公益財団法人 ヒューマニン財団活動BLOG

私たちヒューマニン財団は、犬猫のクオリティー・オブ・ライフ(QOL)を向上させるとともに、個人や社会に役立つペット(犬猫)を育成し、動物介在活動を推進することにより広く社会に貢献します。

NEW !
テーマ:

月曜日に『セ』、火曜日に『ソ』のご紹介をさせていただきました☆

本日は、新メンバー3匹目!のご紹介です♪

 

『タ』くんです。

 

 

『タ』くんも、『セ』くんと『ソ』くんと同じく、茨城県動物指導センターから引き出した推定3歳の男の子(オス)。

ピンクの鼻と、足には斑点の靴下を履いているような模様があるのが特徴です♪

性格は、明るく、マイペース☆

初めて会う人にも、尻尾を左右に大きく振りながら近づいていきます。

でも、ある程度ヨシヨシしてもらって満足すると、すぐ寝てしまいます。

こういうところがマイペース。。

そのぶん自己中心的なところもあり、人の食べ物を狙うという癖もあるので、人と一緒に生活するためのマナーも少しづつ覚えていってもらえればと思っています。

 

みなさま、『セ』くんと『ソ』くんに続きまして、『タ』くんもよろしくお願いします。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、新メンバーの『セ』くんをご紹介させていただきました♪

今日は新メンバー2匹目!『ソ』くんです☆

 

 

『ソ』くんも、『セ』くんと同じく茨城の動物指導センターから引き出した推定1歳の男の子(オス)。

足が短めなのに体はどっしりとしていて、鼻筋に白い線が入っているのが特徴です♪

性格は、ちょっぴり小心者で寂しがりや。

初めて会う人に挨拶するときは、他の犬が触ってもらっているのを後ろで観察、大丈夫だと判断すればそっと近づくという慎重さを持ち合わせているものの、一緒にしばらく過ごし『この人は好き』と思えば、その人のそばらから離れず、姿が見えなくなるとキューキュー鳴くという、とっても子供っぽい性格です。

初めて行く場所などでも緊張してしまいがちな性格なので、これからみんなで一緒にいろいろなことを経験し、精神的に強くたくましくなってくれればと思っています♪

 

みなさま、『セ』くんに続きまして、『ソ』くんもよろしくお願いします☆

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週後半のブログにて、スコットくんの巣立ち報告をさせていただきました☆

現在のヒューマニン財団では、『犬の巣立ち=新しい犬の加入』という流れになっております。

ということで、今日は私たちの新しいメンバー(犬)のご紹介です!

 

『セ』くんです♪

毎回のことですので、すでにご存知の方も多いかと思いますが、私たちの仲間になった犬たちは、あいうえお順に名前が付きます。

そして、このあいうえお順が『ス(コット)』まで進みましたので、次に入ってきたこの犬は『セ』ではじまる名前が付きます☆

 

 

『セ』くんは、茨城の動物指導センターから引き出した、推定1歳の男の子(オス)。

すらっとした長い脚と、きりっと精悍な顔立ちが特徴です♪

性格は、若いなりの元気らしさがありつつも、素直で順応性が高い部分が魅力です☆

ただ、人に遊んで欲しい時など、人に飛びつくなど間違った要求行動があるので、私たちとの生活で、人との正しいコミュニケーション方法を身につけてくれることを期待しています。

 

みなさま、私たちの新メンバー『セ』くんをよろしくお願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、スコットくんが発達障害のあるお子さんがいるご家庭の元に巣立っていったご報告をさせていただきました。

私たちヒューマニン財団は、スコットくんのご家族のように特別な事情をお持ちのご家族や個人に犬を提供するプログラム、『ヒューマニンペット育成プログラム』を行なっております。

 

本当はペットを飼いたいのだけれど、家庭の事情やご自身の年齢や障害などを理由に、ペットを飼うことを躊躇されている方、またペットが自分や家族の手助けをしてくれると助かるという要望をお持ちの方もいらっしゃると思います。

しかし、自分にはどのような犬が合っているのかわからない、また自分ではしつけや訓練ができないという方々のために、私たちが保護した犬の中から適性のある個体を選抜し、その犬に適切な訓練を施した後に、犬を提供させていただきます。

つまり、特別なニーズを持つ方々のパートナーになれるペットを育成し、マッチングするというプログラムが、『ヒューマニンペット育成プログラム』なのです。

 

 

今回のスコットくんに関しては、スコットくんは人のそばで(ときには人の上で)くつろぐことが好き、という特徴がありました。

そのため、障害をお持ちのお子様が情緒不安定になり、家族ではない誰かに癒しを求めたときに、もともと人との添い寝が好きなスコットくんが側にいてくれれば、その不安から早く立ち直れるのではないかと考えました。

必要だった課題は、小学生の子どもさんがコマンドを指示しても従えること、また、お散歩に一緒に行けることでしたので、それを重点的に訓練させていただきました。

もちろん、スコットくんとご家族の生活は始まったばかりで、これからも様々なことが起こるかと思いますが、これからも引き続きアフターフォローを含めて見守っていければと思っております。

 

 

『障がいが治るわけではないけれど、スコットとともに前向きに、たくさんの経験をしていきたい』

スコットくんを迎え入れてくださったご家族からいただいた言葉です。

殺処分されてしまうかもしれない犬の命を救うだけではなく、スコットくんのように、人に役に立つペットを普及していくことこそが、これから私たちが目指していく社会には必要だという思いのもと、これからも活動してまいります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スコットくんの新し家族を探すときに希望していたことは、排泄を長時間我慢できないので長いお留守番がないこと。

そしてスコットくんは小さな子どもさんとも仲良くできるので、家族の中にお子さんがいるご家庭でもいいだろうな、、という期待もしていました。

 

そんな、スコットくんの家族になってくださったのは、埼玉県に住むご家族☆

ご家族には特別なご事情があり、私たちのGMaCプログラムの訓練を受けた卒業犬を前々から希望し、ご家族に合った犬にめぐり逢うまで待っていてくださっていました。

 

そのご事情とは、ご家族には双子の女の子がいらっしゃって、二人ともに複数の発達障害を持っているため情緒不安定になりやすい、というものでした。

ですが、双子の女の子は二人ともとても活発で明るく素直、何よりも犬が大好きです☆

私たちも是非、二人の女の子たちと寄り添いながら暮らしていける犬を提供させていただきたいと望んでおりいました。

このような経緯を経て、スコットくんとの出会いがあり、まだ子犬っぽさが残る犬でしたがそのぶん順応性も高いスコットくんをご家族に迎え入れてくださることになりました。

 

 

スコットくんも、ご家族と初めて会った時から娘さんたちの後ろをついて回ったり、ご用意していただいたベッドでくつろいだりと、周りがびっくりするぐらいあっという間に馴染んでしまいました☆

『僕はここにいてもいいんだよね?』

そんな姿を見て、インストラクターはスコットくんがそう言っているように思いました。

 

 

『スコット、

あなたに出会ったとき、あなたは殻に閉じこもっていたけれど、でも、その殻はそんなに分厚くないのはわかっていました。

実際に、あなたはその殻を破り、ちょっと飛び出しすぎることも多々あったけど、立派な犬に成長してくれました。

でも、まだまだ成長途中。

ご家族の皆さんのいうことをしっかり聞いて、そして二人のお姉ちゃんと一緒に、これからの日々を歩んでいってください。

私たちの元に来てくれてありがとう。

そして、幸せにね。』

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。