採用短歌『夜』

テーマ:

ずいぶんといろんな夜があったけど 私のしらない夜もまだある

 

 

 

ラジオ「土曜の夜はケータイ短歌」で読まれました、

 

先週に送ったやつなんですけどね、遅れてるのでしょうか?

 

とりあえず一番最初に送ったやつなんですが、

 

あとでやっぱりイマイチかなーと思っていたので、

 

コレが読まれるのか、なるほどなぁ、と思ったり、

 

 

 

知らない夜」ってのは、ご想像におまかせしますが、

 

みなさんの思い描くもので、きっと合っています、

 

てんでそっち方面の話にはうといなぁと自負しています、

 

いろんな」って言い回しが、なんかダメな気がするので、

 

もっと露骨に改作してみようかな、どうかな…、

AD

土曜の夜は…(4/2)

テーマ:

土曜の夜はケータイ短歌

一週間遅れましたが、まとめ、月ごとのテーマは、全て終わってから

 

 

先週だけの特別企画であった<短歌でお悩み相談室>

 

ギィギィと 近所に迷惑かけるけど それでも会いたい あのコンビニで

 (「たけこ」さん)

 

この短歌に、返歌でアドバイスをするというものです、

 

 

没でしたが私は次のを送ってみました、 

 

 

まだ棚に梅おにぎりがあったならスッパイ顔で「あなたがすきです」

とりあえず「金を出せ」って言わなければ 成功率はかなり上がるよ


ギィギィのおとにあわせてチリンチリンギアもカチカチわたしのマーチ

 

 

切ない恋心とか微塵もかいま見えませんね…、

まあ、そんなのは他の人に任せたので良いんですが

HPで紹介された中で内容になるほどぉと思った短歌は以下です、

 

 

かごを持ち何も入れずにレジに行こう何も買わずにレジに行こう

(「ミユキッス」さん)


お疲れ様これどうぞ、ってあなたから買ったばかりのプリンを渡す

(「末松さくや」さん)


小荷物の宛先を書くカウンター 貴方に名前見てほしくって

(「林ゆみ」さん)

 

 

…やっぱり全員女性の方ですね、

 

 

プリンだけかごに入れたらお会計 ふたに名前をかいて置き逃げ

AD