深草郷のブログ

1800年余りの歴史を持つ、伏見にある藤森神社の3基ある神輿の内の1つを預かる深草郷神輿会と言います
5月5日に行われる藤森祭の神輿渡御について深草郷目線で情報発信の場として活用します

それ以外も出来る限り楽しく解りやすく深草郷の活動等をアップしていきます


テーマ:
京都の與丁の疲れが日に日に抜け、次の週末へと気持ちが向かっている今日この頃いかがお過ごしでしょうか?(笑)

どうも、けーごです。

今日は先日お送りした、住吉神社の神輿渡御レポの後編をお送りします。

前回の最後から。
$深草郷のブログ
 
休憩した公園を後にして、神輿はどんどん氏子地域を進みます♪

$深草郷のブログ

またもや左から仁井くん・青野さん

この二人はホンマにしょっちゅう肩を入れてはります。

二人とも、まだ余裕がありそうですにひひ

続いて、この方
$深草郷のブログ

初登場、タイソンさんです。

この方は右ウラの有名人で、正直言って見た目はコワい(笑)のですが実は、心優しい人で、
間違いなく、ウラの「ムードメーカー」です音譜


ちなみに京都の神輿のポジションは、担いでる肩がどちらかで言い、プラス前・後で言います。
深草郷では、後ろの事「ウラ」と言います。

なんで、神輿の前を左肩で担いでいる人は......そう「左前」になります。

でもって前は一番前から、後ろは一番後ろから順番に
一枚目、二枚目、三枚目と数えます。

一枚目の事を「端」(ハナ)とも言い、前の一枚目を「前ハナ」、後ろの一枚目を「後ろハナ」とよんだりしますひらめき電球

あと、神輿の真横を「胴」と言います。

他にも、黒棒・横棒・ネコ下など色々なポジションがありますが、それはおいおい......。


少々それましたが続けましょう(笑)

お次は
$深草郷のブログ

これまた初登場・カン持ちの児玉さんです。

神輿の舵を取る大変重要なポジションで、見た目以上に神経・体力を使い
神輿渡御には切っても切れない大変な仕事です!!

この児玉さん、休憩中に

「いつも、ブログ見てますよ」

ってお声掛け頂き、まだまだ、そういう事に慣れてない我々にとって
すごく励みになります!!

親子でカン持ちご苦労さまでした!!


その後も、神輿はどんどん進みます。

たまには写っときます(笑)
$深草郷のブログ

高桑君とボクです。


「ホイット~、ホイット~」



その間もずっと揉んでます。
$深草郷のブログ-__.JPG

「ホイット~、ホイット~」


まだ練ってます。
$深草郷のブログ

「ホイット~、ホイット~」


跳ねてます。
$深草郷のブログ

「ホイット~、ホイット~」




後半はもう写真を撮っている余裕がほとんどないぐらい担いでたんで
あんまり写真がないのでカンベンして下さい。ガーン

でもって最後の休憩所(笑)

深草郷の重鎮登場♪

「ドンッ!!」
$深草郷のブログ

左から会長・深草郷神輿会2代目会長の前田さん・仁井くん・ボク

前田さんは法被姿では初登場です晴れ

でもって、さらに重鎮が初登場♪

「ドドンッ!!!」
$深草郷のブログ

左から、仁井くん・京都神輿愛好会会長のタツヤさん・前田さん・雄介さん

タツヤさんは「京都神輿愛好会」の会長で、数百人の猛者を一言でまとめ上げる
京都で一番有名な與丁かもしれません!?

こちらのタツヤさんも「お前ら、ブログチェックしてるしな~音譜
とお声掛け頂きました!!
まさか、見ていただいてるとは......。

「頑張ります!!

でもって、この3ショット!!

「ドドドンッ!!!!!」
$深草郷のブログ

左から、前田さん・タツヤさん・伏見神輿愛好会会長の西星さん

西星さんは、神輿の後で常に要所におられて、人が薄い時にもよう担がはるんです。
平たくいえば、「超人」ですショック!

キラキラ3巨頭そろいぶみですキラキラ


最後の休憩のあとは、松原通りくらいから五条大宮を越えて


$深草郷のブログ



花屋町通りぐらいまで行き


$深草郷のブログ



さらに折り返して



「!?」



まだ終わりません、最後は五条を少し下がった宮のあたりまで


$深草郷のブログ

そう「揉みっぱなし」です。

スミマセン。
写真撮る余裕がゼロで使いまわしてます(笑)

止まってる時は写真撮ってますよ(笑)

初登場のこの方々です。

チームうらのさんです。
$深草郷のブログ

到着するとスグに神輿の飾り付けを外されます。
$深草郷のブログ

大宮通りで。

「???」

普通は神社の中で外すんですが......

あっと言う間に裸神輿に。

$深草郷のブログ


その理由が明らかになります。


$深草郷のブログ

地元の方々がもう一度担ぎ


$深草郷のブログ


「低っ!!」


この鳥居をくぐる為やったんですね。

もはや、地面スレスレですが......叫び


無事に神輿渡御も終わったので、


終わった後は......


そう、

$深草郷のブログ

「風呂です♪」


大きなお風呂で汗を流した後は......


そう

$深草郷のブログ

「メシです♪」

「酒です♪♪♪」


お互いに労をねぎらいながら神輿談議に華が咲きますアップ

ドンドン酒も進み
$深草郷のブログ

木下さん・雄介さん


だんだんテンションも上がり

$深草郷のブログ

ボクと仁井くん



なんやかんやしてると.......




「チーンッ」


$深草郷のブログ

ガッツリ神輿かついで、風呂も入って、たらふく酒も飲んだら
こうなりますよね(笑)


木下さん、ホンマにご馳走様でしたにひひ



ボク自身、住吉さんの神輿は、初めて担がせて頂きましたが、
事前から準備をされた皆さん、そして氏子の皆さん、ありがとうございました。

そして、今回ブログの取材に快く協力して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

ゆっくりのぺーすですが、気合入れて更新して行きます!!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
神輿担きが、筋肉痛で痛がってる週明け、いかがお過ごしでしょうか?(笑)

どうもけーごです♪

今日は9月23日に行われた五条大宮の「住吉神社」のレポをお送りします。

朝一にいつものようにお迎えに来て頂きました。

この方々に
$深草郷のブログ

このブログではお馴染みですが、
左から、深草郷神輿会の雄介会長と副会長の仁井くんです。

そうなんです。いつも会長と副会長に迎えにきてもうてますあせる

でもって10時半頃には神社に到着。
$深草郷のブログ

こちらが、本日御奉仕させて頂く

「住吉神社」です。

でもってこちらが本日担がせて頂く神輿です。
$深草郷のブログ

千木(チギ:神輿の屋根の角みたいな飾りの事)の立派な神輿です。



まだ神輿渡御まで時間があるので、揃って法被を取りにいくと.....
$深草郷のブログ

もう、すでに沢山の與丁(ヨチョウ:神輿を担ぐ人)の方々が集まっておられます。

担ぐ前から沢山の接待が出ていましたが......

スンマセン。

写真撮り忘れましたガーン

おにぎりや煮抜きや漬物、でもってビールやジュースまでアップ
たくさんご馳走になりました!!

法被に着替えて接待を頂いていると

良く見覚えのある方が

ブログ初登場のこのお方.....
$深草郷のブログ

深草郷神輿会三代目会長の木下さんです晴れ

力強さは言うまでも無く、優しく面倒見の良いホンマにたよれる兄貴です!!

間違いなく深草郷のレジェンドですが、いつもかわいがってもうてますにひひ

おにぎりウマイっすか?(笑)

って事で集合写真を。
$深草郷のブログ

左から、木下さん・雄介会長・仁井くん・ボクです。

なんやかんやと話をしていると、そろそろ出発の時間に.....

$深草郷のブログ

先ずは、剣鉾が進み、子供神輿・女神輿と続き、いよいよ
$深草郷のブログ

本神輿の登場です!!

では、担いでいる姿をボチボチ.....

まずは
$深草郷のブログ

左から仁井くん・ブログ初登場の先日お世話になった「三嶋神社」の青野さん

常に肩を入れてるお二人です!!

お次は
$深草郷のブログ

これまた初登場ですが、深草郷神輿会の役員のセンパイの高桑くんです
影ながらという言葉が似合う人で、言葉数は少ないですが.....

「男は黙って.....」

まぁ、この人もよう肩入れてはりますわニコニコ

お次は
$深草郷のブログ

写真左からまたまた初登場の粟田神社の若さん・地元の担ぎ手さん

この若さんはボクが神輿を担ぎ出した時から良くお世話になっている方で、
自他共に認める「神輿バカ」です(笑)

ちなみに粟田神社のお祭りは10月8日ですよひらめき電球

にしても、ここの神輿渡御はほんまにハードなんです!!

京都の神輿は他府県のとは少し違い

手前の写真にも写っていますが、神輿の轅(ナガエ:担ぐ長い棒)の前後左右についた
鳴り鑑(ナリカン)という大きい取っ手みたいな金物をしっかり握って
ケンケンのように跳ねます。

この事を、「もむ」といったり「ねる」といったりするんですが、
ずっとではなく、途中は普通に歩いたり、台車に乗せたりするんですが......

ここは、八割がたもみっぱなしなんです叫び

そんな、こんなで前半の休憩場所へ到着。

$深草郷のブログ

左から仁井くん・高桑君・会長

少々会長お疲れ気味ですが.....(笑)

もういっちょ
$深草郷のブログ

左から初登場の天野さん・木下さん

天野さんは昔から深草郷の神輿を担いで下さってて、藤森祭の当日も
色々とお力を貸して頂いている、これまた頼れる先輩でして.....

木下さんと初めて出会ったのが十数年前のここの神輿やったとか。

歴史を感じます得意げ

ここでも沢山の接待を頂きました。
$深草郷のブログ

が、またまた撮り忘れました叫び

接待をして下さった皆さん、大変申し訳ないですしょぼん

正直なとこバテててあまり動けませんでした(笑)



てなわけで、後編につづく.....。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

   へいぜいに てならいきらいな こどもしゆは しけんのときに はじをかくなり

へ 平常に 手習嫌ひな子供衆は 試験の時に

       恥をかくなり。

  


乃木 希典 将軍が、幼少の頃父より教された家庭訓です。


         『今日、久しく忘れ 失いかけている日本人の心、道理、美徳を家庭教育として 

             また自己教育として今一度、心に問いかけてみようではありませんか』

       

                     ~学習院長時代の乃木大将の訓示要項より。~ 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
秋神輿も始まり「與丁」(ヨチョウ:神輿を担ぐ人)の血も日に日に熱くなる
今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

どうも、けーごです。

元来、祭りというものは五穀豊穣を願ってのものが多いため、やはり春秋が多いもので.....

要するに春と秋は「神輿シーズン!!」という事になります(笑)

ってなわけで、我が深草郷神輿会も先週の日曜日に御奉仕させて頂いた「三嶋神社」に始まり、
11月3日の「與杼神社」(よど)迄は、毎週日曜日は神輿という日々なわけでして,

お次に御奉仕させて頂くのはというと.....

「住吉神社」です。

$深草郷のブログ

今週の日曜日・9月23日に御奉仕させて頂くこちらの神社がどちらにあるかというと

五条大宮を南に下がって、一筋目を西に入ったところで、

ご祭神はというと

表筒男命(おもてつつおのみこと)
中筒男命(なかつつおのみこと)
底筒男命(そこつつおのみこと)


の3柱で、この3柱の神さんを総称して「住吉三神」というそうです。

ちなみに大阪の「住吉大社」をはじめとして、この住吉三神をお祀りされている神社は

全国に約600!!

もあるそうです!!

でもって、こちらの神さんの「住吉三神」は先日お送りしたネタの中の

「古事記のイザノギ・イザナミの神産み」

の中で、黄泉の国から帰った後、天照大神・月夜見尊・素戔嗚尊の三神を生む前に
川で身を清めた時のに生まれた神さんだそうです。

その「住吉三神」がお祭りされている本殿
$深草郷のブログ

よく見ると、本殿の中に......

$深草郷のブログ

すでに、子供神輿が飾り付けされていますニコニコ

そして、拝殿正面には....

「ジャ~ン♪」

$深草郷のブログ

「神輿蔵」です!!

この中に日曜日を心待ちにしている住吉神社さんの神輿が眠っているわけですひらめき電球

僕自身も住吉さんにお参りして、準備万端です(笑)

近隣の町内も

$深草郷のブログ

このとおり!!

家々の軒先には幟(のぼり)が立てられ、氏子の皆さんも
お祭りを心待ちされているようですにひひ

住吉神社の関係者の皆さん、そして氏子の皆さん日曜日のお祭りの際は、精一杯御奉仕させて頂きますんでどうぞ宜しくお願いします!!


最後にオマケ音譜

$深草郷のブログ

神社入口でくつろいでいるネコです(笑)

日曜日はいっぱい人が押し寄せるからそこでは寝てられへんね(笑)にひひ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

   ほうしんの さだめなきみは たよりなし ただひとすじに かぎょうはげめよ

ほ 方針の 定めなき身は 頼りなし 只一念に

        家業励めよ。

  


木 希典 将軍が、幼少の頃父より教された家庭訓です。


         『今日、久しく忘れ 失いかけている日本人の心、道理、美徳を家庭教育として 

             また自己教育として今一度、心に問いかけてみようではありませんか』

       

                     ~学習院長時代の乃木大将の訓示要項より。~ 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。