片麻痺が教えてくれた人生のヒント!(脳卒中ブログ)

脳卒中で後遺症に右片麻痺と失語症が残る。リハビリにブログを書いています!歩行リハビリやリハビリの考え方などなど!
2002年6月不摂生がたたり脳内出血で6ヵ月半入院。
2012年に脳卒中リハビリ研究所として活動を開始!


テーマ:

先日、高知新聞の「巨大与党への62万人の声」という記事に、地元の“わだち”の会の仲間である石川さんが載りました!




 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


社会保障の先行き示せ


フアイナンシャルプランナー

       石川智さん(48)香美市


  二重の不安


 家計相談に応じるフアイナンシャルプランナーの仕事は、社会保障制度が維持できているという前提のもとで成り立っています。日本にはしっかりした社会保障があるから、たくさんの保険に入る必要がない。その浮いたお金を教育や介護資金に回すことができます。


 しかし、今は国民健康保険や年金制度の先行きが見えない。「大丈夫」と漠然と思っていた制度が、バブル経済の崩壊以降、がたがたになってきました。


 そんな状況なので、30~40代はお金にシビアです。収入が増えない、社会保障制度がどうなるか分からない。その二重の不安を抱えているからです。


 政府は社会保障制度をもっと厳格に考えるべきです。アベノミクスは短期的視点によるもの。2年先の景気までしか考えていないでしょう。そんなことより、「若い人の生活は30年間大丈夫」という社会保障の完備が大事です。


 消費税増税の先送りは、社会保障制度完備の先送り。国内総生産(GDP)の数値が悪かったから先送りは仕方ない、では通りません。政府が本当に社会保障を大事にしているか。総選挙ではそれが問題だったのです。


(写真)「長期間安心できる社会保障制度が必要」と話す石川智さん(高知市内)


 払いすぎ?


 来年春から「生活困窮者自立支援法」が施行されます。生活保護受給の手前の人を対象に、その暮らしを立て直せるよう、自立を促す内容。そのモデル事業として、私は今年11月から生活困窮者の相談に乗っています。


 保護手前の人でも、高齢や病気で生活保護に頼らないといけない人がいる。こういった人を前に「生活保護を払いすぎ」と言えるでしょうか。誰もがその状況に陥る可能性があるからです。


 同法は生活保護費の抑制も目的とされています。しかし、同法施行後、仮に保護費の総額が増えたら、政府はちゃんと支援するのか。不安です。


 社会制度のはざまで埋もれている人を引っ張る。それが同法の本来の目的です。それに限らず、政府は社会の将来プランを国民と共有することが必要。財源の使い道をしっかり説明してください、ということです。


           (聞き手・竹中謙輔)


                      =おわリ


 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


私はお恥ずかしいですが、お金に関して全く疎くて、しかも、この制度とか法律なども自分が体験したり、壁にぶち当たったことは、少しは理解できますが、本当に頭に入ってきません。


3年前に自己破産したときは、生活保護のお世話にならなくてはいけない状態でしたが、障害年金がやっと認められて何とか生活ができるようになりました。


それでも月額6万5千円足らずで、母の年金とで何とか過ごせています。


脳卒中で倒れた頃は、牛乳販売店もやっと黒字になっておりましたので、自分は家畜人工授精師の売上で月40~50万円ありました。


それが、倒れて家畜人工授精師の売上は、もちろん0円。


牛乳販売店の売上も1年でみるみる大赤字(>_<)


現状維持が精一杯となり・・・・・


東日本大震災・・・


あ、言い訳になってしまいます(>_<)



石川さんの言ってる『誰もがその状況に陥る可能性があるから・・・』身にしみます。


石川さんが専門的で、且つ、「生活困窮者の相談」をされてるからこその、視点があると思います。


自分もお金や制度が苦手と逃げてばかりいないで、せっかく、仲間に先生がいるのだから、しっかりと学ばせていただきます。



地震や災害で避難所生活などが議論されます。


しかし、今現在健常な人たちは、自分が地震で怪我したりという発想がまったくできません。


特に、医師や看護等の側でお仕事をされてる場合は特にできません。


しかし、東海・東南海・南海地震などが来て、手足の怪我で動けなくなる、目や耳が不自由になることは誰にでもありうることです。


そのために、身体障害者の方々の避難生活を考えることは、とても重要なことなんです。


いや、その方々の声に耳を傾ければ、いざという時の備えにきっと役立つことだと思います。


これと同じことが言えます。


生活困窮者の問題とせず、社会の問題と捉えることで地域の方々の幸せな暮らしが見えてくるのではないかと思います。



かぎやまデンタルクリニックにて



最後まで読んでいただき感謝です!


人気ブログランキングに挑戦することにしました。


叱咤激励のポチッっとクリックをお願いします。




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

福の香美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。