりんシーガイアは、以外にも787系だった。しかも延岡止まり。


大分行き表示だが、災害の影響で、ずっと延岡止まりとのこと。

延岡まで暗闇の中を快走。



今日は延岡泊まり。

災害で日豊本線まで寸断されているのは知らなかった!
ホテルに着いたら明日の行程を一から作り直しだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
今日から1泊2日で九州へ

気分転換と、主に東九州地区での位置ゲーの穴埋めが主で、ひたすら移動の旅。

偶然にも、3年前の同じ時期にも似たような旅をしていて、切符等の手配を終えてから気づいた。

日が短いのが難点だが、飛行機や旅館は空いているし。

さて、今回はブログは休載して、ゆったりと景色に集中して、ホテルで地方のテレビを眺めいところだが、簡単な行動記録や証拠写真程度は残しましょう。



3年前の師走旅同様、行きは羽田からのスカイマーク。

これで一気に鹿児島空港まで飛んだ。

7:55発の便は案外搭乗率が高かった。

空港内連絡バスが観光タイプ!

10時頃に降り立った、幸い、雨は降ってない。



隼人ゆきのローカルバスに乗り込み、10分ほどで、嘉例川に着いた。


さあ、ここから汽車旅だ、古い駅舎はいい味を出していて最高のスタートだ。


硬券にパンチを入れてほしいところだが、無人駅で、都内で作った乗車券を携えて、吉松経由の都城行きに乗車。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年忘れアンコール
続きです

以上、連載でした。(打ち切ってすいませんが最終回です)

今週末は東九州へ行きます
ただ、列車バスに乗るだけの旅ですが。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日放送の「Qさま」は、かつて放送していた、「象印クイズ ヒントでピント」を再現した内容で、大ファンだった私は狂喜乱舞。

「ピッピッ…」と時を刻むような独特な効果音も再現され、すっかり聞き惚れてしまい、最初のうちはクイズを解くことを忘れていた。

テクニカルで、ビャーッと渦巻き状にモザイク画面が出現する流れも、凄くよく再現されていた。

他に、コンピューターを意識したテーマ音楽や、チャンス問題の音、正解音、お手つき音、優勝決定音など、もう懐かしくて…

ヒントでピントは1980年頃から、95年ぐらいまで15年続いた番組で、私は13年間欠かさず見ていた。
(最初の2年間は、父親がアップダウンクイズ(TBS 系)➡お笑いオンステージ(NHK )へチャンネルを流していたので、番組自体知らなかった。

当時としては画期的なコンピューターを駆使したクイズ番組として人気があった。

最初は「誰の顔でしょうか」で始まり、2分割➡4分割➡8分割と進行

テクニカルは男女別に出題され、相手方に答えがプリンターから出力。

答えがテロップ表示されるので「ハイ、消えまーす」まで目をつぶるのが習慣だったが、一緒に見ていた家族がうっかり言ってしまって、私が怒ることもたまにあった。

最後は16分割で、しばし大逆転劇が見られた。


番組終了後は、欲求不満を解消するため?自ら16分割ボードを作って、例会で友人に出題したりして楽しんだなあ、(深夜まで熱中してすいません)
テクニカルも、半透明なトレーシングペーパーを利用して、徐々に紙を抜き取る方式で再現したのだった(友人が考案)


昨日の放送では、新たに「12分割」も登場し、世界遺産の問題は、テレビ解答者に私と並ぶ1級所持者がいなかったので、一問のお手つき(自由の女神をオペラハウスと誤答)以外は誰よりも早く答えられた。

また、ヒントや答に「虎」の絵が出てきた時は、一瞬放送事故かと反応してしまった。
象印の強力なライバル、タイガー魔法瓶を連想させるので、虎やタイガーといった単語は、現役中一度も見ていない、1985年の阪神タイガース優勝も、全く取り上げられていなかった。

よくよく考えれば、Qさまのスポンサーは、象印じゃないから、虎が出てきても問題は無いのだ。

「タイムショック」企画はテレビ朝日では頻繁に登場するが、ヒントでピントはなかなか見られなかったから、貴重な時間だった。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。