宇宙と1つになるとき〜 When Becoming One with the Universe 弥勒菩薩ラエルの言葉を振返り

こんにちはぁ。私は宇宙と地球が大好き。私のテーマは「ありのままの自分」「意識の開花」「脳のバージョンアップ」。私のブログでは、宇宙、地球、瞑想、健康、科学、政治、セクシュアリティなどいろんなことについて書いていきます。よろしくね~


テーマ:
<<※管理人: 以下の日記はアメーバの検閲のために全ての画像を掲載出来ませんでした。もし、完全版をご覧になりたい方は、こちらへどうぞ・・・(↓)
【完全版】2012年ワールド・ボディペインティング・フェスティバルの論評。弥勒菩薩ラエルは人類はエロヒムの創造されたと言う

>>

2012 Review World Bodypainting Festival, in English
2012年ワールド・ボディペインティング・フェスティバルの論評




ワールド・ボディペインティング・フェスティバルは、7日間開催されています。年々優勝するのが厳しくなってきています。

STAGE

WOMAN

Pic03

Pic04

Artist


ボディペインティング以上に素晴らしい芸術はないと思います。(▲)


Pic06

Pic07


◆ ◆


顔08-2


私は、ボディーペインティングをした時の体は、裸とは表現しませんね。それは洋服をまとっていると思います。(▲)


面白い事に、肌にペインティングをするだけで人は裸でいるのではなく、皮膚の上に絵画の薄い布を着ているように思います。

Pic09

Pic10

Pic11


アレクサンダー・バレンドレット(オーガナイザー): 「このフェスティバルでは、チャンピオンシップを争いますが、同時に、アマチュア用の賞も競います。
220以上のチームが世界中の国々から参加しており、オースリアのこの大会に参加しています。」

Pic12



ワールド・ホディペインティング・フェスティバルは、この種の芸術の中では最も大きな規模のフェスティバルになります。全体の中で6つのカテゴリーに分かれており、それぞれの中で、審査員達がワールド・チャンピオンを選びます。

Pic13

Pic14

Pic15

Pic16

Pic18


アーティスト:「芸術家の間では、家族の癒やしのようなものが得られます。それは素晴らしいですね。全ての人達が互いに愛を与え合い、助けあっています。私達は実は、互いに大会で優勝を競い合っているのですがね。ここにいる人達のいち部分の人達は親友であり、彼等を助けてあげ、成功するのを見てあげたいですね。」


ヨハネス・ストッター(イタリアのアーティスト): 「一番むずかしいのは、時間以内にボディペインティングを終了させ、白い部分が汚れていない状態で完成させることです。いろんな事が1つにならないといけません。例えば、色の選択とモデルの選択です。(▼)

顔

Italian Artist

Italian Artist2

Italian Artist3





顔4


(▲)カールメン・ヤーバッチャー(オーストリア人モデル):「一番大きな要因は天候です。寒い時には鳥肌が立つだけで、色のコーティングが崩れたり剥がれたりしますし、暑い天気の時には暑さで体力を消耗してしまいます。ですので、少し体を動かすようにしたり、きちんと食べておくように心がけるのが大切です。毎回、チャレンジになります。」



顔5


(▲)「毎回ボディペインティングをしてもらう度に、自分が違う外見に変身してしまうので、びっくりさせられるわ。それが、私がとっても大好きなことです。」



◆UVカテゴリー

最初のワールド・チャンピオンシップのカテゴリーは、UVカテゴリーと名付けられています。この芸術作品は暗い夜だけ明るく発光するのです。

UV01

UV02

UV03

UV04

UV05

UF06

UV07





★ ★


singer


(▲)オーラ・ディオンヌ(シンガーソングライター):「私はいぜん一度だけミュージック・ビデオの収録のために、ボディペインティングをされたことがありましだか、そこではUVカラーでしたね。それはとっても素晴らしい効果でした。それはまるで洋服を着ているような感覚なんですが、実は何も着ていないのです。」

デンマーク人のシンガーソングライターのオーラ・ディオンヌは、今年はじめてボディペインティング・フェスティバルで歌を歌いました。



この大会でのメインのアクターは、Von Culcha Candela(ヴォン・カルチャ・カンデラ)です。

Concert

Culcha Candela - Chica



Wm01

Wm02




<<※ 管理人: ただ、暴力性、攻撃性などを強調したようなアートは、下劣なアートでしかないように思いますけど・・・>>

Monstar01

Monstar02


Wm03

Wm04




この大会での挑戦は、数時間の間に生きる芸術作品をつくり上げることです。

Woman in Lake

Man in woods




★スコット・フレイ(アメリカのアーティスト)

アメリカのアーティスト

(▲)スコット・フレイ(アメリカのアーティスト): 美術館にいって作品をみたりすると、そこに展示されている作品を見て、これは二年前の作品です、あれは十年前の作品、それは何年も前の作品だとか、そんなのは驚く事ではありません。しかし、私達のアートは人間の体の性質によるもので、それは時間とともに移ろっていくものであり、1日くらいしか持ちません。時間と共にその作品はなくなります。


Wm05

Wm06




1つのトピックを選択して、キャンバスである人の体をそのトピックの中で進化させそこに絵を描いていくことが非常に重要です。また、様々な色の質と選択が重要です。

Wm07

Wm08

Wm09

Wm10

Wm11




今年のトピックは、インターナル・アフェアーズ(国内問題)とアヴォンの神でした。


★ジニー審査員
ジニー審査員

(▲)ジニー(カナダ人の審査員):私はまず、自分のもっている印象を通して作品を見ます。また、多くのコントラスにも注目します。私は入ってくる人達のボディーペインティングにより驚かされたいと思っているのです。もちろん、その後は細部を観察して、どのように絵が描かれているのかを見ます。全てが重要なんです。



Last01

Last02

Last03

Last04



★ エアーブラシ

Last05

Last06



★特殊効果

特殊効果


ボディーペインティングのオリンピック






管理人: いやー、このビデオを見てみるとすごかったですね。なんだか、自分がオーストリアに行ってこの大会を目の当たりに見たように感じました。

ボディーペインティングは、日本では盛んではないかもしれませんが、日本でもこの大会を開くようにすると面白いと思います。

手先の器用な日本人がボディーペインティングをしたらもっと素晴らしい作品が生まれるかも知れませんね。しかし、アートはそれだけではなく感性と創造性が必要になりますので、日本人が創ったボディーペインティングがどのように人間というキャンバスを変化させるのか見ものですが・・・


感動しましたねぇ~


弥勒菩薩ラエルは、人間の体はエロヒムの姿形に似せて科学的に創造されたと言われています。だから、エロヒムは私達の体を最も美しく創造されたんですね。

私達の体が一番美しい事を芸術を通して味わうことは、エロヒムに感謝することでもあります・・・

地球が平和な社会になって、軍隊がなくなり、戦争がなくなれば、エロヒムが2025年から2035の間に地球に公式に来訪すると弥勒菩薩ラエルが言われています。その時には、エロヒムが人類の社会が平和になり様々な問題がなくなっていくように導いていかれると言われています。

詳しくはこちらを読む



そのような社会になった時には、仕事をする必要がない社会になり、、皆、自分が好きな事を自由に出来るようになると言われています。その時がとても楽しみですね・・・



それでは、皆様、もう夜も遅くなりましたのでおやすみなさい・・・


また明日・・・



earth






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ふっ君さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。