七夕も過ぎまして、いよいよ夏ですね。



夏です。



さて、この度。



こちら の会場で。



犬飼信吾さん、富田林薫さん、cocoaさんが企画・開催する。



犬という名の猫な歌会。 」が始まりました。



犬という名の猫な歌会。



犬という名の猫な歌会。 です!!





テーマに沿った短歌を、無記名で募集。



締め切り後に(作者を伏せたまま)投票を行い。



その後名前を明かして品評会、という流れの。



気合の入った歌会です。



そう。



犬という名の猫な歌会。 」です。





飛び入り参加者、募集中!!



締め切りは7月22日!!(予定)



犬という名の猫な歌会。 」さんに、トラックバーック!!



わんにゃー!!



にゃわーん!!

AD

トラックバックありがとうございます



題詠100首blog 」を早くも完走しております、すごい!!

お題ごとに気に入った歌を選んで、丁寧にコメントをつけています。

ちょっとしたアドバイスも頂いたりして、とても勉強になります……。

すでに私は評の速度でも置いてかれています、うわあああ。



おみそしるパーティー 」さん へ……トラックバック

AD

トラックバックありがとうございます



題詠100首blog 」に参加すると同時に、

投稿された短歌の中から選んで、素敵なコメントをつけています。

一つ一つの短歌に合わせて、優しく、大事に、光を当てて。

まさしく宝石箱。 盗まれた宝石も喜びます。



ぽっぽぶろぐ 」さん へ……トラックバック



久しぶり……。

AD

>メロンパン2コ買ってって君の口ふさいでそこですかさずゴメン (福々屋大福)


>えっち!




という評(ツッコミ)を頂いた短歌、うーん言われてみれば確かにえっちい……。


とは言いませんよ!!

確かに「口をふさいで」には含みがあるかもしれませんけど、

メロンパンは手ごろな大きさだなとか思いましたけど、

そんな「えっち!」と断言されるほどはエロくないはずです。

だって「シモネタ」短歌で赤面していたぐらいですもの。


以前も「SMショー!?」と言う評(ツッコミ)を頂いた短歌がありましたが、

そんなに私の短歌を見て、エロを感じる人はいるのでしょうか?

いや、もしかしたら「えっち!」ってほめ言葉ですか!?


カー・イーブンさん の、入賞したドラえもん短歌 はエロくないのか!?

(私はエロいと思う)

ああ、やっぱり「えっち!」ってほめ言葉なのかもしれません。


ああなんだか自分に自信がなくなってきました、

このまま胸を張って「エロくない!!」といってもいいものなのか

読んでいる人が居ましたら、意見コメント・トラバ下さい。


割と適当な話題ですので、そんな真剣じゃなくて良いので……。

誰か……。

ということで、今月のお題は『シモネタ』ですが……、


私が十月三日に18歳を迎えた途端のこのテーマですから、

枡野さんももしかしたら私の誕生日を……と考えてしまいます。


僕ももう結婚できる歳ですが、シモネタはまったく苦手です、

異常性癖者と呼ばれたことなら何度もあるんですが、

異常じゃああまり役に立ちそうもありません、

上品なシモネタって言うのは何なんでしょうか。


お題が『エロネタ』ではなく『シモネタ』と言うのも気になります、

エロへのささやかな反抗だったりするのでしょうか、

というかエロとシモってどちらが上なんでしょうか。


これから私もどんどん助兵衛になっていくのでしょうか。

ドラえもん短歌

テーマ:

今日はドラえもんの誕生日、そしてドラえもん短歌 の発売日、

もちろん私も買いに行きました、



『かなしーおもちゃ』のときにあれだけ置いてくれなかった本屋にも、

ちゃんと平積みにしておいてありました、青い表紙が目立ちます、



中身は、マンガと短歌が見事に融合していて、スゴくいい、

そして、短歌の並べ方とカットの使い方もものすごく合っていて、

最初の方から最後の方へと、どんどん短歌が展開して行って、

笑ってたり、少し呆れてしまったり、感動したり、

そして、加藤千恵さんの最後の一首では、自然に少し涙が……、



改めて、ドラえもんが大好きだって自覚しました、ありがとうございます、



ドラえもん短歌、改作も含めまた投稿してみよう、

ブックカバーはもちろん欲しいですが、それにこだわらずに……、



それにしても、本を切って短歌を送れる方はいるのだろうか、

私は雑誌すら切れないので、なおさらどうしても出来ません、




追伸(というかお詫び)

ごめんなさい、最初は加藤知恵さんと書いてしまっていたのですが、

正しくは加藤千恵さんでした、今度こそ間違えず修正したので、

皆さんも間違わないようにネッ☆(お前が言うなよと言って欲しい)


ケータイ短歌とか歌集とか色んな所で目にしているのにね……、

しかも本を見ながら書いているのに間違えてます、申し訳ありませんでした、

きえていくことばをのせてながれてくほしのようですトラックバック

 

(福々屋大福)

 

 

 

日記下にある、紹介短歌みたいなものです、
 

「Popん?TANKA」さんの

 

「短歌です 君への想い短歌です 熱く焦がれて「君」短歌です」

 

が、頭からついて離れなくて、

自分も何か、誰かの口の中に残るものを作ろうとしたわけです、

 

 

この日記は開設前からもともと、(今もですが)

「トラックバックで何かする」を目標にしていたのですが、

 

それでいざ日記の背景を決めようとした時、

大地に降る「流星」「トラックバック」がゆらりとダブって、

この感じが、できあがっていたりします、

 

 

何故「トラックバック」ではなくラックバック」なのかと言う問いには、

 

『特に意味は無い』としか答えようがありませんが、

 

私の好きだった「20世紀」「ラックバック」と答えられないことも、ありません、

 

そんな真剣に考えることでも、ないですので、

初バナー

テーマ:

先日紹介した「ベジタブルミー!」でバナーを作ってみたとのこと、

 

 

あれだけ言ったなら、貼るしかないのでしょう、

 

 

…では、このバナー、

 

 

私が『面白い』と感じる間、貼らせていただきます、

 

 

…たぶん3ヶ月貼ってそうだなぁ…、

 

 

ということでトラックバーック、

突然ですが温泉に行って来ました、

 

 

…そこの風呂場に俳句・短歌投稿コーナーがありました、

誰かの句、「満月をとってくれよと露天風呂

なんとなく自分でも理解できたのがそれだけだったので、

 

太陽もとって食おうか露天風呂 ラジウム玉子におもいをはせる

 

と、返歌しておきました、無粋にも程があります、

 

 

…まあ、実を言えばあんまり温泉行きたくなかったんですけれど、

 

 

そんなには行きたくなかった温泉でラジウム玉子を食べるしあわせ

 

 

ということで…、(辻一郎さんごめんなさい

 

 

追記:ラジウム玉子はゴハンにかけて食べると『朝ッ!!』って気がします。

枡野浩一さんの公式サイト『ますので』を見て何か思った、


面白いのでとりあえず皆さんも一回見る事をオススメします、
(その後何回見るかは各自にお任せします)


で、やっぱり思うことですが、

長いです、前フリというか、軌跡が、

何だか進んでいくうちに焦ります、

「修学旅行で組み込まれた美術館」みたいな、

面白いんです、面白いんですけどね、


その後、それを抜ける方法を他のブログで知り実行してみたり、
初めて見るHPの形だったので技術力の高さに驚きました、

すこし不親切だけれど、キャッチーでカッコイイと素直に思いました。



…ええと、どちらも、