宇宙と1つになるとき〜 When Becoming One with the Universe 弥勒菩薩ラエルの言葉を振返り

こんにちはぁ。私は宇宙と地球が大好き。私のテーマは「ありのままの自分」「意識の開花」「脳のバージョンアップ」。私のブログでは、宇宙、地球、瞑想、健康、科学、政治、セクシュアリティなどいろんなことについて書いていきます。よろしくね~


テーマ:



これから紹介する記事に、沖縄県の嘉手納基地に米軍が核爆弾を保管していた保管庫があるということが書かれています。今は空らしいですが、本当かどうかわかりません。

その当時は、ソ連や中国との戦争を仮定していおり、戦争の事態になった場合、その核兵器を日本本土の基地または飛行場に運び込み、そこから米軍の飛行機に積んで敵国に飛び立つという手はずだったようです。

アメリカの公文書によると、最も多い時期で沖縄全体で1300発の核兵器が貯蔵されていたらしい。

日本は今日まで米軍の隷属国であり、日本はアメリカが他国と戦争するときのために利用されていると考えられます。この事実を理解した時、私達はこのまま米軍の隷属国で在り続け、米軍の命令で米軍と戦争に出撃するような事態になって良いのかと自問自答しなくてはいけません。もし、第三次世界大戦を日本が起こす事になったら取り返しの付かない事になります。

本当の平和とは、軍隊を完全になくすことです。アメリカ軍を日本から追い出し、日本の憲法を自分たちの手で作り直し、戦争を否定し平和を守る憲法で市民の幸福と利益を第一とするような憲法を創るべきです。また、安倍さんの言うような戦争を推し進めるための憲法解釈の変更は許せません。

★ ★ ★


★以下、記事の引用

琉球新報
嘉手納基地 1958年に核爆弾配備
2008年10月22日

 【東京】中国と台湾が武力衝突した1958年の台湾海峡危機の際、米軍が嘉手納基地に広島に投下された原爆の約250倍の威力のある戦略核爆弾を配備していたことが分かった。全米科学者連盟(FAS)の核兵器専門家ハンス・クリステンセン氏が情報公開法で入手した「米空軍戦略史」で明らかになった。
 返還前の沖縄に米軍が核兵器を貯蔵していたことは知られているが、米軍戦略の文書で、その事実が新たに裏付けられた。
 嘉手納基地に配備されていたのはMK―39とMK―6の2種類。MK―39の爆発力は約3750キロトン(約3・7メガトン)で、広島に投下された原爆(約15キロトン)の約250倍にあたる。
 58年1月1日から6月30日までの米空軍戦略史には、核爆弾を配備した台湾近辺の基地や爆弾の種類が記載されている。
 クリステンセン氏は戦略史をFASのウェブサイトに掲載。「台湾危機の核兵器」と題し、台湾海峡危機から近年の米中の核計画などを紹介している。
 台湾海峡危機をめぐっては、米シンクタンク「国家安全保障公文書館」が今年5月、当時の米政府内の協議内容をつづった文書を公開。台湾を支持する米軍の首脳部がアイゼンハワー大統領に対し、中国への原爆投下を進言したが、却下されていた経緯が明らかになっている。


★ ★ ★


沖縄と核兵器

沖縄にあった核兵器

 例えば1958年の台湾海峡危機、中国と台湾がすわ戦争になるかと緊張した時のことです。このとき沖縄には2種類の核兵器が配備されていたことが分かっています。

 Mk-6MK-39という二種類の核爆弾です。Mk-6はキロトン級、つまり比較的威力の低い戦術核兵器です。アメリカ空軍と海軍の爆撃機、戦闘爆撃機に搭載するためのものです。Mk-39はメガトン級の戦略核兵器で、前者より大型の爆撃機に搭載されます。これらを沖縄に配備することで中国の台湾侵攻を抑止することが狙いでした。

情報元 Nukes in the Taiwan Crisis - FAS Strategic Security Blog

 その後も沖縄には主に中国を狙った核兵器が配備されていました。数年後の1961年には、「メースB」と通称される地対地巡航ミサイルが配備されます。メガトン級の戦略核弾頭を搭載していました。


 こういった核兵器を有事の際にすばやく、確実に投入するためには、ハワイやグアムではなく、より前方の沖縄に配備する必要がありました。




東奥日報

■「核貯蔵庫」位置を特定/東西冷戦下の沖縄・米軍嘉手納基地
2005年2月7日(月)

 東西冷戦がピークにあった一九五〇年代から七〇年代前半にかけて、ソ連、中国、北朝鮮をターゲットにした核出撃基地として機能していた米軍三沢基地。有事には「コア」と呼ばれる核物質が米軍政下の沖縄県・嘉手納基地から運び込まれ、待機する戦闘爆撃機の核爆弾に装着する計画になっていたが、そのコアを保管していた「核貯蔵庫」とみられる施設が六日までに、東奥日報社が入手した航空写真と当時の日本人軍属の証言などからほぼ明らかになった。軍事機密の厚いベールに閉ざされていた「核貯蔵庫」の具体的な位置が特定されたのは初めて。


△Google地図


 「核貯蔵庫」とみられる施設が確認できたのは、嘉手納基地の滑走路東端に隣接する丘陵地帯の一画。飛行場周辺には嘉手納弾薬庫と呼ばれる米軍用地が広がるが、「核貯蔵庫」は滑走路から県道74号線(七二年の沖縄返還以前は軍用16号線)を隔てただけの弾薬庫入り口部分にあった。

 「核貯蔵庫」特定の決め手は、(1)外部から侵入しづらいように二重フェンスで囲まれている(2)出入り口を一カ所に制限している(3)夜間警戒用のライトが外側を向いている(4)精密機器の劣化を防ぐために空調設備が設けられていた(5)核兵器専門の整備部隊(第七戦術補給中隊、のちの第四〇〇弾薬整備中隊)が管理していた-など米軍が核施設のために規定したマニュアルとぴったり符合する点だ。

 また当時、同基地内の技術中隊の軍属として「核貯蔵庫」に出入りしていた友寄(ともよせ)朝英さん(65)=沖縄県宜野湾市在住=は「広大な嘉手納弾薬庫の中で、その一画だけ、白い作業服(核防護服)を着た人間が出入りしていた。施設本体は地下六階にあったが、入る際には胸に(放射線の被ばくの有無を確認する)フィルムバッジを着けることを義務付けられた」と、核にかかわる特別な場所であったことを証言する。

 さらに、友寄さんは「その一画は憲兵ですら入ることができない特殊な地域で、警備のものものしさは尋常ではなかった。だから、(核貯蔵庫であることは)仲間うちで暗黙の了解だった」と、核貯蔵庫の存在が基地内で“周知の事実”であったことを説明する。

 友寄さんが軍属として同基地に勤務していたのは六〇年代の約四年間。主に空調設備の保守管理に当たり、「核貯蔵庫」には年に四回の定期検査時に出入りしていた。

 東奥日報社のこれまでの調査によると、「核貯蔵庫」内のコアは有事の際、核戦争計画であるSIOP(単一統合作戦計画)に従って貯蔵庫から引き出され、C130輸送機に搭載。三沢のほか、入間(埼玉県)、板付(福岡県)など本土の核攻撃基地に運ばれることになっていた。

 その一方で、嘉手納基地からも核搭載の戦闘爆撃機が出撃することになっていた。「核貯蔵庫」には六〇年代に最大で百個以上のコアが保管されていたとみられる。

 核問題研究の第一人者で、七〇年代に同基地の調査を行った新原昭治さん(東京都東村山市在住)は「施設の状況からみて、ここが『核貯蔵庫』に間違いないだろう」とした上で、「核貯蔵庫」が弾薬庫の中でも飛行場に極めて近い場所に置かれた点については「核戦争計画は分刻みの行動が求められたので、輸送機への積み込みと警備がしやすく、しかも司令部のコントロールが利きやすい場所という観点から選ばれたのでは」と話す。



解説/捨て切れぬ再使用の疑念

 「核貯蔵庫」の存在は、沖縄が核抜き返還される一九七二年まで、沖縄県民はもちろん日本国民の誰もが知る事実でありながら、詳細については謎に包まれてきた。

 その謎に迫る手がかりはただ一つ。飛行場の北側に見渡す限り広がる嘉手納弾薬庫、そこのどこかだろう-というあいまいな推測だけだった。

 「核貯蔵庫」の謎に最も肉薄したのが返還直前の七一年だった。

 あるカメラマンが、飛行場東端の第18ゲートから嘉手納弾薬庫に小型トラックで運ばれる核爆弾(B61と呼ばれる型)の撮影に成功したのだ。しかし、その核爆弾が大事にしまい込まれた先、つまり「核貯蔵庫」までは特定するに至らなかった。

 それから三分の一世紀。ついに「核貯蔵庫」の封印が解かれた。皮肉にも、研究者やマスコミが血まなこになって追っていた「核貯蔵庫」は、飛行場とは道一つ(県道74号線、当時は軍用16号線)隔てただけの、嘉手納弾薬庫の入り口部分にあった。

 核爆弾が撮影された場所とはまさに目と鼻の先だったのだ。

 そして今…。飛行場と「核貯蔵庫」を結んでいたかつての“核の道”は、外部の目を遮るかのように地下道へと姿を変えた。「核貯蔵庫」の中も核抜き返還以後はからっぽになったといわれる。「しかし」と、核問題研究家の新原さんは警告することを忘れない。

 「米国が先制核攻撃を国家戦略の一つとして手放さない以上、かつての『核貯蔵庫』はいつでも再使用できるよう維持されているのではないか」(編集委員・斉藤光政)

引用元:https://www.toonippo.co.jp/kikaku/misawa/new2005/0207.html



米軍用地強制使用裁決申請事件
同  明渡裁決申請事件
意見書(三)


三 核基地の疑惑

 既に述べたように、本施設は第四〇〇弾薬整備中隊が管理している。復帰前、米空軍の四種類の戦術核爆弾すべての種類を貯蔵管理する任務を負っていて、本施設において核兵器や毒ガス兵器を、貯蔵管理していた。その毒ガスについては、一九六九年の毒ガス漏事故がきっかけで撤去運動が起こり、一九七一年九月までにハワイ近くのジョンストン島に移され、撤去されたことになっている。しかし、現在、同施設に毒ガスは保存されていないとの確証はない。

 核兵器についても、日米の合意により、復帰までの間に同施設から撤去されたことになっている。しかし、本施設に核兵器が貯蔵され、あるいは持ち込まれている疑惑は、依然として消えていない。

 アメリカの核政策は、「肯定も否定もしない」ことを基本としている。しかし、一九八一年五月、前述の第四〇〇弾薬整備中隊の「週間整備計画」が明らかにされ、その中で、復帰後の一九七五年二月三日から七月にかけて、B61核爆弾が嘉手納飛行場格納庫から嘉手納弾薬庫地区の整備作業場3X06に運び込まれ補修作業が実施されたことが明記されていることや、核兵器の重大事故を想定した折れた矢 (ブロークン・アロー)訓練や、核兵器の起爆を可能にするPAL訓練、核搭載機のハイジャック防止訓練等が行われていることは、核兵器の存在あるいは持ち込みの疑惑の根拠づけとなっている。

  本施設内には、米国防総省の「核兵器の保安基準」に基づいて構築されたイルグー(履土)式弾薬庫が数多く並んでおり、核生物・化学兵器がこのタイプの弾薬庫に貯蔵されていることからみても、この施設に核兵器が存する疑いは濃厚となっている。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ふっ君さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。