復讐代行に関する情報

復讐代行に関する情報を集めています

復讐代行の存在を知るキッカケというのは大体が漫画やドラマなどの創作物になると思います。


平たく言えばフィクションですので、これを基準にして色々考えると後になって自分に返ってきてしまいます。

 


そもそも冷静に創作物の内容を見てほしいのですが、100%といっても差し支えないくらいの割合で違法行為があるはずです。


現実世界で違法行為をすればどうなるかは分かりきっているわけで、真似することも許されません。


総じて実際の復讐代行というのはフィクションとくらべて地味ということになりますから、変な期待も厳禁なのです。


これを漫画やドラマのように過激でスッキリする方法で復讐したいとなっても、法に触れる依頼をした自分がアウトということになります。

 


あくまでフィクションはフィクション、現実は現実です。


違いについては話すまでもありませんが見境のないように行動していくことが大切です。


現実の復讐というのは合法ありきで自分の恨みが晴れる方法をもって復讐していくことが必須条件です。


だからこそ計画の段階で悩んだりする訳で、そんな時に復讐代行などを検討してみると良いかもしれません。

 


復讐代行は希望する結末さえ決めてあれば利用できますし、見積もりが合わないなら断ることもできます。


ネット上の口コミなどでは断ったら脅されるといったような内容もありますが、フリーメールで連絡して断ったらメールアドレスを捨てる。


それを徹底しておけば何ら問題のない話だと思いませんか?


インターネット検索で出てくる復讐代行におけるネガティブな話は予防策を講じておけば大概防げるものです。


パット見た感じで判断しないということも大切かもしれませんね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

復讐代行というのもある程度は知られている業者なので料金相場などを載せているところも少なくありません。


しかし最後に出てくるのは決まって案件によりけりという内容になって失望する方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は復讐代行に依頼をする場合、いったい幾らかかるのかというのを現実的に計算してみましょう。

 


まずターゲットが1人で、特に芸能関係者など特殊な事情がない一般人という前提で話を進めます。


中小企業の経営者くらいまでは一般人という括りで問題ありませんが、芸能人などの有名or地位のある方はガードが堅いので色々とコストがかさむので除外しないと計算がスムーズではありません。

 


話を戻してまずは自分が思い描いている復讐の流れを頭に浮かべてみてください。


それを実行するのに下調べから最短何日間くらいの期間が必要でしょうか?


最短であれば2~3日でいけると考える方が多いと思いますし、実際のところ調査・準備・実行に1日かかったとしても3日、調査と準備で1日なら合計2日です。


あるいは事前情報などを業者に提供して1日で全て終わらせることが可能という方もいらっしゃるでしょう。


ここで理想に溺れて現実的な数字が出ないということがないようにしてください、計算が狂ってしまいます。

 


次に実行するために必要な人数を計算しますが、多くが1人で実行可能な内容だと思いますので、ここでは1人としておきましょう。

 


必要な日数と人数まで計算できれば後は早いです。


特殊な機材や道具を使わない限り復讐を実行するという行為にかかる費用は人に対するコストだけということになります。


せいぜい車などの交通費がかかってくるという程度になるでしょうか。


つまり復讐代行業者が1人で1日、あるいは必要な日数・時間だけ雇うのに幾らかかるかが判明すれば現実的な料金というのが出てくるということです。

 


とはいえ復讐代行業者が1時間いくらです!とサイトなどに載せている訳ではないので、近しい業種である探偵や興信所などを参考にしていきたいと思います。


なぜ探偵なのかというと、一部の探偵業者は恋愛に関する工作行為を請け負っていて、復縁工作や別れさせ工作を実施しているところも少なくありません。


別れさせ工作といえば復讐でも使える工作なので親和性が高いということになるのです。

 


話を戻しましょう。


探偵や興信所でスタッフ1人を丸1日動かした場合にかかる費用というのが車代込みで3~5万円あたりとなっています。


この幅というのは業者によって計算が変わってくるので、どうしてもキッチリとした計算が出せません。


しかしこの3~5万円を所要日数と人数でかければおおよその目安が分かってくるということになります。

 


あとはこの目安と業者が出してきた見積もりにどれくらいの差があるのか調べて吟味していくと良いかもしれません。


自分がとんでもなく大掛かりな依頼をしているなら話は別ですが、基本的に先程だした幅の中に収まっているなら適正な見積もりだと思います。


逆にあまりにも安すぎるというのは何か裏がある可能性も否めませんから、他の業社と相見積もりをとってみると良いかもしれません。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

復讐代行サイトというのは大きく分けて業者が運営している営業ページと不特定多数が書き込みを行なう掲示板に分かれます。


今回非常に危ないというのは掲示板タイプの件についてなのですが、これは初めて復讐代行というものを知った方にとって非常にリスキーです。


なぜなら復讐代行というからには依頼する側と依頼される側がいることになり、初めての方はほぼ間違いなく依頼する側として参加しようとしています。


となると掲示板で募集している業者なり個人に依頼して・・・ということになりますが、相応の知識は持っているでしょうか?


まず依頼するからには相応の対価が必要になります。


分かりやすくいえば相互復讐か金銭ということになってきます。

 


相互復讐というのは第三者から復讐するメリットを教授する為に依頼者同士がお互いの依頼をこなすことを指します。


しかしこれが実現することは殆どないといって良いかもしれません。


まずお互いに復讐に対して素人ですし疑心暗鬼です。


更にお互いが望む結果というのが等価であるという保証はどこにもありません。


自分の方がエライ大変な復讐をしなければいけない可能性も高く、これが更に疑心暗鬼を生んでいきます。


結果としてほぼ実現しないと思った方が良いでしょう。

 


これに対し金銭を対価にする場合は相手が知見のある業者か個人ということになります。


が、どの同業がまともであるか判断する術はあるでしょうか?


掲示板にいる業者は自身のホームページを持たないばかりか連絡手段はいくらでも変更のきくフリーメールか携帯メールです。


つまり悪意を持って近づけは金銭を受け取った瞬間に連絡先の変更、という可能性もあります。


もちろん全ての業者がそうであるとは限りませんが、接点が変更可能な連絡先のみというのは非常にリスキーなのです。

 


ではどうすれば良いのか?というところは掲示板を使わない方が良いという冒頭のくだりになってきます。


逆になぜ業者が運営しているホームページ経由が良いのかといえば、この手のホームページというのは作成にも労力が必要です。


つまり連絡先を変えるなんて小さなコストで済む話ではなくなってくる訳です。


また情報も連絡先だけでなくホームページの情報を見てこちらが検討することもできます。


一石二鳥というか、こちらの方が信頼感があるので初めての方には勧められるという話なんです。

 


もちろん何でも鵜呑みにして自分で吟味しないというのはおすすめしません。


候補から自分なりに吟味しないと満足のいく業者は見つからないでしょうから、検討はした方が良いと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

復讐代行業者という名前はそこまでメジャーではないというか、ハッキリいってマイナーな存在です。


むしろ有名でいろんな人が依頼しているという光景は想像しにくいところではありますよね。


では復讐代行業者とはどういう人たちなのか?というところになってきます。


端的にいえば復讐に特化した何でも屋さんのようなものです。

 


エアコンの取り付けを手伝ってもらったり部屋の片付けを手伝ってもらったりというのが便利屋とか何でも屋と呼ばれている存在。


ではその人たちに復讐を依頼したらどうなるでしょうか?


答えはごく一部の業者を除いて断られてしまいます。


理由としては倫理的にダーティーな内容だからということで、法的な観点からというのは大してなかったりします。


もちろん違法行為を手伝ってくれなんてとんでもない依頼をしたら法的な観点から断られますけどね。


でも復讐というものは法に触れません、復讐の手段として違法行為をするから法に触れるんです。


仮に復讐そものが違法だとしたら、世の中の相当数が違法行為をしているということになります。


それくらい誰でも恨みをもって復讐した経験が大なり小なりあるというものです。

 


ということで復讐自体は違法ではありませんから、何でも専門業者がいるものですし当然ながら復讐の専門家もいるわけです。


それが復讐代行業者になりますし、内容としては法に触れなければ何でもやってくれるというコンセプトのようです。


だからといって復讐代行業者にエアコンの取り付けを頼んでも意味がないというか、これは逆に断られるでしょう。


しかし復讐というのは恨みの原因が多岐にわたる以上、それを解決する業者も様々なことをやる必要が出てきます。


なので何でも屋に近いというのが正解になりますし、法に触れなければ何でもやるけど恨みを晴らすための行為をやる、というのが正しい解釈でしょう。

 


また業者ですから相応のコストを支払う必要はありますから、それだけのコストを飲み込めるなら検討できるでしょう。


逆にそれが難しいということなら別の手段を使った復讐を考えていかなければなりません。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。