移転します

テーマ:
中国当局によるameblo規制に伴い、
日本からは見れるようではありますが
書いた本人が自分のブログを見れないと言うのも問題なので
移転することにしました。

移転先は、中国での最後の砦、gooブログです。

http://blog.goo.ne.jp/hungrytiger2011


心機一転、懲りずに頑張ります。

AD

資源のある国とない国と

テーマ:
会社の人と話していたのですが
日本の将来はどうなるのか?と。

結局、勝ち組になっているのは、
なんだかんだで資源を持っている国土のでかい国ばかり。

アメリカや中国。

みんなで変に同意したのが
「領土や資源を求めて戦争するのは、理にかなっているなぁ」ということ。
戦争は、いけないことだ!
と日本人なら誰でも思うけれど、結局、やっぱ資源を握っている国は強いんだ、という事実もある。

日本は、人間の質で勝負!というけれど、
地球規模の莫大な時間とエネルギーをかけて作り出した資源には、
やっぱ勝てないのか?

人の質ってことは、日本の場合は、≒ 技術力だけど
技術はすぐに盗まれますからね。

資源は、一度占領できたら、今どき流行らない戦争でもしないと
奪い取れませんから。
占領したもん勝ちです。

何で勝てばいいんだろう?
こんな小国が、国際的に”勝とう”と思うこと自体が
無理があるんでしょうか?



AD

1年ぶりの富春小龍

テーマ:
とうとう正式に(!?)中国でアメブロが見れなくなりました。
投稿だけはできるので、日本の人は見れているのでしょうか?

中国で、幸い当局の規制対象になっていないのは
gooだけになりました。

時期を見てgooに移行するかもしれません。

今日は、3時から新しい総経理を連れて某コンサル会社へ。
労務問題のセミナーでした。
最近流行の離職問。
沿岸部の製造業では、人が集まりませんね。
給料安いし。
来年の昇給率、どうしようかなぁ。

そのあとは、出張者と新総経理を連れてローカル系食堂へ。
一度、ローカル系に入ってみたいと言っていたので連れて行きました。
愚園路にある富春小龍へ。
僕が1人でこの店に行くときは、小龍包を食べるだけなので
1階で相席で食べるのですが、今日は4人だったので、2階のテーブル席で。

小龍包(豚肉と蟹)、春巻き、炒麺、セロリとユリネの炒めもの、
鶏肉とピーマン炒めもの、蟹粉豆腐、麻婆豆腐、ビール2本で196元。
1人50元。
安い!

こういう店で外食すると安くつくし、しかも美味しいし
言うことなしですね。
はずれ知らずです。
AD

蟹源とこ熊や

テーマ:
昨日、会社の人と蟹源でふぐを食べました。
450元のコース。
でも、ちょっといまいちかなぁ。
一つ一つが450元の料理ではなかったです。
ふぐの仕入れ値が高いのかもしれないけど、
このバランスでは、ヤバいですね。

で、今日はこ熊や。
二日連続でお高い店。
会社の部下を連れて、新生児お披露目会をしてきました。

なかなか忙しくて、普段、みんなを食事などに連れていって
あげれていないし、中国人にとって大切な春節にも
日本のカレンダーに合わせたろくでもない決算日程に対応して
出勤してくれたし、その老を労うとともに、
自分の新生児誕生とあわせて、誘うことにしました。

いつもは中華料理ばかりなので、割り勘じゃないときくらいは、
値段を気にせず、ちょっと良い日本料理を、と思いこ熊やに決定。

事前に店の名前を聞かれたので、教えておいたら、
みんな事前にいろいろ調査してるし。

「こんなに高いところ、申し訳ないです。」
「人気ランキング1番の店じゃないですか!」

そんなこと言われたら、安いコース選ばれへんやん。

かといって、一番高いコースにするのも、きついし。

ということで、それなりの360元のコースを。

やっぱこ熊やはおいしいですね。
昨日の450元とは全然違います。
360元でも十分でした。
総額5000元越えのなかなかの出費でしたが、
みんな喜んでいたはずなので、たまにはこんなのもいいですね。

ところで、今日初めて知りましたが、中国では牛蒡を食べないんですね。
辞書を見せて漢字を見せましたが、ぴんと来ていませんでした。
確かに、中華料理で牛蒡を見たことがない気がします。

みんなと食事をすると、会社ではわからない中国文化なんかを
教えてもらえるので、勉強になって良いですね。




ネット規制 途中経過

テーマ:
今朝の規制結果。

Amazon ダメ
Mixi    ダメ
日経新聞 ダメ

Gmail ok
Youku  ok (中国のサイトです。Youtubeみたいなサイト)

日経新聞が見れないのは困りますね。
うちは、日本のテレビも見れないから、最近、日本のニュースが
全然入って来ない。

なんでAmazonもダメなの?
これってデモに結びつく?

よくわかりませんねぇ。
ずっと続くんでしょうか。

困った国からのレポートでした。



テーマ:
$hungrytiger's blog

週末、瓢に言ってきました。
初めての訪問です。

東京六本木の松栄にいた板前さんがやっているお店。
恵比寿の松栄には、一度言ったことがあります。
芸能人とかがいそうな雰囲気の店でした。
http://www.pewters.co.jp/shops/matsue/index.html

瓢は、MARDI GRASのあるところにありました。
カウンター8人くらいと4人がけのテーブルが
4つほどだったでしょうか。
結構広いイメージです。

ランチは、3種類。
ちらし寿司と握り寿司の180元と280元。

娘は、180元、大人は280元を注文。

180元の寿司
$hungrytiger's blog

280元の寿司
$hungrytiger's blog


茶碗蒸しと握りが8貫ほどと鉄火が一本。
$hungrytiger's blog

食後にコーヒーとぜんざいが付いていました。

結論からいうと、お寿司はおいしいけれど・・・って感じ。

週末にも関わらず、店が広いのに、客は3組だけ。

気になるところがいくつかあります。


茶碗蒸し

巣ができていました。
好みなのかもしれませんが、出汁が多い気がします。
最後の方は、べちゃべちゃの茶碗蒸し入りスープ
みたいになっていました。

味はいいんですけどね。

客席数

高級寿司屋にしては、店が広すぎる?
広過ぎて、固定費がかさむし、客と板前との
コミュニケーションが取れないです。

語学力

板前さんが、カウンターに座ったスペイン人と英語で話しています。
メニューの説明をしていましたが、あまりにもへぼい英語。
六本木にいたんでしょ?
しかも、海外で店を出すんでしょ?
もうちょっと勉強しないと。

店のある場所は、フランス租界のお洒落なエリアです。
=西洋人が多く住んでいる
=日本語が通じない客が多いはず!

それくらい事前にわかるでしょ。


忍耐力

板前さんが、中国人助手に怒っていました。
かなりいらついた様子です。
でも、僕が見る限り、助手の取った行動は、
中国では、よくある行動。
それを日本式で叱っちゃ、中国人のプライドがめちゃくちゃです。
もうすぐ、あの助手は辞めるんじゃないでしょうか。
あの感じだと、中国人は誰も付いて来ないよ。

メニュー

お寿司ばかりの3つのみ。
西洋人が多いエリアでそれは厳しいんじゃないの?
カウンターのスペイン人も「そばはありますか?」って聞いてたしね。


価格

280元は高いですね。
日本だと、3000円強というのは、それほど高くないかもしれませんが
ランチでこの値段は、上海では、高いです。
その割に、このボリュームだと満足感がいまいちです。

他に寿司屋がない国だったら、これでも日本人が飛びついてくるけど
鮨春の海鮮チラシ定食 150元なんかと比べると、
ちょっとコストパフォーマンス悪し、ですね。
上海には、たくさん美味しい鮨屋がありますからね。


板前さんは、寿司職人としては、優秀なのかもしれないけど
経営者としては、まだまだ修行が足りないのかもしれません。

もうちょっと頑張った方がいいですね。

スパイゲーム

テーマ:
久しぶりに好きな映画スパイゲームを見ました。
なんども見ている映画です。
僕の好きなブラピとロバートレッドフォードが出ている映画。
しかも、スパイものです。

この映画を見ると、そのあと、見たことがすぐに、
奥さんにばれてしまいます。

どうも僕の動きがスパイモードらしいのです。
やたらと動きが早いし、足音を立てないようにして歩くし。

とにかく動きに無駄がないんですね。
スパイ映画を見た後は。

最近、面白いスパイ映画を見てない気がします。

オススメのある方は、コメントください。


スパイ・ゲーム [DVD]/ロバート・レッドフォード,ブラッド・ピット,キャサリン・マコーマック

¥6,300
Amazon.co.jp

テーマ:
ニュージーランドで地震があったようですね。
日本人も被害に会っている様子。

ほんと、何が起きるかわかりませんね。

留学先を決めるときは、安全な国の人気があると思うので、
ニュージーランドは治安もいいイメージがあるので、
人気があると思います。
でも、予想もしないことがおきるんです。

僕は、治安の悪いとされている嫌われ者の中国に
住んでいますが、今まで事件に巻き込まれたことはありません。


人生って、ほんと、運が全てなのではないかと感じます。

だって、そもそも日本人に産まれたこと自体が
かなりの幸運の持ち主です。
これは、僕の努力でも才能でも、なんでもないですからね。
たまたま、平和で裕福な時代の日本に産まれたんです。
すごい確率ですよね。

僕は、神戸大学に通ってましたが、阪神大震災に被災しませんでした。
ちょうどアメリカに留学中だったので助かりました。

パリでも爆弾テロにあいそうになりました。
たまたま気分が変わって、当初行こうと決めていたテロが起きた場所に
行かなかったから、助かりました。

メキシコで1週間違いで大地震から逃れたこともあります。
3週間滞在したメキシコ。
友人からの誘いを断り、帰国しました。
帰国後、日本で地震のことを知りました。

すべて偶然です。
無理矢理のこじつけかもしれません。

でも、僕が今、生きてることは、ラッキーの連続なんです。

一回でもアンラッキーがやってきていたら、僕はこの世にはいません。

仕方なく死んでしまうその日まで、ラッキーだらけです。

奥さんは、阪神大震災で被災しました。
でも、今、生きています。
ほんと、ラッキーです。

命を大切にしないとアンラッキーに遭遇してしまった人達に
申し訳ありません。
かといって、大切にしようとしたところで、アンラッキーに遭遇しないとは限らないんですけどね。

ということで、自分はラッキーだとかアンラッキーだとかを気にせずに
好きなように生きるのが一番良いってことですね。

よくわからん結論になってしまいました・・・。


エレベーター監禁事件

テーマ:
朝から仕事で外出していた帰り、奥さんから電話が。

「大変!エレベーターに閉じ込められた!」
娘がパニックになっているとのこと。
「あっ、でも、動き出した。大丈夫みたい!」

その言葉で少しホットしたのですが、その後の続報電話が来ない。

おかしいと思い、こちらから電話すると
「まだ、閉じ込められているの。しかも、すごく揺れている!怖い!」

急いで家に戻ります。

マンションに到着する直前、助かったとの電話が。

こんな状況でした。

まず、奥さんと子供達が3階でエレベーターに乗り込みます。
1階を押したのに、上って行くエレベーター。
誰かが先に呼んでしまったのかと思い、
特に気にせず、20階に到着。

でも、ドアが開きません。
ここで娘が何かを察知し、号泣開始。
エレベーターの非常ボタンを押しますが、
その先で応答してくれた人は、中国語しか通じない。
しかたなく、マンションの管理センターへ電話。
その後、たまらず、奥さんが僕に電話します。
そして、電話中に動き出したエレベーター。

16階に到着。

そこで、別の家族が乗り込んできます。
知りあいの中国人。
旦那さんがイギリス人なので英語が話せる人です。
ちょうど先日の元宵節パーティで知り合いました。
妊婦さんです。
来月出産予定。

もう通常に戻っていると思ったので、特に気にせず
乗り込んできます。

すると、またエレベーターがおかしい。
そのまま1階を通り越して、地下1階まで行きます。

そして、ドーンドーンと何回も縦揺れ。

どうも、さらに下まで進もうとしているようですが
一番下の階なので、ストッパーにぶつかっています。

中にいるのは、生後1ヶ月の赤ちゃん、出産まで1ヶ月の胎児、妊婦、奥さん、4歳の娘、3歳くらいのハーフの男の子。

しかも、元宵節の日、この妊婦さんは、このエレベーターで全く同じ現象にあっていたそうです。
よりに寄って、同じ人が2回目の被害。

結局、1階と地下1階の間に停止したエレベーター。
無理矢理ドアをこじ開け、隙間から管理スタッフに抱きかかえられて
全員救出。

その間も、ドアは閉まろうと動いていたそうです。

けが人は、0。
不幸中の幸いです。
でも、娘は二度とエレベーターに乗ろうとしません。
うちは、3階なので、まだ階段でもなんとかなりますが
妊婦さんのところは16階なので、階段と言う訳にもいかない。
しかも、2度も経験しています。
ちょうど旦那さんが出張中で、余計に心細い日々。

1回、同じことがあったのに、再発させるって、どうなんでしょうか。
使用禁止にしたらいいのに。

おりるときもドアが勝手に閉まろうとしてたってことは
電源を入れたままにしてたってこと。
こんなときは、他のエレベーターを止めてでも、手動に切り替えるべきだと思います。
消防も呼んでないし。
緊急対応訓練ができていませんね。

うちの会社でもそうですが、この国の人は、何かに事前に備えるってことができない人達です。

「だって、何も起きなかったら損じゃん!」と言い放ちます。

製品の品質の悪さと人間の性質をしっかり理解しておかないと
この国では、大惨事を引き起こしますね。

危ない国です。