優しく強く生きていく。繊細な方・HSP向けの適職診断・人間関係ご相談を承っています。

自然にがんばれて、幸せに働ける!「適職診断」をしています。繊細な方、HSP(Highly Sensitive Person)のお客さまが多いです。全国からお電話・スカイプでご相談いただけます。対面相談は東京・大阪・福岡・兵庫で承ります。


テーマ:
昨日の「お餅を食べるの会」
複数の方から、
女の子「どうやら私は間違った強みの使い方をしているらしい」
というお話が出ましたので、再UPします。

強みを幸せのために使う、具体例です。

---

こんにちは、ふんわりイラスト・とうこですにへ

なんでも相談室・コラムです。

【強みは、幸せのために使う】
~幸せと仕事を、強みがつなぐ~
 
生きていく上で
「強みをいかにお金にするか」
に目がいってしまって
「幸せ」が置き去りになっている場合がある。
  
「その強み、そこに使っちゃうのΣ(゚д゚lll)!?」
という場合である。


 

◆実際の例◆
 
「ものごとの形がわかる」という強みの人。
 
本職は「コンサルティング」だ。
 
「ものごとの形がわかる」という強みは、
「経営状況を分析しアドバイスする」
というコンサルの仕事に非常に向いていた。
 
しかし
 
「収入はいったん置いといて、
 本当にやりたいことは何ですか?」
 
と、とことん話を聞いていると
 
最終的に出てきた本人の望みは
「干し柿・梅干し・味噌etc.を作りたいにへランチ
というものであった。
 
「食分野で日々を丁寧に送ること」が
その人の一番やりたいことなのである。
 

こういう場合、
「ものごとの形がわかる」
という強みを思い切り使う(磨く)べき対象は
 
「経営状況を分析すること」ではなくにへ手
 
「食分野で日々を丁寧に送ること」
つまり、
「どの厚みでカブを切ったら、おいしい漬け物ができるかniko*きらきら
である。

 
幸せに向かって
全力で
強みを使うことが
その人の「人生の幸せ度」を上げる。


 
その人は
「物事の形がわかる」という強みゆえ、
 
一般の人が料理本を見たり、
経験を重ねないとわからない
「漬け物におけるカブの最適な厚み」が、
「一発でわかっちゃうniko*きらきら」のである。
 
 
「物事の形がわかる」という
どこでも使える強みなだけに、
 
自分の幸せがどこにあるのかを知っておかないと
強みを磨くべき分野を間違う
にへ手
 

* * *

 
幸せに向かって
強みをどんどん磨く。
 
「食分野における丁寧さ(=幸せ )」が「仕事になる」
くらいに磨くのである。
 

強みが、「幸せ」と「仕事」をつなぐ。
 

「食分野における丁寧さ(=幸せ )を仕事にする」ことなんて、できるのか…?
と思われがちだが、
 
料理教室をするとか
やりかたはいくらでもあるし
 
これをつきつめた一人が
「栗原はるみさん」であるにへランチ
 

  
長くなってしまったので、
このときの注意点など、続きは次回UPしますにへpencil*

>>続きはこちら♪


* * *
 

・この強み、どう使ったら良いむー
・どの分野で強みを磨くと良いの?
 
わからなくなってしまったら、
【なんでも相談室】へどうぞにへ

---

12月19~2月7日 東京に滞在します。
 対面・なんでも相談室@新宿、承ります。

全国から、お電話・スカイプでもお受けしておりますにへc.blossoms*

【なんでも相談室・詳細】 ・【お申し込みフォーム】

【これまでのご感想、ご相談レポート(一部)】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

武田とうこ@適職診断さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。