ふくろう助産院 ーhowhowー ♡助産師母ちゃんの知恵袋♡自然育児♡子育ての輪♡

現在、子育て真っ最中!男の子2人の母ちゃんであり、助産師です。
2014.4 長男誕生をきっかけに、ていねいな暮らしを心がけるよーに。
食、遊び、身の回りのモノの見直しを。
2015.11 次男誕生し、少しずつ助産師としての活動もしています。その記録。


テーマ:

ふくろう助産院-howhow-

助産師すずきです。

 

「マイクロバース」上映会&感想シェア会

~抗生剤や促進剤、帝王切開などへの警告、問題提起~

 

【日時】12月24日(土)13:30~15:30
 

【場所】 長久手福祉の家 2階  集会室

〒480-1102 愛知県長久手市前熊下田171

 ※駐車場あります

 

【参加費】 1500円

 

お子様連れOKハート

 

三角お申し込みはこちら

※申し込み時に職種をご記入ください

 

 上映会は60分です。

その後、

感想シェア、意見交換会をします。

必ず、ご参加下さい

 

 

 

「MicroBirth(邦題:マイクロバース)」

 

2014年9月20日(土)に世界中で公開されたこの映画は、

欧米の研究者への取材をもとに、

微生物学や遺伝学の最新の研究を紹介し、

慢性病の蔓延、人類の将来と、

周産期ケアのあり方について問題提起しています。

 

制作・監督・撮影・編集:Toni Harman & Alex Wakeford
60分 英語(日本語字幕あり)

 

予告編など詳しい情報はこちらをご覧ください

https://vimeo.com/ondemand/microbirthjapanese

 

---------------------------------------------
<映画の中の言葉より>
出産時の細菌の種蒔きは
たった1回限りの非常に重要なイベントです

手術や先端医療を使うべきでないとは言っていません
それらの手段が我々の子どもたちにもたらす影響を
可能な限りすべて知る義務があると言っているのです

---------------------------------------------

 

 

とてもデリケートな映画ですので
今回は、医療者向けにしようかなと
募集しておりましたが、
 
 
昨日試写をしたら、
なんだか、
これは、皆に考えてほしい。
と思った内容でした。
 
 
医療者じゃない方からも
『ぜひ見たい!』と
お問い合わせもあったので
 
 
 
興味のある方にも
ぜひ見てもらいたいと思います。
 
 
 
 
マイクロバースは、
出産中に顕微鏡レベルで
何が起こっているかを
最新の科学的な研究によって探る
ドキュメンタリー映画です。
 
赤ちゃんは、
産道である膣を通るとき、
口や顔や身体中に、
母体の微生物を
たっぷりと浴びながら進んでいき、
それらを自分の腸内に取り込んでいきます。
 
赤ちゃんは、
まさにこの時
生命の、微生物の
最高のプレゼントを、
受け取ります。
 
その後続く…
肌と肌を触れ合い赤ちゃんを抱くこと、
母乳をあげることも、
 
命をつなぐこと。
 
 
とてもデリケートな映画です。
 が、大切なことです。
 
 
上映後に感想シェア会をします。
一緒にお産について考え、
未来に関わるお産について学ぶ機会に
したいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 

ふくろう助産院 howhow 助産師母ちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。