パソコンのトラブルシューター!パソコントラブルの専門家『ゆーもあねっと』@豊橋

豊橋市を中心に活動する、ロリータファッション&痛車が大好きなパソコントラブルの専門家。日々のお仕事の事例や地域貢献活動などをご紹介したいと思います。BNIメンバー。


テーマ:
この日は、私のデスク周りのオーディオ環境を整えてました。



というのも、お客様からとあるオーディオラック(ボード)をいただいたので、
設置したかったんですね。



今までは、富士通テン/ECLIPSEのTD-307をメインで使っていましたが、
パイオニアのオーディオシステム『X-NT9MD』に変更しました。

当時、パイオニアでも
ハイクラスのミニオーディオコンポーネントブランド『FILL』シリーズとして
販売されたものです。

それを、数年前に中古でまた揃えました。
しかし、スピーカーが大きいのと、ECLIPSEに浮気をしてしまったせいで、
しばらく使ってなかったんですよ。

ところが、私のお客様で専用のオーディオラックを持っていらっしゃる方が
いらっしゃって、ご厚意で譲ってもらいました。

そして、晴れて『X-NT9MD』復活というわけです。

この『X-NT9MD』も、私がパイオニアの販売員の時に、
ヤマダ電機豊川店で販売していた製品です。

パイオニアに雇われていたときの最初のミッションは、
『ミニコンポ(オーディオ機器)を販売すること』でした。
当時(2001年前後)は、プラズマティスプレイやDVDレコーダーを販売していたものの、
主力はあくまでオーディオでした。
ですから、私もオーディオコーナーに常駐し、オーディオをメインに販売してました。
エントリーモデルの『X-MDX707』、ヨーロッパデザインを取り入れた『X-J7MD』、
ダブルMDデッキを搭載した『X-MC5MD』、
DJライクが楽しめる『X-RMX9MD』などを販売してました。

その中でも『X-NT9MD』とその弟分『X-NT7MD』は、音にこだわったモデルでした。
ライバルは、ONKYOの“INTEC205シリーズ”、DENONの“Lapisia”“ef”でしたね。
というかね、オーディオコーナーに、パイオニア、ONKYO、DENONが毎週常駐し、
時にはKENWOODもやってくる、当時のヤマダ電機豊川店は異常でした。
フロア長ですら「ここ(オーディオコーナー)が、
一番ヘルパー(メーカーの販売員)が多い」とぼやくほどでしたから、
よっぽどだったんでしょう。
でも、クリスマス、年末商戦は戦場でしたね。
オーディオコーナーは。
今では考えられないぐらい。

ちなみに私の『X-NT9MD』は、アンプ部に若干の改造が加えられています。



本来は、バナナプラグ対応ではないのですが、
バナナプラグが刺さるようにスピーカーターミナルを変えています。
また、電源インレットも、3極対応にしました。
おかげでサービス電源は使えなくなってしまいましたが。

ところでね、これ驚いたことに日本製なんですよ!!
今じゃ、中国製とかマレーシア製とか当たり前なのに。
パイオニアの現在のフラグシップスピーカー(S-1EXなど)も中国製(´;ω;`)
ひょっとしたら、日本で生産された最後のオーディオコンポーネントかもしれませんね。

一応、システムとして使えるようにCDプレーヤーや
先日も登場したMDデッキも接続しています。
ただ、メインの音源はパソコンです。
パソコンから、九州のとあるエンジニア(?)の方が作ったUSB-DACを通じて
アンプに流し込んでいます。
このUSB-DACなんですが、全くクセがなく、すっきりとした音を奏でてくれるので、
とても好きです。

USBケーブルは、AIM電子製『SHIELDIO UAC』。オーディオ雑誌『HiVi』に
オマケでついていたもので、ケーブル部が15cmとメチャメチャ短いです。
が、USB-DACが小型なので、何とか接続しています(笑)



オーディケーブルはHISAGODENZAI製。
そして、スピーカーケーブルはZONOTONE。
びみょーにこだわってます。

ただ、ただ!
これだけやっても、クルマのオーディオシステムには追いつきません。
あっちは、総額50万以上ですが、こっちは10万以下ですかね(笑)

でも、クルマが小口径のスピーカーなのに対し、
こっちは16cmコーン型ウーファーを中心とした3ウェイスピーカーシステム。
音の方向性が全く異なります。

ですから、こっちはこっちでパワフルで、広がりのある音を楽しませてくれます。
ドーピングの影響もあって、なかなかいい仕上がりです。キレもあって。



当時のカタログもまだ残してあります。
久々に開いていましたが、
「ああ、こいつを片手に売りまくったなぁ」と思い返してました。
その相棒が、隣の青いCDです。

『Air』というパソコンゲームの初回限定版に付いていた音楽CDです。
ゲームの主題歌(?)や、内容をイメージした音楽が収録されてます。

あまり大きな声では言えませんが、『Air』はいわゆるアレなゲームです。
でも、一般のヒトにはあまり関係ありませんし、
店頭デモでメチャメチャ使えるので、ばしばし流してました。

まず、『鳥の詩』で全体的な音のイメージを感じてもらいます。
それから『双星』でピアノソロを聴いていただいて、
『青空』のアカペラを聴いていただいて、落とす(成約)。

このパターンが鉄板でした。
もちろん聞き比べも、これらを聴いてもらいますが、
大概『パイオニアの方が音がいい』と評価していただいてます。

『鳥の詩』にせよ、『青空』にしても、いい歌ですからね。
お客様から、それを評価される場合もあります。

でも、パソコン売り場の店員さんらにとっては『( ;゚д゚)ェ..........................』らしいですよ。
ま、当然ですね。

これからも大事に使って行きたいです。
このオーディオシステム。
昔は、大口径のスピーカー、超弩級のアンプ、プレーヤーに憧れましたが、
切りがありません。

ところで、ECLIPSEどうしようか(;^ω^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、MDからCDへのダビングについてお話しさせていただきました。

今度は、VHSからDVDへのダビングです。



VHSデッキの生産が終了したとかしないとか。

そもそも『VHSって何?』という声も聴かれることも珍しくない世の中。
今の若い子に、VHSテープを見せても、ピンと来ないでしょう。

でも、大事な思い出をVHSテープに記録してある方もまだまだいらっしゃるでしょう。
また、今では貴重な教材のビデオも実は取ってあるという方もいると思います。

かくいう私も『スーパーマリオ全面攻略ビデオ』や
スーパーファミコンソフト『新桃太郎伝説』が発売されたとき、
特典で配布された実写版桃太郎伝説『新桃太郎伝説七夕の村は激戦区』を
未だに持ってます。



これらは、間違いなくDVD化されることはないですからね(笑)
このままで保管しておくか、DVDへ移行しておくか・・・。

そして、私の自宅にはそれを実現できるデッキがあります。
それがパイオニアの『DVR-RT50H』です。

もちろん、こちらの商品もヤマダ電機豊川店でバリバリ売ってました(笑)

というかね、VHSってのはパイオニア販売員にとって胃が痛いんですよ。
なぜって、そもそもパイオニアはビデオデッキを販売してませんし、生産もしてません。
VHSからDVDへ移行期のとき、
パナソニックがいち早くVHS一体型DVDレコーダーを発売した時は衝撃でした。
それから、HDDも内蔵されたVHS一体型も発売され、
VHSを擁していないパイオニアにとって、メチャメチャ不利でした。

そこをね、得意のトークでパイオニアにひっくり返したりしたのはいい思い出です。
結局、あれから1年半経って、
パイオニア初のVHS一体型DVDレコーダー『DVR-RT500』を発売しましたが、
遅きに失した感は拭えませんでした。しかも、他社のOEM ガクッ ('、3_ヽ)_
だって、その時には他社(といってもパナソニック)が
HDDも内蔵したVHS一体型DVDレコーダーを発売していましたから。

もうね、店頭は戦場ですよ。
パイオニアの武器は『使いやすさ』一択。
ラインナップはパナソニックに敵わないし、編集機能は東芝。
画質は、そもそもこだわる人はレコーダーを買わない。
ブランドイメージは圧倒的にソニー。
どうやって戦ったらいいんですか?

まあ、でも、売りましたよ。売りまくった。
年末商戦期に、高く積まれた在庫の山に呆れつつ、
パイオニアの営業さんからら「(あんなに売るなんて)変態」だと言われながらも。

自信があったんですよ。
『これを購入すれば、お客さんは絶対満足できる』って。
だから、一生懸命説明して、ご納得いただいた上で皆様お買い上げいただきました。

ただ、ただ一度だけボブサップに負けたことがありましたが。


そんな昔話はとにかく。



VHSの映像をHDDに取り込んでから、DVDにします。
その前に、タイトルの分割や、無音部分の削除など軽く編集をします。

さすがにラベル印刷までやりませんが、
受け取ったときに見やすいようにしておきます。

『DVR-RT70H』はこれからもしっかり頑張って欲しいものです。
あっ、ちなみにVHS部は船井電機製だそうですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
豊橋を中心に、ダンスのインストラクターやライブなどで活躍している
ジャズダンサー黒田宏実さん。

3/5(日)にも、豊橋市花園町の『Jazz&Dining Coty』にてライブが開催される予定です。
私は、そのCotyさんのライブスケジュールを定期的にアップするお仕事をいただいてまして、
それがご縁でお近づきになりました。

先日、黒田さんのfacebookを拝見させていただいたところ、
ダンスレッスンで、未だにMDを使っているのをお見かけしました。
しかし、MDは絶滅危惧種。プレーヤーを手に入れるのにも一苦労。
MDからCDに移すことはできないものかとお困りの様子でした。

そこで、私が「MDからCDへのダビングをやりましょうか?」
提案させていただいたところ、ご依頼いただけることになりました。



私も実は、MDデッキを持ってまして。
しかも、かつて私がパイオニアの販売員として
ヤマダ電機豊川店で販売していた機種です。
FILLシリーズ『X-NT9MD』

今回は、MDデッキだけ使います。
ちなみに、このシリーズは、オプションでCDレコーダーもあったのですが、
生憎とそれは持ち合わせていません。
あれば、MDからCDへのダビングが楽に・・・・・・・・
たぶんならない(;^ω^)



パソコンに繋げて、まずはWAVE形式で録音していきます。
無音部分を検知して、そこでファイルを自動で分割といきたかったのですが、
もともとの音源がカセットテープの生録音だったようで、
ノイズが多く無音部分を検知できません。

なので、まずは全部録音した上で、後で分割するようにしました。
これがCDレコーダーだったら・・・と考えると、ちょっとコワイです。

ファイルが出来上がったところで、
これをオー-ディオCDとしてCD-Rへ記録していきます。
また、元ファイルも取ってありますから、
iPod等に入れて再生するもよし、またCDを作るのもよし。

ちなみに、
カセットテープからCDへ移す(パソコンデータ化する)
こともできます。

思い出のMD、テープを永久保存したい方はぜひご相談ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現在、名古屋鉄道『知立駅』が大規模改修(建て替え?)中です。



私がかつて乗り降りしていた2番線、3番線ホームは取り壊されて、
見る影もないワケじゃないんですが、
ホームとしての機能は、もう果たすことはできません。
線路も撤去されてますし。

『知立駅』は、私が高校3年間お世話になった駅です。
(当時)何を思ったか(いや、思いはあった)、地元の高校ではなく、
愛知教育大学附属高校へ進学してしまいましてね、
知立駅はその最寄り駅なんですよ。
ここから、自転車で刈谷の愛教附まで約30分かけて通ってました。

その当時の知立駅。
3年間の間に、道路を挟んだ隣のパチンコ屋&居酒屋が火事になったり、
新しくコンビニができたり、色々な変化を遂げてましたね。
現在、特急列車が当たり前のように停まってますが、
当時は、知立駅通過もあったんですよ。
それが、必ず停まるようになったのは、この3年間の時でしたかね。
『座席指定車(座席指定券)』を『ミューチケット』と呼ぶようになったのも
この間だったっけ?
そうそう、全席指定の『パノラマDX』もまだ走ってました。
一度は乗ってみたいと思ってましたが、結局乗ることはできませんでした。

あと、知立駅を下りて左手奥に、エロ映画館がありました。
当時高校生の私に取っては、刺激が強すぎましたね。
気になって仕方はなかったのですが。
それも、今ではなくなっているようです。

それが卒業した後、
 ・1番ホームにあった売店、立ち食いそば屋がなくなっていた
 ・取り壊されている最中の2番、3番ホームにあった立ち食いそば屋もなくなった
 ・発車標がソラリー式から電光掲示板に変更された
 ・地下道を廃止するため(?)歩道橋や、エレベーターができた

など、駅そのものも変化がありましたが、
周辺の建物も変わりましたね。それも、工事の影響でしょう。
喫茶店などが入っていたビルもなくなっちゃいましたし。
あと、豊橋方面の線路沿い南側にあった『麗人街』という飲み屋街もなくなってました。
この向こうに無料の駐輪場がありましたので、いつもそこに自転車を停めていたんですよ。

そうそう、帰りの電車の窓から見えていた、
『ヤング』という昔ながらのキャバレー(?)も建物ごとなくなってました。

たった3年間でしたけど、色々と難しい時期でしたから、思い出も様々ですよ。
ただそれがね、こうしてカタチを変えていくのは寂しさを感じます。

完成は2023年だそうです。
機会があれば、ちょっと降りて、かつての通学路を散策したいと思います。
クルマでは、国道1号線をチョイチョイ通るんですけどね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現在、私は豊橋市草間町、東和プラザにある
『レベッカランゲージスクール』で英会話を習ってます。

先生の太田ベッキーさんは、
一度豊橋BNI手筒チャプターへお越しいただいたことがあり、
それが縁で、パソコンのサポートをしたり、英会話を習うことになりました。
ちょうど私も、次のステップへあがる為に英語が必要になっていたところでしたからね。

ベッキーのレッスンは、決まったマニュアルがあるわけではなく、
どちらかというと「習う」より「慣れろ」といった感じで進められます。
私も、「今日はどんな内容かなー?」「どんな話ができるのかなー?」と楽しみにしています。

そして、私が英会話を習う一方、私が家庭教師もしているためか、
日本の文化や、日本語の疑問について聴いてくることがあります。
それで話が盛り上がりすぎて、レッスンが終わってしまうこともありますが。
ただ、その話も極力英語でやりますので、やはり「習う」より「慣れろ」ですね。

そんななか、先日のレッスンでおもしろいエピソードがあったのでご紹介したいと思います。

ベッキーとある方(Aさん)との会話です。
Aさんがベッキーの教室へお伺いしようと、アポを取ろうとしたときのことです。
ちなみに、Aさんは英語があまり得意ではないようです。

Aさん:13:00頃はいかがですか?

ベッキー:13:00は都合が悪いので、15:00はいかがですか?

Aさん:OK!“また”、伺います!!

さあ、みなさんどう思いましたか?
Aさんは来たのか、来なかったのか。

ベッキーは、Aさんが「OK」と言ったので、15:00に来ると思っていたそうです。
でも、実際にAさんは15:00来ませんでした

ベッキーは、Aさんに尋ねました。

「OK!と言いましたよね?」

Aさんは、

「“また”、伺いますと言いましたよ。」

そう、この“また”という言葉が曲者です。
“また”は英語で“again(再び)”と訳されることが多いです。

だから、ベッキーは、

「分かりました。(15:00に)“再び”お伺いします。」

と理解したそうです。

でも、日本人が“また”と使うとき、果たして常に肯定するでしょうか?
おそらくAさんは

「そうですか(15:00に伺うのは無理だな。)。“また(今度)”、お伺いします。」

という意味で使ったのだろうと思います。

この日本人独特の言い回しがベッキーには理解できなかったらしく、
Aさんをずっと待ち続けたそうです。

私は、ベッキーにAさんが言った
“OK!”はあくまでネガティブな意味(行けない)で、
“また”は、「また今度」という意味で言ったんだよと説明したところ、
納得していただくことができました。

日米の文化の違いを垣間見た瞬間です。

こんな話をベッキーとのレッスンではチョイチョイします。


ところで、この話をしたとき、ある漫画を思い出しました。



『南国少年パプワく』(by 柴田亜美)です。
この写真は、第4巻。シンタローがサービスに連れられ、パプワ島を離れるシーンです。

確かにシンタローの言うとおり、
「大人はすぐに“また”とか“いつか”とか言って」しまいます。
なんというか、ぼかしているワケですよ。

でも、それって今回のベッキーの様な事態を引き起こしかねないわけで。
やっぱり、言うのであれば、「また、○○に来ます」とか言うべきですよね。
下手な希望を抱かせるのは危険です。

ちなみに、この後のコマでは、
「“きっと”戻ってくる」という言葉が出てきます。
“また”とか“いつか”よりも、よりコミットが強い言葉だともいます。

今一度考えてみてください
特に子供に対して、“また”とか“いつか”とか連発してませんか?
下手な誤解は、後々大変なことになりかねませんので、気を付けてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。