優しく強く生きていく。繊細な方・HSP向けの適職診断・人間関係ご相談を承っています。

自然にがんばれて、幸せに働ける!「適職診断」をしています。繊細な方、HSP(Highly Sensitive Person)のお客さまが多いです。全国からお電話・スカイプでご相談いただけます。対面相談は東京・大阪・福岡・兵庫で承ります。


テーマ:
とうこですにへ

時折、傷ついたのら猫 状態の方が
なんでも相談室へいらっしゃいます。

まわりが
「おはよう」って挨拶しても
「手伝おうか?」と手をさしのべても

えーーーんシャー!!!

と威嚇するので、まわりからの扱いが悪くなる。
良くない扱いを受けるので

えーーーんえーーーんえーーーんシャーーーー!!!

っと、
威嚇度合いがひどくなる。
人間関係がうまくいかない。

悪循環です。


ただ、本人には
「まわりを威嚇するような態度をとっている」
自覚がないので、気づけない。

負のスパイラルが続く!



そういう状態の方がいらっしゃったら
悪循環を断ち切るために
にへ「自分が傷ついたのら猫だと自覚してください」
と言います。

自覚した上で、どうするか。
具体的な話に入っていきます。





女の子「心が動かない。人間関係どうやったらうまくいくんですか?」
とご相談にみえたKさん。

にへ「いま、傷ついた のら猫状態になっています」
とお伝えして、具体的にどうするかお話しました。

その後のお便りをいただきましたK子メールありがと
(掲載許可をいただきました)

・・・・・・・・・・・・・・・

とうこさま。Kです。


相談室中は、かなり失礼な態度をとってしまいまして、申し訳なかったです。

電話をかける前から手が震え、話し出してからは涙が止まらなくなっていました。

いろいろ感じていた事も全部無かった事にしていた事、
きちんと自覚させて貰えたと思っています。


電話の後にいろいろ思い出して、
自分はなんて恩知らずな人間なんだと気づいて、
胸が締め付けられる様に痛くなり、号泣してしまいました。


とうこさんが分かりやすく例えてくださった、傷ついたのら猫は
正にその通りだなぁ…と改めて自分を見たような気がしています。


とうこさんの暖かい声でたくさんのアドバイスを貰って、
やっと傷ついたのら猫を威嚇を辞められる…今は、そんな気分でいます。

泣いても良い…その言葉が胸に染みました。

本当にありがとうございます。

(略)

実は、相談室以来何だかんだと毎日泣いています。
今は、全ての感情をただただ感じております(^-^;

・・・・・・・・・・・・・・・

Kさん、ありがとうございますにへ

世界は、思っているよりずっと、良いところです。

気持ちいいことや、人のあたたかさを
たくさん感じてくださいねにへc.blossoms*


↓ふかふか、あったかくて気持ちいい~!





・人間関係がうまくいかない・・・!
・なにかが、おかしい・・・気がする・・・!
・これからどうしたらいいんだろう?

そんなみなさま、なんでも相談室へどうぞ。


私は基本的にゆるふわshokoponですが、
あなたに必要なことは、はっきりキッパリ伝えますにへきらきらきらきらきらきら
(伝わらないと、本人も動きようがないからね)


【なんでも相談室・詳細】 ・【お申し込みフォーム】
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

武田とうこ@適職診断さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。