宇宙と1つになるとき〜 When Becoming One with the Universe 弥勒菩薩ラエルの言葉を振返り

こんにちはぁ。私は宇宙と地球が大好き。私のテーマは「ありのままの自分」「意識の開花」「脳のバージョンアップ」。私のブログでは、宇宙、地球、瞑想、健康、科学、政治、セクシュアリティなどいろんなことについて書いていきます。よろしくね~


テーマ:
◆前置き
 ◯キエフについて
キエフは、ウクライナの首都。ドニプロ川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。特別自治都市。5世紀後半に建 設されたポリャーネ族の集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。







【記事】Top 7 Reasons to Question the Official Story of MH17
MH17便の公式説明を疑問視する7つの理由


記事掲載URL:http://humansarefree.com/2014/07/top-7-reasons-to-question-official.html


With the recent shooting down of a Malaysian Boeing 777 over Ukraine, the Western media is aflame with fingerpointing at Russia and Ukrainian separatists.
レーシア航空のボーイング777が最近撃墜された事件で、西洋のメディアはロシアとウクライナの分離独立派を非難する事で炎上しています。

However, while NATO and its media mouthpieces attempt to rekindle the Cold War and ignite a confrontation with Russia, there exists a number of fundamental questions surrounding the events that have taken place in Eastern Ukraine.
かし、NATOとそのメディアの代弁者達が冷戦に再び火をつけ、ロシアとの紛争に火をつけようと試みる一方で、東ウクライナで起きた出来事の周囲で多くの根本的な疑問点が存在しています。

Although not a detailed list, below are six reasons why one should question the official story of the Malaysian flight shot down over Ukraine.
細ではないにしても、以下にウクライナ上空で撃墜されたマレーシア機の公式な説明を疑問視すべき6つの理由をご紹介します。


1. The Ukrainian separatists do not have the military hardware capable of shooting down an airplane at the height at which the Malaysian Boeing 777 was flying.
1. ウクライナの分離独立派は、マレーシア・ボーイング777機が飛行していた高度にいる飛行機を撃ち落とす能力のある軍事兵器を持っていない。


Ukrainian separatists are equipped with shoulder-fired anti-aircraft missiles which are capable of bringing down an airplane. This much is true.
クライナの分離独立派は、肩から担いで発車出来る対空砲ミサイルを装備しており、それは飛行機を撃ち落とす能力がある。これ位の事は真実である。

However, the systems believed to be possessed by the separatists are those such as the Igla missile system, which is incapable of hitting planes at the altitudes at which the Malaysian flight was flying.
かし、分離独立派が持っていると信じられているシステムは、イグラ・ミサイル・システムのようなシステムであり、マレーシアのフライト便が飛行していた高度を飛ぶ飛行機に命中させる能力はない。

33,000 feet is simply too high an altitude to be reached with the shoulder-fired missile delivery systems with which the Ukrainian separatists are currently outfitted.
33,000フィートと言う高度は、ウクライナの分離独立派が現在装備している肩に担いで発射するミサイル・デリバリー・システムでは、到達不可能な高度である。

There is no evidence to suggest that the separatists possess the BUK missile systems.
離独立派がBUKミサイル・システムを持っているかどうかを示す証拠はない。

At the time of the writing, this writer is not aware of any reports suggesting that separatists commandeered BUK missile launching systems from the Kiev fascist government forces; the only way they could have acquired them unless given the BUK by Russia, which itself is highly unlikely given Russian strategic concerns.
のライターが書いている時、分離独立派がBUKミサイル発射システムをキエフのファシスト政府軍から奪いとったことを示す報告には何も気がついていない。それは、つまり、BUKがロシア製でない限り、ウクライナの分離独立派がBUKミサイル発射システムを手に入れる唯一の方法はキエフのファシスト政府軍から奪い取る方法しかない。



2. The Kiev forces DO HAVE the BUK missile launching system
2. キエフ軍はBUKミサイル発射システムを持っている。


While separatist forces are not known to possess missile systems as advanced as the BUK system, the Kiev forces most certainly do.
クライナの分離独立派の軍隊がBUKシステムほどに高度なミサイルシステムを持っていないことは知られているが、キエフ軍は間違いなく持っている。

The BUK system, which requires transportation and mounting on a tracked vehicle or large truck, is not likely to be in the hands of rebels surviving on Russian small arms and other basic forms of military and tactical aid.
送と無限軌道車や大きいトラックに載せる必要があるBUKシステムは、ロシア製の小さい武器やその他の基本的形式の軍事的戦略的な援助に頼って生き延びる反乱軍の手の中にはありそうにない。

BUK is much more the type of system that would be property of a national government. If the Malaysian plane was shot down using the BUK system, it is the Kiev military forces that should immediately be investigated.
BUKは、中央政府の所有物として扱われるシステムの可能性が高い。もし、マレーシアの飛行機がBUKシステムを使用して撃墜されたとすると、キエフの軍隊が即座に捜査されるべきである。


3. Kiev moved its BUK system to the Donetsk area the day before
3. キエフはBUKシステムを一日前にドネツク地域に移動した。


Reports emerging from Russian news agencies like ITAR-TASS suggest that the Kiev military moved its BUK missile systems into the area surrounding Donetsk on Wednesday, one day before the Malaysian flight was shot down allegedly using that very missile launching system.
シアのITAR-TASS通信社などのロシアニュース会社からの報告書によると、キエフ軍はそのBUKシステムを、マレーシア航空機があのまさにそのミサイル発射システムを使って撃墜されたと報道されている日の一日前の水曜日に、ドネツク周辺の地域に移動した事を暗に示している。

キエフからドネツクまで1

キエフからドネツクまで2


The fact that the type of missiles allegedly used to shoot down the Malaysian flight were not only possessed by the Ukrainian military but moved to the very region and area where the shootdown occurred implicates the Kiev forces vastly more than it does the Russians or the Ukrainian separatists.
レーシア機を撃ち落としたと言われるその種類のミサイルがウクライナ軍により所有されているだけでなく、ドネツク地域に移動されていたと言う事が、ロシアやウクライナの分離独立派ではなく、キエフの軍隊がやったと言うことをより確実なものにしている。


4. The questions surrounding why the Malaysian flight was flying over the area to begin with
4. マレーシア航空機がそもそも何故ウクライナ上空を飛行していたのかという事に関する幾つかの疑問点


As reported by The Atlantic, the Federal Aviation Administration placed an order prohibiting:
トランティックニュースサイトで報道されたように、3ヶ月前くらいに米連邦航空局は以下の事柄を禁止する命令を下した……
“American pilots, airlines, charter carriers, and everyone else over whom the FAA has direct jurisdiction, from flying over parts of Ukraine” nearly three months ago.
メリカのパイロット、航空機、貸し切り輸送業社、そして、その他の米連邦航空局が直接的に司法権を持つ者たち全てに対して、ウクライナの上空の一部の空域を飛行するのを厳重に禁止する。

This flight prohibition clearly demonstrates that aviation authorities fully understood that this particular flight path was over a dangerous area. So why was the Malaysian flight flying over this area to begin with?
の飛行禁止は、この特別飛行区域が危険な場所であることを航空当局が十分に理解したことを明白に示しています。それなのに、そもそも何故マレーシア航空機がこのエリアを飛んでいたのでしょうか?


5. The timing of the event
5. タイミング


The shooting down of the Malaysian flight conveniently comes only a day after claims by the Ukrainian military that Russia shot down a Ukrainian jet fighter over Ukrainian territory.
シアがウクライナのジェット戦闘機をウクライナ領域で撃ち落としたとウクライナ軍が主張した翌日に、タイミング良くマレーシア航空機の撃墜の報道がされている。

It also comes only days after the Western media seized on reports suggesting that the Russian government was considering targeted strikes inside Ukraine in order to protect the Ukrainian people, ethnic Russians, and Russian interests.
して、ロシア政府が、ウクライナ人や民族のロシア人達、ロシアの利益を守るために、ウクライナ国内で、標的を絞った攻撃を考えている事を暗にほのめかす報道に西洋のメディア達が飛びついてからたった数日後に、マレーシア航空の爆撃が起きた。

Lastly, it comes only hours after the United States issues a statement announcing yet another round of sanctions against Russia.
後に、米国がロシアへの更になお一層の一連の制裁措置を発表する声明を出してから数時間後に、そのマレーシア航空機の撃墜が起きた。


6. ANOTHER Malaysian 777
6. もう一つのマレーシア777


The fact that the flight shot down over Ukraine is the same type of flight that went missing over the Indian Ocean only months before is a highly questionable coincidence.
クライナ上空で撃ち落とされたフライト便がたった数ヶ月前にインド洋で行方不明になったフライト便と同じタイプのものであったという事実は非常に疑問の余地がある偶然の一致である。

Such a coincidence is almost too big to be believed.
のような偶然の一致はあまりにも大きすぎて信じられ難い。


Given the track record of the United States, NATO, and governments in general throughout history, one must at least wonder whether or not the recent shutdown of the Malaysian flight over Ukraine was not simply a false flag designed to drum up national fervor and a new Cold War ultimately leading to a confrontation with Russia.
般的に、歴史上のアメリカやNATO、そして、諸政府の実績を考慮すると、私達はまずここで、最近起きたウクライナ上空でのマレーシア機撃墜が、国の熱情を沸き立たせ、新たなる冷戦を引き起こすために計画した単なるなりすまし作戦だったのではなく、ロシアとの対立にまで発展させるためのものであったのかどうかを、少なくとも考えなくてはならない。

It is important for the Western public and the rest of the world to become more streetwise regarding incidents such as the Malaysian flight and that they immediately cease to accept an entirely discredited government and media’s explanations as truth.
西洋の一般市民や世界中のその他の人達にとって、マレーシア機のような出来事に関してより注意深い洞察力を身につけるのが重要であり、また、人々が直ぐに疑惑のある政府を前面的に受け入れたり、メディアの説明を真実として受け入れる事を即座にやめることが重要だと言える。


関連記事(Related):



By Brandon Turbeville, Activist Post;



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ふっ君さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。