2015-10-26 22:37:47

パレスチナ難民のRamaちゃん

テーマ:パレスチナ難民のRamaちゃん
パレスチナ難民のRamaちゃんについて紹介したいと思います。

時間がなかったからずっと書けずにいたのですが、これまでに、何度か手紙やカードをもらったり、手紙やギフトを送りました。とっても嬉しいです音譜

やっぱり、こちらで交流を記録することで、やりとりをまとめることが出来るので、こういう交流は出来るだけ載せていこうと思います。

Ramaちゃんの写真です。とってもかわいいでしょう?ニコニコラブラブ

Rama2


まず、Ramaちゃんのプロフィールです。

最初は10歳、小学3年生だったのですが、この秋には11歳、小学4年生になっていることと思います

Ramaちゃんは、シリアにあるパレスチナ難民キャンプに生まれ育ったのですが、シリア内戦により、パレスチナ難民キャンプが破壊され、レバノンにあるパレスチナ難民キャンプに移住し、レバノンにあるベイトアトファルナアッソムードというパレスチナ難民支援団体から支援を受けることになったのです。大変な思いをしてきました。

とても悲しいことに、Ramaちゃんのお父さんはタクシードライバーをしていたのですが、2014年1月に、心臓発作で亡くなってしまいました。

母親はその後とても消耗してしまっているとのことで、心が痛むばかりです。近所の人とは良好な関係だそうです。

Ramaちゃんは、物静かでお母さんが大好きな子です。

そして、もう一つ、驚いたことに、イブラヒム、サビールという2人の兄弟は、まだ12歳、13歳の年齢なのに、学校に行かず、理容サロンで学びながら店主からごくわずかな収入をもらっているのです。

家族は、UNRUWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)から現物支給を受け、それだけに頼って生活しています。

(国連の難民支援機関は、UNHCRが有名ですよね。ところが、UNHCRは、パレスチナ難民だけは対象外なのです。

パレスチナ難民の情報を知って、難民支援で有名なUNHCRに募金を世界中の人がしても、パレスチナ難民には1円も使われず、知名度が格段に低いUNRUWAは常に財政不足に陥っています。*以下参照

でも、彼らの収入だけでは、日々の生活費、医療費、家賃(月17,500円)、学校の費用をまかなっていくことはほとんどできないそうです。

住居は、2部屋とその他の部分からなる借家で、たいへん湿っぽく、暗いので、健康によくない住まいだそうです。家具はごく基本的なものしかない、とあります。

他にも、ナディーン、ニルミーンという2人のお姉さんがいます。それぞれ23歳、21歳ぐらいです。

Ramaちゃんは鼻に問題がある、と書いてあり、手術が必要だそうです。

お兄さんのイブラヒムも鼻から出血があるそうです。

住んでいる環境が劣悪だから、同じような病気になってしまうのでしょう。

家賃は、パレスチナ難民にだけ、レバノン人の家主は、高額に要求する結果、このように苦しい生活になってしまいます。レバノンでは、パレスチナ難民だけは大学の学費まで高くされてしまうのです。

他にも生前に父親が購入した冷蔵庫の借金も抱えているのだそう。

冷蔵庫代、手術代、いくらくらいなんだろう・・。出せるものなら出してあげたい気持ちです。

毎月5000円の支援なのですが、日本での手数料、事務局維持費に1000円、ベイトの施設に送られる分2000円ほどで、実際に家族に渡されるのは2000円ほどになります。少しでも役立ってくれることを願っています。

そして、いつか、会いに行きたいです!

手紙やカードのやりとりはまた後で載せていこうと思います。



ここで、一つ書いておきたい情報があります。国連の難民支援機関は、UNHCRが有名ですよね。ところが、UNHCRは、パレスチナ難民だけは対象外なのです。

パレスチナ難民の情報を知って、難民支援で有名なUNHCRに募金を世界中の人がしても、パレスチナ難民には1円も使われないのです。

パレスチナ難民のために使われるUNRUWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)は、知名度が低いですよね?募金も集まらないのか、常に財政難に悩まされているのです。

国連はユダヤ系が常にトップにいるのが原因だそうで、アナン事務総長等々、トップはいつもユダヤ系のしがらみがあるそうです。

パレスチナ難民が400万人発生した当初は、本当に国連は掘立小屋のようなものを建てただけで、今の難民キャンプはパレスチナ人自身が長年建て増ししたものです。
当初は断水をわざと度々起こしていたとまで言われます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-10-26 22:06:50

アフガン、パキスタンでM7.5のニュース

テーマ:プランジャパン
プランジャパンのチャイルドが決まった、と紹介している最中に、テレビでCNNチャンネルをつけていたら、プランパキスタンの緊急支援スタッフが、先ほど起こった、アフガン北東部のM7.5の地震についてずっとレポートしているではありませんか。すごいタイミング。
パキスタンが大きな被害であることはもちろん、インドでも大きく揺れたようです。

パキスタン、チャイルドの候補として考えていた地域です。
私の支援金も、交流チャイルドの地域以外にも全ての活動地域に使われるので、プランパキスタンのプロジェクトにも関係あるのです。

パキスタン、アフガニスタンでの緊急支援が多くなされますように。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-26 20:03:26

プランジャパンのチャイルドが決まりました!

テーマ:アンデスのDeysiちゃん
先日、プランジャパンのチャイルドに、ペルーの女の子Deysiちゃんが決まりました!

Deysi chan Deysi chan 3


チャイルドの地域であるクスコは、素晴らしい文明のあったインカ帝国の首都であったところです。マチュピチュもこの近くにあるんですよ。先月、聖なるインカの谷と一緒に旅行してきました。

AndesDeysi


まだ3歳で、とてもかわいいです。

お母さんといるとちょっとリラックスしているようです。

日干しレンガで造った壁、こけら葺き屋根と土間で出来た家に住んでいる、農家の子です。
家族は薪を使って調理しています。

この地域を訪れましたが、夜はとっても寒いです。ジャンパーを着ていますが、その寒さを思い出します。美しくも厳しいアンデスの自然の中で、素晴らしい文明で古来から適応してきた住民達、頑張れ~!

お母さんが持っている緑色の布、一人で映る写真の後ろに置いてますね。ピンクのジャンパーと映えて、アンデスらしい優れた色彩感覚ようにも思えてしまう。

この服装は、町で出掛ける時のための、一番おしゃれな服なのかな・・?なんて思います。

ここ何年間もずっと、児童労働や過酷な状況にある指定された地域の子ども達への募金であるマンスリーサポーターと、女の子の権利と健やかな成長のためのBecause I am a girl プロジェクトの継続支援を続けていました。

最近、やっぱり、スポンサー制度の募金でも多方面で同様な支援に使われていると思い、ほとんど変わらない金額の募金をしているなら、せっかくだからチャイルドの交流もしてみようと思い、スポンサーに切り替えてみました。

これまで、支援先の中ではエジプトやパキスタンをずっと選ぼうと思っていたんですが、最近ペルー、ボリビアを旅行したのを機に、本などでどんどん素晴らしい文明、文化であることを知ってから興味を持ち、アンデス方面もとても気になっていました。特に、アンデス文明の本を読めば読むほど、文明を築いたアンデスの先住民を応援したくなりました。

支援先候補をいくつか挙げた結果、ペルーにご縁があり、決まりました。でも、この地域はまだ未知なことが多くってわくわくします音譜

Deysiちゃんは、急性呼吸器感染症にかかり、保健所で治療を受け、現在は回復しているそうです。
プランの支援で助かっていたのなら嬉しい限りです。

私が大好きになったアンデスの風を、届けてくれて嬉しいです。

これから、この子とどんな交流が出来るのか、わくわくドキドキですラブラブニコニコ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。