ハンター湘南の旅ブログ

旅行・地理・交通機関・レトロ物件・吹奏楽鑑賞・ギャンブル場めぐり・高校野球・学校教育・昭和・国鉄etc.


テーマ:

糸魚川駅近くの宿で目覚めた。
 

 

窓の外は木造住宅密集ビュー
駅北大火による類焼は、何とか免れた。
 


朝御飯は、とりあえず、これだけでいい。
 

 

さて、無理をして、新潟まで泊まり掛けでやって来たのは理由がある。

3月4日のダイヤ改正で、糸魚川~新潟間の485系快速が、廃止されてしまう。

日曜日としては、今日が最後の乗車チャンスなのだ。

(そうでなければ、昨日は、みなとみらい駅イレギュラー発生の混乱ぶりを取材したはず)

 

 

在来線がJR から切り離された糸魚川市民にとって、唯一、県都新潟への直通列車なのである。

わずか1年で消えるとは、大変遺憾である。
大火災から立ち直ろうと頑張っている糸魚川市民にとっては…


大糸線には、がんばろう糸魚川のヘッドマークを掲出

 

 

朝早く駅に向かったら、
電車入線前にもかかわらず、ホームは端から端まで、びっしり埋まっていた。
早朝の糸魚川にこれだけの人が集まる要素はないはずで、全くの想定外。
夜行バスやホテル宿泊の外来の鉄道ファンが圧倒的に多い。

 


485系が入線
たちまちお祭り状態に。

 


485系は、定期運用を離脱

 

 

 

新潟への直通希望客は、頸城バスに流れるのか?
 

 

この光景も、あと一週間を切った。

間もなく発車のタイミングで、アンケート用紙を戴いてないことに気づいた。

直通快速の廃止に反対している糸魚川市による当該列車の乗客向けのアンケートを実施しているのを、昨日知ったのだ。

日曜日でマニアだらけだから、アンケートに誤差が出てしまうのだろう。
普段なら、毎日この列車でゆったり通学の能水生からの率直な意見が集まるだろう。

私は、旧能生町関係者として、国鉄時代のユーザーだった父親の代わりに真剣に回答したかった。
 


過半数の席が埋まり、発車。

直江津までは、トキ鉄区間。

ここは1号車にある半室グリーン車はタダで利用できるが、直江津以遠のグリーン券を持った客がかなり並んでいて、座れなかった客がかなりいた模様。

 


能生駅に停車。

特需による混雑に、能生からの乗客は困惑気味。

直江津からはJR区間に入った。

車内チャイム4種類すべて演奏する、サプライズあり。

車掌さんは、グリーン券の払い戻しで、かなり大変だったはず、途中からも続々乗ってくるし。

柏崎で新幹線フィーダー客が大量に乗り込み、席を探して通路を右往左往。

 


内陸部に入ると、雪景色にかわり、次第に、雨から雪に変わった。
雪の中にもかかわらず、沿線には大勢の撮り鉄が。

長岡に到着し、私はここで下車。

さようならは言いたくありません
来年には新しい糸魚川快速の設定に期待!
ふるさとを守れ!

485系は、長年お疲れさま。

 


別の用事のため、午前中に、早くも新幹線で帰京した。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「鉄道」 の記事

テーマ:
(2月25日、つづき)

何事もなく能生から糸魚川へ移動。

各列車とも、最低1人は、鉄ちゃんらしき方が行動していた。

(私は、「地元民」として、開通初日に乗っているし)


糸魚川に到着


そうだ、もう「けんか祭り」の季節か。

夏は夏で「おまんた祭り」が行われる。

改札を出て、先月も見物した、駅構内のジオパークへ。

そこには、お馴染みの顔が見られた。

大阪へ転勤した、たいむ氏だった。

キハ52車内にて急遽「サミット」開催?
(先月撮影したキハの画像は後ほど探して掲載)

まさに、フォッサマグナが通り、「東西が出会う街」

金曜日、485系快速の「葬式」に往復とも参列してきたそうだ。
ついでに、糸魚川ミュージアムスタンプラリーをさせられたとか。

中でも、フォッサマグナミュージアムは、地理オタとしては是非行きたいところだが、雪の無いまたの機会に、レンタカーを借りて、ひすい峡見物とセットで訪れたい。

しばらく積もる話をしてから、
氏は17時20分すぎには大阪に帰るので、お見送り。

北陸新幹線が西へ延びたら、頻繁に糸魚川周辺に出没?

さて、私は明日の朝に「本命」のため、糸魚川に投宿した。

糸魚川駅北の火災現場は、先月末に比べたら、ガレキが片付いていたが、復興はまだこれから。

一日も早い復興を願ってやみません。

(つづく)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

(頑張って当日中に書けるところまで、先行で)

名立から、一旦糸魚川を過ぎて、青海まで行く。


青海駅の構内は広いが、貨物列車の発着は無くなった。

かつては石灰石やセメントの積み出しで、取り扱い量は全国でベストテン入りしたこともある。

青海は、青海町合併直前に役場を訪れて以来だ。

今日は、廃線ウォーク


デンカセメントへの専用線跡が分岐


幸い、雪はなく、辿ることが出来そう。


北陸新幹線と北陸自動車道がクロス


しかし、廃線跡はデンカセメントの敷地内に入ってしまった。

しぶとく、工場脇をさらに遡る


大沢集落までバスが入っている


おや、レールが出現!
しかも、凍結防止に散水されている。


工場~鉱山間は、まだ現役のようだ。

いつか、列車を撮影したい。
ついでに、奥にあるヒスイ峡や廃村も探訪したい。


青海から、今度は能生へ。

行ったり来たりだが、フリーきっぷだから気楽だ。


能生で下車。
私は住んではいないものの、幼馴染みの場所。

トキ鉄に変わってからは、初めての挨拶がわりの下車。


糸魚川バス(頸城バス分社)は、
「がんばろう糸魚川」の幕を掲出中。


能生はカニの町です。


旧能生町役場

管内人口は1万人を割ってしまった。

この近くのスーパーではリポビタンDを88円で売っていた、沖縄以外で最安値?
あと、地元銘菓も購入。


能生駅に戻ると、待合室にはストーブがついてて助かる。
無人化された名立駅とは大違いだ。

残念ながら、JR時代にあったテレビは廃止されたが。


さて、1両の列車で、いよいよ1か月ぶりの糸魚川へ。

(今日は限界、また明日)




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
上越妙高駅の、えちごトキめき鉄道の窓口で

「がんばろう糸魚川!復興支援フリーきっぷ」
を購入

1000円で1日全線乗り放題で、缶バッジ付
売上金の一部が寄付される。


まずは、妙高はねうまラインの電車に乗車。

たまたま、沿線企業の日本曹達のラッピングトレインがきた。


日本曹達と言えば、私有貨車タキ22900を思い出した。

自分が青化ソーダになった気分で、妙に高い興奮状態で乗り込んだ。


上越市立中郷中学校も協賛。

直江津に着いて、今度は、日本海ひすいラインに乗り継ぎ。


こちらは、ディーゼルカー1両
先週の肥薩おれんじ鉄道と事情が似ている。

名立で初めて降りてみた。

無人駅になってしまった。


旧名立町役場は、上越市名立区総合事務所になった。
人口は4000人を切って、村クラスだ。

名立「区」とは、足立区と聞き間違えられそう。

名立の谷は狭く、高速道路は名立大橋でひとまたぎで、鉄道の駅は構内がトンネルに突っ込んでいて、トンネル内にポイントがあり、筒石駅とともに珍しい駅に挙げられる。


かつては、海沿いの中心集落付近に駅があった。
残念ながら、能生みたいに記念碑等は見つからない。

さて、名立ウォークを終えて、糸魚川市域へ進もう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の九州旅行の余韻が残る中、
今週末は近場でおとなしくしたかったが、今年はJR のダイヤ改正が例年より早く、待ったなし状態!

眠い目をこすりながら、予定の新幹線に間に合う時間に自宅を出た。

8:44発の、北陸新幹線はくたかの自由席は長蛇の列。
座る座れないではなく、車内に入れるかどうかの問題だった。

諦めて、後続の臨時便あさまに避難した。
長野行新幹線は、運用の都合で、JR西の車両だった。



大宮では、はくたかに乗れなかったスキー客らが列をなして、立ち客が増えた。

高崎では、ときを待避、
軽井沢は、意外にも雪が無く、ここでは、かがやきを待避。

待避を繰り返したので、後続の金沢行きは10分後までに迫り、長野では階段乗り換えだったりして、ホームで信州そばを食べて、計画が狂った憂さ晴らしすることも出来ず。


長野で、はくたかに乗り継ぎ。

またまた西日本所属のW7系だった。
辛くも座れた。

飯山でスキーヤーがどっと降りた、北陸新幹線効果で斑尾はかなり客が増えた。

上越妙高で下車。



ここで、えちごトキめき鉄道に乗り継ぎ。

(つづく)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。