優しく強く生きていく。繊細な方・HSP向けの適職診断・人間関係ご相談を承っています。

自然にがんばれて、幸せに働ける!「適職診断」をしています。繊細な方、HSP(Highly Sensitive Person)のお客さまが多いです。全国からお電話・スカイプでご相談いただけます。対面相談は東京・大阪・福岡・兵庫で承ります。


テーマ:
「キライ」を禁じていると
依存されたり踏み込まれたり、人間関係で苦労する。
 
かつての自分や、相談室のお客さまをみていて
「キライの大切さ」を思う。
 



 
かつての私もそうだったのだけど
自分の中で「イヤ」は許されても
「キライ」を禁じていることがある。
 
 
人間関係において
イヤ、というのは受け身だ。
相手にされたことに対して湧く。
 
キライ、というのは自分から出る感情だ。
相手を自分から積極的に遠ざける。
 
 
 
キライを禁じていると
「なんとなくキライだから関わらない」が許されない。
 
正当な理由がないあいだは
自分から相手を遠ざけることができなくて 
なにか問題が起こって(=正当な理由ができて)
初めて相手と距離を置くことを考える。
 
たいてい我慢を重ねているので
相手に伝える頃には、耐え切れなくなっている。
 
 
 
正当な理由がなくても
「キライだから、なるべく関わらない」でいいのである。

 

コツは問題が起きていなくても、最初から関わらないこと。
なんだか嫌だ、なんだか変だ…と思ったら避ける。予防する。
 

「キライ」というのは
「この人は、自分に不利益をもたらす気がする。嫌な予感がする」
ということでもある。
 

 
 
人生でここぞ!というときや、なにかの実験を除き
キライな相手と体当たりする必要は、あまりない。
 
避けていいし、可能ならその人の相手は誰かに任せるほうが、幸せな時間がふえる。
  
 
 
こういう話をしたところ
クライアントさんが
 
がーん「あ…。私、キライって言ったことなかった。ほんとになかった…!」
と、びっくりなさっていた。
 
  
ご相談の終わりごろ
 
niko*「私。○○さんのこと、キライです。
 キライだと思えてすっきりしました!」
 
とおっしゃっていた。
 


 
・人間関係がこじれる
・耐え切れなくなって距離をとる
・依存される
・過度に干渉・要求される
という人は
 
キライを禁止していないか? 振り返ってみてねにへはた
 


※次回、キライを禁じていないかチェックする方法と
まじめな人が引っかかりがちな罠をUPします~!

>>続きはこちら。(次回UP!)






【なんでも相談室・詳細】 ・【お申し込みフォーム】



◆こちらもどうぞ!
恩人にも「嫌です」と言っていい。ありがとうとNOは別のもの。
『都合のいい人』であることを、手放す。~「嫌だ」と伝えると、力がみなぎる。
職場が変わっても人間関係の辛さを繰り返すとき。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

武田とうこ@適職診断さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。