オカンの色々考察日記

注意欠陥と学習障害を抱える息子の育て方にもがくオカン。
息子の「なんで?」な行動に疑問を持ち、それを解き明かしつつ、さらに息子なりの生き方を模索しているオカンのつぶやき&頭の中身です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



              こちらにご訪問いただき、ありがとうございます。




我が家族は

ADHDとLDを抱える息子(現在小6・診断済み)と、少しアスペっぽい傾向を持つオカン(私・未診断)と

確実にADHDであろう主人(未診断)と、猫2匹の家族です。



息子の苦しさの主軸はADD(集中困難)ですが、書字障害もあるので学習面での躓きが非常に大きいです。

発達性協調運動障害(DCD)と思われる特性も抱えており、不器用さの度合いも極めて高いです。





そんな息子は、大きな困難さが表からは目立ちますが

内面には、輝くような才能の原石が潜んでいるように私は感じています。


その原石の輝きに惹きつけられ

何とかして内側に潜むその才能を引き出したい!


凸を伸ばしたい!


多数派とは違って、少数派の特殊な脳ミソを持っています。 (私もだけど。)




必ずクラスに一人はいた、ちょっとドンくさいポ~・・・っとした男の子。

「ほわん」とした癒し系。

ついつい手伝ってあげたくなるような、愛されキャラな息子です。





親バカ炸裂で、息子を育てています。





~・・過去の経歴・・~


2010年(小2)・・・・学校担任にLD(学習障害)の示唆をされる。

             相談機関にてADHDの示唆もされる。

             対人関係にやや難があった時期。(小1の頃が一番酷かった。)


2011年(小3)・・・・ADHDと、それに伴うLDの診断名がつく。

             LDは、書字及び推論の凹が顕著。

             この頃より、息子の学習支援と発達障害全般についての研究をはじめる。

             学習(中でも書字)への拒否感が一番強い時期。


2012年(小4)・・・・教育センターと繋がりを持つことができ

             ようやく通級指導クラスに通えることになる。

             学校との連携に向けて本格化。

             担任のおかげで学習への拒否感が少し和らぐ。(書字は相変わらず。)


2013年(小5)・・・・通級、学校、家庭との連携が軌道に乗り、環境整備が整う。

             学習への意欲が見え始める。

             書字の苦手さは相変わらずだが、拒否感は消失。

             苦渋の決断により、夏休みからコンサーターの服用開始。


2014年(小6)・・・・現在。

             

            



※過去記事へのコメント、大変ありがたく思うのですが


その時の心情や、思いが変化してしまっているからか

適当な言葉や文章が思い浮かばず(泣)


大変申し訳ないのですが、過去記事へのコメントの返信は控えさせていただきますm(_ _)m



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚












テーマ:

 

 

 

もうすでに受験校の赤本が出回ってるので

息子の第一志望校であるA高校の赤本を使用して検証。

 

 

 

 

A高校の試験時間は1教科50分。

間に休憩が20分。

 

3教科目と4教科目の間に

昼食&休憩が1時間。

 

 

 

息子は時間を追うごとにパフォーマンスが下がるため

入試の教科順も大事な要素。

 

 

調べてみたところ

 

国→数→英→昼食→理→社

 

で実施される模様。

 

 

 

これとまったく同じ要領で

1日かけて自宅で実施してみた。

 

 

 

実施回数は3回。

 

 

 

①土曜日の休日

 

・体力気力満タン

・コンサータ効いてる状態

・メンタル安定

・入試科目はA校の科目順通り

 

 

 

②日曜日の休日

 

・体力気力満タン

・コンサータ効いてる状態

・メンタル安定

・息子の苦手科目順で実施

 

 

 

③学校から帰宅後に実施

 

・疲労感あり

・コンサータの効き目タイムアウト

・集中できず、焦り、苛立ち、不安感が湧き出す

・A校の入試科目順通り

 

 

 

まず①の結果から。

 

国語・・・52

数学・・・64

英語・・・20

理科・・・48

社会・・・18

 

合計202点

 

合格ライン突破!!

単純ミスもほとんどなし。

 

 

 

 

②の結果(以下の教科順で実施)

 

英語・・・18点

社会・・・22点

国語・・・38点

理科・・・34点

数学・・・42点

 

合計154点

 

ギリギリのライン。

理数では単純ミスが目立つ

やはり得意科目が後半にくるとスタミナ切れが気になるところ

国語は空欄が目立つ

 

 

 

 

③の結果

 

国語・・・28点

数学・・・24点

英語・・・14点

理科・・・22点

社会・・・16点

 

合計104点

 

合格ラインを下回る

全般的に空欄が目立つ

理数では、本来解ける問題も解けてない

 

 

 

 

①と③では100点近くの点数差。

おそらく模試では③の状態に近かったはず。

 

「模試の評価は当てにならん!」

という私の勘は、これで裏付けられる。

 

 

息子も、自分のコンディションひとつで

ここまで点数差が出るんだと目に見える形で示され

 

とても驚いている様子。

 

 

 

 

 

実際の入試では

息子の得意な数学が2番目にきていること

 

また、理科の前に昼食があって

実質、休憩1時間あるのは非常に有利。

 

 

さらに、丁寧に設問や文章を読まないといけない国語が

一発目にきているのもこれまた有利。

 

(息子の場合、丁寧に文字を追うだけでスタミナを消耗する。

でないと自己流解釈になり点を落とす。)

 

 

 

 

3回実施してみて

本人自身、受験に対し非常に不安感を抱いていた様子だったのだが

 

スタミナフル

メンタル安定

コンサータ効いてる

 

この三拍子が揃っていれば

それなりの点数が出せるんだと安心できた様子。

 

 

 

さらに未習得な単元が明確になり

 

これから理数の未習得部分を挽回すれば絶対イケる!!

と、大きな自信も得られたようだ。

 

 

 

 

この3回分を塾長へ報告。

 

答案用紙と共に

その時の息子のコンディションを記したメモを提出。

 

 

 

《塾長の感想》

 

こんだけ変わるんか・・・。

 

うん。

イケる!!

数学は今からでもまだ伸ばせる!!

 

国語も選択問題を選ぶときの技術や

抜き出しのコツがあるんです。

それをマスターすれば大丈夫!

 

理科はあんまり変わらんなー。

確実にとれるところをとっていけるようにしましょう!!

 

 

英語と社会は変な話ですが

ヤマ張ります。

博打ですが、少なくとも今よりは多少マシになる。

 

こなせる範囲内でヤマ張りましょう!!

 

 

 

 

なんという力強いお言葉・・・(´;ω;`)

 

 

 

 

希望通りA高校専願で大丈夫です!!

その変わり、しっかり頑張るよう言い聞かせておいてください。

 

 

 

 

塾長からお許し出たーーーーっっ・゜・(ノД`)・゜・

 

 

 

 

3回の検証結果から

塾側が息子に対し、どうしてやったらいいのかの見通しが立ったようで

 

他にも色々アドバイスを貰えました。

 

 

 

 

ということで、受験に向けて

学習面に関してはこれから塾長にお任せ。

 

息子にも、塾長の言ってたことには絶対に従うよう言い聞かせ。

(自己流解釈、アレンジ禁止令)

 

 

 

私は、息子の心と体のコンディション管理に集中します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

現在の息子の学力では

併願で合格するのは非常に厳しい状態。

 

 

なので、ハードルの低い専願での合格を狙うしかない。

 

 

模試の評価では

 

A高校・・・C判定

B高校・・・A判定

 

と出てはいるが

 

当時の息子のコンデションがボロボロだったため

模試の評価は、はっきり言って当てにならん。

 

 

 

 

塾長が高校に掛け合ってみたところ

高校の先生が見た息子の合格率は

 

A高校・・・B評価

B高校・・・まだ不明

 

 

 

B高校と塾長の面談がまだなので

 

試しに私が個別相談で訊ねてみたところ

B高校の先生から得られた評価はちょい厳しそうな感触。

 

 

 

どうやらこの学校は

5教科満遍なく一定の学力を求めてる。

 

 

例え受験科目は3教科であっても内容を重視され

合格ラインである120点を超えたとしても

 

1教科でも25点以下であった場合

不合格になる恐れがあるのだそうだ。

 

 

 

さらに、私立なのに内申も評価対象。

 

 

 

息子のような

得意・不得意のハッキリしたタイプの子には不向きな様子。

 

 

例え入学できたとしても

この学校はしんどいかもしれん・・・。

 

 

 

んーーーー。

困った。

 

 

 

 

塾長からも専願校の決定は

もう少し待ったほうが良いと言われており

 

現在、塾長とB高校との面談待ち。

 

 

 

ヤキモキするーーー!

(待てない性分w)

 

 

 

ということで

待ってる間、検証実験をしてみることにした。

 

 

 

 

(次で最後です。)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

うって変わって

お次は併願で受ける予定のB高校の話。

 

 

 

こちらもA高校と同様に私立校。

 

 

A高校とは違って

電車で約20分程の距離にあり

 

乗り換えなし

駅チカ

 

息子が一番譲れない

「家から近い場所にある学校」を何とか満たす好物件。

 

 

 

入試科目は英数国の3教科で

 

来週に入試説明会があるため

最低合格ラインがまだわからないのですが

 

A高校と同様によく滑り止めに使用される私立高なため

併願であれば120~150点はいるかも?

 

 

 

 

私立校の割に施設や設備が古く

道路沿いに校舎が4箇所点在し

 

新設することよりも建て増しを繰り返してきた模様。

 

 

生徒は教科ごとに外に出て

校舎を移動するんだそうです。

 

 

 

ユニークだったのが

学校の敷地の中に用水路が流れてて

 

案内してくれた生徒さん曰く

 

「夏にはフナや金魚が流れてくるんですよ。」

 

って(゚д゚)

 

 

 

そこから彼の「金魚はフナを品種改良したもので・・・」

金魚フナ談義がはじまり。

 

 

いやはや

用水路以上にユニークな彼でした笑

(しかもイケメン!!)

 

 

息子、喰いつく喰いつくww

(母はイケメンとのギャップに喰いつく)

 

 

 

校舎の中は、建て増しを繰り返してきたからなのか

まるで迷路のようで

 

これまた息子、楽しそう。

 

 

母、目が回りそう・・・。

(現在地まったくわからん!!)

 

 

 

学校説明会では学園長が壇上に上がって色々話してくれたのですが

 

なんでも、思っていた以上に集まってしまい

ビックリして緊張しているのか

 

何言ってるのか意味不明・・・。

 

 

 

2年ほど前から入学志願者が軒並み増えてきてるそうで

なんでこんなに増えてきたのかわからないっぽい。

 

 

 

数学の体験授業も受けてきたのですが

 

 

ゴメン。先生。

 

こちらも何言ってんのか全然わからんわ・・・。

 

 

 

先生陣、大丈夫かっっ?!?!

 

 

 

学校説明会に集まってきた子達

&在校生の子達を観察してみたところ

 

在校生の子達はなにやら独特の雰囲気。

 

 

おたっきーの巣窟だな。こりゃww

 

 

なかなか個性的な子達が揃ってました。

 

 

 

でも、めちゃくちゃ礼儀正しくて人懐こい!

 

んーーー

息子に合いそうな子達がいっぱい。

 

 

 

でも、先生陣が不安不安不安・・・orz

 

 

 

 

不思議に思ったのが

なんでこの学校に入学志願者が増えてるのか??

 

 

リサーチしてみたところ

 

このB高校は偏差値38で

ほぼ底辺の私立校なんですが

 

入学時は底辺でも

卒業時には45まで上がってるんですよ。

 

 

つまり、それだけ伸ばしてくれてるんですよね。

 

 

 

説明、めっちゃ下手くそやったけど???

なんで???

 

 

と思ったのですが

 

再度思い返してみると

どうやら先生陣、生徒達のことを一番に考えてくれてるようで

 

可愛くて可愛くてしょうがない

 

みたいな話を数学の体験授業の時に言ってたなーと。

 

 

 

息子の現担任がそんなタイプの先生で

 

子どもらの気持ちを一番に考えてくれる先生なんですが

正直、親の目から見たらクソ頼りない先生なんです。

 

 

 

でも、それは親目線であって

 

子ども目線で眺めた場合

 

めちゃくちゃイイ先生で

息子の中学校の中で、子ども達から一番信頼を寄せられ人気あるんですよね。

 

 

これといった目立つ指導をするわけではなく

ただただ、子どもの気持ちに丁寧に寄り添ってくれる人なんだと言えば伝わりますかね?

 

 

 

このB高校からは

同じ匂いがプンプンする。

 

 

大人たちからしっかり気持ち受け止めてもらって

寄り添ってもらって

 

精神的なサポートいっぱい受けながら

そんな環境の中で自力で伸びてきたんだろうなー

 

 

偏差値は低いけど

人間らしい、本来あるべき本当の教育をしてくれるところかもしれんと思いました。

 

 

 

ただ、県外になるため市からの援助金が減る上

年間の学費は100万超えーー((>д<))

 

しかも交通費をさらにプラス!!

 

 

先立つものは金か・・・orz

(お父さーーーん。頑張ってーーーー!!)

 

 

 

ちなみに、B高校を専願にした場合

あのボロボロ状態で模試の評価はA判定

 

 

塾長も、来週B高校に話し合いに行くらしく

我が家も来週入試説明会。

 

 

12月半ばには、希望校を決定しやんとあきません。

 

 

 

どっちも捨てがたい!!

悩むーーーーー。

 

 

と、いくら母が悩んでも息子の気持ちは変わらず

A高校が第一希望。

 

 

んあーーー。

点数がなーーー。

 

もうちょいいるんだよなぁ・・・。

 

 

 

(まだつづく。)

 

読んでくださってありがとうございました!
宜しければバナーをshokopon っとお願いいたします。

   
            サゲサゲ↓ 
     にほんブログ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。