2005-10-26 01:44:22

パキスタン大地震情報

テーマ:パキスタン大地震の情報・支援

「パキスタン大地震緊急支援街頭募金ネットワーク」という学生の立ち上げた団体のお手伝いをしていきます!!

皆さんも、ぜひご参加ください!この団体の呼びかけを載せます。


2005年10月13日(木)から募金活動を始めました。
主に,北浦和駅での街頭募金や埼大での学内募金,
各イベント(おやこ劇場観賞例会など)での募金活動を行っています。
現地NGO(NWA)への送金は,2回行いました。
第1回は160,241円(10月17日,月),第2回は65,486円(10月24日,月)でした。
更に詳細→ http://www.japan-mmcc.com/pakistanbokin/  

20日(木)には、埼玉新聞に記事が出ました!!!!
HP(http://www.japan-mmcc.com/pakistanbokin/index.html )をご覧ください。
※このHPでは,過去一週間の記事がアップされています。早めにご覧ください。

今後も,できる範囲で活動を続けていく予定です。

下記にパキスタンの情報を載せましたが、スマトラ沖地震に次ぐ甚大な被害が広がっています。
そして、支援がかなり不足している状況があります。

現在、協力して活動して下さる方を募集しています!!!!
団体・個人それぞれが持っているネットワークで呼びかけを行って
義捐金を募っています。みんなの輪が広がっているからこそ
大きな力になっています!!是非、みなさんが持っているネットワークの中で呼びかけ
ご協力下さい!!!
詳細は、上記のHPをご覧下さい!!


“パーキスターン地震の死者は5万人。スマトラ沖の地震・津波に比較すると絶対数は少
ない。しかしインドネシアなど熱帯の国々とヒマラヤ山麓では自然条件が大いに異な
る。

また、スマトラ沖地震・津波では国際社会の反応が早く最初の10日間で国際支援
金の80%が集まったと国連は発表しているが、今回の地震では10日で12%にも満たな
いと。

アメリカのハリケーンも国際支援の対象になっていたし、これだけ世界各地で
災害が続けば、国際社会の反応も鈍くなろうというもの。でも、被災地では雪がも
う、直ぐ裏山まで迫っている。

山村に孤立し救援のヘリコプターもなかなか来ず、両足の大腿部が粉々に砕け苦しむ
息子を見ていられない、生きていても一生苦労するだけだと、石で息子の頭を叩き割
って安楽死させたという父親の記事が、今朝の新聞に載っていた…。きっと、山村で
は他にも似た例はあったろうと想像する。

断食月も半分が過ぎ、断食明けの新年は直
ぐそこに迫っているが、多くのパーキスターン人が今年は服を新調せず、その分のお
金を支援金にまわすという。被災者400万人への支援は今からがスタートだ。日本は既
に次のニュースに向け視点が代わっていることだろう…。”

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-10-14 02:29:27

映画「ルート181 パレスチナ~イスラエルの旅の断章」 10月14・15・16日

テーマ:パレスチナの情報・援助

映画「ルート181 パレスチナ~イスラエルの旅の断章」は、本当に本当にすごく良い作品だそうです。

パレスチナの状況をパレスチナ・イスラエル双方の様々な人々がどう思っているのか知りたい方、必ず1度は見て欲しいです。


ぜひ見に行って下さい!私も見に行きます☆


“パレスチナ人クレイフィとイスラエル人シヴァンが共同で監督した長編ドキュメンタリー。彼らは2002年夏、二人の故郷「パレスチナ-イスラエル」を映像でたどる旅に出た。


彼らが<ルート181>と名づけたその道は、1947年11月29日、パレスチナの地を二分するための国連決議181号で定められた分割線をさす。


決議を受けて翌年、イスラエルは建国を宣言。決議直後から、ユダヤ人のシオニスト武装組織がパレスチナの武力侵攻を開始し、パレスチナ人の難民化がはじまった。


48年のイスラエル建国宣言を受けて起こった第一次中東戦争の期間を通じて、さらに大量のパレスチナ人が難民となった。現在その数は600万人ともいわれる。戦争はいまだに終わっていない。


二人は、分割線<ルート181>を車で走る。途中でさまざまな人々に出会い、車を止めてインタビューしていく。モロッコ出身のユダヤ人。ハンガリーからのユダヤ新移民、イスラエル国籍のパレスチナ人、中国人労働者…。


丹念に聴きとられた<歴史と記憶>の声。それぞれの暮らし。占領という現実を、占領者として生きる人々の弁明をカメラは鋭く抉る。”


◇映画「ルート181」 東京特別上映&監督来日トーク◇

《第一日》上映&監督舞台挨拶

●日時:10月14日(金)15時~

●会場:東京経済大学E201教室
http://www.tku.ac.jp/index.php

●主催:東京経済大学徐京植ゼミ/後援:NPO前夜

《第二日》上映&監督2人との公開シンポジウム

●日時:10月15日(土)13時半~ (開場13時)

●会場:東京日仏学院
http://www.ifjtokyo.or.jp/top_j.html

●先着順:2500円
●主催:NPO前夜、東京日仏学院

《第三日》上映&監督舞台挨拶

●日時:10月16日(日)13時半~ (開場13時)

●会場:ブレヒトの芝居小屋(西武新宿線・武蔵関駅徒歩7分)

http://www.tee.co.jp/brecht%20raum.htm

●前売り券発売:1800円
●主催:NPO前夜/後援:東京演劇アンサンブル

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-10-14 01:38:57

パキスタン大地震緊急支援

テーマ:パキスタン大地震の情報・支援

パキスタン北部で信じられないほどの大地震が発生してしまい、本当に情報を知るたびにかわいそうでかわいそうで・・・という感じです。

ちょうど、被害のひどい地域の山脈地帯を支援していて、私もすごく良いなと思っていたNGOが、今緊急支援をしています。

現地の情報を、日々詳しく載せています。ニュースよりも具体的だと思い、参考にしようと思います。
本当にかわいそうな状況が伝わってきていたたまれません・・・。

支援をするなら、ここへ募金しようかと思います。


Nippa Welfare Association (NWA) 日パ・ウェルフェアー・アソシエーション
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nippagrp/pakistan.htm


パキスタン北部は、行った人皆が特に人が優しいと言ってたんです。私は最近、パキスタンの北部の山脈の写真を見て、本当に素晴らしく、アルプス山脈をしのぐと思うほどの美しさに本当に憧れました。

そしていろいろと旅行記を見ていたら、パキスタンの北部の山脈には有名な中国の“桃源郷”フンザがあると知りました。
人も自然もとっても美しく、皆優しいそうです。
本当に憧れてしまい、この冬休みにでも行こうかと考えていたのです。


以前、パキスタンの知人がいたり、その人がとても良い人なのに、外国で暮らしていて、父親が国籍を取る手続きをしなかったばかりに、9歳のころから大病にかかってしまったのに病院で手術をすることも出来ずに、小学校も1年お金がなく行けず、今は大学をほとんど毎日一日中働いて学費を稼ぎ、たまに授業に出るという生活を送っている友人がいます。
その人が、最近病気がすごく悪化してしまったのです。


そして、パキスタンはあんなに貧しいのに日本でパキスタンを支援しているNGOって、ほとんど聞いたことがないと思い、探してみた所、案の定、政府のODA以外ほとんど全くなかったのです。
どうしてか、かねてから疑問でした。


すぐ近くのネパールやインド、バングラディシュには、多くのNGOがいるのに・・・。パキスタン人は、知れば知るほど本当に人懐こくて根っから良い人が多いです。


でも、きっと、知られていないし、悪いイメージばかりなんでしょうね。無知の暗闇って感じのイメージが悪い印象を与えるんでしょう。テロリストとは全く関係ない、ものすごく明るくって善良な人ばかりなのに・・・。


そんな中、パキスタンの子どもの、たったの年3000円で1人の子どもを1年間学校に通わせることが出来るという教育支援の里親をしている団体を見つけました。


NPO法人ロイク国際コミュニケーション研究所 http://www10.plala.or.jp/JPNSTUDY/

そこはしかも、出来る時に負担にならないようにいくらでもいつでも支援をしても良いというのです。


出来たばかりで、サイトがまだちゃんと出来ていないので、メールで詳細を問い合わせたところ、


『ここはもともと日本と異文化交流をしていた団体で、支援と肩肘を張らずに、日本人の触れる機会の滅多にないパキスタンの豊かな文化に触れさせて頂く、というスタンスで異文化を楽しみながら交流しようという制度です。』


とのことで、とても良い団体だったので、ぜひ広まって欲しいと思いました。そして、私も参加したいと思いました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-05 23:42:03

アルモーメンホテルの子供たちの再放送,この後ご覧下さい!

テーマ:イラクの情報・援助
この後、午前00:25~01:15から、 アルモーメンホテルの子供たちの再放送がNHK地上波で放送されます。

イラクで、米軍が90年の湾岸戦争、今回のイラク戦争で使った劣化ウラン弾によって白血病になってしまった
子ども達と、その医療従事者についてのドキュメンタリーです。


これは、とても好評だったので本当は1ヶ月程前に放送されるはずだったのですが、解散選挙にまぎれて、NHKが
何の前触れもなく取りやめにしてしまった放送で、とても残念極まりなかったものです。

放送をご覧になった方は、その後でぜひJIM-NETのWEBサイトもご覧ください。

重い病気になってしまった子ども達にも教育を受けさせることの意義を実感しつつ教育を受けさせている姿など
が載せられています。

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)http://www.jim-net.net/
http://www.doblog.com/weblog/myblog/18838

CADU-JP(劣化ウラン廃絶キャンペーン) http://www.cadu-jp.org/


アルモーメンホテルに滞在しながら治療を続ける子どもたちの情報が満載です。

今私が一番熱心にお手伝いに取り組んでいる活動です。
参考: http://www.jim-net.net/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。