2006-06-30 01:10:15

death note

テーマ:映画


先日友達に誘われて見てきました。


実際ぼくは、マンガからの映画化だし、なんか失敗しそうだな~という

負のイメージから入りました。


結果は、、、、、


とても練りこまれた内容でおもしろかった。

僕は全くマンガを見てないからだろうけど、


一緒に行った誘った友達の方が

「う~ん、、、、

マンガの方が面白い」

という感じでした。


世界観は

細川茂樹もでてきたし、仮面ライダーとかの特撮よりの印象を持ちました。

それにやっぱりあの死神の無駄なVFXは必要無いんじゃないか?と思う。

内容だけでもって行けるのだから。

死神シーンはやけに浮いた印象を持ちました。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-06-30 00:57:42

サバイブスタイル5+

テーマ:映画


何日か前に見ました。


浅野映画は好きで何本もみてますが、


これも茶の味以上にぶっ飛んだ内容でした。



監督がCMプランナーだけあって間がいいのはありますが

右脳で見て楽しければいいや!的な作品です。

でもCMプランナー役のキョンキョンにエゴをぶつけている感はあります。


なんといっても殺し屋役の荒川良々の怪演がツボです。

ソフトバレットの曲とかもいい味出してます。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-06-30 00:45:16

トロイ

テーマ:映画


今見ました。

トロイ


これはホントに男魂を感じる映画でした。


伝説の勇者アキレス役の

ブラピの筋肉隆々の体がスゴイ。


内容はトロイという鉄壁の街を

いかにしてギリシャ軍が滅ぼしたのか

という内容です。


戦闘シーンとか血闘のシーンとかがリアルで

興奮しました。

真の男らしさとはこれだ!


というような美学がふんだんに込められた作品でした。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-28 01:38:05

ブログ

テーマ:design

このブログも綴りはじめてから

はや1年がたつのです。


記念というわけではないですが

ちょっと、ブログの方もHP同様レイアウトをかえてみました。


前よりも、シンプルになったと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-25 16:37:55

踊るアホウに見るアホウ

テーマ:GIG


金曜日の学内イベントは久々に楽しかったな。

みんなバカばっかで。


源チャで教室に突っ込んで来たのはヤバかったな。

みんなスカムだったな~。


TMCも最高だった。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-22 16:02:31

夏至フェス2006

テーマ:FES

DOPEなのにパブリック?!


それでいてロマンチックな夏至フェスに行ってきた。








去年にも増してヤバイイベントになっていた夏至フェス


協賛が東京都だけに、よくOKしてくれたなぁと思う。


キャンドルナイトの一巻として去年から開催されているイベント。


表参道ではキャンドルを使ったインスタレーションが開かれていて


原宿の街全体が盛り上がっていた気がする。











SUARA SANA


あいにくの曇りなので、カラット晴れていたら


エキゾチックな音楽がより気持ちよかっただろうに。


口琴のビョ~~ンビャョ~ンという


小耳ざわりのいい音がたまらなくいい。












ダチャンボ 


ドラム二人の一糸乱れぬ演奏が大変なことになってる。


変なホルンみたいな笛をふいているし。


BPM80くらいから一気に300くらいになる演奏には


ハラハラさせられた。カオスだ。












ギャーーーーー!








降神


オリガミは東大で一回見てたけど、こっちのほうが


全然アガった。キャンドルの中、


散文詩的な歌詞が空気に溶け


幻想的な夜は続く。








電気消灯の瞬間。


炎がゆらめき、平和な時間を作り出していた。


このキャンドルを作ったcandle juneは戦争反対を痛切に


訴えているアーティストだ。


炎にはクルシュファーという精霊が宿っているらしい。








この時初めて六ヶ所村の原子力発電所が再開した事を知る。


今も尚、日本中に核が垂れ流されているのである。




そして、去年夏至フェスに参加した、シンゴ02と坂本龍一が


協力してストップ六ヶ所を訴えているらしい。


この曲は著作権フリーで名誉毀損さえしなければ、


誰でもダウンロードしたり


サンプリングして曲を製作していいのだ。


音楽によって、また、candle juneのような活動によって


世界を本気で変えようとしている大人達がいることを素晴らしく思う。









ジャンベで踊るおじいちゃん。


フリーダムって素敵です。


タイ式フォーヌードルを食べました。






ビームービームービームと映像をながしている。


夏至フェスにカンパしたらステッカーをもらった。




ムーディーで、ソウルフルで、ドープなイベントだった。


人が沢山来てたから来年もフリーライブやれるのかが心配。


http://geshifes.cultivaders.com/2006/




candle juneのHP


http://candlejune.jp/




六ヶ所村の原発に対するshing02と坂本龍一の曲が


HP内のARTからダウンロードできます。


http://stop-rokkasho.org/




坂本龍一のブログ


http://blog.sitesakamoto.com/index.php?itemid=180


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-21 00:14:18

100万人のキャンドルナイト

テーマ:design

明日は夏至の日


電気を消してスローな夜をすごしましょう。


100万人のキャンドルナイト

http://www.candle-night.org/index.html


去年の夏至のzukaの日記の

http://ameblo.jp/humikirisingo/entry-10002455934.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-18 18:46:27

テクノアートの現場

テーマ:art


たった今見てきました。

NTTインターコミュニケーションセンター (ICC)

常設展

「ネットワーク社会の文化と創造」


初台のオペラシティ4Fにある、ギャラリーが6月5日から無料開放することを

ぴあ誌で知り、すぐさま見に行きました。


小田急線参宮橋駅から徒歩8分

新宿駅から徒歩12分(オゾンの先)

初台駅から徒歩2分です。


主に現代のユビキタスネットワークの技術を駆使した

インスタレーションアートが展示されています。


率直な感想としては、入って直ぐの巨大テルミンがヤバかった。


そして、自分の残像をダビングし、スクラッチして見せる、岩井俊雄の「マシュマロスコープ」とか見物。

コミニュケーションを貴重としてるアート作品が多いので、2人以上で行くことをお勧めします。

(ゲームとかおもしろい。)

無料で見れて、お勧めです。またICCにはカフェや、図書館があるのでまったりするのもいい感じです。


卒制もこんな感じでやれたらいいと思った。

モチベーション上がりました。

そこに行けばテクノアートのリアルを感じられることでしょう。


7月1日(土)にはDJ LIVEイベントがあるので、また行ってみたい。

http://www.ntticc.or.jp/index_j.html


ICCで行われたイベント、インスタレーションアートの映像が見れます。

http://hive.ntticc.or.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-16 19:48:48

構築

テーマ:art

だいぶホームページの方も構築できてきた。

最近は昼夜逆転した生活を送ってしまっていたので、

そろそろまた、しゃきっとした生活を送らなくてはいけない。


HPを作っていて思うけど、

いかんせん自分のグラフィックの下手さに泣いている。

とりあえず色づかいがうまくいかない。

明度と彩度とコントラストのバランスが分からない。

どうしたら、おしゃれにいくだろうか?


やっぱ色んなオシャレなアートに触れて研究してないからだな。

まず、黒と白のモノトーンしか使えないところをなんとかしたい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-04 01:20:10

6階の少女 検証

テーマ:音楽


先ず、御覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=aczDXKpfJVo&search=numbergirl


6階の少女


作詞作曲/向井秀徳

演奏/54-71


唄/hal


という豪華面子。

向井と54-71が

ZAZENBOYS名義で2001年にhalに提供した曲です。

僕はこの唄がえらい気に入り、


このプロモの風景をたどる旅に出かけました。


前プロモを見たときに絶対に学校の近くの風景ににている

と感じ、それが確かなのか、調べに行きました。


この建物を御覧下さい。

2001年から6年が経っているために多少風景が変わっていますが、

この建物が一致します。


距離関係からして僕の写真に写っている

赤い橋のたもとからPVは撮影された模様。

この写真から神田川沿いを中野新町方面から、西新宿方面へ

撮影されたということが分かります。

新宿の高層ビルが映っていないのは、コントラストが強い8ミリを

使用しているからと推測します。



めでたし。

でも、もっとPVに近い写真が撮れればよかった。

映像から風景をたどる旅は楽しい。

自分がその映像の世界に入り込める。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。